FC2ブログ

アーミル一家

2018年10月30日 12:06

2003年、イラク戦争の頃からの付き合いになるアーミル。

戦争は彼を故郷のバグダッドに帰ることを許さず、スエーデンに移住し、はや12年目になる。
2年前にスエーデンを訪れ、アーミル、そして彼の家族と再会した。
そして、今年、再びの再会。
7f642336-c349-49d9-8c1e-41b07191bd05.jpg
こんなこと言うと怒られちゃうけど、アーミルは年々恰幅が良くなり、髪の毛が薄くなっていく。

故郷へ帰れないからこそ、彼は過去を大切にしている。
初めて会った頃の写真を僕にくれた。
4e555483-600d-4c9a-a0cc-54cd8640ee77.jpg
下の写真がアーミルの双子の息子。
当時、5〜6歳くらい。
上が2年前。
19歳になっていた。
娘は当時、赤ん坊だった。
IMG_6003.jpg
そして今年、モハメッドは21歳になっていた。
彼は先天的に耳が聞こえない。
それゆえ、昔から僕とは身振り手振りで会話をする。
c581bd56-deec-4bdc-818b-e5a7caa18919.jpg
難民であっても、生活はなんとかなるらしい。
ヨーロッパにたどり着く前に子どもは5人に増えていた。
年上3人はアラビア語も英語もスエーデン語も話す。
家族ぐるみのお付き合いしてくれるアーミル一家なのです。


久保田ショップ









スポンサーサイト



10/26のツイートまとめ

2018年10月27日 04:19

hirokun001

@faridyu 伝えることの大切さ、知ることの大切さを多くの人に知ってもらえたら嬉しい。
10-26 21:40

RT @faridyu: 危険な地域に行って拘束されたのなら自業自得だ!と言っている人たちにはルワンダで起きたことを勉強してみてください。誰も来ないとどうなるかということがよくわかります。映画だと「ルワンダの涙」が理解しやすいと思います。ただかなり過激な描写もあるので気をつ…
10-26 21:39

今年3度目のTGで訪れた国

2018年10月26日 21:59

IMG_1095.jpg
今年、3度目のTGで訪れた国はここです。
結構好きになれた。



久保田ショップ



再び湧き上がる自己責任論

2018年10月26日 21:28

安田君が無事解放されたことで、再び自己責任論が湧き上がっている。
各界の様々な人たちがコメントをしている。
高須クリニック。
う〜ん、ちょっと残念。
京都であった時、めっちゃいい人だと感じだので。。

ダルビッシュ。
正直、びっくりした。
一流に上り詰めた人は感覚も一流なのかと思う。
プロ野球選手として好きだったが、一人の人間としても尊敬できると思う。

この件にコメントすれば、一部のフアンはダルビッシュから離れる可能性が高い。
それでもコメントしてくれた。

下記、ダルビッシュのコメント

一人の命が助かったのだから、自分は本当に良かったなぁと思います。
自己責任なんて身の回りに溢れているわけで、あなたが文句をいう時もそれは無力さからくる自己責任でしょう。皆、無力さと常に対峙しながら生きるわけで。人類助け合って生きればいいと思います。

このコメントに噛みつくようなコメントに無視するでもなく、丁寧に対応しているダルビッシュにますます好感。
ダルビッシュのコメント

小泉政権下で生み出された自己責任論という言葉。
様々な意見が出てきて当然だと思う。
これをきっかけにジャーナリズムとは、、世界で起きていることが伝わらなくなった時、どうなるのか。
日本は危険地帯のニュースを輸入だけに頼っていていいのか。
色々とみんなが考える時期に来たのかと思う。





久保田ショップ



安田純平君解放のニュース

2018年10月24日 02:07

日本を離れてるぼくだけど、
もしかしたら、今日はとても、とてもハッピーな日になるかもしれない。
そうなって欲しいと心底思う。

夕ご飯を食べている時、吉報?が届いた。
安田君が解放されたらしい。
一瞬目を疑った。

そして官房長官の会見が行われたと。
日本はかなり慎重な国なので、官房長官が会見する時点で解放のニュースはほぼ間違いない。
それでもドキドキしながら次なるニュースを待っていた。

現時点で解放されたことはほぼ、間違いないと思える。
海外取材中で友人と一緒に食事をしていたが、涙をこらえることができなかった。
この3年間、どれほぼ辛かったかと思う。
僕など、先日、某国で16時間拘束されただけで、精神的にかなりダメージを受けた。
自分がいつ解放されるか、、
この先、どうなるのか、それがわからない状態がいかに辛いかと思う。
ましてや命を奪われる可能性がある場合は。

解放されての謝罪会見なんて絶対いらないから。
大手メディアの方々、どうかそっとしておいてあげてください。
同業者として。



久保田ショップ









一年で3度目のTG(タイ国際航空)

2018年10月22日 23:53

海外取材で飛行機に乗ることが多い僕だが、一年で同じ航空会社の飛行機に三回も乗るのは初めてだ。
バングラデシュ、スエーデン、そして今回。

今年、なんと3回目のTG。
44333041_10218235106095163_566636216477286400_n.jpg
おつまみが配られ、飲み物を聞かれる。
やっぱりチャン。

今回はチャン以外もトライしてみた。
44356074_10218235106335169_4009861276627894272_n.jpg
久しぶりのシンハー。
44279847_10218235106655177_3213040741802573824_n.jpg
裏側がTGデザインになっていた。
スワンナプーム空港はとても広いけど、何度も来ているので、乗り継ぎも楽。
スワンナプームで2時間程待って次のフライトに乗り込む。


久保田ショップ








原宿でのイベント無事終了

2018年10月13日 14:07

原宿でのイベントが無事終了した。
Unvail
次回は11月9日。

場所は原宿のど真ん中、交差点の角。
43951468_10218178294034897_8111938417383702528_n.jpg
ガラズばりの会場は外から見ることができて、通りを歩く人がチラチラ見て行ってくれる。
会場にある僕の写真たちは、この後も展示してもらえるようで、写真展なんて一回も行ったことない。
43788108_10218178533520884_177021561050497024_n.jpg
そんな人にチラッとみてもらえたら最高。

いつも思う
僕一人の力じゃ何にもできない。
今回は各方面のプロの力が結集した。

各々デイリーの仕事を抱えながら、このプロジェクトの為にプロの力を注ぎ込んでくれた。
翔が作った動画、バディが作ったWebページ、当日の加生さんの天才的な司会進行。
なんの儲けにもならないイベントの為に徹夜で作業してくれる友たち。

講演とか緊張しない僕が緊張する。
この人たちの想いに応えるために、最高の話をしなきゃ。と。

原宿というアクセスの良い場所でのイベント。
僕の友人もたくさんきてくれて、久しぶりに会う友人も沢山。
なんか同窓会みたいな感じも。

一つ終わったばかりで、次回11月9日の第二回イベントに向けて準備が始まる。
関わってくれた全ての人たちのために、一回目より進化した二回目にします。
僕たちの告知が遅くなってしまったため、今回タイミング合わなかった人、9日は是非お越しください。

久保田ショップ











原宿でのイベント〜TBSラジオ

2018年10月12日 14:10

本日、10月12日、19時から原宿でイベントがあります。
原宿でのイベント
いろんなご縁で、原宿のど真ん中。
え?ここ?
っていうくらい最高の場所でやります。
お時間ある人は是非、足を運んでみてください。

そして、イベント終了後、TBSラジオセッション22に生出演します。
先日、取材してきたスエーデンの難民問題がテーマです。
TBSラジオセッション22

フリージャーナリストなんて、儲からないし、暇なときはめっちゃ暇なんだけど、何故か忙しい時に仕事が重なるのです。
体は悲鳴をあげるけど、仕事を作り出してくれた友人やPに感謝です。


久保田ショップ







原宿でのイベント オープニングVTR

2018年10月11日 05:18

世の中には凄い人が沢山いる。
一つのイベントに、僕の友人たちの凄い力が結集されている。
きっかけをつかむ段階から、企画、準備。
そのどれもが僕にはできないこと。

多くのプロが集まって、一つの企画が成立している。
その多くは見えない縁の下の大きな力。
一つだけ見える凄さを紹介できる。
オープニングVTR
我が友が作ってくれたオープニングVTR。

こんな凄い友たちが企画してくれたイベントが面白くないわけがない。
しかも!友は参加者にお土産まで用意してくれた。
場所は原宿のど真ん中。

僕ができること、すべきことは「報道」という難しく思われがちなものを映像を使って、感覚で理解してもらうこと。

■日程:10月12日(金)19:00 - 21:30
■イベントURLhttps://unveil-subaco.peatix.com/
■参加費:2000円(1ドリンク付き、寄付されます!)

いよいよ明日。
お時間ある人は是非原宿へ。

a href="http://kubotaphoto.cart.fc2.com/" target="_blank" title="久保田ショップ">久保田ショップ



原宿でイベント

2018年10月08日 19:54

紅葉の秋&講演の秋。
10月、11月は大学祭で公演したり、千葉の高等学校で講演したり、ちょっと講演の数が多いです。
その中でも異色なのが原宿での講演?というほど堅苦しいものではなく映像を使って、現地のことを知ってもらうイベントです。
原宿のど真ん中!
アクセス最高の場所なので、是非足を運んでみてください。
僕の友人が企画してくれ、お土産もあるので、参加するかち大!です。

原宿にて今後毎月第2金曜日にジャーナリズムについてのイベントを開くことになりました!

■日程:10月12日(金)19:00 - 21:30
■イベントURL:https://unveil-subaco.peatix.com/
■参加費:2000円(1ドリンク付き、寄付されます!)

第1回目は Hironobu Kubota さんをお迎えして久保田さんの過去の取材についての経験についてお話しいただきます。

イベントの参加費用は、会場を貸してくださるGreenbirdさんとその関連団体に寄付されます。ご都合がつく方がいれば是非ご参加ください。

以下、Unveilについての説明です。

===================
Unveilについて

「Unveil」とは、Veil(ヴェール)をはがし、
その下に隠されたものを明らかにすることを意味します。

報道にとってのヴェールとは、一体何でしょうか。
政治情勢によって発生する圧力や、利益のための恣意的な情報選択、
そして、「知らない」ことによって生まれる問題への距離感ではないかと、
僕たちは考えました。

世の中には情報が溢れていますが、そのほとんどにはヴェールがかけられています。
ヴェールは、発信者の真意をおおい隠し、時に情報を作り変えてしまいます。
また、ニュースがどこか他人事に感じられるとき、
自分とその出来事の間には、たくさんのヴェールがかかかっているのだと思います。

このイベントでは、
世界のどこかで起きている問題とあなたの間にかかっているヴェールを、
ジャーナリスト(Unveiler:ヴェールをはがす人)と一緒に、
一枚ずつ、はがしていきます。

知らない国の知らない出来事が、
どんな物語を経てあなたの元へ届けられ、
あなたとどのようにつながっているのか、
知って、実感していただく機会になれば幸いです。
===================

この機会を提供してくださった Keisuke Fukuda さん、 Kentaro Kasho さん、ありがとうございます!
またイベントの企画のために色々と助けてくれている Sho Miyoshi 、 Taeko Adachi にも頭が上がりません。

このイベントを通して、報道に対する信頼と興味を深めることができれば幸いです ^^


久保田ショップ








Örebro(オルブロ)へ

2018年10月07日 11:30

イラク時代から15年以上の付き合いになる友人が住むÖrebroへ向かう。
IMG_5977.jpg
日本の東京駅に比べれば分かりやすいストックホルムセントラすステーション。

早朝に到着のフライト、そこからストックホルム、そしてストックホルムに泊まることなく、ダイレクトにÖrebroに行く。
スエーデンは2回目ということもあり、チケットの買い方、鉄道の乗り方もスムーズに行くと予想し、ストックホルムを通過するルートを選択した。

ストックホルムは大好きな街だけど、、とにかく物価が高い。
帰国前日には一泊しなければならないので、行きはダイレクト。


久保田ショップ










スエーデン点景3

2018年10月04日 20:53

w_5976.jpg

今回TG(タイ国際航空)でスエーデンに行った。
アーランダエクスプレスに乗ってストックホルムセントラル駅に行くとタイフェアーが行われれいた。
TGのキャンペーンなのだろうか。

舞台でタイ舞踊が披露されていたが、朝早い時間とあって、見ている人は殆どいなかった。
アジア人で、タイから来たばかりの僕が一番興味深く見ていた。


久保田ショップ





スエーデン点景2

2018年10月03日 11:12

w_5980.jpg

w_5978.jpg
ストックホルムセントラルステーション。


久保田ショップ




スエーデン点景

2018年10月01日 09:40

WLTJE9650.jpg
白黒写真って撮らないんだけど、、
携帯が勝手に白黒にしてくれた。

白黒写真ってTーMAX使っていた頃以来だと思う。


久保田ショップ







最新記事