ピレウス港へ

2016年06月29日 01:36

メトロに乗ってピレウスに向かう。
HIRO2087.jpg
アテネのメトロ、グリーンの路線は普通なのだが、レッドの路線は何故か車両の落書きがすごい。
w2099.jpg
メトロの終点ピレウス駅。
何故かここが撮影禁止。
駅がかっこいいからかな。
僕だけかと思いきや、他の観光客も「撮影ダメだ〜」と言われびっくりしていた。
w2244 2
ピレウス港。

今回のブログを見た人はついに久保田がリッチになってアテネを旅している!
と思ったかと思いますが、ちゃんとお仕事です。

ピレウス港から動けなくなった数千人のシリア難民がいるという情報があり、やってきた。
w2127.jpg
w2128.jpg
看板に「Refugees Welcom」などと書かれてあり、難民がいた形跡はあるのだが、ハイシーズンを迎える前にすべての難民が移送されたらしく、難民の影も形もなかった。
広いピレウス港を端から端まで歩きまわった。
FullSizeRender.jpg
炎天下、16キロ以上も歩いてしまった。
w2252 2
さすがにへとへとになったので、駅前に戻ってランチ。



久保田ショップ




スポンサーサイト

ミコノスでネコと戯れる

2016年06月23日 05:33

僕が初めて訪れたギリシャはミコノス島だった。
ちょっとレアかな。

ミコノス島へ行った時、素敵な建物を撮影するよりネコと戯れていた僕。
IMG_0639.jpg
そんな瞬間をピースボートの仲間が撮影していてくれた。

懐かしい思い出。

久保田ショップ



アテネ、遺跡のネコ

2016年06月22日 05:06

ギリシャのミコノス島と違って街中であまりネコを見かけないアテネ。
何故か遺跡にはネコがいる。
HIRO2242.jpg
図書館跡へ行ったら、一番奥にネコがいた。まずは一枚写真を撮らせてもらった。
HIRO2244.jpg
日差しが強いアテネ、ネコちゃんはお昼寝の時間なのか奥に向かって歩き出した。
せっかく出会えたネコ。
もう少しお話ししてみたくて呼んでみた。
HIRO2248.jpg
すると、見事に「にゃ〜」と返事をして近寄ってきてくれた。
HIRO2250.jpg
僕の近くへ
HIRO2253.jpg
もっと近くへ
この後の写真はもうない。なぜならネコちゃんが僕にスリスリして、遊んでくれたから。
遺跡に来て、ネコと戯れる僕を見た観光客が、僕の写真を撮っていった。



久保田ショップ



アテネで帽子

2016年06月20日 23:04

とにかく日差しが強いアテネ。
あちこちで帽子が売れれている。
IMG_2276.jpg
お値段は10〜15ユーロくらい。

一つ欲しいと思ったら、迷いが出た。
もともと、買い物が得意ではない僕。

お店によって置いてある帽子が違う、3か所に絞ったものの、なかなか決められず、100メートルほど離れたお店を行き来する。
服だったら即決なんだけど、日頃使わない帽子だから、余計迷う。
IMG_2277.jpg
アテネだけじゃなく、日本に帰ってからも使えるデザインがいいと思って。。
IMG_2275.jpg
帽子を買うのに一苦労。
ちょっと一休みで、コーヒを

久保田ショップ



アテネ、シンタグマスクエアからモナスティラキ広場へ

2016年06月19日 19:29

国会と無名戦士の墓を見た僕はモナスティラキ広場方面へ坂を下る。
と、一人のおじさんが「hi Japanese?こんにちわ、I was in Japan コーヒー飲みましょう〜?」
と日本語と英語混じりで話しかけてきた。

某ガイドブックに書いてあるようなありきたりの手口。
一人で旅行ですか?と聞いてくるのがポイントかも。
とても暑いし、せめてビールなら付き合ったのにと思いつつ。
ごめんね、僕友人と待ち合わせなんだよ〜。と立ち去る。
HIRO2068.jpg
張り紙だらけの不思議な壁や
HIRO2062.jpg
ちょっと日本ではないな〜というセンスのウインドウを見ながら歩く
HIRO2071.jpg
10分も歩くことなく、モナスティラキ広場へ到着。
ここまでくるとシンタグマスクエアと違って、一気に観光地って感じがする。
02073.jpg
おみやげ物屋さんも沢山あり、賑わっている。
次の国への移動もあるので、お土産は買えない。
とっても暑いし、ちょっと休憩したかった。
IMG_2239.jpg
ので、おしゃれなカフェのオープンテラスでドラフトビールを一杯。


久保田ショップ

無名戦士の墓

2016年06月19日 04:59

アテネ国会の前には無名戦士の墓がある。
HIRO2046.jpg
左右に一人ずつ衛兵がいて、無名戦士の墓を守っている。
HIRO2050.jpg
観光客との記念写真が自由で、入れ替わり立ち替わり観光客が衛兵の隣に立って写真を撮っていく。
HIRO2047.jpg
衛兵さんからしたら、えらい迷惑だろうと思う。
さすがにお疲れの顔。

衛兵のレヴェルは台湾の忠烈祠の方が圧倒的に上。
交代式2
台湾の衛兵
忠烈祠の衛兵は殆ど瞬きすらしない。
HIRO2054.jpg
アテネの衛兵さんは靴がちょっとオシャレだった。

まだまだ
つづく

久保田ショップ

アテネ観光の拠点シンタグマスクエアへ

2016年06月17日 05:08

ホテルの最寄駅がオモニアだとわかった。
早速、オモニアを起点にアテネの街を散策してみようと思う。
まずはメトロのチケットを買う。

アテネの市内交通はメトロ、バス、トラムともに共通で90分有効の1.4ユーロチケット、24時間有効の4.5ユーロチケットがある。
まずは90分有効のチケットを買おうと思う。
が、しかし、どの券売機もお札が使えない。
お札のマークがあるのにバツ印が。
アテネに来たばかりでさすがにコインを持っていなかった。

結局改札の中にある有人の販売所でようやく切符をゲット
02237.jpg
チェコで経験したので、要領はすぐにわかった。
切符を買って、最初の一回だけ機械に通す。
するとスタート時間が刻印される。
あとは有効時間内は切符を持っているだけで、改札の必要はない。
なんとも性善説なシステム。
切符を持っていなくてもメトロに乗ることができてしまう。
見つかった場合は60倍の値段を払う必要があるらしいが。。
チェコもアテネも一度も検札にあったことがない。
HIRO2038.jpg
乗るのは緑の電車。
滞在中、緑と赤しか使わなかった。
HIRO2040.jpg
メトロは目的地がわかりやすく、使いやすい。
表示に従って地上に出る。
HIRO2044.jpg
そこには青空のもとアテネの国会が見えた。

続く

久保田ショップ

アテネのネコ

2016年06月15日 02:23

初めて訪れたギリシャの島ミコノス。
ミコノスはネコ天国だった。
青い空、白い建物、優雅にお昼寝するネコ。

ギリシャの首都アテネもネコが沢山いるだろうと期待してやってきた。
ところが!
街中に中々ネコがいない。

ようやく出会ったネコはアクロポリスの遺跡の中にいた。
HIRO2174.jpg

アクロポリスのネコ
HIRO2203.jpg
観光客が多々歩く中、その足音を気にすることもなく、ずっとお昼寝。
HIRO2205.jpg
こんな階段のすぐ横でお昼寝。

久保田ショップ

神話の国へ

2016年06月13日 19:19

ピースボートでミコノスへ降り立ったことはあったが、首都を訪れるのは初めて。
ホテルのピックアップサービスをお願いしていた。
ちょっと贅沢。
僕の名前を書いた紙を持ったドライバーが空港に来ていてくれた。
案内されるままに空港を出て駐車場へ。
IMG_2228.jpg
そこには20人のれる大きなバスが停めてあった。
あれ、僕以外にもお客さんいるのかな〜
と思ったが、僕一人だけだった。

IMG_2242.jpg
首都に到着すると、数年前の通貨危機の影響か、閉まっている商店やホテルが目立った。

ともあれ、神話の国に無事到着した。


久保田ショップ



シリア難民の子供、at ダルシャクラン

2016年06月10日 10:11

8A6A0020.jpg

8A6A0034.jpg
ダルシャクランキャンプで出会ったシリア難民の子どもたち

アルビルのスーク

2016年06月06日 17:25

アルビルのダウンタウンには迷路のようなスークがある。
8A6A8349.jpg
10年前と変わらぬスーク。
でも、ちょっとだけ並んでいるものが洗練された気もする。
8A6A8354.jpg
お城の目の前にはおみやげ物屋さん。
8A6A8331.jpg
ちょっと裏路地に入ると金物屋ストリートがある。
8A6A8325.jpg
露店で時計を修理するおじさん。

建築ラッシュで立派なビルが増えたアルビルだが、この地域だけは懐かしい香りがする。



久保田ショップ

二十二万二千二百二十二キロ!

2016年06月05日 12:27

我が愛車ポチ(RX−8)の走行距離がついに2並びになった。
講演の打ち合わせのため、岐阜県の大垣市に向かう途中
IMG_2190_20160605031510264.jpg
222000キロを迎え
IMG_2201.jpg
打ち合わせを終え、東京に向かう途中、ついに222222キロを迎えた。

ここまで、エンジンはオーバーホールなしで、無事走り続けてくれている。
スポーツカーでありながら4シート。
僕の趣味に付き合ってくれ、林道も走り、近年は5’11のサーフボードも運んでくれている。
IMG_2203.jpg

次の記念走行距離333333キロの3並びまで走る自信はないが、ここまで僕と付き合ってくれた愛車ポチ。
壊れない限り、大切に乗ってあげたいと思う。



久保田ショップ



中学の同級生

2016年06月02日 06:58

久しぶりに中学の同級生たちと再会した。
今年に入ってからも、仲間は新年会など開催していたが、僕は東京にいるので参加できずにいた。
今回、滞在日数が短く、みんなとは会えないかと思っていたが、帰省を連絡したかっちゃんが、
みんな無理だったらご飯くらい一緒に食べよ!っと言ってくれつつも。
ラインでみんなに声をかけてくれ、平日なのに同級生が10人も集まってくれた。

岐阜県下一番のマンモス校だった北中学。
生徒数は450人を超え、中学時代一度も出会っていなくて、名前さえ知らない同級生もたくさんいる。
毎回、いろんな話で盛り上がるが、今回はぶーちょ。
そういえばそんなあだ名のやつおったな〜
え〜誰?誰?
飲み会の会場のすぐ近くに住んでいる老谷が小学校と中学校のアルバムを持ってきてくれた。
IMG_2195.jpg
アルバム見ながら盛り上がる同級生

宴もたけなわで、
「久保田〜そういやDVDできたんやろ〜持ってきとるんか〜?」byケン。めっちゃ岐阜弁で。
あ〜二つだけある。
IMG_2143_201606020658061c6.jpg
今日10人集まるんやから10人分持ってこなあかんやろ〜
「俺もDVD買うわ、これダビングしてみんなに配っていいか〜」byシンジダビングって、、今時はコピーって言うけど。。
「あ〜別にいいよ。みんなに回してあげて」by久保田→本当はダメなんだけど。
「それはあかんぞ、みんなでちゃんと買ったらなあかん」byケン
二人とも4000円出してくれて、釣りはいらんぞ。海外取材の足しにしてくれ!と男っぷり。

久保田が1週間に一回帰ってこれば、それきっかけにして飲めるから、1週間に一回帰ってこいや。
それは無理だから、一ヶ月に一回にしてくれよ。と僕。
中学時代、目立たない、何の取り柄もなかった僕。
みんなそれを知っている。
必要以上に褒めるこはしないが、僕の仕事を認めていてくれて、なおかつ、普通に扱ってくれる旧友たち。
飲みの最中も、「久保田〜〜、、くん」
呼び捨てにしておきながら、無理やり「くん」がついたりして、めっちゃ面白い。
貴重な仲間たちだ。

久保田ショップ

大垣生まれのソウルフード

2016年06月01日 16:33

FBには度々アップしていたが、ブログでは初めてかも。
大垣に帰省したら、一度は食べたいスガキヤのラーメン。
IMG_2192.jpg
チャーシュー、玉子が入った特製ラーメンでも450円。
IMG_2193.jpg
「俺はいいわ〜!」という父親を連れ出し、ほんのわずかな親孝行。
本人は写真撮られたこと気がついていない。

お互い、後何年生きられるかわからないし、帰省した時にはできるだけ一緒に時間を作りたいと思っている。

長距離走ってきて、汚れが目立つ僕の車を見て親父が「俺が行っているスタンド、洗車半額キャンペーンやってるぞ」
と教えてくれた。
IMG_2194.jpg
昭和生まれの頑固親父。
自分のこと以外手を出さない親父が、、
僕の車を拭いてくれた。

貧乏ジャーナリストの僕は450円のラーメン奢ることくらいしかできないが、、
できるだけ顔を見せる親孝行をしたいと思う。



久保田ショップ






最新記事