ブリスベンからToowoomba(トゥーンバ)へ

2017年04月30日 20:56

今回の目的、シリア難民の友人バシャールに会うために初めて聞く土地Toowoomba(トゥーンバ)へ向かう。

バシャールがくれた情報を元にバスでToowoomba(トゥーンバ)へ。
運よくバスターミナルはホテルから歩いていける距離だった。

初のオーストラリア。
OG訛りの英語は聞き取りにくいが、ニュージーランドへ取材に行っていたため、グッダイって言われてもなんとか対応できた。

なんか嬉しいのはバスのチケット一枚買うだけでもカウンターのおばさんとあれこれコミュニケーションができる。
外国人だとか英語が完璧じゃないとか、そんなことを全く気にせずに色々と話しかけてくれる。
日本ではなかなかないと思う。

バスは決して安くはないが、最高の乗り心地で2時間弱で僕をToowoombaに届けてくれた。
Toowoombaのバスターミナルには大親友のバシャールが迎えにきてくれているはずだが、バスの窓から見た感じでは彼を発見できなかった。

バスのトランクからスーツケースを出してもらっていると遠方からバシャールが「OH! HIRO」と叫びながらやってきた。
イラク北部のアルビルで出会ってから1年と一ヶ月。
オーストラリアという安住の地で再会することができた。

18034984_1307543585960635_290527011_n.jpg

世界各国で床屋へ行くのが趣味の僕。
それを伝えるとバシャールもさっぱりしたいからということで一緒に床屋というか美容院へ行くことになった。
HB.jpg
美しいお姉さんが、予想以上にバッサリ僕の髪の毛を切ってくれた。
バシャールに至っては、別人のようにさっぱりした。

二人ともさっぱりして、お会計をしようとした時、バシャールが
「You are my guest.」と払ってくれてしまった。

こうして、無事再会することができた。
バシャールがシリアからイラクへ、そしてオーストラリアへ来るまでどんな状態だったのかをインタビューするのが僕の仕事。
でも、初日も二日目もインタビューはできなかった。
過去の辛い経験を聞く、そこには、それだけの覚悟が必要。

「ここは天国のような場所だよ〜!」
イラクの時とは比べものにならない笑顔を見せてくれるバシャール。

最悪、インタビューしないで帰ることさえも覚悟する。
ジャーナリストとしては失格だが、友との時間を大切にしたいと思う。


久保田ショップ


スポンサーサイト

ブリスベン到着

2017年04月28日 12:51

4月20日
シンガポールからブリスベンへのフライトはお隣の席が空いていたので、ゆっくり寝ることができた。
羽田〜シンガポールが殆ど眠れなかったので、ブリスベンまでのフライトで休息できたのがありがたい。

7時間ちょいのフライトで無事ブリスベンに到着。
そして、初のオーストラリア入国。

先に書いてしまったブログ参照
初オーストラリア入国

日本の成田空港は都心からとても遠いが、海外の空港は都心まで近いケースが多い。
ブリスベン空港も街中までそれほど遠くないので、タクシーを使って予約したホテルへ向かった。
チェックインを済ませ、一息ついて、夕食を食べるために街中へ繰り出す。
IMG_3791.jpg
友人がホテルでもらったマップを見てくれていたが、方向音痴の僕はカンを頼りに明るい方へ歩く。
IMG_4770.jpg
看板には日本語も
IMG_9958.jpg
先進国ならでは、Wi-Fiも完備。

海沿いのレストランを見つけ、お誕生日の瞬間がメロンパンだけだったので、友人が夕食をワインをご馳走してくれた。
IMG_7767.jpg
レストランのWi-Fiからトゥーンバに住んでいるシリア人の友人に連絡。
明日はいよいよ
友人と再会できる。


久保田ショップ


20数年ぶりのクラークキー

2017年04月27日 17:01

オーストラリアへ取材に行くのにシンガポール航空を利用した。
せっかくのチャンスなので取材帰りにシンガポールに立ち寄った。

2年前、ピースボートでシンガポールに立ち寄ったが、セントーサ島とマーライオンを見ただけですぐにチャンギ空港に向かい、そこからカンボジアへ飛んでしまった。

今回、本当に何十年かぶりにシンガポールの街中を訪れた。
安宿をボートキーにとり、
IMG_0319.jpg
屋台飯でラーメンを食べた。

そこから昔懐かしいクラークキーへと川沿いを歩く。
IMG_4917.jpg
おぼろげな記憶を頼りに歩いて行くと、彼方に「RIVERSAIDE POINT」が見えて来た。
IMG_6161.jpg
周りの風景は変わっているけど、「RIVERSAIDE POINT」は昔のままだった。

クラークキーには沢山のバーがあるが、「RIVERSAIDE POINT」が見える場所で一杯やりたくて、コンビニでアンカーを買って、友人に付き合ってもらい「RIVERSAIDE POINT」を眺めながら一杯やった。

そう、全てはここシンガポールから始まった。
旅行雑誌の撮影でシンガポールを訪れていた時、パキスタン人の友人ができ、パキスタン〜アフガニスタン。
そしていつの間にか戦場カメラマン。

五体満足でクラークキーへ帰ってこれた運の良さに感謝しつつ、この数十年の自分の人生を振り返り、こんな人生でよかったんだろうか。。
でも、、多くの友が先立って行く中、生きていられることを想い、ちょいと涙。
IMG_4637.jpg
「RIVERSAIDE POINT」に満足してクラークキーを歩いていると「クラークキーの過去と今」という看板を見つけた。

なんとも、このタイミングでこの看板に出会うか。と思った。
過去のいろんな経験がよみがえって来て、再び涙腺が緩みかけた頃、突然、雨が降って来た。
雨に濡れてしまえば、涙もわからない。


久保田ショップ

To Singapore

2017年04月27日 01:16

4月19日
予定より40分程遅れて離陸。
日本の領空を出るどころか九州にもたどり着かない場所で20日、僕の誕生日を迎えた。
久しぶりに利用するシンガポール航空は満席。

機内食が、、なんとメロンパンだけ。
ワインを頂けたのが唯一の救い。
誕生日を迎えた最初の食事はメロンパンとワイン。
ちょっと寂しい機内での誕生日となった。

シンガポールトランジット
トランジットのセキュリティーチェック。
荷物をX検査機に通した後、係官にボーディングパスとパスポートを見せる。

航空会社の係官ではない警備担当の係官が僕のパスポートと僕の顔を何度も見比べる。
え、ちゃんとEビザ取ったし、持ち込んじゃマズいもの何も持っていないよ。
ま、まさか外務省からの指名手配?行き先は安全な国なのに。。
と怒涛のごとく想像を巡らせた。
係官は「So Mr.KUBOTA Happy birthday!」
Oh! Thanks Thanks a lot.
気の利いたセリフに感動したものの、ちょっとドキドキしてしまった。


久保田ショップ

初オーストラリア入国

2017年04月26日 11:59

シンガポール経由でブリスベンに到着した。
羽田からシンガポールは満席だったが、シンガポールからブリスベンは空席があって、ゆっくり眠ることができた。

僕が初めて訪れた南半球の国はパプアニューギニア。
そして7〜8年前にようやくニュー・ジーランドを訪れた。

なぜか日本人旅行者が最も多いオーストラリアへ行く機会がなかった。
今回、ようやくオーストラリアを訪れる機会が巡って来た。
IMG_6935.jpg
オーストラリアの入国はちょっとドキドキ。
先進国ならではの機械仕掛け。

パスポートを機械でスキャンして、カードをもらう。
そのカードを機械に通すとゲートが開いて入国完了。

イミグレーションで係官に会うことなく、勿論、僕のパスポートにオーストラリアのスタンプが押されることもなく
簡単に入国できてしまった。
長年、あちこちの国を訪れているが、イミグレーションで誰にも会わず入国できる国は初めてだ。



久保田ショップ





4月19日 誕生日前日

2017年04月22日 13:46

4月19日
諸々日本でやることを済ませ羽田空港に向かう。
フライトが22:55のため八王子を18時に出る。
新宿経由で品川から京急で羽田空港国際線ターミナルへ。
成田空港に比べると近くて楽なんんだけど、通るルートが旅行とは関係ない普通のサラリーマンが利用するルートなのが大変。

ラッシュアワーを迎えた新宿はいつもの通り戦争状態。
大きなスーツケースを持った僕など「なんでここにいるんだ!」って目で見られる。
京王線を降りて山手線に乗り換える時が毎回とても大変だ。

オンラインチェックインを済ませている僕はカウンターに並ぶことなく荷物だけ預け、ボーディングパスを受け取る。
土壇場まで仕事をしていたので、今日はお昼ご飯さえ食べていない。
何か食べようとレストラン街をうろつく。
羽田空港国際線ターミナルにあるレストランはどこも小ぶり。
どのレストランも混んでいて、すぐには食事できない状態。

イミグレーションを通った後にあるレストランはどこも空いていた。
滅多に使わない羽田からの国際線なので詳しくなかったが、今後、飛行機に乗る前に食事するときはイミグレーションを通過してからにしようと思う。




久保田ショップ



My Birthday

2017年04月19日 13:58

海外で誕生日を迎えることは何度もあった。
これは、意外と日本で迎えるより良いかもしれない。

むか〜し、昔。パキスタンのラーワルピンディーで誕生日を迎えた時、ゲストハウスのオーナー、サイードがbirthday cakeを買ってきてくれ、その時宿泊していたゲストと一緒に祝ってもらった。

アフガニスタンでの誕生日は、、ちょっと寂しかった。

イラクでは当時いた日本人が集まってお祝いしてくれた。

今年は、生まれて初めて飛行機の中で誕生日を迎えることになりそうだ。
どの辺りだろうかな〜。
多分、ギリギリ日本の領空で誕生日を迎えることになると思う。

この日に僕を生んでくれた天国の母親に感謝。
誕生日は母親に感謝する日だと気がついたの母親が亡くなる3年前だった。

そして、今、僕の周りにいてくれる多くの友に感謝。
僕は寂しがりやだし、一人では何もできない子なので、一緒にいてくれ、あれこれ助けてくれる友たちに感謝。

ここまで長生きできたことに感謝しつつ、戦禍の中で先に旅立って行ってしまった多くの友たちの為に
自分ができることをしなきゃと思いながらも、
ちょっと自分のために生きてみたいとも思う誕生日になりそう。
この先、どう生きていくか、飛行機の中で夢うつつで考えてみたいと思う。

僕の周りにいてくれる人。
これからもよろしくです。


久保田ショップ



高尾山、薬王院

2017年04月18日 21:28

4年連続でお正月初詣に訪れた高尾山、薬王院。

毎年、世界平和を祈念するも、未だ世界に平和が訪れることはない。

占いとかおみくじが嫌いな僕だが、何故か毎年高尾山では天狗さんが付いてくるおみくじを引いている。
いろんな色の天狗さんがあるはずなのだが、3年連続で赤色の天狗さんばかり。
もしかして、他の色ってないのかもと思っていた2017年。
IMG_0087.jpg
おみくじはなんと!大吉。そして天狗さんは初の白色。
IMG_4243.jpg
良いことだけは信じたい僕。
今年は大吉の年になると思い込むことにする。
IMG_8982.jpg
前年度の赤天狗と並んで、海外へ持っていく貴重品ポーチにつけてみた。



久保田ショップ



22歳の友

2017年04月16日 22:55

いろんな縁が重なり合って出会った友がいる。
その友は22歳。
って最近知った。

年下とは思うが、僕の感覚で5歳くらい年下な感じ。
彼の年齢を知った後でもそう思っている。

不思議な、邪気のない友。
何故か落ち着いていて、大人の雰囲気を感じる友。

彼と出会うきっかけになった人より,彼との付き合いが深くなっている不思議。
そして、彼からの繋がりで新たな出会いが生まれてくる。
人の縁に感謝。

この数年、多くの友を亡くし、僕自身が長生きしたいと思えなくなっていた。
人の出会いが、もう少し長生きしてみたいと思わせてくれる。



久保田ショップ

金星とお月様

2017年04月11日 22:36

AK3I0555.jpg
宵の明星、金星と三日月。

進化したデジタルカメラはこんな写真を三脚なしで撮影可能にしてくれた。



久保田ショップ



04/07のツイートまとめ

2017年04月08日 04:18

hirokun001

RT @gloomynews: 米軍のトマホークミサイルはシリア・ホムス近郊シャイラト空軍基地の滑走路と航空機を破壊したとの報道。
04-07 11:13

我が家の桜にやってくる野鳥さん

2017年04月05日 22:26

AK3I2966.jpg
春を迎え8分咲きの我が家の桜。
その桜に野鳥さんがやってきた。
AK3I2963.jpg
首が柔らかい。
桜の蜜を吸野鳥さん。
なんて名前なんだろう。


久保田ショップ

我が家の河津桜。

2017年04月02日 20:27

我が家の河津桜がようやく咲き始めた。
IMG_3436.jpg
今年も濃いピンクの花が咲いた。
AK3I2943.jpg
メジロさんだろうか、桜の花の蜜を食しに来てくれた。
ちょっと田舎な八王子だけど、こんな場所に住めること、幸せと思う。


久保田ショップ


最新記事