FC2ブログ

コックスバザール

2018年04月27日 07:59

5年ぶりにコックスバザールを訪れた。
IMG_5706.jpg
今回は楽々飛行機。
IMG_2924_201804270754593f8.jpg
文明の力を実感する。
初めてバングラデシュを訪れた時、二日目にはコックスバザールにいた。
バスでの移動は、、かなりしんどかった。

そしてそのままセントマーティン島へ。
友人の案内でなんとも稀有な旅をした。
懐かしい、コックスに帰ってこれたことを嬉しく思う。

久保田ショップ




スポンサーサイト



放送法4条撤廃?

2018年04月26日 13:37

森友、加計問題、そして相次ぐセクハラ事件が報じられる毎日。
総理大臣経験者で現大臣の発言が暴力的すぎてどうかと思う。

近年、米国大統領など、国の代表者があまりに汚い言葉を使うのが当たり前になりつつあるが、
日本の政治家は真似して欲しくない。

そんな、日本の政界を揺るがすニュースが溢れる中、報じられるべき大きな問題が影を潜めてしまうのも日本。
IMG_4758.jpg
放送法の第4条を撤廃する必要があるのだろうか。
IMG_0799.jpg
内容を見ると、至極まともなことが書かれている。
これを撤廃しなければならない理由。
メディア関係者だけでなく日本人全員が考えなければならないと思う。

完璧にストレートな情報を伝えることは不可能に近い、
しかし、知るべき情報にいくつものフィルターがかかった時、国が、世界がどうなって行くのか。



久保田ショップ



4月27日文京区シビックセンターで

2018年04月25日 10:30

スクリーン

4月27日文京区シビックセンターでイエメンのお話をさせていただきます。
帰国後、ラジオ、雑誌、テレビで報道させてもらいましたが、限られた時間、紙面の中で伝え切れていない
イエメンの現状をお話しします。



久保田ショップ



空港〜空港へ

2018年04月23日 07:19

近年、security reasonでリアルタイムのブログを書くことができなかった。
久しぶりにリアルタイムブログ。

日付が変わってすぐに羽田空港を出発。
早朝のラウンジでトランジット待ち。
なんと5時間強。
IMG_5141.jpg
機内食を食べてしまったので、日本にはないアイスを頂く。
早朝なのでラウンジは貸切。
でも、なぜかマキシマムに時間です。と言われてしまった。
そんなルールがあるのは初体験。
仮眠しても、、2時間で起こされるのかな〜。
マイペンライの国だから、、どうだろう。



久保田ショップ




空港

2018年04月22日 22:33

国内線は良いのだが、空港の国際線乗り場にくると、なんだか緊張してそわそわしてしまう。
普通の人にとって空港ってワクワクして楽しい場所なんだろうけど。
全く安全な国に行くときでさえ、なんか緊張してしまう。
IMG_7917.jpg
だいたい1年半か2年でスーツケースが壊れてしまう。
イエメンに持って行ったスーツケースはロックも甘いし、真っ直ぐに進んでくれない大変な子だった。
2万円前後のスーツケースで2年しかもたないのなら、10万円でも10年もつスーツケースにしようと思った。

びっくりするくらい転がりがいい。
最寄えきに行くまでに疲れ果てていたのに、今回は羽田空港まで来ても全然腕が疲れていない。
残り10年の僕のパートナーになってくれたらいいな〜と思う。



久保田ショップ



相島のネコ3

2018年04月19日 13:49

IMG_4794.jpg
相島フェリーの待合室。
カウンターはネコさん達に占領されていた。
w_7725.jpg
僕の膝の上で眠ってしまったネコさん。
w_0968.jpg
お別れの時間が来て、仲間のネコさんの上に。

こんな待合室のホノボノとしたも、この先見ることができなくなるかもしれない。
ネコ天国と思われがちな相島でさえ、本当のネコ天国にはならないのが日本。




久保田ショップ



相島のネコたち

2018年04月15日 23:15

AK3I8344_2018041523122835f.jpg
相島の港近く、招き猫の下に本物のネコ。
AK3I8349_201804152312306fb.jpg
木のベンチは人でなく日向ぼっこするネコさんたちで満席。
AK3I8352_20180415231231e88.jpg
まさにネコ天国の相島。



久保田弘信の作品ショップ



相島の春2

2018年04月13日 18:00

w_8140_20180413115006a7f.jpg

春がきた相島。
港近くの路上でネコさんがお昼寝していた。



久保田ショップ




未来世紀ジパング 無事放送終了

2018年04月13日 11:43

未来世紀ジパング~池上彰&鎌田靖の世界激変スペシャル~が4月11日、無事放送された。
2時間枠の中での5〜6分のイエメンの映像。

報道されないイエメンのこと、少しでも視聴者に知ってもらえたことを嬉しく思います。
何時間もある取材VTRの中からオンエアーで使う部分を編集するのはとても大変なことだと思う。
担当Dはイエメンの報道がいかに大切で、映像がいかに貴重かわかってくれている人。
それ故、編集でカットしいく作業は身を切るような痛みを伴ったと想像する。

内戦の大変な部分だけでなく、僕が週一回開かれているロバ市場に行き、ロバを撮影しているシーンを使ってくれて。。
イエメンという国をちょっと想像できそうな映像を使ってもらえて嬉しく思っています。

ラジオ、雑誌、テレビと報道ができた。
できれば、イエメンの特集という形でテレビ報道ができれば最高だと思う。

それでも限られた時間の中では伝えきれない部分、これからもブログで紹介していきます。
w_3652.jpg
イエメンの砂漠にて




久保田ショップ



未来世紀ジパング

2018年04月10日 19:45

2018年4月11日(水) 21時00分~22時54分
未来世紀ジパングの特番が放送される。
wAK3I8597.jpg
未来世紀ジパング~池上彰&鎌田靖の世界激変スペシャル~

イエメンの内戦は「世界最悪の人道危機」とまで言われている。
しかし、イラクやシリアと比較するとその報道は圧倒的に少ない。
国際社会の関心の薄さもあるが、ジャーナリストが取材に入りにくく、情報がないのも大きな原因となっている。

イエメン取材を終え、帰国してすぐラジオ、そして雑誌と報道してきたが、最も多くの人に伝えられるテレビの壁は高かった。
局の人がイエメン取材の価値を理解してくれつつも、番組にならない。
激戦区の映像があるわけでもなく、イラクの最前線と比較すると、圧倒的に映像の強さはない。

テレビは無理かと諦めかけていた時、テレ東の友人経由で未来世紀ジパングのPを紹介してもらった。
未来世紀ジパングのPは軽くプレビューをしただけでイエメンのオンエアーを決定してくれた。
この時代にまだこんなPがいてくれたことに感謝。

担当Dは長い、長いVTRから一生懸命編集をしてくれた。

イエメンの内戦が始まって3年が経過するが、おそらく日本のテレビが初めて放送する日本人が取材した
内戦下のイエメンの映像だと思います。
長い特番の一部ではありますが、是非ご覧ください。



久保田ショップ



相島の春

2018年04月08日 13:05

春がきた相島
w3I0213.jpg


久保田ショップ


大阪 Deep night

2018年04月06日 23:00

大阪にカメラマンの友人がいる。
紹介してくれたのは和歌山の高校教師。

和歌山の先生方に講演した時からのお付き合い。
「私の教え子が大阪でカメラマンやっているから会ってあげて」

かれこれ3年以上前のこと。
それ以来、大阪へ行くと必ずのように飲む。
飲む、朝まで。
今回も気がつけば朝4時だった。
IMG_5061.jpg
分野は違うけどカメラマン仲間。
毎回、違う友を紹介してくれ、楽しい夜。

次回は、、ちゃんと2時くらいには寝ようと思う。


久保田ショップ

猫天国、相島

2018年04月06日 15:00

今年1月、そして3月と2度に渡って相島を訪れることができた。
1度目のブログを書ききる前に2度目訪れてしまった僕。
w_1380.jpg
飛行機から相島らしき島を発見。
福岡の友人が飛行機の航路を調べてくれ、おそらく相島だと。
IMG_4700.jpg
1月、まだ寒い相島、訪れる人もまばらで、相島のネコを独り占めできる状態だった。
普通、僕が撮影しているシーンの写真はなかなかないのだが、今回は山口から隊長が駆けつけてくれたので、こんなシーンが多く残っている。
w_2K3I8451.jpg
隊長がネコ好きだとはこの時まで知らなかった。
w_4701.jpg
この状態だと、ネコを撮影しているのか、ネコと戯れているのか分からない。
w2726.jpg
撮影をやめてネコと戯れる。
w3728.jpg
ネコさんたちは賢い、敵意がなく遊んでくれる人がいると、どんどん集まってくる。
w_4719.jpg
港に近い公園。
このにもネコさんが。
w_4724.jpg
写真なんかいいから、遊んでくれ!と寄ってくるネコ。
w_4722.jpg
たくさんのネコさんと遊んだ1月。
その思い出を胸に3月末、再び藍島を訪れた。



久保田ショップ


相島(猫島)again

2018年04月02日 11:16

季節外れの寒い時期に訪れた相島。
そこは噂通りの猫天国だった。

島から本土に戻る時、待合室で2匹の猫と出会った。
w_3949.jpg
茶っこい子が僕の膝に乗って来て、そこでお昼寝し始めてしまった。
あまりに可愛くて動けないでいると、そこにもう1匹、ショーロンがやって来た。
w_4628.jpg
茶っこい子はまだ名前がないらしい。
ショーロンは元気な子で記念写真にもカメラ目線。
(前回のブログが途中で進んでいないので、そのうち、今回のぶんと合わせて書きます)

今回、相島に行く一番の目的は、この子猫ちゃんたちが元気に生き延びているかどうか確認すること。

船着き場の近くて茶っこい子に出会った。
w_4288.jpg
でも、この子が前回会った子かどうか僕にはわからない。
顔に目やにがいっぱいで可愛そうだったので、持っていておしぼりで顔を拭いてあげた。
w_2929.jpg
そしたら、この子「にゃ〜」と言って僕の膝に乗りたいアピール。
飛び乗る元気がないのがちょっと心配。
「いいよ、おいで、」と膝に乗せてあげると、そこでスヤスヤ眠り始めてしまった。
う〜ん
似てるな〜。
前回と同じ子かな〜

そんな時に船着き場のおばさんがやって来た。
この子って、僕が前回会った子かな〜?
って聞くと「そーですよ。ヨモギ?コゴミ?の子だから、〇〇って名前にしようかと思ってるんですよ」と。

残念ながら、ショーロンには再会できなかったけど、彼も元気らしい。
w_5036.jpg
膝の上が暑くなった茶っこい子は膝から降りて、僕の足元で再びスヤスヤ。
その手が僕の靴を押さえていて、行っちゃダメだよ!と言っているみたい。

望遠レンズを持った猫好きのカメラマンがやって来て、「ちょっといいですか〜、あ、そのままでいてください」
と、僕の靴に手を置いた茶っこい子を撮影して行った。
船着き場のおばさんも「ちょうど、靴の色とこの子の色がマッチしてていいですよね〜」と笑顔。

冬の寒さは乗り切ったものの、今回、相島の猫ちゃんたち、風邪引いている子が多かった。
元気でいてくれ、そしてまた再会できる日を願う。
また、後ろ髪を引かれながら、相島を後にした。




久保田ショップ




最新記事