サラーラの街中

2014年12月30日 00:15

遺跡観光を終えた僕たちはサラーラの中心部へ向かった。
w3400.jpg
イスラム圏らしい雰囲気。
w9946.jpg
そこで目立ったのが日本ではなかなかお目にかかれない古いタイプの自転車。
wC3392.jpg
こんな自転車で荷物を運ぶ人が多い。
そんななか高級車も走るサラーラ。

<久保田弘信の作品ショップ

戦場カメラマン渡部君が登場するイラクのDVD有り。残り二枚





スポンサーサイト

サラーラ・アルバリード遺跡

2014年12月24日 17:09

1時間半程歩いて、ようやくアルバリード遺跡に到着した。
僕たちが到着した時には既に遺跡観光を終え、次なる地に向かうピースボートの仲間が沢山いた。

ヒッチハイクを試みる強者や街まで歩くというグループも。
僕たちは比較的涼しい時間にあるけたからいいね〜!と前向きな気持ちで遺跡観光をスタート。
w_8813.jpg
が、しかし、この遺跡広い。
しかも!メインの場所は入り口から遠く、僕たちが歩いて来た遺跡の外れの方。
1時間以上あるいて僕たちにはちょっと辛い。
w3389.jpg
偶然写真好きな4人が集まったので、写真を撮りながらゆっくり遺跡観光。
写真に興味がない人が一緒だと、ゆっくり写真を撮るのに気を遣うが、今回はみんな写真好きだったので、観光のペースが合ってよかった。

すごい!と言う程の感動はなかったが、メンバーに恵まれてずーっと笑顔の観光だった。
遺跡観光を終えた僕たちはいよいよサラーラの中心街に足を向けた。

久保田ショップ


サラーラ・ウォーキング

2014年12月21日 12:04

世界遺産の遺跡を目指し、ひたすら歩く。
道中、なんどか場所を聞くが、みんなそれぞれ教えてくれる場所が違う。

何度も聞きながら、目的地を目指す。
w3377.jpg
朝早くて人がいなかったサラーラも、時間とともに人が街にでてきた。
陽気な地元の若者たちと出会う。
w8797.jpg
ピースボートの仲間と一緒にいたので、記念写真を一枚撮影してもたった。


久保田ショップ

次世代メディアへのヒント

2014年12月18日 15:32

mixiに始まり、Twitter、Facebook、Instagramとこの数年で新たなネットワークツールが出現してきた。
誰かの言葉をRetweetしたり、誰かの言葉や写真をシェアする事によってねずみ算的に情報が広がる。
「拡散希望」と言う言葉も出て来た。

LINEはあまり使う必要がないと思っていたが、長年愛用したガラケーを卒業してiPhone6にして、LINEを設定したら、アドレスブックに入っていて長年連絡を取っていなかったテレ朝のスタッフとつながる事ができた。
そして、LINE Payなるものが始まり、決済手数料0円の時代がやってきた。

僕自身もネット上にショップを開設しているので、振り込み手数料を考えるとLINE Payはかなり使えそうな気がする。
久保田ショップ

そして、昨晩Wiper Messengerなるものが友人から紹介されてきた。
最近のアプリの特徴で、使い始めた時にアドレスへのアクセスを許可しますか?と聞いて来る。
あれこれyesで進むと、自分の友人達にWiper Messengerが紹介され、一気にユーザーが増える事になる。
Wiper Messengerの特徴の一つにYouTubeの動画をシェアしやすい機能がある。
試しに、僕がYouTubeにアップしている動画を900人程にシェアしてみた。
突然、メッセージが来た人、、ごめんなさい。

僕が今、一番やりたいテレビや雑誌で報道できない情報を発信しようとする次世代メディアの構築。
上記のツールの有効活用がヒントになるかもしれないと思う。

久保田ショップ



オマーン、サラーラ。

2014年12月17日 13:51

世界遺産の遺跡に行く予定が。。タクシーが違う場所で降ろしてくれたらしい。
タクシーが止まった場所で、「まっすぐ行ったら目的地だから。。」と言われたが、海しかなかった。

これも旅だと4人で歩く。
朝早かったが、徐々に日が昇り始め暑くなる。
水分補給がしたくて、、自販機があるわけもなく、天然の水分補給をする事に
w4628.jpg
これが、結構な量。
みんな水分補給できて満足。
そこで、ナギサが「ココナッツの実って美味しいよね〜」と言いだした。
確かに美味しい。
w8784.jpg
ココナッツの分解作業に入った。
散々やるに任せておいてから、ちょっと貸してみ〜!
っと、近くにあった石をぶつけてココナッツを解体。

迷子になりつつも楽しい旅が始まった。

<久保田弘信の作品ショップ

戦場カメラマン渡部君が登場するイラクのDVD有り





ピースボート、オマーンへGO!

2014年12月12日 12:31

ヨルダン、アカバを出たピースボートは紅海を下り、一路オマーンへ。
中東諸国の中で僕が訪れた事がないオマーン。
ちょっと楽しみ。

早朝、オマーンのサラーラへ到着したピースボート。
港は商業港、シャトルバスでタクシー乗り場へ。

何百人もの観光客が降りて来る、タクシードライバーにとっては稼ぎどころ。
勿論、ぼったくりも出る。
ピースボートのパッセンジャーの中にはかなりボラれた人も、交渉して一日いくらでかなり良い旅をした人も。

僕たちはタクシー二台に分乗して、まずは世界遺産の遺跡へ。
所が、いきなり迷子。
w369.jpg
僕はこの3人と旅をする事になった。
w3373.jpg
朝早いサラーラには人影もなく、ひたすら歩く旅が始まった。

久保田ショップ





ホームページアドレス変更

2014年12月11日 18:28

長年愛用したbiglobeを解約しました。

理由は。。今頃になってADSL回線から光回線に変更したのです。
この仕事やっていて、光じゃないのが不思議なくらいですが、変更に伴う様々な手続きを考えると一歩
踏み出せなかったです。
実際、ホームページの移設にも友人達の力をかりて、ようやくできたくらいでして。
ブログでの情報発信がメインになっている現在、ホーページの価値はかなり低いと言わざるを得ないですが、
取材予定、写真展の予定、講演の予定など、ブログと違ってメインページでいつでも確認できるので、
やはりホームページはホームページで必要だと思っています。

そんな理由でホームページアドレスが変わりました。
現在のアドレスは
久保田弘信のHP
です。

2015年に向けて、新たにパーマネントアドレスを取得する予定です。
上記、アドレスはパーマネントアドレスを取得後も存続予定です。
久保田の予定等は上記でご確認下さい。

追伸:動画編集、ネット系に強いアシスタント募集です。(ギャラは払えませんが、飯くらいごちそうします)

<久保田弘信の作品ショップ

戦場カメラマン渡部君が登場するイラクのDVD有り。残2枚





Facebook&Instagram

2014年12月04日 17:29

ピースボートの中でInstagramのレクチャーがあった。
僕は他のイベントに参加しなければならなくて、殆ど聞けなかったが、Instagramが注目されているのは分かる。

昨日、一日がかりでホームページの移行をしていたので、その合間にInstagramで写真をアップしてみた。
写真は。。腐る程、腐らないのですが、沢山あるので。

InstagramからFacebookやTwitterへのリンクもあるので、とりあえずFacebookだけリンクさせてみた。
Instagramの反応も良いが、Facebookの反応がすごい。

こうやってブログの書くのがばからしくなる程。
写真に解説をつけた長い文章などはブログならではだと思うが、写真一枚と簡単なキャプションならFacebookの方が気軽に見てもらえるようだ。

ブログを書いた時にはFacebookにお知らせが行くように設定してあるが、そこからブログを読んでもらえて、いいね!が付く確率の何十倍ものいいね!がFacebookには付く。

次世代メディアを考える上でFacebookの気軽さ、告知力、伝搬力は無視できない。



アフガニスタンの親友アジーズ

2014年12月03日 20:06

彼と出会ったのは99年か2000年だったと思う。
かれこれ、14年もの付き合い。

アジーズはパキスタンのナッサルバールという難民キャンプで生活していた。
ナッサルバールはもう存在しない。
国連の帰還計画によって取り壊され、今はレギ・モデルタウンとなっている。

ナッサルバールは古い難民キャンプで、GTロードから少し入った場所にある。
しかし、難民キャンプであるため、許可証がないと入れない。
長年の友人に会いに行くのにパキスタン警察が銃を持って同行する。
僕の友人の子供達も銃を持った警察の前でリラックスできる訳がない。

そんな訳で、今だから言える事だけど、許可なく、そのまま友人宅へ行く事になる。
ナッサルバールへ向かうドライブショット
ペシャワールの街となんら変わらないキャンプの雰囲気を見て下さい。

そして、キャンプが壊された後もアフガニスタンに帰る事ができず、家を借りて住むアジーズの家を訪れた。
厳格なアジーズのお父さんが出迎えてくれ、子供達が走り寄って来る。
アジーズの家
今や治安が悪化して訪れる事が難しくなってしまったペシャワール。
アフガニスタンの事、パキスタンの事、動画を見て、ちょっと感じて欲しいと思う。

久保田ショップ




アカバへ帰港

2014年12月02日 20:40

シリア難民キャンプ、パレスティナ難民キャンプ、そして死海を訪れた弾丸ツアーが終わり、
再びアカバに帰って来た。
wC0767.jpg
アカバは泳いで行ける程近い対岸にイスラエルが見える。
w6233.jpg
岸に並ぶ漁船の漁場はどの辺りまでなんだろう?といつも思う。
ピースボートは紅海を下り、次なる目的地スリランカへ向かう。

<久保田弘信の作品ショップ

戦場カメラマン渡部君が登場するイラクのDVD有り。残り3枚







最新記事