我が故郷大垣市

2017年02月28日 19:09

我が故郷大垣市、先日写真展と講演をさせてもらった文化センター近くを走っていると、
中央分離帯に鳥の置物を発見。
IMG_3218.jpg
こんなところにデコイを置いて、お友達の鳥を誘っても意味ないのにな〜
と思っていると。
IMG_1172_2017021716235723b.jpg
鳥の置物が動いた。
つまり、鳥の置物は置物ではなく本物だった。

街中にサギがいる。
大垣で暮らしていた頃は当たり前だったことなのに、東京に住んでいると奇跡のように思えてしまう。
そこそこ大きな街なのに、まだまだ自然が残っている大垣市は素敵た。


久保田ショップ
スポンサーサイト

足立区母親大会&バレンタインデー

2017年02月26日 23:45

2月26日、足立区の母親大会で講演させたもらった。
母親大会は青森、奈良に続いて3回目。
子を持つお母さん達は命の大切さを最も感じてくれる人たち。

無事講演を終了し、お弁当を頂いていると、
「久保田さん、遅いけど、バレンタインデーのチョコレートあげます」と一人のおばさまがチョコレートをくれた。
IMG_4821.jpg
今年は義理チョコさえ一つも貰えてなかったので、ちょっと嬉しい僕。

今はなき僕の母親に近いお年の方々が、あれこれプレゼントしてくれる。
優しいお母さん達。

2歳8ヶ月の男の子を抱いたお母さんとお話をした。
ちょっと照れ屋な息子さん。
僕は息子さんに、今のうちにいっぱいお母さんに甘えておきなよ〜!と話しかけた。

小さい頃、母親と一緒の時間が少なかった僕。
もし3歳に戻れるなら、母親にいっぱいあまえてみたいと思う。



久保田ショップ

神楽坂のネコ

2017年02月23日 12:07

滅多に訪れない場所、神楽坂。
会合があり久しぶりに訪れた。

携帯のマップを頼りに目的のお店に向かう途中、マンションの前にネコさんを見つけた。
IMG_3245.jpg
ポケットからiPhoneを出し、シャッタ音を消して一枚撮影。

都会のネコなので、すぐに逃げてしまうかと思ったが、そのままお座り。
IMG_3246.jpg
回り込んで、もう一枚。

待ち合わせの時間には余裕があったので、5分ほどこのネコちゃんと遊んだ。


久保田ショップ



戦場カメラマン、モモクロのライブへ行くの巻

2017年02月14日 22:40

Pちゃん(久保田のこと)モモクロライブのチケットあるけど、行かない〜?
とダーツ仲間から誘われた。

この数年、何度か誘われていて、興味はあったものの行く自信がなく、なおかつタイミングが合わず断り続けていた。
3月12日横浜アリーナでバレンタインイベントがあるんだけど、普通のライブと違ってイベントだから初めてでも行きやすいと思うよ。と。

その日はお勉強のために某講演会に参加する予定だったが、諸事情のため行かないことになり、タイミングがあってしまった。
友人からモモクロのDVDを見せてもらっていて、楽しそうだとは思っていたが、な〜んも知らない僕が行くと浮いてしまいそうでちょっと気が引けていた。

前日、明日10時ごろPちゃんを迎えに行くからね〜と友人から電話が入った。
やるな〜!さすが僕のことを知り尽くしている。
ライブ会場での待ち合わせとかにしたら、寝坊したとか理由をつけて欠席しそうな僕を見破っていた。

電車に乗る前「しまった電池買うの忘れた〜」とコンビニに駆け込む友。
その意味を後で知ることになる僕。

ライブ会場の横浜アリーナ近くのお店はどこもライブに行くモモクロファンで埋め尽くされていた。
IMG_5471.jpg
どうやら専門用語で「推す」というらしいが、それぞれ推しの色を身にまとったファンがいて、お店の中はカラフル。
IMG_0285.jpg
そんな中、僕は5色ではない服。
IMG_9451.jpg
ライブに備え、肉を食べ、一時間飲み放題で結構酔っ払った僕たちはアリーナへ向かう。
IMG_7951.jpg
友人からハッピを渡され、普通なら絶対着れないが酔った勢いで着てしまい、スタバのミラーガラス越しに記念写真。

会場に入ってビックリ!
僕らの席はアリーナのセンターステージから6〜7メートル程、上座の花道からなんと2メートル弱。
デビュー戦としては最高の席が用意されていた。

友人がPちゃんこれ!と日本のライトスティックを渡してくれた。
朝一番の乾電池騒ぎはこのためだったようだ。
スイッチの入れかた、5色の色の変えかたなどを教わる。
DVDで事前学習していたので、僕はティックを紫と黄色にセットした。

ライブが始まり、通路から花道に現れたのは僕が一番最初に覚えた、れにちゃんだった。
テレビ局に出入りして、芸能人や女子アナを見てもな〜んも思わない僕だが、DVDでみた本物が僅か数メートル先に現れ、目を合わせて手を振ってくれるというラッキーに恵まれ、のっけから感動してしまった。

モモクロのいいところはお高くないところかと思う。
5人のメンバー、それぞれ特徴があって素敵だが、ちょ〜美人っていうわけでもなく、街中ですれ違っても気がつかないような普通の女の子。
DVDでは気がつかなかったが、ももかのファンサービスが半端なかった。

そして、モモクロ人気の秘密の一つは彼女たちのダンスにあると思う。
20代女性の可愛い仕草だけのダンスではなく、彼女たちの愛らしさやひょうきんさが見え隠れする。
DVDで見た振付師の「ゆみ先生」ならではなのだと思う。

そしてそして、縁があって武道館のライブで僕の写真を使ってくれた音楽界の重鎮「南こうせつ」を「おいちゃん」と呼んでしまえるところも、モモクロの魅力。

ちなみに僕はライブが終わってようやく5人全員の名前を覚えた。
それぞれ、方向性の違った5人ならではのハーモニー。
僕は誰推し?って聞かれたら、、ライブを見終わった後、全員!と答えた。
メンバーそれぞれがソロライブをやっているらしいが、僕は次機会があったら、やっぱりモモクロのライブに行きたいと思う。

歌手であり、ダンサーであり、エンタテイナーであるモモクロに感動をもらった。
取材と一緒だと思う。
映像で見るのと現場に立つのでは臨場感が違う。

素人の僕に衣装からライトスティックまで貸してくれて、ライブに誘ってくれた友に感謝。

モモクロに限らず、注目される人は大変だと思う。
芸能人や渡部陽一君など有名になりたい、注目されたいと思える人は強いと思う。

僕はジャーナリストとして取材するだけでなく、テレビに出たり講演をしたり、注目されることが多くなった。
すごいですね〜!って言われれば言われる程、みんなが見ている戦場カメラマンとしての僕と実際の僕の差を感じでしまう。
いっとき、有名になりたいと思ったこともあったが、僕の取材結果は有名になって欲しいが、僕は有名にならななくていいと今は思う。

横浜アリーナのライブは小さめの箱で1万2千人。
全国でのライブビューイングでの観客が8千人。
1日にして2万人に注目されるプレッシャーってどんなんだろう、と想像する。
全国のヤマダ電機を回り、手売りでCDを売っていた時代から、女性グループとして初のライブを国立競技場で、観客動員数は2日間で11万人。
メジャーデビューをし、誰もが知るモモクロとなった。

有名になれば必ずバッシングする人も現れてくる。
SNS時代になり、聞きたくない言葉が本人たちに届く。

IMG_2011.jpg
ライブが終わり、いっぱいの満足を抱えた観客がアリーナから出てきた。
これだけの人に感動を与えられるモモクロはすごい。

シュークリームを忘れた、大人へのバスに乗るあーりんの寸劇、よかったな〜。
大人行きのバスはどれに乗ってもいい。
その代わり、選んだ責任は自分でとる。
大きなメッセージ。

僕は次、どのバスに乗るかな〜


久保田ショップ




我がブログ初の犬話

2017年02月12日 00:44

ネコ好きの僕。
ブログのカテゴリーに「ネコ」があるくらい。

でも、実はネコに限らず動物全般が大好き。
子ども頃、我が家には犬、ネコ、ニワトリ、ウサギ、うずら、カラス、ハト、インコ、熱帯魚、などなどたくさんの動物が一緒に暮らしていた。
ニワトリとうずらはお祭りで買ったひよことうずらのひな。
大体、すぐ死んでしまうのが定番だが、我が家はなぜか大人になってしまい、近所からうるさい!とクレームが来るくらいだった。

今、実家にいる妹にとって大切な家族の犬がいる。
IMG_3813.jpg
人間で言えば90歳のおばあちゃん。
散歩に行った時、iPhoneで僕目線で撮った写真なので小さく見えるけど、飛びついてきたら、その前足は僕の肩に乗るくらい大きい。

数年前、ローズがダッシュしたら、僕はかなりきつかったが、この数年お年を召され、最近では僕の方が速い。
そして、彼女はガンを患っていて、手術するのも困難な状態。

僕が実家から東京に戻る時、妹に電話すると
「ローズに会ってやって」と言われた。
もう一回会えない可能性もある、ちょっと大回りして妹の家によってローズとお話ししてきた。

よく考えたら、妹なしでローズと対面するのは初めてだった。
賢い彼女は僕が僕だと認識してくれて、食欲ないと聞いていたが、僕があげたご飯を食べてくれた。
いずれやって来る別れだが、やはり切ない。

僕はチョビが先だったペットロス(家族ロス)から立ち直るのに3年かかった。
最近、ようやくチョビの写真を見れるようになってきた。
長年一緒に暮らしてくれたペットは家族の一員。
家族は犬やネコの笑顔がわかる。

ローズには最後の日まで笑顔で過ごして欲しいと思う。


久保田ショップ




ポチ(RXー8)23万キロ突破

2017年02月10日 13:49

我が愛車ポチの走行距離ががついに23万キロを突破した。
755.jpg
元気に走り続ける愛車はもう、地球を何周したことだろう。
IMG_4485.jpg
実家である岐阜県から東京へ向かう時だった。

もうすぐ、記念すべき、23万キロだと思っていたのだが、トラックに囲まれて、運転に集中していて
記念すべき瞬間を逃してしまった。

しかも!動揺して写メ撮ったので、ブレている。
近年、自動運転技術が発達して、長距離運転が楽な車が発売されている。
そんな車いいな〜と思うこともある。
未だオートマでさえないポチ、それでも健気に10年以上付き合ってくれた愛車は手放せない。

次は2345678キロの瞬間を撮影しようと思う。


久保田ショップ



報道の格差

2017年02月07日 15:34

実家の岐阜に帰って、朝5時台にニュースを見ようとする。
が、どのチャンネルも「エンタメ」「スポーツ」ばかりでニュースらしいニュースが見れない。

東京でも同様に傾向はあるが、テレ東を見れば朝からニュースが見れる。
東海地区での系列テレビ愛知では、、残念ながらコアなニュースが放送されていなかった。

我が父親は早起きしてテレビを見ているが、時間を気にしながらチャンネルを変えて、一生懸命テレビとじゃんけんしている。

IMG_2995.jpg
父親がテレビを見ていない時を見計らって、チャンネルを変える。
と「変えたらあかんて〜ポイント貯まんるんだから〜」と言われた。

デジタル時代になりテレビも双方向になって良い部分も多いが、なんと!チャンネルをセットしていた時間がポイントになるらしい。

少しでも視聴率が欲しいのはわかるが、努力する方向が違う気がする。

東京と地方では経済格差があるが、どうやら報道格差もあるようだ。


久保田ショップ




ヨルダン、ワディラムの写真

2017年02月03日 01:23

クラウド上の写真を整理していたら、懐かしいヨルダンの写真が出て来た。
FullSizeRender 3
ヨルダン南部の砂漠ワディラム。
FullSizeRender 2
四駆で観光に行くと砂漠猫がいた。
FullSizeRender 4
人懐こい猫が岩の上まで案内してくれた。
FullSizeRender 5
頼みもしないのに岩のてっぺんまでガイドしてくれた。
FullSizeRender 6
この猫、分身の術を使う。
岩の上から写真を撮って、ふと見ると猫がいなくなっていた。
下に降りても猫はいなかった。
砂漠の中の岩場、猫はどこへ行ったのか。


久保田ショップ




浜松での上映会&写真展&講演

2017年02月02日 02:05

浜松での上映会&写真展&講演が無事終了した。
HICE、青年海外協力隊静岡県OB会、World Fact Filmist Hamamatsu(フィルハマ)と3団体の協賛で開催することができた。

上映会ではまさかの音声トラブルがあり、ちょっとパニクったが、なんとか無事終了できた。
昨年に引き続き、地元の写真愛好家の皆さんの隣のブースで写真も展示してもらい、多くの人に見てもらうことができた。

映画の上映会、写真展、そして講演会、フルセットでやったのは浜松が初めて。
皆さん忙しく、HICEの人たちと記念写真を撮ることができなかったが、フィルハマの皆さんと写真展会場で写真を撮ることができた。
16426316_10210386611655732_1036753371_n.jpg
フィルハマって初めて聞いた時、音楽関係の団体だと思った。
16426673_10210386611535729_1479814754_n.jpg
そして、青年海外協力隊静岡県OB会の人、僕と浜松をつないでくれた安藤くん、友人たちとも一枚。

今回もまた浜松での縁が広がった。
また浜松のどこかで、何かできる気がする。
そんな仲間たちに感謝。


久保田ショップ

最新映画THE TRUTH2016のDVDあり



最新記事