ハマーム

2013年05月31日 07:00

トルコと言えばトルコ風呂(ハマーム)
アンタクヤにもハマームがあり、900年以上前から同じ建物が使われている。
前回、骨折したままハマームに行った。
垢擦りやマッサージの時に左腕折れてるから、優しくね。とお願いした。
僕の左腕は多少の痛みや痺れがあるものの、骨自体はほぼくっついている筈。
人の記憶は凄いと思う。
ハマームに入った途端、左腕に幻痛が走り、腕を伸ばすのが怖くなった。
もうほぼ完治しているから大丈夫だと自分に言い聞かせ歴史あるサウナを堪能する。

石造りの古い建物を見ながら汗をかく。そんな時、夕刻のアザーンが。
なんとも風情を感じる。
さすがに中の撮影は厳しいが、一汗かいた後とハマームの前で記念写真を撮ってみた。
w0392.jpg
w0385.jpg
入場料が10tl。垢擦りとマッサージのフルコースでも30tl。
イスタンブールの観光ハマームと比較すると格段に安い。
ただし、英語は通じません。



久保田ショップ



スポンサーサイト

THE PAGE

2013年05月31日 00:31

今日からYahoo!のTHE PAGE(写真特集)が始まった。
コンセプトは写真で見せるニュース。
日本はフォトジャーナリズムの文化が薄い国だ。

フォトジャーナリストが海外を取材してもその写真を発表する媒体がとても少ない。
アフガニスタン戦争やイラク戦争の頃は海外の出来事を扱ってくれる週刊誌が多かったが、近年激減している。
テレビ、新聞、雑誌という既存のメディアが情報伝達の早さでインターネットに敵わなくなっている。
その結果、視聴率、発行部数が減り、スポンサーの意向を意識した分かりやすいネタばかりが紙面や画面を占めるようになってくる。
アフガニスタン戦争やイラク戦争の頃と比較して現在進行中のシリア内戦のニュースがどれほど少ないことか。

そんな昨今。
インターネットニュースは早さだけでなく、映像の良さを追求するページも作れるのではないだろうか?
そんな想いからTHE PAGEは始まった。
インターネットニュースは日々のトピックを追い、毎日新たなトピックをアップロードしていくのが今までの感覚だ。
THE PAGEは最新のトピックだけでなく、過去のニュースも含めじっくり見、理解できるページを目指していくと思う。
何度もYahoo!の人と打ち合わせをして、ようやく今日立ち上がったTHE PAGE(写真特集)。
取材先のトルコで初ページを見るのは感慨深いものがある。
良かったらブックマークして、これからも見てやって下さい。
THE PAGE
初回はシリア現在取材中のシリア特集です。

イスタンブール、海底トンネル。

2013年05月27日 19:00

イスタンブールではボスポラス海峡を海底トンネルでつなぐ工事が進んでいる。
この工事は日本の円借款事業で行われていて、大成建設が建設工事を受注をしている。
w0100.jpg
アクアラインを作った時と同じシールド工法。
現場の人にお願いして海底トンネル内を取材させてもらった。

つづく



久保田ショップ



ウスキュダルの裏路地

2013年05月27日 07:00

イスタンブールのアジア側は落ち着いた佇まいを見せている。
w0078.jpg
アジア側と言われているが、佇まいはヨーロッパのそれを思わせる。
石畳を歩いていてふと見上げるとそこに街灯があった。
W0079.jpg
道の両側にあるビルとビルの間をワイヤーで吊るした街灯。
強風で落ちたりしないのかな〜と思った。
イスタンブールに住む友人は住んでいるが故に不思議に思わなかったらしい。
海外を旅すると日本ではあり得ない事象に出くわすのが面白い。




やっぱりネコ天国イスタンブール2。

2013年05月26日 19:00

ブログのカテゴリーを海外からネコにしてみた。
本屋さんから子猫が三匹出て来た。
W0080.jpg
今年生まれたばかりの子猫らしい。
W0083.jpg
写真を撮っていると本屋の女性が出て来て子猫を抱かせてくれた。
W0081.jpg
ネコをきっかけにトルコの人と仲良くなれる。
W0082.jpg
子供達を見守るお母さんネコ。
子猫は我が家のチョビと似た柄だった。
image.jpeg
我が家のチョビ


久保田ショップ

トルコの看板。

2013年05月26日 07:00

友人宅に泊めてもらい、ヨーロッパ側への渡し船の港へ歩く。
Y字路に看板があった。
0071.jpg
港への道が真っすぐと左と両方に書いてある。
微妙に船の形が違う。
友人に「左は大きい船で真っすぐいくと小さい船の港なの?」と聞くと。
両方同じですよ。同じ港に着きます。と言われた。
僕が観光客ならこの看板の前で立ち止まって悩み、地元の人に道を聞く事になると思う。
恐るべし、トルコの看板。

釣り好きなイスタンブールの人々。

2013年05月25日 22:53

ヨーロッパ側、アジア側共に港の近くは大勢の人が釣りをしている。
w0107.jpg
釣れるのかな〜?と見ていると目の前で魚が釣れた。
DSCN0104.jpg
DSCN0105.jpg
大量に釣った人はその場で魚を売っていたりする。
趣味と実益。
イスタンブールに住む友人にも釣りを勧めた。

久保田ショップ




やっぱりネコ天国イスタンブール。

2013年05月25日 22:38

二度目のイスタンブール。
あちこちにネコがいて、ネコ好きの僕としてはとても嬉しい。
イスタンブールの人は野良猫に餌をあげるのが普通みたいだ。
夕方になるとあちこちで野良猫ちゃんたちがご飯を食べている。
0070.jpg
日本で野良猫に餌なんかあげようものなら、近所の人から怒られてしまう。
飼い猫もとても自由気まま。
お店の前でだら〜んと伸びて寝ている。
0072.jpg
港の近くにいたネコ。
0091.jpg
地元のおじさんが可愛がっていた。
0090.jpg
やっぱりイスタンブールはネコ天国だ。

久保田ショップ




イスタンブールの海産物。

2013年05月21日 18:00

メトロとフェリーを乗り継いでアジア側に到着した。
時計の針は既に15時を回っていた。
どうりでお腹が空くわけだ。

友人が「お昼ご飯、お肉にします?魚にします?」と聞いてくれたので、迷わず「魚!」と答えた。
前回はイスタンブールで海産物屋さんを見たものの一度も食べる事ができなかった。
DSCN0067.jpg
狭い路地を入っていくと魚屋さんが立ち並び、そのまま奥のレストランで食べる事ができる。
DSCN0065.jpg
友人おすすめのお店に入り、白身魚とサーモンを二人でシェアした。
絶品!
アジア側にウスキュダルなので、滞在したスルタンアホメット辺りよりは物価が安いようだ。
それでもイスタンブールの物価は高いと感じる。
この先、お肉が続きそうなので、最初の贅沢。






イスタンブールのアジアサイド

2013年05月21日 08:00

ボスポラス海峡の両側に広がるトルコらしい風景を楽しみながら短い船旅を楽しむ。
5T6C0012.jpg
10分少々のフェリーの旅が終わり近くになるとウスキュダルの海岸から
200mほどの
ボスポラス海峡上にある
小島に
「乙女の塔」呼ばれる塔が見えて来る。
5T6C0011.jpg
かつて灯台や検疫所として使われていたものが1763年に再建された。
現在ではレストランやカフェが入っていて人々で賑わっている。
いよいよウスキュダル上陸。


久保田ショップ



帰って来たイスタンブール

2013年05月20日 19:00

3ヶ月ぶりのイスタンブールは初夏のような気候。
前回、冬で毎日鉛色の空だったのが、今回は青空が見れる。

そして、前回足を踏み入れる事がなかったアジアサイドへ。
友人の案内で空港からメトロに乗り、エミノニュ駅で降り、そこからフェリーに乗ってウスキュダルへ。
DSCN0055.jpg
香港のスターフェリーのように通勤で使われるフェリーだが、週末なのでお昼過ぎの時間でも込み合っていた。
5T6C0014.jpg
晴天の下海峡を所狭しと大小の船が行き交う。
10分少々の小旅行。

久保田弘信の作品ショップ


庭のお花

2013年05月20日 08:00

お庭に植えた桜の木の隣。
突然草が生えてきた。

とおもったら紫色の花をつけた。
w0036.jpg
どこからやってきた種か。。
我が家に来てくれたのもご縁を思い、毎朝水をあげる。
帰国した頃には花は散ってしまっているだろうが、また来年も咲いてくれそうな気がする。







エティハド航空の機内食。

2013年05月19日 19:00

初めて乗るエティハド航空。
機内食も結構よかった。
日本食のお寿司と洋食が選べたが、僕は敢えて洋食を選んだ。
DSC_0005.jpg
おなじみの細長いお米。
チキンは美味しくて、懐かしい味がした。
ワインを飲みたいとも思ったが、まずはビール。
DSC_0006.jpg
ビールも3種類から選ぶ事ができた。
これまた敢えてちょっと薄味のフォスターを選んでみた。

驚いたのは朝食。
長年飛行機に乗っているが、初めてみそ汁を飲んだ。
美味な雑炊とみそ汁。
DSC_0007.jpg
12時間近いフライトの朝食としては最高のメニューだ。
ユーザーとしてはシートに余裕がある方が有り難い。
が、しかし、あまりにお客さんが少なくてせっかく良い航空会社が撤退してしまうのも心配。
近年エティハド航空が人気なのがわかる



イラク写真集

エティハド航空

2013年05月19日 10:47

エティハド航空は予想以上に快適な航空会社だった。
エコノミークラスでありながUSBポートと電源が確保されている。
DSCN0038.jpg
DSCN0040.jpg
イスタンブールのHISに勤務するトルコ人がトルコ航空よりエティハド航空の方がお勧めです。と言った意味が分かる気がする。 乗客は7割とグランドスタッフが言っていたが、実際は6割くらい。 3シートを確保して眠る。
飛行機に乗る前の緊張感がウソであるかのように落ち着いた気分。


久保田ショップ



テレビ会議、at JICA

2013年05月17日 11:06

フォトジャーナリストという職業柄、普通の人より様々な体験をしている僕。
それでも、このところ初体験が多い。

昨日はテレビ会議なるものを体験した。
相手はなんとヨルダン。
今度取材に訪れるJICAのヨルダン事務所と東京をネット回線でつないで取材地の詳細など打ち合わせをした。
0015.jpg
顔が見えるということはとても大事で、音声だけやメールでの打ち合わせと比較すると格段にお互いの想いを伝えあう事ができる。
1時間以上に及ぶ会議中、映像は殆どブレる事なく高品質の音声と映像で打ち合わせができた。
0013.jpg
東京側のカメラポジションが良くなくて、リモコンで操作するも直らず、最後はマンパワー。
初のビデオ会議でちょっぴり緊張したけど、渡航前に現地事務所の人達とお話できたのはとてもありがたい。
時代の進化に感謝。
90年代には考えるられなかった事だが、現代ではインターネットを使ってリアルタイムに情報を発信できる。

ヨルダンに入ってからの取材の様子も現地のネットを使ってこのブログやTwitterで随時発信していきます。


久保田ショップ



愛娘チョビ!

2013年05月16日 13:32

甘えん坊のチョビ
出張が近くなると何故かより甘えん坊になる。

シャワーを浴びればお風呂の前で待っているし、カメラを用意すればカメラバックに入ろうとする。
普段でも甘えん坊だが、海外出張前となると数倍甘えん坊になる。

多少危険がある取材に向かう時。
チョビの事が気になる。
後ろ髪を引かれるというのはこういう事だろうか。

人はいいんだよね。
一ヶ月で帰って来ると説明すれば分かってくれるから。
チョビは理解できないから、パパとの永遠の別れの時が来たように甘える。
戦場カメラマンに独身が多い訳だ。。。


久保田ショップ


トルコ レイハンル市で爆弾事件。

2013年05月15日 00:00

トルコ南部にあるハタイ県レイハンル市で11日、自動車爆弾事件が起きた。
2台の自動車爆弾が相次いで爆発し、少なくとも46人が死亡、100人以上が負傷と伝えられている。
最新ニュースではトルコの保健相が死者の数が50人になったと明らかにした。

海外のテレビはこの事件をトップニュースとして繰り返し報道している。
さて日本のメディアはどうだろう。

どうも、僕がシリアに行こうとすると爆弾事件が起きる。
前回、シリアに行くとき2月11日にジルヴェギョズ国境検問所において自動車爆弾による爆発事件が発生し、14人が死亡、26人が負傷するという事件が起き、一時国境が閉鎖された。
僕がシリアに向かって飛んだのは2月14日バレンタインデー。

今回、段取りにかなりの時間を要してしまったが、ようやくシリア行きを決めた途端、またもや自動車爆弾事件。
しかも、今回は国境ではなくレイハンル市の街中で起きた。
海外メデイアが伝える映像を見るとかなり大規模な自動車爆弾事件のようだ。

トルコは容疑者を9人拘束している。
アタライ副首相は、犯行グループが「シリア政権の情報機関と接触していた」と断定。関与した人物もほぼ特定されたと述べた。

前回訪れた病院のドクターが僕に話してくれた。
重傷患者で、この病院でも手に負えない時や、手術後により精度の高い治療が必要な場合はトルコの病院に搬送してきたが、搬送する患者が自由シリア軍に関係する人物だとトルコの病院から拉致されたり殺されたりしている。
ハタイにはバシャール・アサドの手の者が沢山いる。と。
これほどの事件が起きるとドクターの話もまんざらではないと思えてくる。

現在トルコには内戦から逃れて来たシリア難民が30万人以上いると言われている。
この事件をきっかけにレイハンルの住民らの間では、シリア人排斥の動きも目立ち始めているらしい。
罪なき人が新たな犠牲者になる事だけは避けたい。

久保田ショップ





餞別

2013年05月13日 23:11

餞別とは。
旅行,転居,転任など長期の離別に当たり,別れの印として贈る金品。〈はなむけ〉ともいう。かつての旅は道中にさまざまな苦難を伴うものであったことから,餞別は単なる別れの印あるいは金銭的援助として贈られるだけでなく,大勢の者の合力によって旅の安全を願う意味も込められていた。

昔からお世話になっている近所のスタジオ。
先の予定で日本にいたら運動会の撮影をお願いしたいと頼まれていた。

海外取材が延びに延びたが、ようやく日程が決まり、運動会の撮影ができなくなってしまった。
電話ですませるのが嫌で直接スタジオに行った。

僕が20代の頃からお世話になっているスタジオスズキさん。
ご夫婦でスタジオをやっていらっしゃる。
僕は。。息子のように可愛がっていただき、いつも野菜やお土産などをもたせてくれる。

ごめんなさい、海外取材決まっちゃいました。と報告に行くと。
「久保田さん、今日は忙しい?」と聞かれ、別段予定はない旨を伝えるとお茶を出してくれた。
「写真業界にあまり未来はないけど、久保田さんは今までやってきた事を大事に今のうちにどんどん海外取材をした方が良いですよ」と言ってくれた。

前回に続き、シリアに行くと告げると、「とにかく無事に帰って来て下さいね」と封筒を差し出してくれた。
え!
「一枚しか入っていませんから、餞別です」。
いつもすいません!ありがとうございます。と受け取らせてもらった。

海外取材は経費がかさむため、赤字になる事が多い。
前回のシリアも多くの人の助けがあってようやく実現した。
毎回、皆さんに助けて下さいとは言いがたく。。

なんて話を後輩(年齢だけ)のフォトジャーナリストに話すと、「僕は恩返しできなくてもいいと思っていますよ、回り回って社会に還元できれば良いと思っています」とかっこいい事を言ってくれた。

応援してくれる人達がいるから、多少の危険があっても自分ができる取材に赴こうと思える。
いつの日か経済的にも恩返しができる日が来る事のを願いつつ。
今は皆さんの応援の手を受け取ります。

良かったら下記の久保田ショップへ


久保田ショップ



カメラマン、写真家、フォトジャーナリスト。

2013年05月11日 23:05

久しぶりに修学旅行で京都、奈良に来ている。 来週には海外取材。 なんとも不思議な感じがする。 修学旅行の生徒に「カメラマンさん儲かっていますか〜?」と突然聞かれた。 もしかして、カメラマンになりたいのかな?と思い。 「いや〜儲からないね〜。日本はまだ良いけど海外の写真は赤字になる事が多いよ」。と答えた。 「実は僕のお父さんカメラマンなんです。お母さんも」。 マジか〜。お父さんって何歳?と聞くと、ほぼ僕と同年代。 夫婦でカメラマンをやっていて無事子供を育て上げている事にちょっぴり安心。 カメラマンにも色々ある。 修学旅行などの撮影をするカメラマン。 スポーツ写真のカメラマン。 広告などの写真を撮るカメラマン。 などなど。 そして稀に戦場カメラマン。 僕はバイトするくらいならカメラマンが良いと思い、上記の全部をやってきた。 もとい、やり続けている。 せんじょう 戦場カメラマンで修学旅行に同行するカメラマンって僕以外にいるかな〜。 学校とういう特殊な環境の人達とおつきあいするのはある面、戦場より大変だと思う。 でも戦場と同様にこの仕事をしていないと経験できない事が経験できるのが嬉しい。 IMG_20130510_124318.jpg 今回は奈良で久しぶりに鹿さんとお話をし。 CA3E0247.jpg ホテルの近く御池通りの裏道で在原業平邸跡を発見した。 振り返ると、ってまだ早いかもしれないけど、我が人生色々あって面白い。 久保田ショップ

ゴールデンウィーク。

2013年05月07日 14:38

海外取材に出る可能性があった。 そうこうするうちに中日に撮影が入ってしまったため、今年のゴールデンウィークは遠出なし。 どこへ行っても混んでいるので、あまりでかけたくない。 しかし、せっかくのお休みなので秋川に釣り&BBQを企画。。したもののGWと言う事で不発に終わる。 今年に入って、というか昨年から一度も釣り竿を握っていないのでみんなが集まらなくても釣りに出かける事にした。 秋川国際マス釣り場に近づくと大渋滞。 さすがGW! 駐車場がそれほど広くないので、駐車場に入る渋滞だろうと思っていたら、係りの人がやってきて 「すいません、駐車場が満車なので、これ以上入場して頂く事ができません」と言われた。 マジか〜!ここまで来たのに〜。 しかし!山支度をしてきた僕は昔、昔カメラマンの先輩に教えてもらった秋川の支流へ向かった。 支流に入ると山梨などの他府県ナンバーの車が沢山停まっていた。 山梨の方が良い川沢山あるのに東京に来るんだ〜。 仕方なくもう一つの支流へ。 車が全然停まっていない。 おかしいな〜と思いつつ進むと崖崩れで通行止めの看板が。 ラッキー!神様のプレゼントだ! 崖崩れじゃあ誰も川に入っていないだろう。 安全な所に車を止め、早速川に入る。 自然!GWなのに鳥の鳴き声と川のせせらぎしか耳に入らない。 GWにこんな自然を独り占めできる場所があるとは。 先行者がいないので、お魚さんもそこそこ元気。 サイズは小さいもののなんとかヤマメをゲット。 1写真 僕はキャッチ&リリースという釣りは好きではないので、釣ったお魚は美味しく頂く。 そして、食べきれない程には釣らないのが信条。 f写真 飴色になるまでじっくり焼き、天然のスモークになったヤマメを頂く。 写真 前回のブログでRX-8の事を書いたが、地上高があるのでこの程度のダートなら余裕。 丘RV車より余程あちこちの林道を走っている僕のRX-8。 釣りBBQが不発、そして秋川国際マス釣り場に入れない。 色々な事があって、どこに行っても人ごみと言われるGWで最高の時間を過ごす事ができた。 久保田ショップ

MAZDA RX−8

2013年05月03日 15:43

僕の愛車RX-8(ポチ)。
あっと言う間に10年の付き合いになる。

発売されて間もない頃購入した。当時はSAなどに停めていると人が見ていたり、
「燃費どうですか?」などと聞かれたりした。
ノーマルの後ろ姿はちょっとおじさん車のように見えてしまう為、MAZDAスピードのGTウイングを搭載。
マフラーはフジツボ。
ホイールは19インチにインチアップしてあるものの、その他は素ノーマル。

切り返しでヨーイングが気になるのでスタビライザーを入れようかと思ったが、ノーマルの足がかなり良いので
そのままに。
IMG_3755.jpg
地上高が意外とあるため山の中やちょっとしたダート道も走れる。
写真は石部の棚田。

そんなRX-8(ポチ)の走行距離がついに18万キロを突破した。
IMG_1172.jpg
185000キロの時は撮影できなかったので、186000キロの時はいつでも撮影できるように準備しておいた。
IMG_1167.jpg
この10年間ポチは殆どNoトラブル。
2年程前にメタライザーを注入したくらいで、エンジンもいまだ元気。
最近、クラッチとフロントサスがちょっとへたってきたが、走行距離を考えたらよく持ちこたえていると思う。
MAZDAさんに表彰してほしいくらいだ。

先日友人がRX-8のミーティングに誘ってくれたが、遠方なのと撮影が入っていた為参加できなかった。
僕のRX-8より走っているRX-8があるのかどうか知りたかった。

残念な事にMAZDAはロータリーエンジンの開発を止めてしまった。
開発を続けていたら、僕のエンジンを進呈したかった。
実験ではなく、実際に10年かけて乗り込んだエンジンは貴重なサンプルになると思う。
ロータリーエンジンは10万キロもたないと言われたのは過去の話。
RX-8に使われているアペックシールは超が付くくらいの優れものだ。

僕の目標はなんとか20万キロまで走る事。
MAZDAさん、20万キロまで走ったら表彰、もいいけど、エンジン一個プレゼントして下さい!
オーバーホールしてでも乗り続けたい!素敵な車だ。


久保田ショップ




鯉のぼり!

2013年05月03日 13:48

近年、子供の日に鯉のぼりを飾る家庭が減って来ている。
お家の中には兜飾りがあるのだろうか。

撮影の帰り、相模川の堤防を走っていると大量の鯉のぼりが見えた。
さすがに、撮影に向かう時に鯉のぼりを撮影する余裕はなかったので、帰りに同じ道を通って撮影した。
HQ2Y9008.jpg
今日から始まるGW後半の為にイベントの用意がされていた。
HQ2Y9005.jpg
青空バックにはならなかったが、なんとかそれっぽい写真。
HQ2Y8990.jpg
最後にアップで撮って鯉のぼりの特徴を見る。
多分、今日、明日、明後日と多くの人がこの場所を訪れると思う。
通りかかって、出店を見つけ、堤防から降りるドライバーも多いのでは。。





コロプラ クマ

2013年05月01日 03:28

世界初の位置ゲームコロプラ。
そのキャラクターのクマ。
そのクマのぬいぐるみが発売されて、、迷いに迷って買ってしまった。
IMG_0012.jpg
今クマさんは僕の旅友として我が愛車RX-8に乗っている。
僕が車から離れるときは脱出の上でお留守番。
車泥棒からポチ(RX-8)を守ってくれている。



久保田弘信の作品ショップ

キヤノン ザ・ゴールドラッシュキャンペーン


最新記事