そうだ!インドへ行こう〜!

2015年09月30日 13:25

近年、インドに行った友人の話を聞いた。
全く知らなかったが、首都デリーには地下鉄が走っているそうだ!

最後にインドを訪れたのはいつだろう〜?
グジャラートで地震があった年の翌年くらいが最後かもしれない。

この時期、ぼちぼちの値段でチケットも手配できそうなので、インドに行くことにした。
10月半ばから2週間ほど。

現地にいる人、近いタイミングでインドに行く人、
是非、現地で一緒にご飯食べましょう〜!


久保田弘信の作品ショップ
スポンサーサイト

東北の渓流

2015年09月24日 07:10

取材で東北を訪れた。
移動の合間に渓流に入ってみた。
DSCN3264_20150924021638a40.jpg
車を降りてすぐに入れる渓流。
こんなところじゃお魚さん釣れないだろうな〜!と思いつつも散歩がてら竿を出してみた。

関東近県ではありえないことだが、わずか10分ほど、淵二つ分で4匹のイワナが上がった。
DSCN3275_201509240216397ff.jpg
しかも、そのうち一匹は尺イワナ。
半日釣ったら何匹あがってくるだろうか。
残念なことにそんな時間はなく、仲間と食べられる4匹で終了。
DSCN3282-(1).jpg
その場で美味しく頂きました。
東北の自然の豊かさは僕たちの想像以上だ。
20代の頃、僕に渓流釣りを教えてくれたカメラマンの先輩に感謝。


久保田ショップ

京都の夜

2015年09月22日 08:00

京都を訪れた時、和歌山の帰りだったから大荷物を持っていた僕。
京都駅のコインロッカーに荷物を預けようとしたが、何故かタッチの差で外国人にロッカーを先取りされ、
なかなか空いているロッカーが見つからなかった。

なんとか荷物を預け、京都の友人と広隆寺〜六波羅蜜寺近くのコロッケ屋さんへ。
久しぶりの京都

別の友人と一杯やる約束があったので、ダッシュで京都駅に戻る。
そこで、あれ?
ロッカーどこだっけ?
何度も入れようとしてダメであちこち回ったからロッカーの場所を忘れてしまった。

京都駅の一階、地下のポルタ街、僕のキー番号が見つからない。
観光案内場に聞いてみよう、終了していた。
駅前の交番、「さ〜さすがにロッカーの位置はわかりませんね〜」

友人も一生懸命探してくれているが、見つからない。
最後に思いついたのがJRの改札の人。
無理だろうと思いつつ聞いてみると、京都駅周辺のロッカー地図をもっていらっしゃった。
僕のキーナンバーから一生懸命探して、丁寧に教えてくれた。若い駅員さん。

自分の想像よりポルタ街の西の外れのロッカーだった。
IMG_0816.jpg
友人を待たせるし、ロッカーは見つからないし汗と冷や汗をかいた。

気を取り直して、友人が教えてくれたバーへ。
IMG_0817.jpg
ウィスキーが豊富なバー。
僕が知らないお勧めのアイラのお酒を頂いた。

観光に付き合ってくれた友、ロッカー探しと素敵な一杯に付き合ってくれた友に感謝。


久保田弘信の作品ショップ


富山での初講演無事終了。

2015年09月21日 13:37

中小企業家同友会の例会の場を借りて富山で初講演ができた。
実行委員会の人たちには初の試みということで、心配、苦労をおかけしてしまったと思います。

目標は100人程の参加者でしたが、170人近くの参加者が来場してくれました。
w1661336320816484_4975158499043191831_n.jpg
会場がそれほど広くなかったので、凝縮感があって僕としてはやりやすかったです。
IMG_1192.jpg
まずびっくりしたのは会場設営の早さ。
経営者ってこんなすごいんだ〜!と思ってしまった。
実行委員会のメンバーでは最年少ではないかと思われる印刷関係の仕事をしている人を中心に10分も経たずに会場の設営が終了した。
IMG_1189.jpg
そんな人がいるから、素敵な販売物のポップも作ってもらえた。
IMG_1193_20150921133906cd7.jpg
日々、自分の会社のことで一杯の方々、同友会の集まりがあれば、経営セミナーのような催しが多い。
そんな中、日本から遠く離れた中東のお話を聴いてもらうのは、、多少の心配があった。
が、皆さん、最後まで真剣に聞いてくれた。

そして、講演会ではサプライズの再会もあった。
ピースボートに乗っていて、オマーンを一緒に回ったムーたんと約1年ぶりに再会できた。
そして金沢からFBの友人がやってきてくれ、僕の大垣での友人の友人が来てくれ。
過去にあった人、FBの中でだけ繋がっている人、いろんな人に出会えた。

講演開始まえ、写真集やDVDを販売している受けつけの席に座っていたとき、
「チラシをみて参加したいと思って来ました」という人が隣の受付ブースにやってきた。
受付の人が「誰かの紹介ですか?」と聞くと「いえ、講演者の久保田さんを昔取材したことがありまして。。」

え!久保田ここに座ってますけど!
と目があってビックリ!
その昔、赤坂にある某テレビ局でお世話になった人だった。
なんと12年ぶりの再会。

多くの人の協力で富山で講演することができ、本当に感謝です。
素敵な出会い、再会もいただいた。

次は、、なんとか富山での写真展開催を。。
また多くの人の力を借りなければなりませんが。
そんな日が来ることを祈りつつ。


久保田弘信の作品ショップ



愛車ポチのオイル交換

2015年09月19日 16:46

地元、大垣にある友人の車屋さんにオイル交換に行った。
いつも帰省したときにお世話になっている車屋さん。
IMG_1131.jpg
事務のお姉さんが「これ、なんて距離数?偶然?」っていうから見てみると
IMG_1130.jpg
偶然212222キロだった。
先日21万キロを突破し、東北取材に出かけて、年内に22万キロに到達しそうなポチ。

久保田弘信の作品ショップ



ババヘラアイス

2015年09月10日 08:00

かなり以前からコロプラの位置登録ゲームだけをやっている。
このゲーム、旅先で位置登録すると、その土地の名産品がわかる。

秋田はババヘラアイス。
僕は全く知らなかった。

ババヘラ?なんだろうって感じ。

IMG_1028.jpg
トライしてみた。
秋田では昔から屋台のアイスが名物だったそうだ。
w1026.jpg
おばさんが「ヘラ」を使ってピンクと白のアイスでバラのような形を作ってくれる。

このおばさんも子供の頃アイスをよく食べたらしい。
昔は普通に「アイス」って言ってたそうだが、退職しておばあちゃんが売ることが多いそうで、、
ばばあがヘラでアイス。

それで「ババヘラアイス」となったとおばさんが教えてくれた。
なんでも高校生が最初にババヘラと名付けたとか。。

地方の名物はその味もさることながら、地元の人とのコミュニケーションがあってこそだと思う。


久保田弘信の作品ショップ



イラク北部での難民支援 IVY

2015年09月09日 18:28

昨年、イラク北部で取材させてもらった山形のNPO法人IVYがシリア難民の為の学校を建設する。
IVYのHP

ISによる邦人殺害事件以降殆ど報道されなくなったシリア、イラクの現状。
イラク北部の都市アルビルでは地元の人たちが「石を投げれば難民に当たるよ!」という程シリア難民、イラクの国内避難民で溢れかえっている。

IS関連の報道は一時過熱したが、難民問題の現状は殆ど報道されていない。
2F8C0326.jpg
シリア難民は難民キャンプだけでなく、アルビル市内に住んでいる。

2F8C0112.jpg
戦争で心を痛めた子供達にとって学校へ行けることはとてもうれしいこと。
2F8C0363.jpg
1年以上学校へ行けなかった子供達は学校で勉強できることが本当にうれしい。
2F8C0167.jpg
学校へ行くことは心に傷を負った子供達のメンタルケアにもなる。

長く続くシリアの内戦、そして ISの台頭によって国連も難民支援の資金難に直面している。
それは日本のNGOも同じ。
報道が少なく、難民問題は忘れ去られがち。
IVYも資金集めが大変なようで、「READYFOR?」まで使うようだ。
「READYFOR?」
本来、普通の募金でなんとかなるところだが、報道の少なさと関心の薄さでなかなか難しいようだ。

そういえば!
安倍首相が言った2億ドルの難民支援はどうなったのだろう?
そんな報道さえない日本。
それでも中東の国々から期待されている日本。

両親や友を亡くし、本当に辛い思いをした子供達に笑顔のプレゼント。
応援してほしいです。


久保田弘信の作品ショップ


138円のマカロニサラダ

2015年09月09日 07:00

箱根での写真展があり、この夏は自宅を留守にする機会が多かった。
ホテルでは美味しいご飯も食べさせて頂き、ちょっと贅沢な夏だった。

出張が多い時期は食べ物がダメになってしまうので、外食が多くなる。
涼しくなり、食べ物の「もち」も良くなってきたから、久しぶりに地元のスーパーへ行った。

とりあえず、卵を1ケース。
そして108円の1リットルパックのアップルジュース。

お惣菜コーナーに95円のネギトロ巻きを発見して1本。

少し移動すると138円のマカロニサラダがあった。
手が伸びかけて、止まった。
とっても美味しそう。
でも一人でサラダ食べるのは贅沢かな〜?と思ってしまった。

もう少し出せばキャベツ1玉買える。
でも、、マヨラーの僕としてはパックに入ったマカロニサラダはとても魅力的。
欲しい!勿体無い。欲しい!どうしよう?

些細なことで、お惣菜コーナーでフリーズしてしまった。

よせばいいのに、今際の際まで自分の為にお金を使わなかった母親を思い出してしまった。
病院のベッドの上で「これでみんなで美味しいもの食べてきなさい」と財布からお札を出した母。
どうも、貧乏性は母親譲りみたいだ。

みんなで楽しく食べたり、呑んだりする時にお金を使うのはあまり躊躇わない僕なんだが、日常的な生活はかなり貧乏性。
むかし、むかし、上記と同じパックのアップルジュースを買い物カゴに入れた時、100%のジュースがいい!と言われ、「こっちでいいじゃん」と言ってしまった僕。
ずーっとずーっと反省している。

目が壊れたこともあり、今年は海外取材を自粛している。
それゆえ、お財布の中には多少のお金は入っていた。
それでも138円のマカロニサラダが買えなかった。

次みたら、清水ジャンプな気持ちで買ってみようと思う。

久保田弘信の作品ショップ


富山で初の講演。

2015年09月08日 07:00

アフガニスタンからイラク、そしてシリアと日本のあちこちで講演をしてきた。
今回、富山県で初の講演。
w1013.jpg
講演に呼んでもらえる県は結構偏りがある。
昔、昔からカウントすると京都府が一番多いかもしれない。
そして生まれ故郷の岐阜県。

コンスタントに声をかけてくれるのが和歌山県。
公立の高校での講演では和歌山県が一番多い。

勿論、一度も講演で訪れたことがない都道府県もたくさんある。
すべては縁。
今回の富山県もピースボートから始まる縁で呼んでもらえた。

近年、国際報道が激減している。
こんな時代だからこそ、世界で何が起きているのか知ってもらえる機会がありがたい。


久保田弘信の作品ショップ



昔と変わったタイ、ワットトライミット

2015年09月07日 13:08

その昔、バンコク中央駅フォアランポーンの近くヤワラー辺りに宿を取っていた時期があった。
ガイドブックさえ持っていなかったが、35BのBusルートマップを買い、市内を散策していた。

ヤワラーの徒歩圏内は有名無名のお寺、屋台を制覇していた。
その頃訪れたのがワットトライミット。
小さなお寺で見逃してしまいそうなくらい。
w0018.jpg
今年、昔の記憶を頼りに訪れてみてビックリ。
なんだかお寺が大きくなっている。
w0026_20150907130546f96.jpg
このお寺黄金仏で有名なのだが、、(昔からあった黄金仏)
w0015.jpg
お寺の外に大きな、三体の黄金仏ができていた。
昔と違ってお参りに訪れる人も沢山いた。

久保田ショップ



ネコ天国タイ

2015年09月06日 08:00

学生時代からタイに通っているが、タイが猫天国だと思ったことは一度もなかった。
チョビと出会ったからだろうか。
w0089.jpg
ワットポーの裏側、そしてワットアルンの裏側とネコが沢山いた。

ワットアルンの裏側のお寺。
File0093.jpg
タイ語の看板の下にネコ。
File0095.jpg
そしてお寺の中にもネコ。
File0102.jpg
このネコちゃん、お寺を我が家のように思っている。
File0100.jpg
もうしかして住職はネコ好きか?と思ってしまった。

久保田ショップ




昔と変わらぬタイ

2015年09月05日 21:30

MBK(マーブンクローンセンター)。
ここには沢山の携帯屋さんや雑貨、お土産物屋さんが入っている。

その昔、タイでSIMカードを買うときいつも来ていた。
そして、お土産用や現地で自分が着るTシャツもここで買う。
w749096495199421_1540561995_n.jpg
これだけタイの物価が上がったのに、Tシャツは99バーツのまま。
しかも、近年は日本で着れるレヴェルのデザインも増えつつある。

久保田ショップ



美味しいタイ料理。

2015年09月03日 00:49

バンコク中央駅フォアランポーンの外観は昔と変わらない。
w0012.jpg
駅舎の中はかなり綺麗になり、フードコートもできた。
この写真の後ろ側、駅前の屋台街が広がっている。
フォアランポーンの目の前という立地だけに客引きの人が多い。
なんとなく、そのままお店に入るのが嫌で路地の奥へ歩いて行った。

そこで、おばあちゃんが料理しているお店を発見した。
地元の人が食べている料理がとっても美味しそう。
w0903.jpg
料理の名前がわからないので、ちょっと失礼して、この人の料理と同じのをください!とお願いした。
これ、絶品。
w0908.jpg
別のお店でタイ風のお好み焼き、トムヤムスープ、空芯菜。
これも絶品。

しかし!安心していると突然タイ料理の洗礼が。。
w0926.jpg
国境の街アランヤプラテートの屋台、母娘でやっていて、地元の人にも大人気。
僕もセンミーをオーダーしたが、、これが辛い。
一生懸命食べる僕を見てお母さんが笑っていた。
ダシが効いていて美味しいのだが、ノーマルの味がちょ〜辛い。

こんな経験があってもやっぱりタイ料理大好き。

久保田ショップ





最新記事