母校、岐阜県立大垣東高等学校での講演。

2015年05月31日 22:11

母校での講演は今回が3度目。
3度目の正直ということで、今回は全校生徒を対象に体育館での講演。
w0544.jpg
講演を企画してくれた柏瀬先生、このご時世教育機関での講演は難しい中、なんの制約も設けず好きに講演させてくれた校長先生に感謝。
w0545.jpg
母校は僕が在学していた頃と殆ど変わることなく、懐かしい雰囲気をあじあわせてもらった。
渡り廊下のすぐ横の教室で真面目に勉強せず、外を眺めていた高校生時代を思い出す。

大垣市内でも有数の進学高である東高。
しかし、文武両道ですべての生徒が必ず何かの部活に属することを求める学校だった。
350人近い生徒数の中、お勉強ランキングは280番前後。
理系を目指す僕としてはかなりきついレヴェル。

当時の先生方からも「劣等生」のレッテルを貼られていた僕。
そんな僕でもなんとか大学へ行け、教育実習も無事こなし。
カメラマンとして写真集も出し、ジャーナリストとして最前線に赴くことまでできた。

母校の後輩たちには優等生で何でもできた「先輩」がみなさんの前で講演しているんじゃなくて、本当に劣等生で、こんな講演の後に質問ありますか?って聞かれたら下を向いて絶対に手を挙げない生徒だったと話した。

何の取り柄もなく、宿題もちゃんとやらず、進路を心配される生徒だったと。

僕の唯一の取り柄は諦めが悪かったこと、偏差値低くてもどうしても物理学を勉強したかった。
写真の専門学校に行っていなくてもカメラマンになりたかった。
英語も完璧じゃないけど、世界のこと取材したかった。

晴天すぎるくらい晴天での講演。
体育館に3学年1000人近い人が入ればサウナのような暑さ。
昨年訪れたイラクでは50度近い灼熱の中テント暮らしをしている難民を取材した。
「この体育館は暑いですが、イラクはもっと暑かったですよ」と現地の写真を見せた。

集中して話を聞いてもらうには決していいコンディションではなかったが、下を向いたり寝ている生徒はいなかった。

災い転じて福となす。
僕のノートパソコンのパワーポイントの調子が悪いので、学校のノートパソコンをお借りしてパワーポイントを使う予定!が、動画を見終え、パワーポイントを操作しようとするとパソコンがフリーズしていた。
担当の先生に診てもらっている間、話をつなぐが、動画を受けての話はあっと言う間に終了。
さて、さてどうしよう。
「みんな高校生だし、先生よりパソコン詳しい人いるんじゃない?誰かなおしてよ〜」と会場に問いかけると、僕の正面の3年生が一人の生徒の方をみる。
やっぱりエキスパートがいるんだ。

なかなか治らないパソコン。
しかたなく僕は奥の手を使い、渡部陽一君の話を持ち出した。
盛り上がる会場。
「ちょっと待って、僕だって笑っていいとも出たし、東高のウィキペディアに名前載っとるんで〜」
パソコンが治るまでの時間、この雑談のおかげで会場が僕に集中してくれた。

校長先生が講演前に「我が校の子たちも最近の子と同じで大人しくて、質問はでないかもしれません」と話していたが、3年生の一人の質問を皮切りに質問時間を延長するほど多くの質問が出た。
さすが我が母校の後輩たち。と僕が後輩たちを誇りに思える瞬間だった。

間違いなく色々と悩む年頃。
こんな「劣等生」でさえ母校に凱旋講演ができるんですよ!
諦めなければ!
教員になりたかった僕、全く違う立場で高校生に何かを伝えられる機会をもらえたこと、とても嬉しく思う。

久保田ショップ

スポンサーサイト

母校、教育実習、教え子

2015年05月28日 14:59

青春の学び舎、岐阜県立大垣東高等学校。
w_0549.jpg
そこそこの進学高でありながら、全然お勉強ができない僕は350人近い同級生の中で280番くらいをウロウロしていた。

そんな僕が教員になるために母校へ教育実習に行ったのも遠い昔のこと。
現役時代も教育実習中も硬式テニスばかりやっていた。
教育実習中は毎日放課後部活に出ていた。
教育実習時の教務主任は僕が現役時代にお世話になった英語の先生。
放課後呼び出された僕は「久保田くん、教育実習中は忙しいから部活は2回だけでればいい、授業に専念しなさい」と指導をくらってしまった。

今思うと何故「はいわかりました」と言えなかったのか不思議だが、僕は教務主任の先生に向かって
「僕の授業に問題があったら言ってください、その時は部活に行くのやめます」と啖呵を切ってしまった。
温厚な先生の顔が少し赤らんだような、血管が浮き出たような記憶がある。

言ったからにはやるしかない。連日睡眠時間2〜3時間で部活も授業も完璧を目指した。
実習中の僕の授業が完璧であった筈はない。
それでも教務主任の先生は「部活をやめなさい!」と二度と言わなかった。

そんな母校から講演の依頼があって、校長室に入ると現役時代、教育実習でお世話になった先生が校長先生として僕を迎え入れてくれた。
「いや〜久保田先生、お忙しい中よくお越しくださいました」
先生〜!やめてくださいよ、高校生の時からお世話になっている先生に「先生」なんて言われちゃ困ります。
「そうですね〜久保田さん、教育実習の時をよく覚えていますよ。ものすごく元気がいい学生が来たと思っていました」と言われた。

まったくもって、若気の至りとはいえ、顔から火が出る思いだった。

時は経ち、本年度、また母校からの講演依頼が来た。
その前日、教育実習時代のテニス部の教え子達と再会し、一杯やることになった。
w0542.jpg
岐阜市内であった講演会に桐山君が来てくれたのがきっかけだった。
大垣駅の階段したで待っていてくれた堀江君、何十年も会っていないのにすぐに彼を分かった。

たった2週間の教育実習なのに久保ちゃんとは深かったよね〜
そうそう、普通じゃない浮いた教育実習生だった〜

確かに!教育実習とは紺のスーツに白のワイシャツが定番。
僕は、グレーやベージュのスーツにピンクのストライプのシャツ。
今では考えられないくらいの傾奇者だった。

しかし、散々引っ掻き回した教育実習だったが、その評価は高く、卒業時埼玉の高等学校へ教員としての推薦がきていた。

僕の記憶の中にあるテニス部の連中もちょっと悪い連中ばかりだ。
そんな彼ら二人とも三児の父。
あっと言う間に僕の先輩になってしまった。
やんちゃだった彼らが大人の自覚をもっているのに、未だ大人の自覚がない僕はちょっと、かなり出遅れたことを感じる。
いつの日か僕が結婚して、子育に悩んだら彼らに相談するかもしれない。
それでいいと思う。僕が経験してないこと経験している先輩だから。

久保ちゃん明日講演何時から?
そっか〜お昼過ぎなら朝まで飲んでも大丈夫だよね〜?
おいおい!
僕は大人の自覚を見せて、てっぺんくらいでおひらきにした。


久保田ショップ




仙台空港

2015年05月24日 10:59

人生初の仙台空港。
仙台は何度も訪れた事があるが、空港に来るのは初めて。
飛行機好きな僕だけど、東京からだと新幹線になってしまう。
今回、仙台での撮影を終え、東京を経由せず直接名古屋に行くので飛行機にした。
本当はフェリーで行きたかったのだが、フェリーターミナルに行く公共交通機関がないとのことで飛行機にした。
IMG_0524.jpg
前回利用した旧小牧空港もそうだが、いろんなキャラクターがあって面白い。
仙台の友人は今日、息子さんのサッカーだそうでお見送りなしだが、もし彼がいたら、間違いなく使ったであろう面白いものが仙台空港にあった。
IMG_0526.jpg
他の空港でガラス越しに手話で会話した事が何度もあるが、仙台空港ならガラス越しにに直接お話しができる。
遠距離恋愛のお別れシーンなど情緒的だが、僕と友人だとギャグにしかならないだろうな〜!
なんて想像しながら写真を撮った。
仙台は大都市でありながら田舎の良さを持った都市。
越冬さえできれば仙台移住も良いな〜!と真剣に思う都市だ。

久保田ショップ



原稿は夜書く

2015年05月19日 05:53

原稿は夜書く。
昼に書いた原稿も読み直して最終形にするのは殆どが夜。
夜の方が集中できて書きやすいから。

夜には街のノイズが消える。
完全防音のお家ならいざ知らず、我が家は窓を閉めていても外のノイズが入ってくる。
そして夜には誘惑がない。

しかし、デメリットも多い。
集中して原稿を書いた後は頭が冴えてしまい眠れなくなる。
そう午前五時半を回った今がその状態。

原稿を書き終えたご褒美に珍しく一人ワイン。
どれにしようか迷ったあげく、バングラデシュの取材でお世話になった友を思いブラジルのメルローにしてみた。
w_0510.jpg
グラス一杯か二杯が限界なので、翌日以降もヘタレそうにないワインを選んでみた。

イラク戦争を振り返る第一回の原稿を書いてから、なかなか続きが書けなかった。
そうこうする間にイスラム国騒動になり、イスラム国関連の原稿を書いた。
その後も筆が進まず、先にバングラデシュの原稿を書いたりしていた。

近々のシリアやイラクの原稿が書けるのに10年も前のイラクの原稿が書けないのは何故だろう。
ずっと考えていた。

多分、思い出したくないのだと思う。
近々のシリアやイラクでの恐怖や悲しみは脳の表層にただよっていていつでもつかむ事ができる。
でも10年以上前のイラク戦争の事はかさぶたの奥に隠れていて、剥がさなければつかめない。
無意識だったけど、思い出したくなかったようだ。

japan-indepthにイラクの記事を書いて、つづく!としたのが1月13日。
続編を書くのに4ヶ月もかかってしまった。

あの戦争で散っていった友たち。
彼らが今のイラクを見たら「何のために俺たちは戦ったんだ?」と叫び出すだろう。
そんなイラクを国際社会が作りだしてしまった。

そんなイラクになってしまった事を多くの日本人は知らない。
大手メディアがもう伝えないから。

僕はまだ生きているから。
4ヶ月もかかってしまったけど、書き続けますよ。
ね!

久保田ショップ



バングラデシュの記事japan-indepth(ファイナル)

2015年05月19日 04:46

3回にわたってバングラデシュの記事を書かせてもらった。
japan-indepthの一番の魅力は現在進行形でなくても、世の中の関心が薄くページビューが少ないと予想されそうな記事でもアップしてくれるとこ。

日本の誰もがその国の名前を知っているが、実はどんな国はあまり知られていないバングラデシュ。
最終回はバングラデシュの多民族、多宗教の不思議さについて書かせたもらった。
【他宗教、他民族の国バングラデシュ】~世界の紛争を解決するヒントがそこにある~
本文中には書ききれなかったが、僕の友人家庭はお父さんイスラム教徒、お姉さんヒンドゥー教徒、弟はキリスト教に改宗したばかり、そんな不思議な家庭だったりする。
せっかくなので本文で紹介しきれなかった写真を
IMG_7114.jpg
いかにもバングラデシュらしい写真
IMG_7086.jpg
バングラデシュには世界遺産もあります。

アフガニスタンやイラクに比べたら訪れた数が少ないバングラデシュ。
それでも深い部分を目の当たりにできたのは現地の友人たちのおかげ。
僕の取材に協力してくれた仲間たちに感謝。

久保田ショップ


頂いた包丁

2015年05月16日 19:44

新宿で仕事の打ち合わせをしながら一杯やった。
場所はゆいまーるという美味しい海産物を食べさせてくれるお店。

この時期しか食べられない貝の話から「しどけ(モミジガサ)」という山菜の話になった。
「ちょどうちにありますよ」とお浸しを出してくれた。
そんな会話から「この前釣ったイワナ持ってきたらよかったな〜。僕魚釣るし魚さばくの好きなんですよ」
「我が家には刃物の町関でかった出刃包丁もあるんですよ。でも柳刃包丁はないんですが。笑!」

お店の人が「これちょっと曲がっちゃっていてもう使わないからあげますよ!と使い込んだ柳刃包丁をくれた」
IMG_0504.jpg
丁寧に新聞紙に包んでくれた。
IMG_0503.jpg
が、僕が持っていたビジネスバッグから少しはみ出る。
満員電車で帰って職質されたらどうしよ〜。銃刀法所持で捕まっちゃうかも。
お店の人が「この店の人にもらったって言ったらいいですよ」と名刺をくれた。

まだ訪れたのが2回目なのに。。
タダで頂くのは心苦しいのでバッグに入っていた DVDをプレゼントしてきた。

終電ギリギリまで泡盛をしこたま飲んで、地元の最寄駅に到着。
飲みの席ながら、真面目に世界の事を話したせいもあって、程よい気候の中ちょっと回り道して帰りたくなってしまった。
近所でありながら通った事ない道
IMG_0502_20150516191229834.jpg
カーブミラーに写る自分がなんだか面白くて写メ。
午前1時過ぎに明らかに怪しい。
この時僕は刃渡30センチ近い包丁を所持している事をすっかり忘れていた。
通れそうな道が行き止まりだったりして通常の3倍ほどかけて帰宅。
お家に着いて包丁を持っていた事に気がつき、職質されなくて良かった〜!と胸をなでおろした僕。

久保田ショップ



安保法制閣議決定

2015年05月14日 18:45

戦後70年をむかえる日本の大きな分岐点がやってきた。
安保法制が閣議決定された。
18時から会見が開かれるということでテレビ各局は中継の準備。

夕方ニュースの担当者と政治部は大忙しの一日だと思う。
TBSと日テレは首相の会見を冒頭から生中継。
テレ朝は中継するも途中でCM入り。
ちょっとビックリなのはフジテレビは全く違う特集をやっていた。
安藤さんがいても同じだったかと思う。
ここでもテレ東は独自路線でたまごっち。

TBSと日テレはほぼ同じタイミングでCM入り
TBSは官邸前から会見の趣旨をボードに書きながら中継。
ここでも安保法制に反対するデモと思われる声が聞こえるが、そこにカメラは向かない。

今日と言う日に官邸前に行っていない僕が悪いのだが。。
と、ここまで書いて、1830から安保法制に関する詳しいニュースをやります。
と宣言していたTBSがCM入り前に反対のデモをしている人達の映像を流した。

CMあけTBSは反対のデモをする人達の映像とインタビューをながした。


日本だけでなく世界に大きな影響を及ぼす法案。
国内にも賛否両論があることを伝えてほしい。

世界平和への「責任』という言葉。
日本が果たす「責任』とな何なんだろう。
武力には武力。
日本を守るのは大切だが、不戦を誓った日本ならではの方法を模索してほしい。

ジャーナリストとして戦地を取材するとき、僕は勿論武装しない。
防弾チョッキですらシリアとイラクで3回使用しただけ。
性善説で行きたいが、これほどまでにジャーナリストの誘拐や殺害が増えて来ると自分自身は武装しないが、
警備をつける必要性もでてくる。
しかし、警備をつける時点で相手に対して戦闘意欲があると思われる。
そしてお金もないので警備はつけない。

個人も国も同じような状況かと思う。
アジア地域の領土問題を含む緊張感。
今までの中途半端な安全保障では国を守れないという意見もわかる気がする。
かといって、いざという時には戦いますよ!と宣言する事がますますの緊張を生む事にもなる。
自分の事として、日本の事として、日本人みんなで考えて意見を出すのが大切。

久保田ショップ




アフガニスタン、イラクのDVDたち

2015年05月13日 15:14

現地を取材してテレビで使ってもらえた映像は全体の数パーセントでしかない。
膨大な映像を見てもらうことなく眠らせておくのは勿体ないと思いDVDを作った。
同業者の綿井氏は映画をつくってしまった!
さすがに映画を作るほどの能力がない僕はDVDが精一杯。
IMG_0497.jpg
最新のシリアのDVDを含め4作あるのだが、イラク戦争の後半部分を画いたイラクDVD2005年バージョンが売り切れになってしまった。
一部くらい自分用にキープしておけば良かったのだが、ふと気がつけば在庫0。
一番最初に作ったDVDはまだ結構在庫がある。
その秘密は、、イラクDVD2005年バージョンには有名になる前の渡部陽一君が出演している。
渡部君の人気は絶大なもので、講演会の会場やネットショップでも渡部君が出ているDVDが先に売れていく。

写真集もイラクとアフガニスタンの写真集を作ったのだが、出版社が倒産してしまったためイラクの写真集は絶版状態。
アフガニスタンの写真集はあたらに違う出版社で作ることができた。
イラクの写真集も、、近年の取材分まで入れて新しく作りたいと思っている。

先日、久保田のショップから3つのDVDを一気に購入してくれた人がいた。
僕個人としては一番取材がながかったアフガニスタンのDVDが大好きですが、現存する3つのDVDはそれぞれ違った視点、違ったテイストで作られているので比較してみて頂ければ幸いです。

amazon久保田弘信

新製品がなかなか増えない久保田ショップ

久保田弘信の作品ショップ

バングラディッシュの記事japan-indepth

2015年05月12日 15:21

japan-indepthにバングラディッシュの記事を書かせてもらった。
japan-indepthは日本のメディアが一時だけ注目する記事じゃなくても扱ってくれるからありがたい。
次世代のメディアはやはりインターネットメディアから生まれてくると思う。

[久保田弘信]【変貌遂げるアジア最貧国バングラデシュ】~経済発展で格差拡大も~

限られたページの中で伝えられることはどうしても限定されてくる。
裏話を含め、ブログで補足したい。
こんな時、ブログも活躍する。

w1761.jpg
記事内でふれたようにバングラディッシュは急速な経済発展を続けている。
この数年だけでも高級車が増え、ダッカの街中の渋滞は酷くピーク時は自転車はもとより歩いた方が早いくらいの状態になっている。
w1760.jpg
日本でバングラディッシュのニュースが扱われる時は殆どが経済ニュースか台風による被害。
バングラディッシュにはユニクロが進出していて、ダッカ市内に店舗もオープンし始めている。

そんな繁栄するバングラディッシュだが、ダッカ市内にはいくつものスラムが存在し、同じ国とは思えない風景が広がっている。
w5891.jpg
唯一の救いはスラムの子供達がとっても明るいこと。
バングラディッシュの政治はこのところ混迷を続けていて、大きなデモが頻発している。
そんなバングラディッシュ政府だが、教育に関しては日本より優れた面もあり、やる気があればスラムから大学生が誕生することもある。

そして、いつものごとくスラムの床屋を訪れてみた。
w1771.jpg
首都ダッカのボナニ地区。
高級住宅街から数百メートル進むとスラム街が広がっている。
w1780.jpg
トタンで囲われただけのスラムの床屋さんで散髪してもらった。
japan-indepthの記事と合わせて読んでいただければ幸い。
両方とも僕が見たバングラディッシュ。


久保田ショップ

ポチ208000キロ&整備士

2015年05月06日 22:29

208000キロを越えた我が愛車ポチ(RX−8)
僕の友人のダーツ仲間の高校時代の同級生が10年以上乗り続けて来たポチをピカピカにしてくれた。
IMG_0426.jpg
その時、チェックしてもらったらブレーキパッドがかなり限界。
バイクなら僕でもできるが、車のパッド交換はちょっと自信がない。
ピカピカにしてくれた友人が交換してくれるというので、ローターとパッドを手に入れた。
IMG_0485.jpg
20万キロ以上交換してないローターはよくぞここまで持ちこたえてくれたって感じ
IMG_0487.jpg
数ヶ月まえにサスペンションも限界にきていて、都内の某ショップで交換してもらった。
IMG_0490_201505062216165d3.jpg
そのリンク部分のネジが外れそうな程緩んでいた。
コーナーの度に負荷がかかり、サスペンションが折れたら大事故。
友人曰く、数ヶ月で緩むなんてありえない!間違いなく締め込みが甘かった筈。
もし事故が起きても因果関係を立証するのは難しい。
命を預ける整備士、指名制にしたいくらいだ。
IMG_0491.jpg
長年使い続けたキャリパーは錆び付いていて、ボルトを外すのにも一苦労。
外したボルトの錆をとって研磨して再利用してくれた友人。
普通の車屋さんだったら、パーツ交換必要です!で終わるケースだと思う。
何時間もかけてキャリパーもボルトも再生利用してくれた。
その作業をずっと見守っていると、ますます自分の車に対する愛着もわいてくる。

日本の場合、車検、6ヶ月点検などあって、ドライバーは車屋さんにお任せっきりで、自分の車の細部を見る機会がすくない。
本当にメカが好きな整備士の友人のおかげで自分の車を見つめる事ができた。
友の友に感謝。


久保田ショップ



GWチョビのお墓参り

2015年05月04日 18:35

チョビが他界した翌年の冬、雪の中での墓参り以降、中々墓参りに行けていなかった。
ようやく墓参りに行く機会ができた。
チョビのお墓の場所は秘密。

墓参りの帰りに渓流に立ち寄ってみた。
11123599_706353896140348_611795922_n.jpg
GWでも全く人がいない場所がある。
11165933_706354102806994_286702077_n.jpg
混雑とは無縁の山の中で竿を出し、ヤマメさんをゲット。
11216423_706353459473725_1305054741_n.jpg
遡上する事30程、今度はイワナさんもゲット。
チョビのおかげで、久しぶりに人間界とかけ離れた大自然の中に身を置く事ができた。

久保田ショップ




最新記事