FC2ブログ

12/30のツイートまとめ

2017年12月31日 04:17

hirokun001

アメブロを更新しました。 『サーフボードが欲しくなった僕』 https://t.co/Xjw9BiFKR1
12-30 12:38

スポンサーサイト



12/29のツイートまとめ

2017年12月30日 04:18

hirokun001

アメブロを更新しました。 『サーフボードが欲しくなった僕』 https://t.co/Xjw9BiFKR1
12-29 15:16

2017年を振り返り、我が人生も振り返る。

2017年12月29日 15:02

2017年もあと僅か。
2017年を振り返り、我が人生も振り返る。

2017年も本当に多くの人に出会わせてもらい、多くの人のお世話になった。
そう、この仕事をしていなかったら絶対会えないような人と出会い、いろんな経験をさせてもらった。

昨年作った映画の上映会をやらせてもらい、人生初のオーストラリアへ行き、シリア難民のバシャールと再会できた。
w_9337.jpg
photo by Sugimoto

そして、オーストラリアの帰りには、我が人生を変えてしまったきっかけの国シンガポールを訪れ、僕の仕事を応援してくれる運命の人と出会った。
AK3I0177.jpg
シンガポールの友人と共に運命のゲストハウスを訪れた。
そう、ここに泊まって1人のパキスタン人と出会っていなかったら、僕は普通に旅行雑誌のカメラマンを続け、平和な世界の観光地を撮影し続け、幸せな人生を送っていただろう。

戦場カメラマン、僕は自分を普通のジャーナリストと思っているけど、、
この仕事をしてたから、行けた国、出会えた人、できた経験、とっても多くて感謝している。

一方でこの仕事をしていて失ったものも大きい。
安眠、普通の生活、結婚〜家庭。

年末になり、一年ぶりに再会した女性の友人に言われた。
久保田さんには友達紹介できないですよ〜。そんな仕事じゃ危なくって幸せになれないから。。
一瞬酔いも覚める。

僕のことをとっても応援してくれている人にも言われた。
久保田さん、とっても大切な仕事しているから、応援しますし、これからも頑張ってください。
「僕、普通に結婚したいんですけど、、娘さんが僕と結婚したい!って言ったらどうします〜」
それリャ〜全力で反対しますよ!
久保田さんの仕事とプライベートは違いますから。
この人とは縁を切った(絶交したわけでなく、、さりげなく)

前出の女性に言われた、世の中の女性(多分日本人)が求めるのは安定した職業、安定した生活、そして潤沢なお金。

今更ながらに、自分が結婚できない理由を悟った感がある。
世の中の女性(多分日本人)が求める要素、僕、全部持っていない。

世の中のためになる仕事したとか、写真集出したとか、ちょっとテレビでことあるとか、な〜んの役にも立たない。

考えてみたら、ジャーナリストに限らず、カメラマンも、結婚できている人はコマーシャルなどのちゃんと稼げる分野で活躍している人が多い。

さてさて、今年はオーストラリアからシンガポール。
トルコからギリシャ、そしてマルタ。
誰でも行ける安全な国の取材ばかり。
それで良いかと思う。

来年は、来年こそは、我が人生の目標に向かって突き進みたいと思う。

現地に赴くことも大切だけど、今年であった人たちとのつながりで「伝えること」にも力を入れて行きたいです。

みなさま、今年一年、お世話になりました。
お会いできてなくても、僕のブログを読んでくださっている方々にも大きな力をもらっています。

少し早いですが、良いお年をお迎えください。
そして、来年もよろしくお願いします。

フォトジャーナリスト
久保田弘信

12/28のツイートまとめ

2017年12月29日 04:17

hirokun001

アメブロを更新しました。 『大磯でボディーボード』 https://t.co/jt6cxEmwRt
12-28 00:14

12/27のツイートまとめ

2017年12月28日 04:19

hirokun001

アメブロを更新しました。 『日本でサーフィンを始めるきっかけ』 #疾走感 #ボディーボードhttps://t.co/XaKtlspVtv
12-27 13:22

ギリシャの鶏

2017年12月27日 22:13

ギリシャの鶏写真が出てきた。
HIRO1362.jpg
ピントは甘いし、ちょっとブレている。
HIRO1370.jpg
その次には訳のわからないギリシャのお花の写真。

これは何?
実はギリシャの難民キャンプの取材に行った時の写真。

デジタル時代になって、撮影した写真を見られてしまう危険性が高くなってきた。
難民キャンプの外観を撮っただけでもデータを消せ!と言われることもある。

そんな時の為の捨てカット。
カメラを見られたら、どうでもいい鶏やお花の写真が出てくる。

ま、これもいい記念かと。
よく見れば美味しそうな鶏だ。


久保田弘信の作品ショップ

12/26のツイートまとめ

2017年12月27日 04:16

hirokun001

アメブロを更新しました。 『日本でサーフィンを始めるきっかけ』 https://t.co/XaKtlspVtv
12-26 14:59

北海道の仲間たち

2017年12月26日 15:08

25443023_1012368855581388_5413574161200874494_n.jpg

札幌滞在、最終日。
講演も無事終了して、夕ご飯何食べたい〜?
と聞かれ、迷うことなく「ジンギスカン」と答えた僕。

20年来の友人と、今回初めて出会った友人と、一緒にジンギスカンを頂いた。
千歳から駆けつけてくれた20年来の友人が全員分ご馳走してくれちゃった。

この後、近所の水タバコ屋さんへ行き、友人のシリア人と再会し、札幌の夜は更けていった。


久保田ショップ

写真パネルの販売

2017年12月25日 07:30

今年も予想通り、海外取材は大赤字。
応援してくれた人もいて、借金までは必要なく正月のお餅が買えそうな感じ。

ですが、餅は買えても、来季の取材を考えると大変な状況なので、先日JPS展から帰ってきた写真を売りに出そうと思います。
冬季五輪の選手が、オリンピックを目指すために「もう売るものがなくなった〜」というニュースを見たが、ジャーナリストも同じかもしれない。

実はface bookで先行販売をして、見事に一枚の写真が嫁いで行きました。
過去の写真展に使った写真も今後、販売して行く予定です。

50センチ×50センチの正方形木製マット入りの写真。
23559713_10215236754058236_7342570781562074968_n.jpg

23561701_10215236754098237_5214130555075906425_n.jpg

写真はISと戦う最前線の兵士。
新品ではなく、展示に使われた写真です。
原価を考え、最低落札価格20000円(送料込み)のオークションにしたいと思います。

ご希望の方、希望価格を明示の上、久保田にメールお願いします。
chobikun5@hotmail.com

締め切り、2018年1月7日23:59
締め切り時点での最高落札価格を提示してくださった方に直接連絡し、発送させていただきます。

本当はブログ上で、現在の価格がわかるオークションができれば良いのですが、僕にはそんな能力がなくて。
そんな方法知っている人いたら、久保田に教えてやってください。

下記の久保田ショップもよろしく

久保田ショップ

サーフィンブログの開設

2017年12月25日 00:49

このブログ、フォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログという仰々しいタイトルであるにもかかわらず、
ジャーナリズムに関することだけでなく、ネコとかネコとか。
日々の出来事も綴っている。

サーフィンのことも何度か書いているが、今、僕がチャレンジしているサーフィンのことを改めてかきたくなってきた。
自分の人生の中でテニスをやったり、バイクのレースをやったり色々とチャレンジしてきた。
新たに始めるスポーツとしては、サーフィンがラストチャレンジになると思う。

戦場の怖い夢を見て落ち込んでいる時、海に行って波に乗るだけてとても癒される。
まだまだ初心者に毛が生えたレヴェルの僕だが、サーフィン、そして海をとっても愛している。

上手い人のサーフィンブログじゃなくて、できない人が一生懸命やっているサーフィンブログを書きたい。
全くそんなことに関心がないフォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログの読者には申し訳ないと思い、
新たにサーフィンブログを開設しました。
IMG_2422_20171225004633c61.jpg

カメラマン久保田弘信のサーフィン日記

ジャーナリストとは全く関係ないサーフィン。
でも、何か通じるものがあるようにも思える。
関心がある人はサーフィン日記も是非見てやってください。


久保田ショップ


夢の話

2017年12月23日 23:37

僕はよく夢を見る。

ちょっと特技があって、一度起きてしまった夢の続きを二度寝して見ることができたりする。

イラク戦争から帰ってきた頃、よく米兵に撃たれる夢を見た。
起きた時はちょ〜気分が悪く、そのまま1日を始めるのが嫌で、再び夢の中に入る。
一度夢の中で撃たれている僕は米兵が隠れている場所がわかる。
そこを回避して、無事目的地に到着して起きる。

そんな夢はわかりやすいのだが、時折、全く想像できないような夢を見る。

夢の中で僕は競輪選手の養成学校にいた。
養成学校の食事係の女の子が3人。
どうやら、そのうちの一人が昔からの知り合いらしい。
名前もわからず、現実世界の誰に似ているわけでもなく、全くのオリジナルキャラクター。

「競輪選手になる人は沢山食べるので、普通より多めに作っているんです」なんて説明を聞いていた。

ここが夢なんだけど、突然、その3人と遊園地に行くことになった。
これまた偶然、僕以外に2人の男性がいて、3対3での遊園地。
この2人の男性も全く僕が知らないオリジナルキャラクター。

僕の元々のの友人の女子は先に遊園地のゲートをくぐっていて、僕ともう1人の女子が最後。
チケットを購入しようとした時、ポケットの中に財布が入っていないことに気がつく僕。
女の子が、私が出しておきますからいいですよ!と言ってくれたが、男としてちょ〜恥ずかしい。

前の4人に追いつくためにちょっと小走り、何故か左手をつなぐことになって、、
ちょっとドキドキの僕。
小心者の僕は前を行く、元々の女友達のことをちょっと気にしていたりして、追いつきたくないな〜なんて思っている。
この先、もっといいことがおきそうだと思っていた時、携帯電話の音で起こされてしまった。
起きた時、左手だけが暖かく、手を繋いでいた感覚が残っていてびっくりした。

大概、こういういい夢は続きが見れない。

もちろん、トライしたが、碌でもない怖い夢を見てしまった。

クリスマスが近いし、ちょっとロマンティックな夢を見たのだろうか。
時折、僕の脳はどうなっているのだろう?と思う。
現実世界に因がある夢なら理解できるが、競輪とか全く関係ないし、そんなテレビを見たわけでもない。

理系の僕は思う。
もしかして、パラレルワールド!
僕が寝ている間に見た夢はもう一つの世界で僕自身が経験していること。
そんな世界は一つだけじゃなく、沢山あるから、あまりにも現実感のある夢を見る。

僕が起きてしまうと向こうの世界のことはわからないが、向こうの世界では手を繋いだ僕のその後が進んでいる。

こちらの世界のリアルが原因になった夢はだいたいよろしくない夢。
こちらの世界のリアルとかけ離れた夢は、向こうの世界で僕が生きていて、活動している夢。

夢から帰ってきて、いつも思う。
そのまま向こうの世界にいれたら幸せなのにな〜と
向こうの僕は平凡だが、いつも幸せに暮らしている。

こちらの世界の僕は。。
なんだか、大変なことばかりしていて、、

いつの日か!できれば近い未来に、向こうの夢に憧れない、こちらの自分になりたいと思う。


久保田ショップ


岐阜新聞、杉原千畝

2017年12月22日 15:45

杉原千畝という外交官が外務省の命令に逆らってビザを発給し、6000人もの命を救ったという事実はしっていた。
しかし、その杉原千畝が岐阜県出身だとは全く知らなかった。

岐阜県武儀郡の出身らしい。
僕も何度か訪れたことがあるが、山間の小さな集落だ。

『杉原千畝 スギハラチウネ』という映画にもなった人物が岐阜県出身者ということで、岐阜新聞が連載を続けている。

岐阜新聞の真面目な記者が、その連載記事に久保田のことを書いてくれた。
掲載新聞が送られてきて、自分の記事を探したが、見当たらない。
あれ!と思い、再び探そうと思ったら、なんと!一面の記事だった。
IMG_4514.jpg
仕事がら、新聞に掲載してもらうことも多いが、その多くが国際面か地方面。
1面に掲載してもらうのは何年ぶりだろう。
IMG_4516.jpg
しかも、世界が知る「杉原千畝 」の連載記事とは、これほど名誉なことはない。
1面だと感心ない人でも、目をつけてくれるのがありがたい。

ナチスの目を盗んで逃げてきたユダヤ人たちが、ヨーロッパから逃れるために、日本への通過ビザを求め、領事館前におしかけた時。
千畝は「ビザを出してもいいですか。」日本の外務省へ問い合わせるが、帰ってきた電報は
「正規の手続きができない者に、ビザを出してはいけない。」

決して裕福でない家庭に生まれ、猛勉強して外交官まで上り詰めた千畝。
ビザを発給しユダヤ人の命を救うべきか、命令に従って外交官としての輝かしい道を守るべきか。

千畝は時間ギリギリまでビザを発給し続けた。
1947年、帰国した杉原を待っていたのは独断でビザを発行したことの責任による外務省からの解職。
外務省の命令に逆らったのだから、当然の処分。

よく年、杉原の許へ一人のユダヤ人が訪れてきます。
彼はボロボロになった当時のビザを手にして涙をこぼして杉原に礼の言葉をのべたらしい。

僕がジャーナリストとして本格的に動き始めたアフガニスタン戦争。
僕はNGOの人ではないが、「見えない難民」をほっておくことができず、借金までして難民を助けていた。
映画のそのシーンが岐阜新聞の記者を動かしたのだと思う。

自分自身がボロボロになってまで続けた難民支援。
2年後、僕が支援していた難民の故郷を訪れた時、難民の人が僕が作ったIDをパウチして大切そうに持っていてくれた。

外務省をクビになった杉原千畝。
ユダヤ人と再会した時の気持ちを思う。
杉原千畝の名誉が回復したのは2000年になってから。

今の日本を見ると第二の杉原千畝は未来永劫出てこないように思えてしまう。
そんな日本だからこそ、岐阜新聞は連載を一面で報じているのかもしれない。

帰省したら、八百津にある杉原千畝記念館を訪れてみようと思う。

本文中、敬称略。


久保田ショップ



ホームページ更新

2017年12月21日 18:21

久しぶりにHPを更新しました。
久保田弘信HP

大学生の友人、ショウヘイが更新の仕方を教えてくれた。
が、しばらく更新していないと、、やり方を忘れてしまう。

そんな久保田のダメさ加減を理解していたショウヘイはHP更新の緊急マニュアルを残しておいてくれた。
それでも苦労したが、なんとか更新できた。

2018年、1月に予定されている映画の上映会と講演の情報をアップした。

情報の発信はブログがメインだが、古いブログは奥に入って行ってしまう。
HPは看板のようなもの。
講演や写真展情報を確認してもらう看板になれば幸い。


久保田弘信の作品ショップ



冬の北海道列車

2017年12月20日 12:51

冬の原生花園を訪れた。
駅に行くと、ちょうど釧網本線の列車がやってくる時間だったのでカメラを構えて待つことにした。

カメラマンは鉄ちゃんが多いが、僕はその趣味全くなし。
それでも吹雪の中やってくる列車には興味をそそられた。
AK3I0519.jpg
この雪の中を走ってくる列車は健気に見えた。
AK3I0495.jpg
ホームにはやってくる列車を待つ観光客が沢山。
AK3I0511.jpg
レンタカーで訪れたが、冬の釧網本線、一度は乗ってみたいと思う。
AK3I0491.jpg
そう、できれば冬に。

ちなみに、この写真は昨年の冬の写真。
ブログに書こうと用意していたのに、何故か一年後になってしまった。


久保田ショップ

サーフィン仲間

2017年12月19日 00:17

この2年ほど日本でサーフィンをするようになった。
IMG_4558.jpg
ダーツ仲間でサーフィンをする人がいて、一緒にサーフィンをするようになり、市場のサーフィン仲間を紹介してもらい、
タイミングさえ合えば、月曜日は床屋の友人と、水曜日は市場の友人とサーフィンに行くようになった。

サーフィンそのものがとても楽しくてハマったのもあるが、この2年、多くの友を亡くし、ともすれば鬱ぎこみがちになってしまうが、大自然の中で波と戯れると、ちょっと心落ち着くこともあって、ますますサーフィンにハマった。

ようやくテイクオフができ、ちょっと横に滑れるようになり始めたばかりの初心者だけど、ベテランのサーフィン仲間が一緒に海に行ってくれるのはとても嬉しい。
DSCN3634_201712182357215f4.jpg
(念願のゴールドコーストでも波に乗ることができた)

2017年もそろそろ乗り納めの時期。
床屋さんの友人のお友達に海で出会った。
何度か挨拶したことはあるが、ロングボーダーなので海の中で一緒になったことはない。
「久保田さん、いつもFB拝見してますよ〜」と言ってくれて、僕の名前を覚えてくれていたことに感謝。
そして、なんだかとっても嬉しかった。

最近、よく一緒にサーフィンしている市場仲間のYさん。
初めてあった時は茶髪でめちゃサーファーっぽく、そして、あまり喋らない人だったので、、ちょっととっつきにくい!
と思っていた。
そんなYさんも何度も一緒にサーフィン行くうちに、気軽に話してくれるようになってきた。
僕とほぼ同年代、話せばとっても気さくで優しい人。

そんなYさんが先日初めて話の中で「久保田さんもできますよ〜」と初めて僕の名前を呼んでくれた。
その前から、サーフィンの行き帰りで大笑いして話していたけど、僕の名前が呼ばれることはなかった。
初めて久保田さん!と呼ばれ、これで友として認められたかな〜。って感じで、これまたとても嬉しかった。

レースもダーツも、サーフィンも趣味を通じて知り合えた友が多い。
いつも僕の周りにはいろんな人がいるね〜!と言ってくれる人が多いが、実は僕、いつも孤独感を味わっていたりする。

サラリーマンじゃないから、しばらく顔を見なくても、また海外に行っているのかな〜と思われがち。
東京で一人暮らし、フリーカメラマン。
孤独死したら、、何日後に発見されるのかな〜。と思ったりしてしまう。

今だったら、サーフィン仲間が一番に発見してくれるかも。
趣味を通じて、誰かと繋がっていられることが嬉しい。
そして、今はサーフィンが一番好き。

ちょいと早いけど、新年も健康で、サーフィンできる自分でいたいと思う。


久保田ショップ

円山動物園

2017年12月15日 16:50

友人に誘われ、雪の中、円山動物園へ行った。
円山動物園を訪れるのは、、20年ぶりくらい。

日曜日にも関わらず、園内の来場者はとても少ない。
旭山動物園があまりに有名になり、札幌からのツアーもあるくらいで、わざわざ円山動物園を訪れる人は少ないようだ。

僕、動物園、大好きで、大嫌い。
動物好きなんだけど、彼らの境遇を考えると切なくなってしまうことも多々。

円山動物園でも高校生くらいの女子がお猿さんがいるガラスを叩き、ひたすら揶揄っている。
目の前にはガラスを叩かないでください!って書いてあるのに。
彼女たちが去ってから、「ごめんね〜。おバカな人間で」とお猿さんに謝っておいた。

猫が好きは僕はやはりネコ科とお友達になりやすいようで。
狼さんは全然お話してくれなかったけど、トラさんは色々お話してくれた。
IMG_9607.jpg
モフモフの毛。
わかゆい!
絶対噛み付かないなら抱っこしたいのだが。。
IMG_4808.jpg
横向きだったが、突然、目を合わせられて、ちょっとビビった。
でも優しい目。
IMG_0918.jpg
でも、、よく見るとやっぱり鋭い眼光。

雪の中シロクマさんやアザラシさんがのびのびしていた。

いつの日か、噂の旭山動物園にも行ってみたいと思う。


久保田ショップ

札幌で見つけた新しいコーヒー

2017年12月15日 07:00

よくお世話になっているセブンイレブンの100円ドリップコーヒー。
札幌で新作を見つけた。
IMG_0079.jpg
モカブレンド。
ちょいとお高いとはいえ、缶コーヒーの130円よりお値打ち。

札幌で流行れば、全国で流行る。

早く東京にも進出してほしいと思う。


久保田ショップ



札幌最終日

2017年12月13日 10:38

僕の友人ユータ君が企画してくれた講演。
IMG_8220.jpg
全国の友人たちのおかげで、会場もほぼ満席。
無事終えることができた。

千歳からは20年来の友人、佐々木君も来てくれて、、
「札幌最終日は何が食べたい〜?」
僕は迷うことなく「ジンギスカン」と答え
IMG_3930.jpg
講演に参加してくれたメンバーとジンギスカン。
佐々木君がみんなの分、ご馳走してくれちゃった。→ありがとう〜!

そして、おきまりのように、食後は狸小路のシーシャバーへ
ここで、今回は会えないと思っていたシリア人の友人アッシーとも再会できた。
相変わらず、アッシーは面白くて、札幌最後の夜を楽しく過ごさせてもらった。

東京へのフライトは午後なので、余裕。
ちょっと調べたら、僕が滞在しているホテルのすぐ近くに空港行きのバス停があるとわかった。
違う景色を楽しむのもいいと思い、初めてバスで空港へ向かう。
IMG_4188.jpg

今回も多くの人に出会えたことを嬉しく思う。
新たに「友」と呼べる人もできた。
また札幌に帰ってこれる日を楽しみに!


久保田ショップ



食の街、札幌

2017年12月12日 13:27

札幌は安くて美味しい。
お昼ご飯を食べずに到着した僕は腹ペコ。
あまり歩き回る元気もなかったので、札駅でラーメンを食べることにした。
w_4496.jpg
昨年、友人を訪ねて行った函館で初めて食した「あじさい」
少し塩分が強い気もするが、濃い味で育って来た僕は大丈夫。

翌日のランチはリゾット。
w_2185.jpg
札幌でリゾット?と思うかもしれないけど、これまた絶品。
たらことホタテのクリームリゾット。
ドンキホーテの近くにあるお店です。

夜は、じゃじゃーん。
w_4636.jpg
札幌の友人が連れて行ってくれたちょいとおしゃれな居酒屋。
生牡蠣が一個100円。
ここのホッケも絶品。
今回はシーズンオフでコマイが食べられなかったのが残園だが、コマイも絶品。

そして、札幌といえば味噌ラーメン。
これまた友人の案内で地下鉄の澄川駅近くのラーメン屋へ
IMG_9430.jpg
まかない丼とのセットで1100円。

そして、そして、
僕は全く知らなかったのですが、近年、札幌では「しめパフェ」というのが流行っているらしい。
この寒い地域で閉めにパフェを食べる?
w_2809.jpg
これがまたうまい!
東京では想像できないけど、23時、24時近くの時間帯にスィーツ屋さんに行列ができている。

食もファッションも札幌で流行れば全国で流行ると言われる札幌。
数年後には東京でも「しめパフェ」が流行るかも。

今日、12月12日は札幌駅近くで講演をします。
お時間ある人は是非お越しください。

12・12札幌にて講演


久保田ショップ


福岡、中州から天神へ

2017年12月11日 13:19

お昼過ぎの東京へのフライト。
憧れの猫島へ行く余裕はなく、ホテルを出て、中州から天神までゆっくり散歩してみた。
IMG_3914.jpg
あまり位置関係は分かっていないのだが、なんとなく見覚えのある公園にたどり着いた。
数年前、ラーメンフェスタやっていたな〜。と懐かしく。
IMG_6188_201712111312326df.jpg
冬の陽だまりを歩いていると、あっと言う間に天神についた。

天気もいいし、屋上から天神を眺めてみたくなり、屋上へ上がってみた。
IMG_8626_20171211131233dd0.jpg
むむ!残念ながら高いフェンスに遮られて、景色はよろしくない。
ちょいと登って写真を撮ろうかと思ったが、、朝一番でお掃除しているスタッフがいたので、、やめておいた。

天神の地下街のレンガっぽい落ち着いた雰囲気が好き。
IMG_3943.jpg
なぜか、毎回立ち止まる。河童の泉。
よく見ると河童に愛嬌があって、見入ってしまう。

来年、早々にまた福岡に行けそうな感じ。
次回こそは、猫島へ渡ってみたいと思う。


久保田ショップ


12・12札幌にて講演

2017年12月11日 00:55

ごろのいい、12月12日、18:00から20:30まで札幌にて講演をします。

場所
北海道教育大学サテライト教室2
紀伊国屋の4F
(札幌駅前サテライト011-211-4100
〒060-0005 札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55 4F
学生500円一般700円

現地で撮影した映像を駆使しながら、日本のメディアが報道しない世界の今をお伝えします。

僕の友人が一生懸命場所を確保し、企画してくれました。
お時間ある方は是非、お越しください。
そして、札幌に友人がいる方、是非お知らせください。

福岡の友人が札幌の友人を紹介してくれたり、皆さんのご縁に感謝しています。
少しでも多くの人に、世界で起きていることのほんの一部でも知ってもらえたら幸いです。

久保田ショップ


中洲探訪

2017年12月05日 21:03

福岡の友人と一緒に博多駅のイルミネーションを見た。
w_5529.jpg
結構キレイだった。
友人のシリア人は「明日家族と一緒に見に来ます」と言っていた。

今回のお宿は中洲。
何度も訪れているのに、今一全体像がつかめていない、方向音痴の僕。
w0166.jpg
ホテル近くのランドマーク。

キャナルシティーが近そうなので、歩いて行ってみる。
w_5258.jpg
懐かしい、キャナルシティー!
キャナルシティーを訪れるのは10年ぶりくらいだろうか。
なんか全体が広くなった気がする。
お店も増えて、ここでも迷子になりそう。
w_5030.jpg
川沿いに歩いていくと、ちょうど屋台の準備に出くわした。
17時を過ぎると一斉に準備が始まる。
どの屋台もあっという間に出来上がって行く。
その手際の良さにしばらく見とれていた。

よそ者が行っても、何となく馴染める雰囲気の中洲。
来年も福岡に行けそうなので、またゆっくり立ち寄ってみたいと思う。


久保田弘信の作品ショップ



NHK受信料に関する最高裁判決

2017年12月04日 22:48

久しぶりにブログのカテゴリー「ニュース」を選択した。

12月6日NHKの受信料強制が合憲か違憲か、最高裁の判決が下る。
アメリカのように司法の独立が確保されていない日本だが、判決には注目したい。

簡単に言うと、NHK見ていないのに、テレビを持っていたら強制的に受信料を徴収される。
さて、それは合憲、違憲?

憲法判断の前に、放送法が制定されたのが昭和25年。
テレビを持てる家庭は一部の富裕層出会った頃。
現在では一人暮らしの学生でさえ、テレビを持てる時代。
大昔の放送法を現代にも適用するのがどうか、法律は時代と共に変遷していく。
放送法はそのままでいいの?
と言う意見も多い。

NHKの特質性はスポンサー、視聴率に依存しないところ。
それ故、日本政府や企業に屈することなくメディアの独立性を保てる。
これが、本当にできていれば、受信料の強制徴収もありかとも思える。

僕個人はジャーナリストという仕事をしていて、ニュースはとても大切にしている。
が、しかし、日本にいてNHKを見ることはない。
わざわざ、CNN,BBC,アルジャジーラなどの海外の局と契約してニュースを得ている。
僕の英語能力を考えると日本語でNHKが海外のニュースをやってくれれば良いのだが、BSはともかく地上波では僕が知りたいニュースが入ってこない。

僕が唯一NHKを見るのは海外取材中。
NHKワールドはとても面白い。
そして、BSの長尺特集もとてもいい番組が多い。
NHKにはアフガニスタン戦争の頃からの知り合いのスタッフも多い。
それでも、僕個人としては受信料、今NHKの体制をよしとは言いずらい。

田舎の人、高齢者には絶大なる人気を持つNHK。
しかし、テレビ離れが進む今の若者たちがどれほどNHKを見るだろうか。
最近の大学生は一人暮らしで三種の神器の一つと言われていたテレビを持たなくなりつつある。
「携帯があるから、テレビはいらないです」という学生が増えている。

メディアとしての独立性は保っていただきたい。
視聴率を気にしないで、いい番組を作っていただきたい。

裏腹な話だが、本当に見たい人が契約すればいいと思う。
そしたら、、やっぱり契約者数は激減するのだろう。

地デジ時代を迎えた昨今。
受信料を払わない人にはスクランブルをかけ、本当にNHKを見れなくしてしまえば良いと思う。
受信料を払っていなかったら、連ドラも紅白も見てはいけないと思う。

様々な意見があるであろう、NHKの受信料問題。
最高裁の判決を見守りたい。
そして、その判決がテレビによって、ちゃんと報道されることを期待する。



久保田弘信の作品ショップ




博多、一人鍋

2017年12月01日 13:03

博多名物、もつ鍋。
今日の夕食は僕一人。

せっかくだから地元のものを食したいと思う。
数年前に来た時に、一人鍋の店があったことを思い出す。

とはいえ、方向音痴の僕。
橋の近くのパチンコ屋さんから天神の方に向かったところにあったな〜
という曖昧な記憶しかない。

時間もあることだし、適当に歩いて見つかったらいいし、見つからなかったら他のものを食べようと思って歩く。
何度も訪れているのだが、地元の友人が案内してくれるので、全然道を覚えていない。
自分の足で散策して、ようやく中洲〜天神の位置関係がわかった。

見覚えがあるパチンコ屋さん。
これな行けるぞ!
w鍋_5228
見つけた〜!
w_鍋78
味噌と醤油があり、迷ったが、お店の人のお勧めの醤油味をいただいた。

鍋はみんなでいただいた方が美味しいに決まっているが、こんな店があってくれると出張者にはありがたい。


久保田ショップ

カード決済ができる久保田ショップ




最新記事