ポチ222000キロ

2016年05月31日 22:21

背中の手術が無事終わり、昨日、抜糸も終えた。
子供の頃、一回縫ったことあったけど、抜糸の時、めっちゃ痛かった記憶がある。
時代の流れか、抜糸は全然痛くなかった。

ドクター曰く、抜糸後一週間くらい安静にしてください。
であったが、大磯の波情報を見ると1.4メートル。
行くしかないでしょう〜!
ちょっと遠慮して、2時間だけ波に乗って、新東名を走り、岐阜へ向かう。

プールの後の授業が眠いのと同じでサーフィンの後のドライブは眠い。
IMG_2189.jpg
美しい夕焼けが広がる頃、
IMG_2190.jpg
ポチが222000キロをマークした。

東京に帰る前に222222キロがやってくる。
多少圧縮が抜け、クラッチも限界にきているけど、ポチはまだまだ元気。


久保田ショップ




スポンサーサイト

人生初の海釣り、オホーツク海

2016年05月29日 12:53

物心ついた頃、父親と一緒に釣り船に乗った記憶がある。
釣りたてのイカをハサミで切って食べたのが強烈な印象だった。
僕自身は釣りをせず、食べただけ。

渓流釣りはするものの、海釣りは経験がなかった。

網走で講演を依頼してくれた人たちと宴会をし、二次会で飲んでいた時、
「この人船持っていて、明日朝から釣りに行くんよ」
と一人の人を紹介してもらった。

え〜釣り、いいな〜!僕も行きたい〜!
「一緒に行ったらいいですよ。講演は13時過ぎだから、釣りが終わった頃、港に迎えに行きますから」

え!マジ!主催者にそう言ってもらったら、もう行くしかない。
結構しこたま飲んだのに、朝5時にホテルに迎えに来てもらい、海へGO!
HIRO1430.jpg
海釣りの経験がないため、船を下すシーンから感動。
HIRO1441.jpg
朝もやのオホーツク海を進む。
この時点ですでにかなり満足。

ポイントに着くと、ジギングの仕方を教わり、初の海釣りにトライ。
文鎮のような思いジグ。
竿をしゃくるのだが、アタリがあるのかどうか判断が難しい。
と思っていると、ちょっと重くなった気がした。

それ付いてますよ〜!と教わり、70メートル一生懸命巻くと、人生初の鱈ちゃんが釣れた。
IMG_2156.jpg
結局、僕は鱈を4本釣り、僕を釣りに連れて行ってくれた阿保さんはホッケを二匹、その他もろもろ。

恥ずかしながら、生まれて初めて開いていないホッケを見た。
地球環境の変化はオホーツク海にも大きな影響を及ぼし、近年、ホッケが釣れなくなってきたそうだ。

飲みの席での軽い発言が実現してしまう。
僕としてはこういうノリ大好きだ。
講演を依頼してくれた橋本氏は講演後、懐かしい裏摩周などを案内してくれた。
その写真は次回のブログで。

北海道で講演させてもらえることがとてもありがたい、そして網走&北見方面に新たな友ができたのが、さらに嬉しい。
次回は。。シャケ、、。


久保田ショップ






伊勢志摩サミット、消えたゴミ箱

2016年05月27日 11:55

術後、初めて、打ち合わせのため新宿へ向かった。
痛みはほぼないのだが、フラフラする。貧血ってやつだろうか。

少しでも糖分を取ろうと思い、カフェオレの缶コーヒーを飲んだ。
缶を捨てようといつもの3番線ホームに降りゴミ箱を探すが、ゴミ箱が消えていた。
もしかして、伊勢志摩サミットの影響?ここ東京だけど。と思いつつトイレに行った。

ゴミ箱が消えたせいか、トイレには空き缶などいくつものゴミが捨てられてあった。
僕は乗り継ぎで、缶を持ったまま大江戸線に乗った。
目的の駅を降りるとゴミ箱があった。
IMG_2182.jpg
ようやく缶を捨てられると思いきや、ゴミ箱は封印されていた。

これを見て、新宿の消えたゴミ箱も伊勢志摩サミットの影響だと確信が持てた。
よく見れば、あちこちに多くの警察が立っている。

テロを警戒するのは当然のことだが、期間中ゴミ箱が消えたり、使えなくなるのは庶民としては非常に困る。
決定をする人は公用車で移動したり、誰かさんのようにビジネスクラスで海外へ視察に行く人たちだから、電車には乗らないだろうし、駅のゴミ箱が消える不便さは理解できないだろう。

あちこちで談笑する警察官。
まあ、目くじら立てて、ピリピリしているよりは威圧感がなくて良いが。。
暇そう。

ならば、ゴミ箱を置き、警察官の監視のもといで使えば良いのではないかと思う。
サミットは短い期間だが、東京オリンピックが開催されたらどうなるのだろう。

そんなこんなで帰宅すると、声優の神谷明さんのツイートが目に付いた。
警視庁の警察官から不審尋問を受けたらしい。
理由は「早足で歩いていたから」。約束のお見舞いに遅れてい、そのお詫びの電話中だったらしい。
名乗っても意に介してもらえず、ポケットから小さなバックまで検査された。
職務とはいえ、理由が曖昧すぎる。ボランティアで協力したばかりなのに。
と呟いていた。

昔、丹波哲郎氏が交通違反で警察に捕まった時、「Gメンの丹波だ」と言って警察官に怒られたという逸話がある。
神谷明氏が名乗っても、わかってもらえなかった時、(名前と声が売れている人は犯罪犯す確率、非常に低い)
「お前はもう死んでいる」とか
「獠ちゃんもっこり〜」
と言っても本人確認出来ず、あれこれ調べられただろうか。

さておき、本人確認が容易な有名人でさえ、不審尋問を受け、急いでいるにもかかわらず問答無用であれこれ検査される。
400キロ以上離れた場所で行われているサミットでこの有様。
政治家ではないが、世界中の有名選手が集まり、テロの警戒をせざるを得ないオリンピック期間中どうなるかと思うとゆうつになる。
日本人は免許証以外のIDを持ち歩かない人が多い。
面倒なトラブルを避けるため、IDを持ち歩くのが良いのかもしれない。

ゴミ箱は使えるようにしてください!


久保田ショップ





網走点景

2016年05月25日 17:57

その昔、バイク乗りだった僕は北海道を何周もした。
特に道東に魅せられて、知床半島を目指した。

網走は何度か通りかかったが、泊まったことはなかった。
網走駅、街中の商店街、バイクで流した記憶がある。
網走の街中は当時とあまり変わらない印象だった。

ちょっと違う場所に多くの商業施設が集まる一本道ができていてびっくりしたが、商店街は20年前と変わらない印象だった。

HIRO1411.jpg
ホテルから海が見える場所まで3キロ程歩いた。
すれ違った人は一人だけ。
東京の新宿駅では30秒の間に100人以上の人とすれ違い、数十人の人とぶつかった。
HIRO1412.jpg
海のない岐阜県に生まれた僕には、こんな風景も物珍しい。
HIRO1419.jpg
何故か東京より暑かった網走。
HIRO1420.jpg
北海道の短い夏が始まっていた。
僅かな亀裂から花を咲かせるタンポポ。

最新作THE TRUTH伝えきれなかった真実2016は下記から

久保田ショップ

網走のネコ

2016年05月24日 14:07

お昼ご飯を探し求めて、港の方まで3キロ程あるいた。
HIRO1407.jpg
ウミネコが飛来してきて、AFがどのくらい使えるかテストしてみた。
HIRO1416.jpg
ちょいと裏路地を見ると網走のネコがいた。
HIRO1417.jpg
ちょっと警戒心強目のネコ。
網走では越冬できないから、飼い猫だと思って行先をみてみるとネコ扉からお家に入っていった。

最新作THE TRUTH伝えきれなかった真実2016は下記から

久保田ショップ

ネコ撮影の難しさ

2016年05月22日 10:38

旅先でネコに出会った時
まずは僕が敵じゃないんだよ〜!
と伝え、警戒心を解いてもらう。

が、しかし、警戒心を解いたネコがスリスリしてきて、、
w3413.jpg
いつまでたっても写真が撮れないことが多々有る
w3412.jpg
ちょっと離れても、またスリスリ
そんな時は撮影を諦めて、ネコと遊んであげる



久保田ショップ



バリの夕日

2016年05月17日 13:33

10年ぶりに訪れたバリ島
DSCN3396.jpg
夕日を見ながらの食事
DSCN3398.jpg
雨季にもかかわらず、お天気に恵まれ、最高の夕日を見ることができた。


久保田ショップ



DVD完成!THE TRUTH伝えきれなかった真実2016

2016年05月15日 15:32

15年間の総集編たるDVDが完成し、我が家に届いた。
IMG_2143.jpg
編集、デザイン、翻訳、多くの仲間たちの力があって、ようやくできた傑作。

今回はクラウドファンドを利用して、多くの方から応援していただきました。
クラウドで応援してくださった方々から順に本日5月15日より正式に販売、発送いたします。

今回はBlu-rayを使い映画として上映会を開催することも可能にしました。

15年間に取材した膨大な映像からなんとかまとめた作品です。
短い尺のテレビでは伝えきれなかった現地でのエピソード。
多くの人に見ていただければ幸いです。

DVDは下記久保田ショップからも購入可能です。


久保田ショップ


アルビルの友

2016年05月12日 18:33

asA9449.jpg
難民キャンプでお友達ができた。
僕が日本に帰国してからも、FBを使って誕生日にお祝いのメッセージをくれたりする友。
8A6A9464.jpg
キャンプの一番奥に住んでいる。
「この家の扉はあなたのために空けておくから、いつでも遊びに来てね」と言ってくれる。
プレハブの小さなお家。
日本人は「我が家は人をお招きするような家じゃないので。。」と言うことが多い。
 
プライベートな空間など殆どないプレハブのお家に招待してくれる友。
また会いに行きたいと思う。


久保田ショップ



外国人と出会う焼き鳥屋

2016年05月09日 22:40

バングラデシュ仲間のゆーとと新宿歌舞伎町にある台湾料理屋で一杯やった。
シジミの酒漬けがとても美味しい店だ。

僕は突然焼き鳥が食べたくなり、次なる店を求めて歌舞伎町の奥へ。
雰囲気がよさそうな焼き鳥屋さんをゆーとが見つけてくれた。

美味しい焼き鳥とビール&ハイボールで楽しんでいると、お隣に外国人の夫婦が座った。
中国人かと思ったが、会話を聞いているとタイ人だと判明した。
結構流暢な英語で僕が食べている大きな鶏肉を指さし「そのお肉は何の肉ですか?」と聞いてきた。
既にお隣さんがタイ人だとわかっていたので、僕が「が〜い」鶏肉ですよ。と答えた。

そんな片言のタイ語がわかることから、お隣さんと仲良しになり、楽しいひと時を過ごした。

時は流れ。。

15年の集大成たる映画を作った僕たち。
写真集は何冊も作ったけど、文章がメインの本を作ったことがない。
そろそろ本を作りたいと思い。
協力してくれる人と新宿で一杯やりながら打ち合わせすることになった。

おしゃれな店かオヤジっぽい店かどっちがいい?
と聞くと「オヤジっぽい店」と答えが返ってきた。

僕は即座に歌舞伎町の焼き鳥屋に行こうと思った。
が、しかし、方向音痴の僕。
見事に迷った。
そんな時、なんとなく雰囲気がよさそうな焼き鳥屋さんを見つけ入る。

それでもゆーとと行った焼き鳥屋さんが気になり、ゆーとに電話して場所を確認して探す。
なんと焼き鳥屋のはしご。

歌舞伎町という立地もあり、今回も外国人がいた。
英語で話しているが、どう聞いてもインドなまりの英語に聞こえる。
でも顔立ちは中東系の人にも見える。
二人で英語で話しているということは、二人とも母国が違うってことかな〜。
後から合流したTくんに、「ねえ、何人か聞いてきて〜」とお願いした。

その結果はインド人とシンガポール人。
やっぱりインドなまりの英語は間違いなかった。
シンガポール人はちょっと想像できなかった。
あっという間に仲良しになり、あれこれ語り合った。
image2.jpg
偶然だが、一緒になったインド人、シンガポール人、日本人三人全てが広告やデザインや写真に従事する人たちだった。

びっくりしたのは今日、早速E-mailと写真が届いたこと。
ほんの偶然の出会いから、長くおつきあいできる友達に発展しそうな気がする。
そのためにも、一年以内に再会しようと思う。
一年以内に再会できた人はその後5年、10年のブランクがあってもお友達でいられる。
一回会うのは偶然、その偶然を必然にするために。


久保田ショップ




遠方より友来たりて、ひとりごと

2016年05月08日 05:36

数少ない親友と呼べる友が来てくれた。

15年にも及ぶ戦争の中で生きる人々を描いた映画を作成している。
それは戦禍の中で散っていってしまった友たちの記憶でもある。

この15年、僕がしてきたことはなんだったのだろう。
ひたすら、人の世の理不尽さと多くの悲しみに触れてきた。

なんども、この仕事、これ以上続けられない。
そう思ってきた。
もう無理!って思うた度に友に助けれれ、この仕事を続けてきた。
今も

もう無理かも!っていう心の叫びを素直に出せる友は多くない。
アジアニュースの代表板倉は映画の編集を続けることで、この数週間睡眠不足だった。
僕は直接編集に携わっていなかったが、過去を思い出すことで睡眠不足だった。

何かを作り出すことは魂を削る作業なのかと思う。
そんな作業を応援してくれた人たちに感謝すると共に、僕と板倉が魂を削って作った作品を多くの人に見てもらいたいと思う。
なんて、眠れぬ早朝のひとりごと。



映画&DVD完成!THE TRUTH伝えきれなかった真実2016

2016年05月07日 10:18

2001年のアフガニスタン戦争から2016年の ISとの戦いまでをまとめた映画&DVDの完成しました。
15年間の映像を一本にまとめるのは至難の技。
アフガニスタン、イラク、シリアという三つの国での出来事をまとめる大変さ、そして、大切な映像素材が見つからないこともあり、作業は難航を極めた。

僕には編集の能力がないので、編集そのものは板倉に任せきり。
僕は10年以上前の映像の背景、現場で起きていたことの解説をする。

ラティファバード1
2001年ラティファバード難民キャンプで撮影した写真。
無事でいてくれたら、この写真に写っている子供たちはお父さんやお母さん、早い子はおじいさんやおばあさんになっているかもしれない。

この15年、導かれるように戦場を取材し続けた。
多くの「永遠の別れ」を経験し、自分自身の人生を費やしてきた。
僕たちが現場で見てきた現実。
ほんのすこしでも
知ってもらいと思い、今回のプロジェクトがスタートした。

今までとは違い、DVDを作るだけでなく映画として、あちこちで上映会をできるようにした。
そしてクラウドファンドを使わせてもらい、多くの人の協力を得ることができた。
みなさん、お待たせしました。

予定より少し遅れましたが、DVDが無事完成しました。

DVDを欲しいと思ってくださる方、映画の上映会を計画してくださる方。
是非、久保田まで連絡ください。
久保田のアドレス


DVD購入は下記より

久保田ショップ

長年行きたかった老舗

2016年05月04日 08:00

10年以上も前のこと。
厚木の写真スタジオの仕事をしていて、八王子から厚木へ行く裏道を教わった。
国道129号線を通らずに、相模川の堤防を走っていくとあっという間に厚木に行くことができる。

厚木の街中に入る少し手前に美味しそうなハンバーグのお店(洋食屋さん)がある。
何十回どころか何百回とそのお店の前を通っているのだが、行く機会がなかった。

そしてついにそのチャンスが訪れた。
大磯でのサーフィンの帰り、お店に入ろうとしたら「清掃中」の看板が。
おそらく17時オープンなんだろうが、あと20分が待てずに諦めた。

そして、吉浜でのサーフィンの帰り、お店が開いていることを祈りつつ行くと、ちゃんとオープンしていた。
IMG_2130.jpg
創業1969年って、その看板だけでも入ってみたくなる。
しかもお店の前にはハンバーグ800円。安い!
IMG_2129.jpg
お店勧めのスペシャルハンバーグをいただいた。
絶品!というより懐かしくて涙が出そうになる、そんな味だった。
年老いたご夫婦で営業していた。
「このお店お二人で始められたんですか?」と聞きたかったが、一度訪れただけで聞くのは躊躇われた。
まだまだ美味しそうなメニューが沢山あった。
また寄らせてもらおうと思う。

僕のご近所でも家庭的なお店がいくつも店じまいしていく。
この先、味が想像出来るチェーン店ばかりになってしまうのはとても寂しい。
ご夫婦の年齢を考えるとあと10年営業できるとは想像しがたい。
お二人が健在なうちに、全メニューを頂いてみたい、そう思う。

久保田ショップ


誕生日プレゼント、サングリア

2016年05月01日 13:36

ピースボートを降りてから1年以上経過してようやうく再会した友人から誕生日のプレゼントをもらった。
赤ワイン1本とサングリア一本。
そして初めて見るホームメードサングリアのボトル。
IMG_2128.jpg
久保たん、安いワイン入れて作って〜

と言われたが、我が家には安くても美味しいワインしかない。
ホームメードサングリアだけのためにワインを一本開けるのも勿体無いので、友人が来てくれた時に一本開けて、
ホームメードサングリアを作ってみた。

どんな味になるのか楽しみ。
長く楽しめる誕生日プレゼント。


久保田ショップ








最新記事