ラーメン屋さんで見つけた券売機

2016年03月27日 13:51

IMG_1856.jpg
ラーメン屋さんで見つけた自動券売機。
そこには10円でカンボジアへの寄付が。

お付き合いでラーメンは奢ってもらったので、この10円にトライする時間はなかった。
どんな券が出てくるのか。
どのくらいの寄付が集まるのかとても興味がある。
アフガニスタンとかシリアも是非作ってもらいたい。


久保田ショップ





スポンサーサイト

アルビルでバイクの二人乗り

2016年03月24日 17:19

今回のクルディスタン滞在で最もお世話になった友。
彼はシリア難民、彼はクリスチャン。
本当に人が良い彼はイラクのIDPの人とも仲良し、イスラム教徒の人とも仲良し。
アルビルでバイクの二人乗り

そんな彼が僕の取材を手伝ってくれて、バイクの二人乗りをした。

一生おつき合いできる友にまた出会うことができた。

久保田ショップ

緊張しない海外

2016年03月16日 12:54

毎回、渡航前は緊張するものだが、久しぶりに緊張しない海外。
今回の渡航は。お仕事4割、プライベート6割。

DSCN3346.jpg
10数年ぶりに懐かしい島を訪れた。

久保田ショップ



アルビルでも床屋

2016年03月12日 08:19

海外で床屋に行くのが定番になりつつある僕。
今回は前回訪れたダルシャクラン難民キャンプの同じ床屋へ行くつもりだった。
髪の毛伸びていて、早く切りたかったが、なかなかダルシャクラン難民キャンプへ行くことができなかった。

ようやくにしてキャンプへ行き、同じ床屋さんを訪れた。
しかし!前回僕の髪の毛をカットしてくれた青年はドイツに行ってしまっていた。
テレビのニュースなどで多くの難民がドイツを目指している。と知っていても実感がなかったが、実際に自分が知っているシリア難民がドイツに行っているとわかると、改めてシリア難民がドイツを目指しているんだと実感する。

難民キャンプで床屋に行きそびれてしまった僕は、仕方なくアルビル市内の床屋へ行くことにした。
ちょっと小綺麗な床屋。
w_0841 のコピー
英語は通じないものの、お兄さんは僕の注文をしっかり聞いてくれた。
w0852.jpg
テレビから流れる音楽に合わせて歌いながらカットするお兄さん。
動画を撮っておけばよかったと思う。
w0858 のコピー
かなり丁寧なカットが終わり、一緒に記念写真を撮りたいんだけど、、とお願いすると、自分のヘアーをセットし始めた。
これもプロ根性?
w0864.jpg
今まで訪れた海外の床屋さんの中でもかなり腕の立つ床屋さんだった。
w0868 のコピー
さて、次はどの国の床屋さんを訪れるだろうか?

久保田ショップ



オマーン、サラーラ

2016年03月08日 13:57

我が家に貼ったカレンダー付きの世界地図。
自分が行った都市に丸をつけたりしている。

すると、ピースボートに乗ってオマーンのサラーラに行ったことを思い出した。
偶然、HDDからオマーンの写真も出てきた。
2F8C3399 のコピー
こんな写真がオマーンらしいって感じかな。
2F8C3402 のコピー
もちろん、オマーンでも猫と戯れた。


久保田ショップ





トルコの新聞が政府管理下に

2016年03月06日 03:52

トルコの最大紙「ザマン」が政府管理下に置かれた。

「ザマン」はトルコ政府に批判的な新聞として有名。
エルドアン大統領にとっては目の上のたんこぶ。

イスタンブールにの「ザマン」本社前には「私の新聞に手を出すな」と書いたプラカードを持った読者が集まったが、警官隊が催涙ガスと放水で市民を排除し、本社に乗り込み編集長を強制排除した。

トルコ政府としては同紙がテロ組織を支援した、とか政府転覆を目論んでいたという容疑をかけているようだが、
政府に批判的なメディアに対する弾圧としか見えない。

先日アンカラで起きた自動車爆弾事件も、報道規制があって、全てが報道されているわけではない。と現地では言われている。
実際にテロ支援をしたとか、確固たる証拠があれば、、だが。
民主主義の根幹たる言論の自由を規制する国が良い国とは思えない。

オリンピック落ちてよかったね。と思う。

が、トルコと競り合ってオリンピック誘致に成功した日本はどうか?
秘密保護法から安保法制、それらに対して批判的なメディアなど潰してしまえ!と政治家が発言する国。
日本において言論の自由が著しく侵されているという懸念があり、国連の表現の自由を扱う特別報告者の来日が決まっていた、が、日本政府はドタキャン。
そして、先般の「電波停止発言」。
政府に批判的な発言を繰り返すキャスター、海外でいうところのアンカーマンが次々と降ろされていく。

それに対して日本のメディアはキー局の大切なキャスターを守る報道をしただろうか。
イギリスの経済紙エコノミストがこのことを大きく報じた。
「日本におけるメディアの自由 アンカーたちがいなくなった」
日本の標準から見れば力強く政権批判を行う司会者である3名がそれぞれ同時に番組を去るのは、偶然の一致ではない"と断言。している。イギリス大手新聞ガーディアンも同様の記事を掲載している。

我々日本人、日本国民が思っている以上に海外のメディアは日本には報道の自由がないと思っている。

最後までオリンピック招致を争ったトルコと日本。
僕が外国にいたら、両方ともオリンピックできる民主的な国じゃないな〜。と判断するだろう。

現政権が良いとか悪いとかの問題ではなく、賞賛も批判もできる国でなければならないと思う。
メディアとは批判することがお仕事と言っても良いくらい。
国は、政権はどれだけ批判されようともメディアにプレッシャーをかけるのではなく、批判に負けない、よりよい政策を出して行けばよい。

日本のメディアがトルコの二の舞にならないことを祈る。
それは僕たちメディアだけの問題ではなく、日本という国の「信用度」の問題だ。


久保田ショップ







アルビルの鳩

2016年03月04日 23:44

アルビルのお城近くで見つけた鳩小屋?
wA6A8983.jpg
さて、彼らは伝書鳩なのだろうか?
普通に見える鳩が戦場に伝令を伝える伝書鳩だったらすごい。


久保田ショップ

難民キャンプで

2016年03月02日 20:27

約2年ぶりに訪れたシリア人難民キャンプ。
16B_0586.jpg
Photo by Itakura
後ろを歩くのはジムネットの佐藤さん。
サングラスはタイのバンコク、MBKで買った安物。
16B_0769.jpg
そして再会した女の子と2ショット。

前回より環境は良くなってはいるが、やはりキャンプはキャンプ。
今回、結構多くの人がヨーロッパへ脱出して行っていた。
僕が前回訪れた床屋さんもドイツへ移住していた。
彼らの安住の地は。。


久保田ショップ







最新記事