FC2ブログ

イエメン サユーン

2018年02月27日 20:25

自分の足で歩くサユーンの街
wAK3I8591.jpg
ずっと走ってきた砂漠の中に現れた街。
高いミナレットが目に入ってきた。
wAK3I8597.jpg
交差点。
よく見るとブロックがイエメンの国旗になっていてちょっとお洒落な感じ。
wAK3I8592.jpg
あ新しい建物と古い建物が混在している。
wK3I8586.jpg
昔ながらの土レンガでできた建物
HIRO2047_20180227202016043.jpg
サユーンミュージアムは残念ながらオープンしていなかったが、ATMまでお洒落だった。


注:イエメンは2018年現在、外務省から退避勧告が出ていて、一般の方が旅行できる状態ではありません。

久保田ショップ



スポンサーサイト



サユーンの人

2018年02月27日 07:30

政府軍の支配地域サユーン。
車から降りて、街を歩く。

僕にとってカメラはコミュニケーションの道具であり、セキュリティーを測る道具でもある。
目線を送って、市場の人を撮影させてもらう。
HIRO2017.jpg
なんとなく穏やかな表情。
HIRO2019.jpg
市場の仲間が現れて、もう一枚撮ってくれ!と合図してきてくれた。
内戦が続くイエメンにあって、外国人に対して、日本人に対して敵意はなさそう。

デジタル時代。
撮影して写真を見せて、握手をする。
イエメン取材の第一歩を踏み出した。

注:イエメンは2018年現在、外務省から退避勧告が出ていて、一般の方が旅行できる状態ではありません。

久保田ショップ



02/25のツイートまとめ

2018年02月26日 04:15

hirokun001

アメブロを更新しました。 『辻堂サーフィン6』 https://t.co/MkB4Y7VqxD
02-25 17:14

イエメン最初の街

2018年02月25日 17:04

オマーンの国境から数100キロ、ひたすら砂漠が続き、途中小さな集落が3つほどあっただけだった。
前後に全く集落がないエリアにラクダがいた。
HIRO2005.jpg
はたして、このラクダさんは野生のラクダさんだろうか。

そして、長い、長い砂漠の終わりに街があった。
wAK3I8580.jpg
岩山の上にお城のような建物。
イエメンはそこかしこに遺跡があるような国だ。
AK3I8581.jpg
そして、ついに近代的な建物を発見。
カメラマンとしては車から降りて撮影したいところだが、政府軍の支配地域のセキュリティーもわからないので、ここは我慢。
AK3I8584.jpg
車は街中に入って行く。
初めての国の初めての景色。
全てが魅力的に見える。

それでも我慢。
その国の治安状況がわかるまで一眼レフを持って目立つ撮影はしない。


久保田ショップ



イエメンで見た日本の車

2018年02月22日 17:30

その昔、ドバイで日本の車を見た。
その車は園バス。
びっくりしたのは我が家の近所のルンビニ幼稚園の園バスだった。
何千キロも離れた国で、ご近所の園バスを見るとは想像していなかった。

今回、イエメンでも日本の車を見かけた。
内戦中のイエメン。
セキュリティーの観点から、車から降りれないこともある。
そんな時、車の窓から外を見ると
IMG_1382.jpg
キリンさんの引越しトラックを発見した。

車から降りることができず、ちょっと退屈していたのだが、一気に気分が上がった。
どんなルートでイエメンまでやってきたのか、想像するだけで楽しくなってしまった。


久保田ショップ




注:イエメンは2018年現在、外務省から退避勧告が出ていて、一般の方が旅行できる状態ではありません。

02/21のツイートまとめ

2018年02月22日 04:15

hirokun001

アメブロを更新しました。 『辻堂でサーフィン5』 https://t.co/tiRHFgNSOB
02-21 05:25

イエメンで最初の食事

2018年02月21日 06:04

国境からひたすら砂漠地帯を走って、最初の休憩&ランチ。
車から降りて、初めて踏むイエメンの大地。
少し緊張する。
イエメンの人がどんな対応をしてくれるのか。
w1991.jpg
食事は。。とっても美味しそう。
もちろんメニューなどないので、店先で焼いている鳥肉をオーダーする。
アラビア語で数字くらいは言えるので、ダジャージ(鳥肉)ィトネヌ(二つ)ちょうだい。とオーダー。
石焼の鳥肉を初めて見た。
w1997.jpg
店員さんは、日本人の僕に出会えてことを喜んでくれ、最高の笑顔で盛り付けてくれた。

初めての国
内戦中の国イエメン。
第一印象は最高のものとなった。

鳥肉とスープは最高の味だった。




久保田ショップ



イエメンでのお気に入り写真

2018年02月18日 19:11

イエメンでロックパレスを訪れた時、地元の子どもと一緒に写真を撮った。
これが今回一番のお気に入り。
w1610741478971796_1866698787_n.jpg
内戦下のイエメンに外国人がいるはずもなく、どこへ行っても僕は地元の人に「一緒に写真を撮ってくれ」とお願いされる。
ロックパレスでは地元のお父さんが、外国人と一緒に写真を撮ってもらいないさい。と子どもを僕の隣へ。
逆光だし、友人に渡したのはiPhone。
いい写真は期待していなかったのだが、最高の写真になっていた。
w190_1610741478971796_1866698787_n.jpg
滅多にこういうことはしないのだけど、ちょっと彩度を落として白黒になる直前の写真がいいかも。

今まで訪れた中東の国の中でも人懐っこさでは群を抜くイエメン。
早く平和が訪れ、昔のように旅人が訪れることができるようになって欲しい。

注:2018年現在、外務省から退避勧告が出ていて、一般の方が旅行できる状態ではありません。



久保田ショップ



TBSラジオ セッション22

2018年02月17日 18:19

TBSラジオ セッション22に出演させてもらった。

なんとなく皆さんお気付きかと思いますが、久保田、イエメンの取材に行ってきました。
このご時世、仕事とはいえ、外務省の退避勧告がでいている国を取材するとなると外務省の方々にご迷惑をおかけしてしまうので、事前告知はできないでいました。
(ご心配をおかけしてしまった外務省担当課の方々、ごめんなさい)

長い時間をかけ、取材のセットアップをして、政府側、反政府側、どちらに拘束されても解放される手筈を整え、お金で雇ったガイドではなく、信頼できる友人とのタイアップ取材でした。

イラクやシリアと違って世界の報道からも忘れ去れかけているイエメン。
国連は先月、イエメンの全人口の4分の3以上にあたる、およそ2220万人が人道支援を必要としていると報じました。
そこに赴き、取材し、情報をアップロードするジャーナリストがいなければ、支援の手も届かない。
国連やNGOの支援を受けられない国内避難民キャンプが存在すると友人から聞き、取材を決意しました。

そんな取材から帰国2日後にTBSラジオ、セッション22で現状を報告する機会を頂きました。
プロデューサー、担当ディレクターには感謝の気持ちで一杯です。
セッション22、イエメン
PCで聴くことができます。

荻上チキさん、南部広美とは過去にもご一緒させてもらっているので、会話のテンポ、次来るであろう質問などが予想できてとても話しやすかった。

番組が終了し、帰り支度をしていると南部広美さんが紙袋を渡してくれた。
IMG_0119_20180217175741ee2.jpg
「久保田さん、一日遅れですが、バレンタインデーのプレゼントです」と

3。4回しかお会いしていないのに、、
細やかな心遣いにとても嬉しい気持ちになった。

IMG_9198.jpg
僕は、、イエメンのお土産を何も持って帰ってこれなかったのに。

映像も沢山あるのだが、今の日本の現状ではテレビでの報道はとても難しい。
CSはなんとかなりそうなのだが、、
より多くの人に現状の一部でも知ってもらうために、なんとか短くてもいいから地上波で報道してもらいたいと思う。

多岐にわたる分野、ちょっと難しい中東問題も扱ってくれるラジオに感謝。
月一は無理だけど、3ヶ月に一回くらいのレギュラー(ゲスト)が欲しいと思う久保田です。


久保田ショップ


海外貴重品袋

2018年02月13日 07:00

海外に持っていく貴重品袋。
100均で買ったメッシュの袋。
かれこれ5年ほど使い続けている。
IMG_3610_2018021302385258d.jpg
その貴重品袋のファスナーに高尾山のおみくじ天狗を付けている。
今回は付けて行かなかったけど、、
今年引き当てた青の天狗さん。
IMG_8337_20180213023853022.jpg
お守りとして、次の海外取材には付けて行こうかと思う。
いつの日か全色揃う日がくることを祈りつつ。



久保田ショップ


イエメンのかわいいタクシー

2018年02月11日 07:00

かわいいタクシーのマークを見つけた。
HIRO2049のコピー
アラビア語が顔のようになっている。

そんな写真を撮っていると、、
「俺も撮ってくれよ〜」
とタクシードライバーが話しかけてきた。
AK3I8639のコピー

一昔前は1ヶ月の取材で100本のフィルムを持って行っていた。
フィルムは貴重で、地元の人に撮ってくれ!と言われても、なかなか撮れなかった。
フィルム時代と違って、デジタルなので撮影カット数を気にしなくていい時代になった。

撮影がコミュニケーションの一つになったりする。



久保田ショップ



02/10のツイートまとめ

2018年02月11日 04:16

hirokun001

アメブロを更新しました。 『辻堂でサーフィン4』 https://t.co/4cG7hJ0Xvr
02-10 07:18

RT @amakinaoto: 誰もが安倍首相のやっていること、言っていることの矛盾を知ってる。それにもかかわらず、誰もそれを妄言であると報道しない。それとも、もはや安倍首相の外交はすべてが行き詰まっていると考える私が間違っているのだろうか。一億総思考停止状態に問題を強く感…
02-10 04:49

野生?のラクダ

2018年02月11日 02:16

砂漠の中
前後に集落は全くない場所

ラクダが歩いていた。
HIRO2004.jpg
はたして、このラクダさんは野生のラクダさんなのだろうか?
HIRO2006.jpg
全く水の気配がない地域を歩くラクダさん。
野生動物の力強さを思う。



久保田ショップ


イエメンの蜃気楼

2018年02月10日 14:04

HIRO1980のコピー
生まれて初めて蜃気楼を見た。

ひたすら続く砂漠の向こう。
海があるように見える。

どれだけ進んでも辿り着けないオアシス。

舗装道路がない時代。
どれほど多くの人が蜃気楼に向かって命を落としたことだろう。


久保田ショップ


中東のネコ

2018年02月09日 02:00

HIRO2377のコピー


久保田ショップ


砂漠2

2018年02月08日 01:00

砂漠の終わりは峠だった。
wHIRO2012_20180208015117796.jpg

IMG_7175_201802080146232d8.jpg
ちょうど陽が沈むタイミング。
車を停めてもらい、しばらく撮影。
AK3I8555のコピー

AK3I8570のコピー
大自然の美しさを満喫する。



久保田ショップ


オマーンの海と遺跡

2018年02月06日 20:27

今回は時間があったので、1日タクシーをチャーターしてみた。
ピースボートで訪れた時には行けなかった、サラーラ郊外にも足をのばしてみた。
IMG_5139 2
ドライバーがものすごくプッシュするから、まあいいか!と思って行ってみた。
HIRO1924.jpg
紅海から降ってきた船が中継地点として立ち寄ったのがサラーラの港。
海賊対策もされた砦のようなまちの遺蹟。

シーズンオフのため、観光客は全然いなくて、係りの人が色々と解説してくれ、この街の歴史を綴った動画を見せてもらった。
動画を見た後に遺跡を訪れると、ここに、こんな風に人が住んでいたんだな〜。と思えて、太古の人々の暮らしを感じられてとても良かった。
HIRO1929.jpg
この場所から船がやってくるのを見ていたんだろうな〜
HIRO1926.jpg
そんな歴史の場所で記念撮影。
HIRO1925.jpg

僕はせっかくなので、海で泳ぎたい!と伝えていたのに、ドライバーに遺蹟に連れて行かれてしまい。。。
と思っていたが、この遺跡の中にプライベートビーチが存在した。
IMG_9143 2
びっくりするくらい、青い海。
冬だけど、日本の海より暖かく、海水浴にはなんの問題もない水温。

途中、外国人のカメラマンが来て写真を撮って行ったが、それ以外は海を独り占めできた。
再びオマーンに来れたことをとっても嬉しく思う。


久保田ショップ


懐かしのオマーン

2018年02月06日 01:13

ヒースボートで訪れて以来、三年ぶりにオマーンを訪れた。

ピースボート仲間とビーチまで歩いた。
何度聞いても、あと1キロと言われ、なんだかんだで3キロ以上歩いたと思う。

その懐かしいビーチを再び訪れた。

懐かしいゴールドスークも

イエメンの砂漠

2018年02月04日 00:24

久しぶりに本格的な砂漠を訪れた。
w2238.jpg

w_2814.jpg
w_5669.jpg
昼は暑く、日が沈むと一気に寒くなる。
こんな過酷な環境で生きてきた人が強いのは当たり前だと思う。


久保田ショップ




最新記事