イラク戦争から12年

2015年07月31日 07:30

2003年3月20日イラク時間で朝5時過ぎだっただろうか、一発の巡行ミサイルの着弾からイラク戦争は始まった。

多くのジャーナリストが戦争が始まってからバグダッドに入ってきた。
なかには3000$以上払ってやってきたジャーナリストも。

僕は仲間と一緒に開戦一ヶ月前からイラクに滞在していた。
アエロフロートでモスクワ経由でシリアへ。
シリアからバスで国境を渡りイラクに入った。

その懐かしい写真を友人がFBにアップした。
Wシリア_n
誰が撮影してくれたか記憶にないが、バスの暖房が効かずとても寒い思いをしながらイラク入りした時の写真だ。
だいたいこんな写真をアップすると久保田さんわか〜い!と言われる。
そりゃそうでしょ〜
10年も前ですよ。

今思えば、日本のフリージャーナリストが活躍できた最後の戦争だ。
日本の大手メディアのコンプライアンスという理解不能な言葉によってフリージャーナリストが撮ってきた貴重な映像と理解されても使われない、使いずらい時代がやってきた。
それと共に「自己責任論」。
日本という国に迷惑をかけるような取材はすべきでない。という論調。

ジャーナリストが現場に行かなかったらどうやって情報を得るのだろう。
APやロイターからの輸入?

国会では安保法制が問題になっている。
憲法の解釈を変えてでも集団的自衛権を行使するのが大切だと。
国の安全を同盟国にお任せっきりではよろしくないと。
多少の危険があっても日本人が立ち上がらなければと。

報道は海外にお任せっきりで日本のジャーナリストは安全地帯から情報をもらうだけで良いのだろうか。
なんとも無責任に思えるが。。

日本の官房長官は後藤さんの勇気を「蛮勇」と言った。
米国のケリー国務長官は「ジャーナリズムには危険が伴い、リスクを完全に取り除く方法はない。唯一の例外は沈黙を守る事だが、これは降伏だ。何が起きているか世界に伝わる必要がある。沈黙は独裁者や圧政者に力を与える」と語った。

情報が正しく届かなくなった時、戦争は起きる。
反政府的な意見を持つメディアは潰した方が良いという自民党お勉強会での発言。
日本のジャーナリズムはどちらに進むのか、日本人はどちらを選ぶのか。


久保田ショップ





スポンサーサイト

和歌山での講演

2015年07月29日 15:16

きっかけは大阪の箕面で行われた教職員組合の全国大会だったと思う。
イラク戦争から帰ってきたばかりの僕は日本のメディアが伝えきれなかった現地の状況をお話した。

聞いてくださった和歌山の先生が「この話を是非和歌山の先生方や生徒にも聞かせたい」と言ってくれた。
はや10年以上昔の事だ。
和歌山で企画に上がった事は100%実現している。

白浜で高等学校の先生方に何度も講演をさせて頂き、県下の高等学校でも何度も講演させてもらった。
その流れは10年以上経った現在も続いている。

和歌山の県立高校の生徒会役員が各高校から3名ずつ集まるイベントに呼んでもらい、現在のイラクの様子、メディアの問題点などお話させてもらった。
150人ほど集まった修学旅行のような雰囲気。

いつも修学旅行にカメラマンとして同行している僕は生徒が「いただきます」をしたら写真を撮らなきゃ!という気持ちになるが、そのまま先生方と一緒に食事。なんだか落ち着かない気分。

温泉付きのホテルだったので、露天風呂へ。
高校生がお風呂に入っていて、お風呂の中で話す事ができた。
「今日の久保田さんの話を聞く前から僕は日本のテレビも新聞も信じていなかったです」
まじか?すごいな〜!
「色々と将来が不安なんです」
ん?進学とは就職?
「今の日本ですよ!どんどんおかしくなっている」
そうだね〜。でもすぐ選挙権ももらえるし、自分の意思を出し続けるのが大事だと思うよ。

青春時代真っ只中の高校生が日本の未来を憂う時代。
大人が思う以上に高校生は敏感だ。

短い時間だが、夜はいつくかの部屋を回って高校生と話したりトランプして盛り上がった。
w_0781.jpg

10年以上のお付き合いになる先生方が和歌山にたくさんいる。
未来を担う若者に世界の事もっと知ってもらいたいと思う。
昨年、国際交流会館で写真展もさせてもらったが、なかなか学生が行ける場所ではなかった。
一般の人たちが訪れやすい場所での写真展をお願いした。
多分、、かなりの確率で実現すると思う。
そんな熱い先生方が和歌山にはいる。

久保田ショップ



写真展のポスター貼り

2015年07月27日 15:56

いつの時も持つべきは友。
最近色々あって忙しい僕のダーツ仲間。
いきつけのダーツやパルにもなかなか顔を出せないでいる。

その友がPちゃん写真展のポスター配りたいんだよね〜!出張前、明日しかないなら付き合うよ!
と、わが街八王子のお店にポスター貼りに行くのに付き合ってくれた。

長らく八王子に住んでいるが、生まれ故郷ではないため、地元で生まれ育った人とは知り合いの数が段違いだ。
時折顔を出す店も一人ではなかなか行きづらい。
ご飯を食べ、一杯やりながらポスター貼りの旅に。

二人ともちょーお腹が空いていたので、ファーストフードでも良かったのだが、友は
「どうせならポスター貼ってもらえる店に行こうよ」と、僕は一度も行った事がないオンサへ。
よっちん(友)はとても顔が広く気さくな人なので、
「あのさ〜ポスター貼ってほしいんだけど。。」といきなり本題。
見事にOKをもらい、ご飯を食べ、軽くビールを飲んで二軒目へ。

二軒めはわがダーツの師ともいえるハヤトのお店。
w_0771.jpg
彼がポスターを持つとポスターが小さく見えるのは僕だけだろうか?
w0772.jpg
ダーツを投げるために立つ場所、スローラインに貼ってくれた。
ダーツを投げようとするとポスターが目に入ってしまう。
ダーツに集中する皆さん、ごめんなさい。

そして目標をクリアするために3軒目のアンジェへ。
アンジェのスタッフは長野の小さな絵本美術館での写真展に来てくれた人。
今までのお礼も含めボトルを一本キープ。

お互い次の日が早いの0時終了を目指していたが、見事に1時を回ってしまった。
ご飯食べたり飲んだりしたらお金もかかる。
そんな面倒とも思える事に笑顔で付き合ってくれる友に感謝。
w_0770.jpg
フライヤーが完成して一番に訪れたパルではフライヤーが丁寧にコルクボードに貼ってあった。
毎回思う。
写真展は自分一人の力ではできない。
支えてくれて、協力してくれる友たちに心から感謝。
そんな人のつながりを感じさせてくれるから写真展はやりがいがある。

久保田弘信の作品ショップ
久保田ショップ



JPS日本写真家協会

2015年07月26日 16:16

日本の名だたる写真家が加盟しているJPS日本写真家協会。
会員は圧倒的に日芸や写真専門学校を卒業して師匠を持つ写真家のエリートが多い。

そんな団体に四大を卒業し、物理畑を目指し、紆余曲折の中で写真を仕事にした僕が入れたのは奇蹟に近い。
僕が入会したのは、、もう10年近く前。
僕も次なる会員を推薦できる立場になった。

後輩、ではなく友人のカメラマンをJPSに推薦し、彼が見事に入会を果たした。
JPSでは新入会員展を毎年開催していて、新たにJPSに入った写真家達が自分の力作を展示する。

このところ、JPSのイベントに参加できていなかった僕だが、今回は友人を紹介した責任もあり、無理やり時間を作って
新入会員展のオープニングレセプションに参加した。

JPSの名誉会員となった木村恵一氏が挨拶をした。
足を悪くされていて車椅子で参加されていたが、挨拶の時は車椅子から立ちあがっての挨拶。
挨拶の中で「ここに顔を出すのも最後かと。。」と話されたが、会場からは来年も!との声が飛び交う。
木村氏の人柄が表れる。

僕がJPSに入会した年、木村氏が僕の写真を見てくれて「この写真素晴らしいからJPSの機関紙に使おうと思うんだけどどうですかね?」と聞いてくださった。
「いや、僕なんか今年入会したばかりの新人ですし、恐れ多いです」と答えると。
「JPSは一度入会したら10年20年会員になっている人も1年目の人も同じですよ」と言ってくださった。
僕の写真は見事に入会した年のJPSの機関紙に掲載された。

その時、何故木村氏が僕の写真に目をつけてくれたのかわからなかった。
亜流から来た僕は写真界の事を全く知らなかった。
木村氏は報道カメラマンとして大活躍した人だった。
それ故僕の写真に目をつけてくださったようだ。

もう10年近く前の事だし、ご記憶にないかt思いつつも、どうしても木村氏に挨拶したかった。
優しい人柄の人で、お話に行く人も多く、なかなかタイミングがつかめなかったが、何とかお話する事ができた。
w_283778521_n.jpg
10年前のお礼を述べ、近年写真の世界は大変ですが、、等々会話をさせて頂き、来年も是非お越しください。とお願いした。
ごつくて、暖かい握手だった。
写真が写真界が大好きな木村氏。
写真を取り巻く情勢は決してよくないが、もう少し、もう少し頑張ろうと思う。

久保田ショップ



箱根湯本ホテルでの写真展

2015年07月22日 01:23

新潟、刈羽村での写真展が無事終了した。

8月1日からは箱根湯本ホテルで写真展が行われる。
久しぶりに関東近県での写真展。
開催が決定したのがつい最近で、フライヤーとポスターのデザインを無理言って友人にお願いした。
そのポスターが今日仕上がった。
w10207452402054301_3662322316857123142_n.jpg
w10207452402134303_8676786023663318409_n.jpg
早速、地元八王子にある行きつけのビリヤート&ダーツ屋さんにポスターを貼ってもらった。
入り口の一番いい場所に貼ってもらった。

そのまま夕食は大学生の頃から通っている洋食屋おがわへ。
閉店直前に行き、鶏の味噌焼きをオーダー。
お店がひと段落した時を見計らってポスターを出し、貼ってもらえるようにお願いした。

唯一残っていたお客さんが「この写真ってここにある写真と同じですよね〜」と声をかけてくれた。
おがわには開店祝いにプレゼントした六つ切のアフガニスタン写真が飾ってある。
ポスターとは全く違う写真なのに、お客さんが同じカメラマンが撮影した写真だと思ってくれたようだ。

久保田っぽい共通の雰囲気を感じてもらえるのはカメラマンとしてとても嬉しい。

写真展はカメラマンにとって負担が大きいだけで収入にはつながらない。
でも、写真に感動してくれる人が一人でも二人でもいてくれるから、写真展はやりがいがある。

箱根は大涌谷の噴火以来客足が激減し、閉店しているお店も多い。
湯本から大涌谷までは車で30分以上かかり、いかに火山ガスが噴出しても湯本に影響はないのだが、
土地勘のない人には同じ箱根と思われてしまう。

箱根の人たちはこの夏休み観光客の復活を願っている。
写真展がることで、ほんの少しでも箱根に足を運んでくれる人が増えたら嬉しい。
ちなみに、湯本ホテルのベーカリーのパンは絶品。
箱根にお越しのさいは是非ご賞味あれ。

久保田ショップ



安保法案強行採決を中継しないNHK

2015年07月16日 01:45

今日、すでに昨日の安保関連法案の強行採決が行われた衆院平和安全法制特別委員会をNHKが中継していなかったらしい。
僕はTBSのニュースを見ながらあちこち民法をチェックしていたが、NHKは最初からチェックする気がなかったので知らなかった。

NHK広報部は取材に対し、「独自の編集・編成判断に基いて国会中継している。その際、国民的な関心が高い重要案件を扱う委員会の質疑であることや、各会派が一致して委員会の開催に合意することなどを適宜、総合的に判断している」と説明。「国民的な関心が高かったのでは?」とあらためて問うと、「それ以上のコメントはできない」との回答だったらしい。
国会中継については以前、NHK広報局の公式Twitterが「NHK側だけで決められるものではなく、国会からの中継要請があるかも基準の1つになる」と説明していたことから、今回は要請があったのか尋ねると、それも「回答はできない」との返答だったらしい。

近年稀に見る国民の関心が高い今日(すでに昨日)の国会。
その中継をしない意味が理解不能だ。
ニコ生などのインターネット中継がアクセスの集中によって一時期見れない状態になるほど関心が高い今日の国会。
これほど関心が高いのに中継をしない理由。
その理由が明確であれば納得できるが、上記のコメントでは全く納得できない。

本来、取材に出て、視聴者が納得するコメントを取ってくる報道機関が取材される側になるとコメントできないとか、回答できない、では報道機関としての信用を失する。

公共放送として受信料を取り、払わない人には強制執行をするNHK。
あなたたちが大切だと思うニュースではなく、視聴者たる国民が大切だと思うニュースを流してくれないようでは受信料を取る権利なしと思う。

歴史を振り返るまでもなく、報道が権力に屈した時、戦争は起きる。

久保田ショップ






安保関連法案 衆議院特別委員会 賛成多数で可決

2015年07月15日 12:57

仕事に行かなければならない時間だが、ニュースが気になりテレビを見ていた。
リアルタイムで安保関連法案が衆議院特別委員会で賛成多数で可決させる瞬間を見た。

国会前のデモに参加した人のインタビューで若い人が「法案の内容も反対ですが、国民の意思を無視したプロセスが許せない」と話していた。

特別委員会では野党議員が「強行採決反対」のプラカードを持ち反対を訴えるが、、
民主国家の最高議会の映像としては稚拙と言わざるを得ない。

国民の半数が反対する法案が国会の中で可決されていく。
原発再稼働反対のデモでは民間団体の人が麻生総理に面会するまでの結果を出したが、今回の安保関連法案反対のデモではそこまでの力にはならなかった。

憲法学者の9割が違憲だとの意見を述べるもその声は無視。
日本国民が作り出した政権だから、責任は我々国民にある。
一党独裁の政権が何を生むか、選挙権を行使しないことが何を生むか、

強行採決される法案に対して反対デモが多人数で行われるのは国民の意思表示の一部として有効だと。
日本だけじゃなく、世界のメディアが今回の法案に対して日本国民がどう反応しているか報道している。

国の未来を大きく変える法案がこんな形で可決されていくのは民主国家として望ましい形ではない。
気象庁が熱中症に注意喚起するほどの暑さの中、最後まで諦めない人たちに敬意を表します。
一方で今、デモに参加している人たちの何%が前回の選挙に参加していないか、と思う。

国が国民の意思を無視して行動するとき、デモが起きるのは当然のこと。
諸外国と違い日本では国策に対する大きな反対デモは多くなかった。
しかし、再稼働反対、秘密保護法、安保関連法案と今までとは違う若者や主婦層が反対のデモに参加している。
それだけ国が岐路に立ち、国民も国の方向性に関心を持ち始めたという結果だと思う。

意思表示のデモも大切だが、国のルールとして一票を投じれる選挙で意思表示をすることがとても大切。
まだ終わっていないが、同じ過ちを繰り返さない為に、選挙での意思表示を大切にしたいと思う。

そして、その選挙で投票する為の情報を流すメディアが良いところも悪いところも情報を流していくのが大切。
大元の情報が偏っていたら選挙結果も偏ったものになってしまう。
こんな時代だからこそ、メディアの役割は大きいと思う。

久保田ショップ





写真展の準備、箱根湯本ホテル

2015年07月13日 07:30

8月1日から箱根湯本ホテルで開催予定の写真展の準備。
写真のもちを考え、バックシートを貼ることにしたが、これがなかなか手間のかかる作業。
IMG_0668.jpg
ダーツ仲間のヒトロとリョウが手伝ってくれた。
一人で作業をすると二本の手しか使えないが二人でやれば四本の手が使える。
作業にかかる時間は半分ではなく、四分の一くらいに短縮できる。
IMG_0717.jpg
ヒロトは細やかな性格、リョウは大胆でグイグイ行く性格。
この二人のコンビが最高。
細かい部分を気にしだすと全然作業がすすまなくなってしまう。
IMG_0718.jpg
「夫婦のような二人の共同作業が最高だね〜」と僕が言うと「あなた!」と冗談をいいながらヒロトの手を握るリョウ。
冗談ばかり言いながらの作業だが、そのクオリティーはとても高い。

ヒロトが手伝ってくれるのは二回目。
フレームに入れるときの写真の位置のミリ単位で写真のイメージが変わってくることさえ理解してくれている。
カメラマンになりたい!と写真学校を卒業して我が家に来てくれたカメラマン志望の子よりセンスがある。

ふと気がつけば午前3時過ぎまで作業を続けてしまった。
一回り以上年下の二人だが、僕のことを久保田さんではなくPちゃんと呼んでくれる。
こんな仲間がいてくれることがとても嬉しい。
そして、この二人は箱根に連れて行ってあげようと思う。
自分が作った写真が展示されている、その感動をあじあわせてあげるために。

久保田ショップ



刈羽村ラピカでの写真展

2015年07月12日 13:13

刈羽村ラピカでの写真展、開催中。
w0677.jpg
ラピカの人からメールが来た。
久保田弘信様

「先日はお忙しい中、お越しいただき、ありがとうございました。
小学生・中学生が授業として写真展を見学することが
決定しましたので、お知らせします。」

刈羽小学校6年生と刈羽中学校1年生が写真展に来てくれるらしい。
海外の映像に触れる機会が少ない日本の子供たちに世界の子供たちの笑顔を見てもらえるのがとても嬉しい。

僕の写真展はこのところ地方都市ばかりで開催していて、関東お友人たちからは「関東でやらないの〜」って言われていた。
朗報。
箱根にある湯本ホテルで8月1日から写真展開催が決定しました。
詳細はまだ打ち合わせ中ですが、速報です。
ベーカリーの手作りパンがとても美味しい湯本ホテル。
会期は多分一ヶ月くらいかと思います。
東京から日帰りでもいける箱根。
温泉に入って一泊してもらうのが理想ですが、、是非お越しください。

詳細決まり次第、またご報告します。

久保田ショップ



新潟、刈羽村ラピカでの写真展

2015年07月08日 23:30

新潟、刈羽村での写真展が始まった。
会期中に一度行けたらいいな〜!と思っていたら、某企業の副会長さんが日帰りで写真を見に行ってくれるというので、ご一緒させてもらった。

午前6時に八王子を出て、関越道をひた走り、ちょうど開館時間から少し経った頃にラピカに到着した。
ホームページで確認してはいたが、とっても大きく立派な施設。
これは写真展会場を探すのに人に聞かなきゃダメだな〜!と思いつつ入館すると入り口に大きく写真展の看板があった。
IMG_0682.jpg
館内にはあちこちに写真展会場への案内があり、迷わず会場へ行くことができる。
ラピカの写真展に対する情熱を感じる。
IMG_0681.jpg
会場の入り口。
僕の写真だけが待ち受けているかと思いきや、ボランティアの方が会場にいてくれた。
IMG_0678.jpg
図書館らしく、アフガニスタンやイラクの地図、歴史年表が用意されていて、写真と共に現地を理解できるようになっている。
IMG_0680.jpg
平日、しかも開館したばかりの写真展会場には地元のおば様方が来場してくれていて、熱心に写真を見てくれていた。
一人の写真家をして、一番嬉しい瞬間だ。

土壇場まで行けるかどうか分からなくて、ラピカの人にも連絡さえしていなかった。
来場してくれていた一人のおば様。
「娘がいい写真展示してあるから是非見てるといいよ」って勧めるから来てくれたそうだ。
よくよく聞けば、娘さんは図書館の司書さんで、長野の小さな絵本美術館でで僕の写真を見てくれてラピカでも是非やりたいと開催を提案してくれた人だった。
ちょうどお休みの日だったが、お家がご近所ということでラピカに駆けつけてくれて、ご挨拶することができた。

新潟市からはるばる写真を見に来てくれたご婦人とも会うことができた。
多くの人の力で写真展が開催できていることに改めて感謝する。
時間が許すなら会期中ずっと会場にいたいくらいだ。

どうしても大都市で開催されがちな写真展、僕は地方都市の人々に見てもらいたいと思う。
そう、東京や名古屋や大阪へ行かなくても地元で開催していたらちょっと足を運んでみようかな。
そんな気持ちで見てもらえたらありがたい。

写真展はものすごくお金がかかる。
写真のプリント、額装を考えると一点一万円ほど。
しかし一度写真を作ってしまえば、大切に扱うことが必須だが、あちこち貸し出すことができる。
その量も半端でなく、一部屋が埋まってしまう。

現在は名古屋の友人が写真を預かっていてくれて、僕が日本にいない時でも貸し出しの手続きをしてくれている。
ちょび、報道写真事務局

ラピカの司書さんは「写真集からでは感じられない圧倒的な質感、現地の子供たちの息吹が感じられますよね〜」と言ってくれた。
色々なきっかけと多くの人の力で写真展が開催できる。
これからも日本のあちこちで写真展を開催していきたいと思っています。

年内に、、箱根で写真展が開催できそうな感じです。
確定したら、また報告させてもらいます。


久保田ショップ




優しい日曜日

2015年07月05日 10:10

富山へ飛ぶため、羽田空港に向かう。
日曜日なのにかなり混雑の新宿駅。

一人のご婦人が重そうにスーツケースを抱え階段を降りてくる。
ふらふらしてちょっと危なそう。

一人の紳士が駆け寄り、お手伝いしますよ!

平日だと、困っている人を押しのけるように人が進む新宿駅。
お年寄りや障害を持った人に優しくない新宿。

休日の新宿駅は優しかった。

何故かありがとう!って呟いた自分が可笑しくて、にやけてしまった。

久保田ショップ





懐かしい国境写真。

2015年07月04日 05:58

病院の待ち時間、膨大な写真データからとある写真を探していた。
と、目的とは違う懐かしい写真を発見した。
11692674_10207313011889634_5790888869211478148_n.jpg
国境の写真。

仕事柄、あちこちの国境を訪れたが、こんな国境は初めてだった。
田んぼの中、僕の横にある石が国境の印。
監視小屋があったが、人は誰もいなかった。

バングラデシュとインドの国境。
バングラデシュを訪れてもフェニに行く機会はほとんどないだろう。
僕はたまたま友人がいたので訪れた。
そして友人の案内で田んぼの中の国境へ行くことができた。
30メートル程先には道路があり、自転車が走っている。そこはもうインド。

地元の人たちは普通に行き来しているようだ。
近くにある正規の国境へ行ってみた。
ベンガル語を自由に使いこなす友人のおかげで、国境検問所でお茶をご馳走になる。
本当はシビアなんだろうが、友人のおかげで国境の写真も撮り放題。

本来インドに行くにはビザが必要だが、国境のおじさんは行ってきていいよ〜!って
さすが、バングラデシュ。

僕一人だったら、フェニには行かないだろうし、のどかな国境を見ることもなかっただろう。
世界中で、それぞれの国にいる友人たちにお世話になっている。
いつも思う。
助けてくれる友人がいなければ取材は成立しない。
ありがたき友たち。


久保田ショップ





刈羽村ラピカ図書館にて写真展開催

2015年07月01日 01:18

新潟県刈羽村の刈羽村ラピカ図書館にて写真展開催を開催します。
昨年、長野県の小さな絵本美術館での写真展からのご縁。

刈羽村ラピカ図書館

7月4日〜7月20日まで。09:30〜17:00(会期中休館日なし)

一口に新潟県と言ってもとても広いですが、県内の人、近隣の人、是非足を運んでみてください。

美術展や写真展など、どうしても大都市での開催が多くなりがち、僕としては地方都市で写真展を開催できるのは
とても嬉しい。

僕も訪れたことがない刈羽村。
会期中に足を運んでみたいと思う。


久保田ショップ


最新記事