アテネの古本屋?

2016年07月27日 21:29

アテネ観光の中心部にちょっと怪しいお店を発見。
HIRO2140.jpg
観光の中心地にあるのが不思議。
そして道の反対側にはちょっと変わった古本屋さんがあった。
HIRO2138.jpg
そして道の反対側にはちょっと変わった古本屋さんがあった。
HIRO2139.jpg
そして、変わった雑貨屋さんも。
勿論、店舗もあるんだけど、車に本のっけてしまうなんて、楽しくて写真を撮ってしまった。

久保田ショップ




スポンサーサイト

アテネ近郊の海

2016年07月26日 15:50

連日、猛暑のアテネ。
帰国前に一度海に行こうと思った。
本当はエーゲ海の島に行くのが最高だが、そこまでの時間はなく、アテネ近郊の海に行くことにした。
DSCN3486.jpg
アテネ近郊とはいえ、海が青い。
DSCN3487.jpg
防水カメラを持っていたので、首からさげて、沖へと泳ぐ。
DSCN3489.jpg
鳥さんが浮いていたので、近づいて写真を撮ってみた。
DSCN3492.jpg
もっと近ずいて撮影しようとするが、この鳥さん賢くて、一定距離以上近づくと、何事もなかったかのようにさらーっと距離を取る。

半日とはいえ、ギリシャの海に行けて満足な久保田でした。



久保田ショップ





東京都知事選挙

2016年07月25日 11:11

参院選に引き続き、東京都知事選の期日前投票を済ませてきた。
JR八王子駅隣接の投票所にはちらほらと期日前投票に訪れる人がいた。
しかし、残念ながらその数は参院選の比ではない。

東京都知事は猪瀬氏に続き、舛添氏も「カネ」にまつわる問題で辞職となった。
しかも、猪瀬氏は5000万円がカバンに入る入らないで、恥ずかしい茶番劇を演じ、
舛添氏は公費の私的流用で歯切れの悪いコメントを続け、最後まで都知事のポジションにしがみつこうとした。

経済大国日本の首都のリーダーとして全くもって恥ずかしい。
もし、僕が上記2名に投票していたら、僕も一票投じているから、すぐに辞めてください!と僕の意見を述べたと思う。
幸か不幸か、僕は両氏には投票していなかったが。

東京都民約1300万人の税金を預かり、都政を行う都知事には小さな国のリーダーに匹敵する「力」がある。
僕たち都民だけの問題でなく、世界にも大きな影響を及ぼす。

二人続いて「カネ」にまつわる問題で辞職となっている都知事。

選挙に行っていない人には文句を言う権利もない。

選挙前の週刊誌やテレビの報道の仕方が問題となっているが、都民として、候補者の公約、所属政党、様々な情報をもとに一票を投じてほしい。

久保田ショップ





時には平和な撮影も

2016年07月24日 16:47

ブログで戦地のことばかり書いていると、久保田は戦場にしか行かないと思われそうだが、
そんなことはないです。
Hiro1.jpg中国奥地で風景写真を撮る久保田

最近、、行っていないが、こんな撮影も楽しい。

久保田ショップ



7月31日、上映会に向けて

2016年07月22日 18:07

7月31日の上映会は僕の友人が全面協力してくれている。
その友人が僕のインタビューをして記事としてアップしてくれた。
r-lib
このページには映画に対する想いだけでなく、カメラマンになる、ジャーナリストになるきっかけ。
そして、何故か戦場に通うようになってしまった経緯が書かれている。

今でも毎日迷っている。
自分の仕事の意味、そしていつまで続けるかを

僕が今まで続けてこれた理由の一つが友の存在だ。
僕が困った時、支えてくれる友。
上映会を開催してくれる友。
そんな友たちがいれば、細々とでも、この仕事を続けられる気がする。

久保田ショップ

ブログランキング

2016年07月21日 17:22

忙しさにかまけて、日々ブログを更新できていない僕。
かつて、FC2の有名人ブログに紹介されていた頃はそこそこのアクセス数だったが、近年トップ10に入ることはなかった。
今日ランキングを見てみたら、その他が9位になっていた。

日記 28位 (昨日:273位) / 384886人中
その他 9位 (昨日:96位) / 80341人中

真面目な記事から、旅行、ネコブログまで、あれこれ書いている僕ですが、、
読んでくださっている皆さん、いつもありがとうございます。

これからもできるだけブログを更新していきます。

久保田弘信拝

久保田ショップ



トルコ、アンタクヤ

2016年07月20日 19:53

3年ぶりに訪れたアンタクヤの街は以前と変わらない佇まいだった。
DSCN3479.jpg
この旧市街の一角にハマーム(お風呂屋さん)があるのだが、夏本番を迎え猛暑の毎日で、さすがに今回は行く気になれなかった。
DSCN3482.jpg
路上で野菜を売るおばさんがいたりして、やっぱりアンタクヤの雰囲気は好きだ。

今回初めてウルファを訪れたが、田舎だと思っていたウルファが意外と都会っぽくて、
やっぱり僕はアンタクヤの街が好きだ。

僕が帰国するとすぐ、アタチュルク空港で大変な事件が起き、まさかのクーデター未遂まで起きたトルコ。
トルコの都会は嫌いだが、田舎は雰囲気、人ともに大好きだ。
難民問題、テロ問題、そして政治問題と問題が山積みのトルコだが、なんとか落ち着いて欲しいと思う。

久保田ショップ




THE TRUTH 上映会の詳細

2016年07月18日 20:51

下記、FBのイベントより抜粋
FBのイベント

戦場ジャーナリストとして、長年にわたりイラク・アフガニスタン・シリアなどの紛争を取材してきた久保田弘信さん。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/久保田弘信

今回、中東取材の集大成として制作された映画『 THE TRUTH 』の本邦初上映会をおこないます。

さらに、シリアから帰国したばかりの今回のイベントでは、上映後に、最新のシリアの映像と秘話が語られるかも?



【日程】 7/31

【時間】 1部(上映)      :16:00〜18:30
     2部(トークイベント):19:00〜20:00
     3部(懇親会)    :20:00〜21:00

【場所】 東京都豊島区巣鴨1-9-1 Ryozan Park 巣鴨 B1

【料金】 2,000円(懇親会は別途費用 未定:500〜1,000円)

映画を作った想い

上映会に来れない人、DVDでの販売もしています。
下記より
久保田ショップ

「THE TRUTH 伝えきれなかった真実2016」上映会、決定

2016年07月13日 17:10

「THE TRUTH 伝えきれなかった真実2016」初の上映会が東京で行われることになりました。

初の上映会は僕の生まれ故郷、岐阜かと思っていましたが、友人の協力によって東京の巣鴨で開催できることになりました。
僕が15年間にわたって取材し続けてきた国々でのエピソードをまとめた映画です。
102-0237_IMG_2016071317264721c.jpg
内容は僕の原点であるアフガニスタンからシリアまで、21世紀に起きた戦争、戦争の中で出会った人々にフォーカスしています。

日本で初の上映会が東京の巣鴨だというのもちょっとオシャレ。
申し込み方法など、近日中にアップしますが、まずは上映会、開催の報告です。

当日は久保田のトークショーも行う予定です。
15年の集大成、是非見に来てください。
上映会終了後の交流会も開催予定です。

7月31日
16:00スタート
入場料2000円

Ryozan Park 巣鴨
[所在地] 〒170-0002
東京都豊島区巣鴨1-9-1
JR山の手線「巣鴨駅」徒歩2分

16:00スタート
入場料は2000円

映画のストーリーは下記から
THE TRUTHのストーリー

映画のトレーラーを見ることができます。
トレーラー


久保田ショップ




サーフィン

2016年07月08日 14:39

海外から帰国するといつも地に足がつかない感覚にとらわれる。
身体は帰国しているのに心は帰国しきっていないような感じ。

そんな時、僕は海に行く。
IMG_2422.jpg
ようやく立てるようになったサーフィン。
独学じゃなくて、ちゃんと教わってみたいと思い始めている。
サーフィン一緒に行ってくれる人〜
サーフィン教えてくれる人募集〜


久保田ショップ



ピレウスの街

2016年07月07日 20:14

ピレウスの街の中心部はメトロの駅から歩いて行ける範囲。
HIRO2115.jpg
立派な教会を見つけた。
中に入ると外国人観光客が写真を撮っていた。
僕一人だったら写真撮るのを躊躇うくらいの荘厳な教会。
HIRO2113.jpg
天井がすごい
HIRO2114.jpg
思わず神の存在を信じてしまいそうなくらいの荘厳さだった。
HIRO2105.jpg
教会を出てしばらく歩くと市場にたどり着いた。
港町らしく、新鮮な魚が売られていた。
HIRO2104.jpg
そして、チーズ。
トムとジェリーに出てくるようなホールのチーズ。
一度買ってみたいと思う。



久保田ショップ





トルコ、シャンウルファの床屋

2016年07月04日 07:00

世界のあちこちで床屋に行くのが趣味の僕。
アフガニスタン、シリア、イラク、今では行きにくい国でも床屋に行った。

意外なことに、トルコで床屋に行ったことがなかった。
IMG_2322.jpg
トルコで初の床屋はイスタンブールではなく、ウルファだった。

泊まっていたホテルの近所に3件の床屋があった。
迷いに迷って、このおじさんの床屋を選んだ。
おじさん、もちろん英語は話せない。

でも身振り手振りでコミュニケーションをとり、とても丁寧にカットしてくれた。
お値段10TL

アテネのブログが続いていますが、久保田は既に日本に帰国しています。
この先もアテネ、トルコのブログが続きます。



久保田ショップ







最新記事