現代社会で生きる術

2016年11月30日 18:14

電車の中。
学生さんらしい二人の会話。

〇〇先生って〜自由すぎて怖い〜!

ん?自由すぎて怖いって、自由ならありがたいのにな〜と思い二人の会話に耳を傾けてしまった。
傾けなくても聞こえるくらいの大声だったが。

〇〇先生って〜自由すぎて怖い〜!
評価のポイントがわからないから、やりにくい〜。

聞いていると、どうやら映像関係(マスコミ)の大学か専門学校の学生さんらしい。

SNSの記事を流用した場合の著作権の問題などなど、現代社会における報道の問題なども話していた。
しかし、しばらくすると、〇〇先生って〜自由すぎて怖い〜!の話に戻る。

おそらく、先生の側からしたら、学生の間くらい自由な発想で固定観念にシバララズ、創りたい映像を作れば良い!
という指導方針だと思うが。

学生の側からすると、明確な課題と指示があった方が評価のポイントもわかるし、「成績」につながる結果を出しやすいようだ。

自分が大学生の頃を思い出す。
僕は理系だったが、夏休みの課題が自由だったら、とても自分のレヴェルじゃない「重力場の理論」をテーマにして発表し、教授に
「これは大学院生のレヴェルだよ〜」としかめっ面された記憶がある。

他の分野ならいざ知らず、メディアの世界となると、これは由々しき状態だと思う。
先生や就職してからの上司の評価が高い、もしくは高そうな映像、作品しか作ることしかできない!
そんなスタッフが増えたら日本のメディアは終わってしまう。
すでに土俵際、半分足が出かかっている状態なのに。


しかし、それこそが、現代社会で生きる、生き残る賢い術なのかもしれない。


そして、本当に問題なのは、自由な発想で映像を作る力はないけど、評価のポイントだけ稼げる学生が大手メディアに就職して行くこと。
誰もがクリエイターになれるわけでなないし、真のクリエーターは少ない。
でも気持ちだけでもクリエーターでいてほしいと思う。


久保田ショップ




スポンサーサイト

ウルファの子どもたち2

2016年11月28日 04:37

街で出会ったウルファの子どもたち。
HIRO0093のコピー
ナンを頭に乗せて運んでいた。

子どもの頃からのバランス感覚。


久保田ショップ

パパの物は自分の物のチョビ

2016年11月24日 18:38

天国へ行って3年目になるチョビ。
3年かけてようやくチョビが天国へ行ったことを受け入れられるようになった。

僕の友人のお家の猫ちゃんも旅立ってしまったようで、ペット(という言葉は好きではないが)が家族の一員だと思っていてくれる人は多い。

そんなチョビは甘えん坊、でもワガママな子だった。
DSCN1331.jpg
我が家に初めてサーフボードがやってきた日。
これからワックスを塗ろうと思ったら、チョビが占拠。
DSCN1332.jpg
一度抱っこして、降りてね〜!とお願いしたが、すぐに同じ場所に乗り、その場でまったりしてしまった。
パパの物は自分の物のチョビだった。


久保田ショップ

裏路地で遊ぶ子どもたち

2016年11月22日 01:24

IMG_9481のコピー
ウルファの裏路地で子どもたちが遊んでいた。

何もない空き地で遊ぶ子どもたち。
トルコ人かシリア人かは分からない。

日本の昭和はこんなだっただろうか。
僕の子ども時代もこれに近かったかもしれない。

ちょっと寒い。
遊び道具はない。
ちょっと非衛生的かも。

それでも子どもは遊ぶ。
ここの子どもたちは自殺しないし、同級生を殺さない。

現地を訪れていつも思う。
スマホもDSも与えられた日本の子どもとどっちが幸せなんだろう。


久保田ショップ

シャンウルファの子どもたち

2016年11月20日 22:27

ちょっと道を歩くだけで子どもたちが寄ってくる。
時には大人も寄ってくる。
トルコの田舎町ウルファを訪れる日本人などほとんどいないから、珍しいのが一番だろう。
IMG_2904.jpg
カメラを持っていなかったので、携帯で一枚。
IMG_2905.jpg
一緒に写る?って聞くと(もちろん日本語で)頷いたので、インカメで記念写真。

地元の人も君はトルコ人?シリア人?
と聞くくらいトルコ人とシリア人が一緒に住んでいる。
この子たちがトルコ人でもシリア人でもどちらでもいい。
ほんの一瞬コミュニケーションが取れるだけで楽しい。


久保田ショップ



再会、シリア難民、atトルコ

2016年11月17日 18:57

2016年夏
10分歩けば汗だくになる猛暑の中出会ったシリア難民。
お父さんはガンを患い寝たきり生活。
別れ際に一枚記念写真を撮った。
01_2315.jpg
この彼と再会したいと思った。
が、もちろん彼の家を覚えているわけもなく、一度出会っただけで電話番号を聞くような失礼もできなかった。

AARの人が膨大な難民の中から彼を探してくれて、再会することができた。
02_2908.jpg
僕との再会に笑顔を見せてくれた彼だが、生活は困窮を極め、お父さんの調子は悪くなるばかりで、前回僕とお話しできたお父さんだが、今回は包まった毛布から出ることさえできなかった。

都市難民として暮らすシリア難民は家賃を払わなければならない。
父親を病院に連れて行きたいが、その交通費さえ出せない。

夏に出会った頃はヨーロッパへ行きたいと夢を語った難民が多かったが、今回、ヨーロッパへ行きたいという言葉を聞くことはなかった。
バルカンルートが閉鎖されたこともあるが、難民自身が生活に全てを費やし、ヨーロッパへ渡る余力がないのが現状だ。

この数カ月で新たにトルコにやってきた難民も多く、テロ、クーデターの影響で難民登録に以前より時間がかかる。
トルコまで逃げれば生活ができると思っていた難民は予想外の冷遇に、このままではシリアに戻るしかない。と涙ながらに話す。

そして、停戦期限が切れた11月15日アレッポでは熾烈な空爆が再開されている。


久保田ショップ

ブログ

2016年11月17日 01:12

帰国して、故郷で講演をして、友との再会があり
恩師との再会があり
教え子との再会があり

思うこと、書きたいことが沢山あるんだけど、19日にも各務ヶ原で講演があり、
ブログに書く時間がないのが残念。

僕が感じたとこ、思ったことを書き連ねたい。
数日後に今の思いのままブログがかけるように、記憶にメモしようと思う。


久保田ショップ




ウルファのご飯

2016年11月14日 05:57

IMG_2924_20161114055621c56.jpg
ウルファでの僕のお気に入りのご飯。
煮た鶏肉はスプーンでほぐれるやわらかさ。

それにピラフ。
なぜか飲み物はコーラ。


久保田ショップ

シリア料理

2016年11月13日 01:47

IMG_2911.jpg
名前は忘れた。

鶏肉の出汁が効いてとても美味しい麦ご飯だった。


久保田ショップ

最新映画THE TRUTH2016のDVDあり


ウルファの子どもたち

2016年11月11日 01:54

路上にウルファの子どもたちがいた。
IMG_9491のコピー
実は70−2002.8LのAFが壊れてしまい、マニュアルでの撮影。
さすがに咄嗟のピント合わせは不可能だけど、AFのピントにこだわらなくて済むので、なんか撮影が楽しい。

AFが壊れてくれたおかげで、久しぶりに写真の基本に立ち返ることができた。

この子どもたち、トルコ人かシリア人かわかりません。
地元の人でさえ、君はトルコ人?って聞いていたりするくらいで、言葉を聞かなければ判別は難しい。
それでいいと思う。
特に子どもたちはトルコ人でもシリア人でも


久保田ショップ

トルコを好きになる瞬間

2016年11月10日 18:38

AARの障害者支援に同行取材
ウルファの裏路地。
個人では絶対訪れる機会がない場所。

取材を終え、シリア難民のお家から出てくると雑貨屋さんの前で佇むおじいさんと目があった。
挨拶すると、こっちにおいで!と手招きしてくれた。
寄っていって握手をするとチャイ、チャイと言う。お茶飲んで行きなさいと。
お断りする間も無く1.5リットルのオレンジジュースが開けられた。
僕だけじゃなくAARのスタッフも頂くことになった。
w_2913.jpg
よくあることだが、日本のNGOは時間に追われていて、こういったチャンスがあってもお断りしてしまう。
幸いにしてAARのスタッフは受け入れてくれ、そこでの世間話が始まった。

アラブの国々と違って、そこまで「もてなし」をしないトルコだが、田舎は別格だった。
またちょっとトルコが好きになった。
今トルコは不安定な状態だが、テロも起きず、安心して旅行できる国になってほしいと思う。


久保田ショップ

最新映画THE TRUTH2016のDVDあり





仕事の邪魔をするチョビ

2016年11月09日 04:01

チョビが我が家に来てからどれくらい経っていただろう。
iMacで仕事しているから一年くらい経った頃だと思う。

iMacで仕事しているとチョビが邪魔をしに来た。
DSCN1335.jpg
これ終わったら遊んであげるから!
と言っても聞き分けず、キーボードに乗って僕に仕事をさせないチョビ
DSCN1333_20161109034836127.jpg
お願い、もう少しだけ仕事させて!
ついにはキーボードの上に寝転んでしまった。
キーボードを占領すれば仕事が続けれれないとわかっているところがこわい。
DSCN1336_20161109034839a6b.jpg
わかった!もういいよ!好きにして。
安心したチョビはiMacの前で寝てしまった。

僕はチョビが起きないようにこっそり「マウス」を使って仕事を続けた。
チョビが天国へ行って2年以上が経過して、ようやくこんなブログがかけるようになった。
帰国したら、奥多摩へチョビの墓参りに行こうと思う。

チョビがくれたネコとの縁。
そんな世界のネコブログ連載中です。

世界のネコ写真4・ギリシャ(遺跡でお昼寝...)

世界のネコ写真5・中国(「中国の避暑地」 貴州省にもネコ♪)


久保田ショップ


ウルファの床屋さん再び

2016年11月09日 01:39

待つこと20分。
床屋のおじさんは
床屋のおじさんが帰って来た。
w_2873.jpg
おじさんは僕を見るなり、お~!と握手
前回僕が来たことを覚えていてくれた。
当たり前か、トルコの片田舎の床屋さんに来る日本人はいないよな~
w_2897.jpg
一人お客さんがいたので、待つ間トルコ人と世間話。
ってか、言葉わからないんだけど。

今回も、おじさんが丁寧にカットしてくれる。
真面目なおじさんが、突然手を休め、リモコンを手に取りテレビのボリュームを上げた。
画面を見るとCNNトルコがトルコ政治のニュースをやっていた。

クーデターが起こった後、地方自治体のトップが更迭されたりしているトルコ。
一般市民が政治に関心があるのは当たり前かもしれない。

おじさんは丁寧にブローまでしてくれた。
本当は前髪下ろしたいんだけど、せっかくおじさんが丁寧にセットしてくれたので、そのままで記念写真。
同じ床屋さんに二度訪れることはかなりレア。
w2899.jpg
三度目はあるかな~と思う。
シリア難民問題がなければ、もしかしたら一生訪れる機会がなかったかもしれないシャンウルファ。


久保田ショップ

最新映画THE TRUTH2016のDVDあり

世界中の国々で床屋に行くのが僕の趣味

2016年11月08日 01:00

世界中の国々で床屋に行くのが僕の趣味
この夏に訪れたウルファの床屋さん。
再び同じ床屋さんに行くことにした。

僕が泊まっているホテルの近所には徒歩3分圏内に4件もの床屋さんがある。
ちょっときらびやかで、新しい床屋。
若者が集まっている床屋
そんな中で僕が選んだのは一人のおじさんが昔から営業してそうな小さな床屋さん。
勿論、英語は全く通じないがおじさんがとっても丁寧にカットしてくれた。
しかもお値段は10TL。
w_2873.jpg
同じ床屋さんを訪れるとお店が閉まっていた。
隣のお兄さんが出て来て、おじさんはすぐに帰ってくるよ。と、僕に理解できないトルコ語で教えてくれた。

待つ間、うちのオフィスにどうぞ、と、レンタカー屋さんに入れてくれ、チャイをご馳走してくれた。
IMG_2893.jpg
彼はクルド人。
一緒に写真を撮ろうとしたら、お店にあるトルコ国旗を入れないように撮ってくれ。と言われた。
このあたりに現れるクルド人の誇り。
IMG_2894.jpg
取材だけでなく、床屋に行くことをきっかけにローカルの暮らし、民族などが見えてくる。

そこで一つ気がついた。
そっか街中でペルシャ語に聞こえるのはクルド語なんだ。

待つこと20分。
床屋のおじさんが帰って来た。

続く


久保田ショップ






ローカルランチ

2016年11月07日 01:07

IMG_2883_20161104152542943.jpg
ファーストフードっぽいお店でソーセージドッグとコーラを食べた。
この地域に日本人は殆どいないため、ローカルに混じって食事をしているといろんな人たちに話しかけられる。
殆ど、通じないのだが。笑!
そんなコミュニケーションも楽しい。


久保田ショップ

最新映画THE TRUTH2016のDVDあり

トルコ南東部でテロ事件

2016年11月06日 05:01

僕が滞在しているのもトルコ南東部。
ディヤルバクルまでは200キロ近くあり、僕が滞在している街は比較的穏やか。

昨日、予定されていたデモもあったのか、なかったのか、というくらい街はいつものまま。
しかし、いつどこでテロ事件が起きてもおかしくない。
戦争と違ってテロ事件は予測不可能なのが怖い。


トルコ南東部で4日に起きた爆弾テロ事件で、過激派組織「イスラム国」系の通信社が戦闘員による犯行だと伝えた。

 この事件は4日、南東部ディヤルバクルの警察署の近くで自動車爆弾が爆発し、少なくとも8人が死亡、100人以上がケガをしたもの。当局は政府と対立するクルド人の反政府武装組織による犯行との見方を示していたが、「イスラム国」系の通信社が5日、戦闘員による犯行と伝えた。事実上の犯行声明といえる。

 トルコではこれまでも「イスラム国」の関連が疑われるテロ事件が相次いでいるが、「イスラム国」が犯行を認めるのは初めてとみられる。

 「イスラム国」は3日、指導者のバグダディ容疑者のものとする音声メッセージを公開したが、この中で、トルコへの攻撃も呼びかけていた。

日テレnews24
より


久保田ショップ

フェイスブック、メッセンジャー不通

2016年11月04日 17:56

トルコでクルド系の政治家が少なくとも11人逮捕されました。
その数はもっと増えると予想され、15人とも言われています。

この事件をきっかけにして、今日11月4日ディアルバクルとウルファでデモが予定されています。

その影響でフェイスブックなどのSNSがトルコ全体で使えなくなっています。
日頃、メッセンジャーに頼りきっていた自分を反省しています。

何か連絡がある方は下記E-mailアドレスにお願いします。
chobikun5@hotmail.com


今日のミッション

2016年11月04日 15:13

今日のミッションはなんとか酒屋さんを見つけてビールをゲットすること。

街の中心部でなかなか見つからない酒屋さん。
ホテルの冷蔵庫にはエフェスが入っているのだが、貧乏人の僕には手が出せない。

地元の人に酒屋さんはどこにありますか?とは聞きづらい。
普通人には聞き辛いのでAARのドライバーさんに聞いて見た。
すると、なんとも灯台もと暗し。
ホテルのすぐ近くに酒屋さんがあった。
IMG_2885.jpg
ようやくにしてビールをゲット。
IMG_2886.jpg
たった二本ビールを買いに来ただけなのに、酒屋のご主人にチャイとタバコをご馳走になってしまった。
IMG_2884.jpg
ビール二本買うのに30分。
これまたトルコの面白いとこ。


久保田ショップ

トルコで受け取った友からのメール

2016年11月04日 01:00

トルコにいて、友人から嬉しいメールをもらった。

「最近、息子が夜泣きをするのですが、リビングの久保田さんの写真を見ると笑うそうです!
それを聞いて実際写真を撮ったので送ります!
ほんとに笑ってました!」
14958295_1321571451188316_862289647_n.jpg
彼が見ているのは僕がヨルダンにあるザータリ難民キャンプの子どもたちを撮影した写真。
彼は僕の写真から何を感じてくれているのか。

一人のカメラマンもとい、写真家として、こんな嬉しい報告はない。
本人に確認したらOKが出たので、写真付きでブログを書かせたもらった。

久保田ショップ





バストリップtoシャンウルファ

2016年11月03日 21:03

11時にチェックアウト
オトガル(バスターミナル)へ19TL
ガジアンテップのオトガルも大きい。

昨日バスチケットを予約することができなかったので、オトガルで直接ゲットすることに。
一番奥にあるチケットブースらしき場所へ向かっていると、トルコ語でどこ行くんだ?と多分聞いている。
ウルファ!と答えるとおじさんがバス停へ連れて行ってくれて、お値段20TL。お金渡してもすぐにチケットくれないから、詐欺だったらどうしよう~と思ったりして、なんとなくiPhoneでバストと一緒におじさんを撮影。
1_2877.jpg
おじさんは一度消えたが、ちゃんとチケットを持って帰ってきてくれた。
違うおじさんが、ウルファ、サート、オニチ。。多分出発時間のことを言っている。
12時出発らしい。
言葉通じないながらも一生懸命教えてくれるのが嬉しい。
12:12バス出発

アストロってバスが、先にウルファに向かって出発したが、10分ほどの差なので良いとしよう。
何と言ってもここトルコではすべてのことがout of my control なので。

ディアルバクルまで連れて行かれないように車掌さんにウルファだと念を押しておいた。
2_2879.jpg
トンネルではなく、山のトップを切り裂いたような場所を何度も通る。
1時間半ほど走りサービスエリアで休憩。
3_2880.jpg
前回同様、もう少しでウルファなのに、何故か休憩がとっても長い。
前回も買おうかと思った石鹸が売っていた。23TL微妙な値段。しかも絶対重い。
4_2881.jpg
欲しいと思いつつも一生買わないんだな~と思う。


久保田ショップ

最新映画THE TRUTH2016のDVDあり


アタチュルク空港

2016年11月03日 14:58

数ヶ月前、前代未聞のテロ事件が起きたアタチュルク空港。
人々は何事もなかったかのように空港を利用している。
IMG_2863.jpg
原発がメルトダウンしても日本に住み続けるのと同じかも。
一つ変わったのは自動小銃を持った兵士が増えたこと。
とはいえ、前回のようにタクシーでターミナルまで乗り付ける手口には対応しきれないと思う。

イラクのように自家用車ではターミナルまでいけないようにするしかないが、ヨーロッパでも有数の利用客が多いイスタンブールの国際空港としてはなかなかやりづらい。

14:25のフライト。
13時の時点でチェックインを済ませ、国内線のラウンジにいる。
僕のPCがネットのパスワードを記憶していることから、以前にもこのラウンジを使ったことがあるらしい。本人の記憶にあまりないのだが。
IMG_2864.jpg
マハラジャ風の豪華な椅子が一つだけあったが、日本人の僕は座ることを躊躇ってしまった。
ラウンジでる直前に座ってみようかと思う。

ラウンジを出る直前にちょっとだけ座って見たが、見た目ほどの座り心地ではなかった。
ガジアンテップへ飛ぶ


久保田ショップ







イスタンブールのネコ再び

2016年11月02日 01:05

イスタンブール到着が午前4時過ぎ、そしてトルコ地方への移動もあるので、今回は空港近くのホテル。
最寄駅はないけど、観光に行くわけじゃないので空港からタクシーで近い場所を選んだ。

12時間近いフライトで疲れているはずなのに、朝食後二度寝したけど、お昼前に目が覚めた。
ホテルの場所もよくわかっていないので、ご近所を散策。

すると!
カバーブ屋さんの前に黒猫を発見。
HIRO0007のコピー
トルコに来て最初の写真はやっぱりネコだった。
HIRO0008のコピー
鶏肉は骨が刺さるから良くないと言われるが、イスタンブールのネコは平気らしい。
HIRO0011のコピー
そんなお食事風景を撮影していると、最初の黒猫が、僕も撮ってよ〜とばかり近づいて来た。
HIRO0013のコピー
黒猫はお残りには目もくれず、僕の前でポーズ。
なんとなくチェシャ猫を想像した。
HIRO0023のコピー
他のネコちゃんたちもカバーブ屋さんのお残りを頂戴していた。
日本では野良猫にエサを与えると怒られてしまうが、トルコでは普通の光景。
クーデターが起き、空港でテロ事件が起きる国だが、ネコに対しては日本より断然優しい国だ。

ネコブログ連載中!

久保田ショップ


ガジアンテップへ

2016年11月01日 14:23

ガジアンテップへ

昨晩は夕食を抜いてしまった。
お昼に食べたローカル風のサンドイッチでお腹一杯だったのと、夜のビール1缶が効いた。

ヨーロッパ全体でウィンタータイムに移行するが、トルコは今まで通り変更しないらしい。
そんなアナウンスがホテルの人からあった。
時間が変わらない方がわかりやすいが、ネットに接続された携帯や時計は自動的にウィンタータイムに変わってしまう。
これまた混乱を生む。
IMG_2867.jpg
空港の現在時刻さえ、間違った時間になっていた。
この時の正確な時間は13:50。
空港でさえ間違った時間。

かつてパキスタンでsummer timeの入れ替え時期にあたり、飛行機に乗れなかった経験を思い出した。
ちょうどラマダン明けで多くの人が移動する時期、マレーシア航空のオフィスの人が「連日50人くらいキャンセル待ちがあるからチケット取れるのは早くて一週間後だと思うよ」と僕に告げた。
午前0時ちょいのフライト、たった30分のsummer timeのせいで、一日日にちがづれていた。
経験浅い僕のミス。
ホテル代大変だな~と思いつつホテルへ戻った。
部屋に入ると同時に電話が鳴った。
先ほどのマレーシア航空のオフィスの人からだった。
明日のフライト君のための1席確保したからすぐにオフィスにおいで!という電話だった。
ダッシュでオフィスに行くと係員がチケットを用意してくれていた。
「一週間も滞在したらホテル代大変だと思ってね、君を優先させちゃったよ」
「シュークリア」(ありがとう)を連発した僕の目は涙ぐんでいたと思う。

日本を出るときの教訓、そして、昔、昔のパキスタンでの教訓から早起きして、朝食を摂り、早めにチェックアウトして空港に向かうことにした。

久保田ショップ


最新記事