八王子 花火大会

2013年07月28日 13:17

我が家の近くで打ち上げられる八王子花火大会。
友人達と現場に向かった。
w6536.jpg
かつて、うちの娘チョビを保護して下さった人にばったり会った。
足の悪いネコちゃんの散歩中だった。
近所のわんちゃんおじさんにも会ったし、今日は出会いの日。

そんなこんなで、会場で花火を見ていると、突然冷たい強風が吹き出した。
空の光も花火と雷と両方。
これは避難した方が良い感じ。
友人は「ピーちゃん危ないですよ〜早く帰りましょう〜」と叫ぶ。
ちょっと待って、せっかくなので花火の写真撮ってからね。
w6546.jpg
今回は防水のコンデジも持って行った。
花火モードで撮影すると。。
w1206.jpg
それなりに写る。(友人が撮影)
本当、プロカメラマンが必要ない時代になってきた。
と、その時友人が「いて〜」と大声。
w1207.jpg
なんと花火の破片が友人を直撃。
今年、あれこれ運が悪い友人。このまま花火を見ていたら雷の直撃を受けそうな雰囲気。
仕方なく我が家へ帰った。
その後、雨はそれほど強くならなく、我が家の二階からも花火を鑑賞する事ができた。

隅田川の花火が30分程で中止になった事を考えれば、八王子の花火は大成功だろう。
そして、花火がもたらしたサプライズはまだまだあった。
花火大会の会場から帰宅すると数年ぶりに友人夫妻が訪ねて来てくれた。
w6590.jpg
我が家に来てくれるのは、、引っ越しの時以来かも。
死の渕から蘇った友人は素敵な奥さんと子供を得、幸せ一杯。
不思議と再会が多い一日だった。


久保田ショップ



スポンサーサイト

THE PAGE ネットニュースの影響力

2013年07月26日 12:15

突然一通のメールが入って来た。
Yahoo!で写真をメインにしたニュースを始める。
立ち上げのカメラマンとして写真を提供してほしい。と
最初は新手の詐欺かと思った。笑!

THE PAGEが始まってはや一ヶ月。
反響は予想を上回る勢いだ。
久保田弘信×シリア
初回は今一番熱いとも言えるシリアの写真。

先日、横浜市立大学での講演にTHE PAGEのスタッフが来てくれて、講演の事を記事下記のようにアップしてくれた。

戦場カメラマン・久保田弘信が見たシリアの現状
 2年にもおよぶシリア内戦。アサド政権の支配に反対する反政府軍(自由シリア軍)の戦いは、ダマスカスやアレッポなどの都市部だけでなく、地方の小さな村までも戦場に巻き込んだ。今年2月と6月、二度にわたってシリア入りした戦場カメラマン・久保田弘信さんが横浜市立大学で講演し、現地の惨状を学生らに訴えた。彼が目の当たりにしたシリアは、どういうものだったのか。(THE PAGE)
[記事全文]

このニュースが配信された日、多くの友人からメールや電話をもらった。
日本の雑誌にシリアの記事が掲載されてもメールや電話は一切なかった。
2月にシリア取材をした時、フジテレビのニュースジャパンが短い特集を組んでくれたが、テレビでさえ反応はなかった。
テレビで反応があったのは「笑っていいとも」だけだ。

テレビや雑誌は見る人は見るが、関心がない人々への情報発信力ではインターネットニュースに軍配が上がるようだ。

誰もが分かっていながら視聴率、発行部数、スポンサーへの配慮で国際ニュースが年々激減している。
THE PAGEは新たなニュース媒体として画で見て分かりやすいニュース配信を目指している。
次世代のニュースとして期待できる。
そして、ネットニュースに触発されて、既存のメディアが再び動き出す事を期待する。

久保田ショップ





アンタクヤのスーク。

2013年07月24日 08:00

アンタクヤのスークは迷路のようで面白い。
方向音痴の僕は毎回違う場所に行ってしまう。それもスークの楽しさ。
5T6C0386.jpg
あれこれ迷っていたら不思議なサンダル屋さんに行き着いた。
5T6C0389.jpg
店主がいかにも怪しい。
よく見ると戦場カメラマンの渡部君にも似ている。
思わず写真を撮ってしまった。



久保田ショップ




防水コンデジ。

2013年07月22日 08:00

プロカメラマンになった時、その前からずっとCanonのカメラを使ってきた。
コンパクトカメラでさえも。
そんな僕が、初めて浮気をした。
w636.jpg
ニコンの防水コンデジを買ってしまった。
コンパクトさ、防水性能を考えるとAW110に勝るカメラを見つけられなかった。
シリア取材、そして、前回ブログの渓流シーンで大活躍。
衝撃に強いのも魅力。



アウトドアライフ

2013年07月19日 08:00

シリア取材の疲れを癒す為に山にこもった。
持って行くのは多少の食料とテント、釣り竿。

取材から帰って来て講演で伝え、現地の事を思う毎日が続くと精神的なダメージが蓄積してしまう。
僕はお酒を飲んで自分を解放できないタイプなので、「生きる」と言う事を実感できる自然の中へ身を投じる。
w0952.jpg
誰もやってこない源流部で釣りをする。
w0957.jpg
今シーズン初のイワナをゲット。
最近防水のコンデジを手に入れたので、釣りのシーンや川の中まで撮影できる。
w0963.jpg
川の近くにテントを張ると水音がうるさい。
ところが、自然の音はいつの間にか子守唄となり、東京にいると不眠症になりがちな僕が熟睡できる。
アフガニスタンの頃、山に入って一週間程出てこなかった事もある。
最近は僕も大人になったので、1日、2日山に入れば一気に回復できるようになってきた。
w1004.jpg
今回はスーパーで買ったトウモロコシと椎茸も焼いてみた。
何もない山奥に入ると「生きる」事の難しさを感じる事ができる。
そして、山奥では何を食べても美味しい。

久保田ショップ


国境なきネコ

2013年07月17日 08:00

ヨルダンのシリア国境に近い街マフラック。
子供達がネコと遊んでいた。
ネコ423
ネコ好きの僕としてはほっておけない状況。
トルコだけでなくヨルダンの子供達もネコ好きなんだ。
6433.jpg
抱かれても少しも嫌がらないネコ。
シリア難民取材に来ているので、ヨルダンの子供達には用はないのだが、ネコ好きは別。
動物を愛する人に悪い人はいない。
なんて思いながら子供達とネコと戯れた。
そして、帰り際にこの子供達がシリアからの難民だと知った。
子供達はお隣の国ヨルダンのネコと仲良くなっていた。
子供や動物に国境なんか関係ない。
様々な利益を考える大人だけが国境を意識する。


久保田ショップ



ムーンライト

2013年07月16日 17:58

トルコ南部の街アンタクヤに滞在している時。
満月に出会った。
w417.jpg
街の夜景と満月がとても綺麗で一枚写真を撮った。
本来なら三脚を使って撮る写真だが、近年デジタルカメラの進化は高感度の撮影を可能にし、夜景でも手持ち撮影ができるようになってきた。
今回使用したのはEOS-5DmarkⅢ。
高感度での撮影でもノイズがでにくく、作品にはできないが、記念写真にするには手持ちで十分夜景を撮影
できる。




名古屋市科学館

2013年07月12日 03:59

7月7日七夕に名古屋で講演をさせてもらった。
七夕だからか、30年ぶりに再会する人から数ヶ月ぶりに再会する人まで多くの人と再会する事ができた。

講演の前に名古屋市科学館を訪れた。
小学校の3年生の頃だったと思う。
科学館に連れて行ってもらい宇宙の構造を展示とプラネタリウムで見た僕は理系に進む事を決め、
中学時代には相対性理論の本を読みあさる少年だった。
大学では物理を学び、卒論はインフレーション宇宙のシミュレーションモデルを作製した。

運命とは過酷で、、大学院に進学する余裕がなくなり、何故か戦場カメラマンになってしまった。
僕の人生を大きく変えた科学館。
プラネタリウムが新しくなったので、一度訪れてみたいと思っていた。
ちょうど、七夕の時期だったので、テーマは織り姫と彦星。スピカとアルクトゥールスの話だった。
展示ルームには長年活躍した古いプラネタリウムの機械が展示してあった。
w0896.jpg
これを見て思い出したが、新しい機械は全然動いていなかった。
この古い機械がぐるぐる回って、最後に朝を迎えるのが好きだったかも。

一通り展示物を見て外に出ると懐かしい機関車が場所を変え、展示してあった。
w0897.jpg
2〜3歳頃だと思うが、機関車の前で立っている僕の白黒写真があった。
これまた運命で、親戚の陰謀で我が家が売られてしまい、、大学生だった僕に送り返してくれればいいのに、僕の大切な思い出は全部捨てられてしまった。
w0898_20130712005329.jpg
僕のまぶたの奥に機関車の前に立つプクっと太った過去の自分の姿がよみがえって来た。
そうそう、母親に抱かれた愛しい白黒写真も、もう見る事はできない。
久しぶりに訪れた科学館は様々な過去を思い出させてくれた。

そんな感傷にふけっていると僕の視界にロケットが入って来た。
w0899.jpg
日本のロケットHⅡーBが展示してあった。
科学館には遠足で来たらしい幼稚園や小学校の子供達が沢山いた。
名古屋近辺の子供達は幸せだと思う。
科学館を訪れ、遊びながら「何故」を思った子供は「宇宙兄弟」やノーベル物理学賞に憧れるかもしれない。


久保田ショップ



横浜ネコ

2013年07月10日 22:58


中華街の入り口近くに一匹の野良猫がいた。
後ろにはネコカフェの看板。
気だてのいい子だった。
この子もネコカフェに入れてあげてほしい。

7月10日横浜市立大学にて講演。

2013年07月09日 13:22

先に訂正とお詫びを
HPに講演案内を出した時、講演場所を横浜国立大学と案内してしまいました。
正しくは「横浜市立大学です」。大変失礼しました。

10日16:20〜横浜市立大学 本校舎303にて講演。
会場:横浜市立大学 
住所:神奈川県横浜市金沢区瀬戸22-2
参加費無料。

シリアで現在おきている事、難民問題等々についてお話します。

ヨルダン料理。

2013年07月09日 10:41

今回ヨルダンで食した料理で一番感動したのは、何故かモロヘイヤのスープ。
DSCN0550.jpg
もモロヘイヤは、、決して好きな食材でななかったのだが、JICAの人がモロヘイヤのスープ美味しいですよ!
と勧めてくれたので、トライしてみた。
ちょっと感動のお味。
イラクでブロッコリーを克服した僕。ヨルダンでモロヘイヤも好きになった。
また飲んでみたいと思った僕は「アラビア語でモロヘイヤってなんて言うんですか?」と聞いた。
モロヘイヤですよ!へ?
モロヘイヤってエジプトあたりで初めて採れた食材で原語はアラビア語らしい。
知らなかった。
DSCN0552.jpg
勿論、メインディッシュでのお気に入りもあります。
「マックルーベ」ひっくり返すという意味らしい。
鍋でご飯と鶏肉を炊いて、最後にひっくり返して食卓に。
野菜と鶏肉のエキスがご飯にしみ込んでいて美味しい。
かつてヨルダンを訪れた時は全く知らなかった郷土料理。


久保田ショップ



名古屋講演&写真展。

2013年07月07日 11:45

七夕!今日の名古屋は快晴。
朝からギャラリーに写真を見に来てくれる人がいる。
久しぶりの写真展。
写真を見て、何かを感じてくれる人がいるのはとても嬉しい。
地元の有志、実行委員会の人が交代で受付をしてくれている。
1003454_10201517583807554_983066946_n.jpg
有り難い事に美女揃い。
969908_10201517821013484_965482692_n.jpg
名古屋近郊にいらっしゃる方は美女目的で来て下さってもOK。
ついでに写真も見て下さい。
そして、お時間あれば14時からの講演も是非。
名古屋、地下鉄名城線、東別院駅すぐ。

名古屋講演

2013年07月06日 18:20

明日はいよいよ名古屋での講演。
東別院ホールにて14:00〜16:00
地元名古屋の新聞各紙が告知記事をだしてくれた。
日曜日だけど、多くの人が来てくれるといいな〜。

今回の講演会と写真展は地元の有志の人達が実行委員会を作って企画してくれた。
それぞれが、仕事を持ちながら一生懸命準備をしてくれた。

僕は、明日、精一杯伝える。



久保田ショップ



ヨルダンネコ。

2013年07月05日 17:06

トルコ同様にヨルダンもネコ天国だった。
首都アンマンのダウンタウンに住むネコ
DSCN0636.jpg
シリア難民の子供もネコを可愛がっていた。
次回紹介します。


久保田ショップ



シリア難民の子供達。

2013年07月04日 08:00

マフラック市内にあるローカルNGOの登録所にシリア難民の人がやってきた。
w6380.jpg
この8人みんな兄弟。
笑顔だったけど、両親は大変だと思う。

久保田ショップ


ローマ劇場。10数年前。

2013年07月03日 17:42

イラク戦争の帰り、アンマンで少しだけ観光をした。
アンマン城を訪れた後、ローマ劇場へ向かった。
IMG_1543.jpg
幸か不幸かイラク戦争反対の集会が開かれていて、一般人は入る事ができなかった。
IMG_1547.jpg
学生達が集まり、盛り上がっていた。
撮影禁止でもいいから入りたいと思った。
IMG_1545.jpg
誰に許可を得たか覚えていないが、入る事を許され、撮影もOK。
若い頃は「ダメ」って言われても諦めない根性があったな〜と思う。



久保田ショップ







サルト観光ラスト。

2013年07月02日 07:00

イスラムとキリスト教が融合した街サルト。
w029.jpg
モスクには珍しく、ステンドグラスが使われている。
w1036.jpg
古い石段を登って行くと教会に行き当たる。
IMG_6526.jpg
素敵な教会。不思議な事に教会内にイスラム教徒がお祈りできるスペースがある。
w1049.jpg
w1041.jpg
w1038.jpg
首都アンマンから近く日帰り観光が可能なサルト。
博物館を訪れると、今回紹介したルート観光の案内が受けられる。



久保田ショップ





最新記事