FC2ブログ

増え続けるシリア難民。

2013年06月02日 03:38

3ヶ月前と比較するとアンタクヤ市内に住むシリア人は相当増えているようだ。
僕が泊まっているホテルのお客さんも8割以上がシリア人。
怪我をした若者に話を聞くとこれまた9割以上がシリアで戦ってきた人だ。

近所のチャイ屋さん。
数日行かなかっただけで新商品の看板ができていた。
w1mage.jpg
「シリア風のファラフェルがあります」
こういう時、アラビア語が分かると見える世界が違うのだと実感する。
今回同行してくれた西君がいなかったら気が付かない事柄だ。
西君曰く、シリアオリジナルのファラフェルより美味しいそうだ。
w2ge.jpg
ファラフェルはひよこ豆のコロッケで作るそうだ。

これだけシリア人が多くなるとシリア人目当ての商売も生まれて来る。
チャイ屋さんは賢いと思う。
そして良く考えたら看板はアラビア語。
地元のトルコ人よりシリア人向けだと看板が物語っている。



久保田ショップ



国境の街キリス。

2013年06月02日 03:36

僕が拠点にしているハタイ県はオフィシャルのボーダーがレンハイルのにあり、
外国人は通れないが地元の人達が行き来する国境がヤイラダにある。

先日レンハイル市内で大規模な自動車爆弾事件が起きたため、ヤイラダの国境もクローズされてしまった。
トルコ政府によると、シリア人の行き来は不可能。外国人及びトルコ人は向こう一ヶ月に限りヤイラダから
トルコに帰ってくる事のみ許されるらしい。

今回、初めて訪れたキリスは昔からシリアと友好的な土地であることから、シリア人、トルコ人、外国人が
国境を行き来できる。
0241.jpg
ジルヴェギョズ同様、キリスの国境検問所もビックリするくらい撮影に寛容だ。
通常国境は撮影禁止。
カメラなんかぶら下げていたらフィルムを取れれたり、データを消去されるものだが、、、
5T6C0248.jpg
キリスの検問所の人は何故か写真を撮ってくれ、というし、僕と一緒に記念写真まで撮ってしまった。
後ろに続く有刺鉄線を見るとなんとも違和感のある写真だ。
パスポートがないシリア人はフェンスを越えて入国してくるよ。と笑顔で話してくれた。
僕が撮影している時もシリア人の家族が来て、奥さんだけパスポートがないからキャンプからシリアに戻れない状態だった。
検問所の人は「急病なら大丈夫だから、そこで調子が悪いと言って証明書をもらって来なさい」とアドバイス。
数分後、戻って来た家族を笑顔で見送っていた。

世の中がこんな人ばかりだったら戦争なんて起きないだろうに。





キリス名物。

2013年06月02日 03:16

せっかくキリスまできたので、お昼ご飯はキリスらしいご飯にしようと言う事になり、
地元のちょっとお洒落なレストランへ。
食するはキリス名物キリスタバ。
5T6C0270.jpg
5T6C0269.jpg
以前アンタクヤのトルコ人宅で頂いた。
本場のキリスタバはかなりスパイシーで美味しい。

が、しかし、折角のキリスタバが熱々ではなく冷めて出て来た。
某NGOのトルコ語を自国語のように使いこなす人がクレームを。
「折角、日本からのお客さんにキリスタバを食べてもらおうと連れて来たのに。。」
謝られるなら分かるが、レストランの人逆切れ。

まあまあ、熱々だったらもっと美味しかったとは思うが、かなり美味でした。
また機会があったら食してみたいです。



久保田ショップ







シリア人学校の給食。

2013年06月01日 07:00

ハタイ県のクルクハン。
日本のNGO難民を助ける会がシリア人の学校をサポートしている。

遠距離から通う子供も多く学校では給食を用意している。
校長先生に給食のシーンを撮影させてほしいとお願いしたが、様々な理由で撮影許可が降りなかった。
シリア難民の事を考えるとセンシティブな事も多く仕方ないと思う。

撮影はダメだけど、給食のシーンを見ますか?と連れて行ってもらった。
そこで校長先生が良かったら食べてみますか?と勧めてくれた。
僕は。。学校給食で牛乳が苦手だったので、牛乳だけはお断りして頂く事にした。
w299.jpg
金属のトレーに給食を盛ってもらうと、写真の女の子がここに座りなさいよ!と手招きしてくれた。
なんとも優しい。
言葉も通じない外国人を自分の隣に招いてくれる。日本人もできるかな〜。
そうそう、給食シーンの撮影許可は降りなかったのだが、僕が食べている記念写真はOKだった。
w2.jpg
お陰様で一人大きな大人が写ってしまっているが、給食のシーンの撮影ができた。
お味は。。僕は煮豆が好きではないが、美味しくて、完食しました。









最新記事