報道自由度ランキング、日本は53位。

2013年01月31日 02:00

国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)は30日、世界179カ国・地域を対象とした報道の自由度に関するランキングを公表した。
日本は、東日本大震災後の東京電力福島第1原発事故に関する情報アクセスに問題があるなどとして、
前年の22位から53位に急落した。
 イスラム武装勢力が北部を占領しフランスの軍事介入を招いたマリは、2012年春のクーデター後に記者への暴力行為が増えたとして前年の25位から99位に後退。一方、最下位グループ常連だったミャンマーは、民主化への取り組みが評価され169位から151位に、アフガニスタンは150位から128位にランクを上げた。
 エリトリア、北朝鮮、トルクメニスタン、シリアのワースト4は前年と同じ。北朝鮮に関しては「金正恩体制発足後もニュースや情報の完全な統制に変化はない」と厳しい評価を下した。トップ3はフィンランド、オランダ、ノルウェーで、上位のほとんどを欧州諸国が占めた。 (時事通信)

179カ国中53位という結果を日本人はどう受け止めるだろう。
日本は中国に抜かれても世界有数の経済大国で、様々な権利が確保された自由の国だと多くの日本人が思っているのではないだろうか。
日本は世界のあちこちにあるような独裁国家でもなく言論の自由、報道の自由は確保されている。
そう思われてきた。
マスコミに対する妄信さえある日本だが、震災を契機に驚く程権力に癒着し、本来流すべき情報を隠蔽している事が発覚してしまった。

それは国際報道の現場でも同じで、国内の事例と違って偏った報道があっても一般の人達が気がつかないだけだ。
国家間の関係、スポンサーの関係、様々な条件で伝えるべき事も伝えられなかったり、一方的な方法で伝えられたりしてきた。

昨晩、海外のテレビはシリアのアレッポで65人以上の遺体が川沿いで発見されたニュースを繰り返し報道していた。朝を迎え、日本の朝のニュースのトップ項目は。。。
シリアもアルジェリアも日本人に犠牲者が出た時だけニュースになる。
報道の自由とは別問題だが、先進諸国の中で日本ほど国際ニュースが少ない国も稀だと思う。

久保田ショップ





スポンサーサイト

過去、アフガニスタンに行く直前の話。

2013年01月30日 15:14

アフガニスタンに行く直前。
どうしても「ジパング」の最終巻が読みたくなった。
「ジパング」はかわぐちかいじ氏が書いたSF物語。
タイムスリップによって太平洋戦争のただ中に放り出された海上自衛隊のイージス艦「みらい」。
圧倒的な力を持つイージス艦とその乗組員が「専守防衛」とはを考えながら戦闘に巻き込まれて行く。

その最終巻が見つからず、アフガニスタンに行く前にどうしても読みたくなった。
僕の友人がPちゃんが読みたいなら探してあげるよ!と午後11時過ぎに何件も古本屋を回って探してくれた。
古本屋が店じまいとなる12時まであちこち探したが、結果見つからなかった。

アフガニスタンに飛ぶ直前。どうしても「ジパング」の結末が気になってどうしようもなかった。
アフガニスタンに対して懐かしさがあり、早く行きたいと思いつつも、治安の悪化で心配もあった。
首都カブールの動画

そんな時、どうでもいい事が気になって、渡航前にスッキリしたいと思ったりする。
海外取材前は。。気になる事はあれこれやっておくべきだ、という教訓。




アフガニスタンの動画。

2013年01月29日 07:00

2010年久しぶりにアフガニスタンを訪れた。
治安が悪く、陸路でアフガニスタン入りができなくてイスラマバードからカブールへ飛んだ。
空港は日本のODAでとても立派になっていて迷子になってしまった。

治安が悪くなってもやっぱり僕はアフガニスタンが好き。
空港を出てカブールの中心部へ向かう時、懐かしさに涙が。。

首都カブールでさえ治安が悪く、空港はもとよりあちこちにフェンンスが築かれ物々しい状態になっていた。
そんな状態でもカブールは活気があった。
首都カブールの動画
戦争とか関係ない普通のアフガニスタンを見て欲しい。



ULTRA LUXi mini III

2013年01月28日 19:38

台湾で活躍したベルボンの三脚をもう少しだけ詳しく紹介。
ベルボンのウルトラミニシリーズはマクロ撮影用三脚として開発されたもの。
超小型設計ながら、中望遠から望遠マクロレンズを使用しても大丈夫な設計となっている。

僕はフィリピンや台湾に持って行って、メーカーが意図した用途とは違った使い方をしている。
海外取材で機材の軽量化が必要、でも、いざと言う時の為に一本三脚を持って行きたい。
そんな時にULTRA LUXi mini IIIは最適。
w2639.jpg
前回台湾撮影模様で紹介した旧型との比較。
より小さく、コンパクトに仕上がっている。
w2640.jpg
そのこだわりは24ミリにしたパイプ径にも現れている。
w2638.jpg
そして、これまたコンパクトに仕上がった自由雲台。
重量級のレンズを保持してもしっかり止まる。そして操作性の良い雲台となっている。

重量僅か775グラム。カメラバックにこの三脚が一本増えても殆ど負担にならない。
エレベータを含めた全高が663ミリという高さにが足りないと思うかどうかだが、前回ブログに書いたようにいざとなればデジタルカメラの感度を上げて対応する僕としては十分。

一人で海外取材にでた時にインタビューシーンでビデオカメラを固定して使う事もしばしば。
メーカーはマクロ撮影用としているが、カメラマンの工夫次第で様々な用途に使える便利三脚。
携帯電話やノートパッドなど、新たな撮影機器が出てきて、写真が簡単になってきた今日この頃。
一眼レフを持って撮影する人にとってはハイクオリティーの写真撮影や表現の差をつける道具として三脚を使いこなす事が重要になってきたのかも。

重い、携帯が面倒、そう思わずに使えるULTRA LUXi mini III。



台湾、撮影模様。

2013年01月25日 17:55

4泊5日の短い時間だったが、台湾のあちこちを撮影してきた。
オーダーされた場所の撮影は最優先でこなすが、それ以外はできるだけリラックスして観光の気分で撮影したい。
その方がより良い写真が撮れると思う。

海外撮影で重要なのは動きやすさ。
アシスタントに機材を運んでもらう訳ではなくすべて自分で運ぶ事になる。
機材がかさばると「あそこも撮影したいな〜」と思ってもついつい足が向かない。

予備の機材はホテルに置き去りで、テンバのメッセンジャーにボディー1台と17−35、70−200、ストロボを入れて撮影する。
問題は三脚。以前は三脚にストラップを付けて肩から下げていたが、結構な負担になるし、一日ぶら下げていても使用しない事も多々あった。
今回は夜景やスローシャッターが必要と予想される時はベルボンの新型ULTRA LUXI miniⅢをカメラバックに押し込んで出かけた。
ULTRA LUXI miniⅢの全長は70−200より小さいくらいなので余裕でカメラバックに収まる。
w2639.jpg
左が新型。旧型でさえかなりコンパクトだったのだが、新型はさらにコンパクト設計になった。

今回は九份と士林観光夜市で活躍した。
w704_20130125165055.jpg
週末の士林観光夜市は大勢の観光客で賑わっていて、三脚をセットするのは少し恥ずかしかった。
w705.jpg
ULTRA LUXI miniⅢはとても素早くセットできるので、観光客の人の迷惑にならないように短時間で撮影する事ができる。
近年のデジタルカメラは高感度の性能が良く、感度を上げれば手持ち撮影も十分可能だ。
しかし、今回のように観光客が多すぎると、スローシャッターで多すぎる観光客を写真から消し去る事も必要となってくる。
w2981.jpg
軽くコンパクトな三脚が撮影表現の幅を広げてくれる。
w0760.jpg
この写真はデジタルカメラの性能に頼って高感度で手持ち撮影。
w733.jpg
ネコがいれば、勿論ネコ目線。
w3026.jpg

P1050716.jpg
この写真。撮影に集中していて自分が撮られている事に気がつかなかった。
自分が写真を撮っている写真はなかなか貴重で、後で頂いて嬉しかった。
しかも、普段見ない自分の撮影姿はとても参考になる。
僕はやはり古い人間のようで、オートーフォーカスのカメラなのにピントリングを操作している。
この写真、レンズの反射、背景のお寺。素人の人が撮った写真とは思えない程良い写真だ。
進化したカメラは素人の人に一昔前のプロの技術を与えてくれる。
プロカメラマンは。。。技術以上に感性が求められる時代だと思う。



アルジェリア人質事件、報道倫理。

2013年01月24日 02:04

アルジェリア人質拘束事件について、犠牲者の実名を非公表とした日本政府に対し、朝日新聞が22日朝刊で実名報道を開始。メディア各社が追随したことに対し、論議を呼んでいる。

21日深夜、日本政府は同事件で日本人犠牲者がいたことを確認し、公表した。その会見の際に菅官房長官は、会社(日揮)、ご遺族と相談の上、実名は公表しないことに決めたと、犠牲者の実名を明かさないことを表明した。
しかし翌22日、朝日新聞は朝刊に犠牲者の実名と写真を公表。これを受けてテレビ、新聞各社も追随、実名が広く報道されることになった。
 犠牲者の甥という本白水智也氏は23日になり、Twitterで「朝日新聞の記者は2つ約束をしておりました。『実名は公表しない』『本白水さんの許可がなければ絶対に記事にしない』。この2つの約束を破りました」と朝日新聞記者とのやりとりの一部を公表。1000件を超えるリツイートがなされている。
 本白水氏は、このほかにも叔父の家庭近辺で過剰な取材があったことなどを明かし、「今回の約束を破って実名報道した朝日新聞には抗議文を書きまして、今回の実名報道されるまでのやりとりについての取材を受けます」と言明。実名報道に端を発した取材のあり方を今後も追及していくとしている。 (RBB TODAY )

報道とは?もう一度考え直す必要があるのではないだろうか。
それは、報道する側も受け取る側も。

実名報道をすべきかどうかは議論の余地がある。
2005年より「犯罪被害者等基本計画」によって被害者を実名・匿名のどちらで発表するかを警察の裁量にゆだねられた。
 これに対し報道機関側は一貫して実名発表を求めてきた。当局側に「情報操作」を許す恐れがあるためだ。日本新聞協会と日本民間放送連盟は05年12月、共同声明を出し「匿名発表では、被害者やその周辺取材が困難になり、警察に都合の悪いことが隠される恐れもある」とした上で「実名発表は直ちに実名報道を意味しない」と、自主的な匿名報道もあることを説明。今回は新聞、通信、テレビ局でつくる内閣記者会が22日、被害者などの情報開示を首相官邸に申し入れた。

今回、朝日新聞が実名報道した事によって、日本の新聞、テレビはこぞって実名報道をした。
勿論、各社外信部は今回の事件に関して被害者の遺族が実名報道を望まないという事を知っている筈。
その上で実名報道に踏み切ったという事は報道各社同罪だと思う。
朝日新聞が先にやったから負けじと我が社も実名報道に踏み切る。そこには報道倫理などかけらもない。
僕は報道各社すべてを調べていないが、今回実名報道をしていないテレビ、新聞社があったら、そこの外信部、
外報部の部長さんに是非会ってみたいと思う。

実名報道をすべきかどうかは別として、報道に携わる人間がウソをつく事だけは絶対に許されない。
今回、「実名を公表しない」、「許可なければ絶対に記事にしない」との二つの約束を破ったらしい。
もし、上記の約束など、無いというのであれば取材した記者がそれこそ実名で出て来るべきだ。

報道には取材源の秘匿という約束事がある。
場合によっては情報源を明かす事によって情報をもたらしてくれた人に危害が及ぶ可能性がある。
そして、取材時に取材対象者と約束事があったら、それは必ず守らなければならない。
僕は新聞に関してはすべての記事を署名記事(取材した記者の名前を出す)にすべきだと思う。
日本の新聞を見ると、都合の良い時だけ署名記事にしている感がある。

前述の「犯罪被害者等基本計画」に照らし合わせて、今回の事件で「情報操作」をされる可能性があっただろうか?そして、実名を公表しなければ事件の本質が報道できなかっただろうか。
国際社会を巻き込んでの人質事件で隠蔽の可能性は考えられない。

そして報道を受け取る側として、ニュースはワイドショーじゃない。
犯罪、事件の被害者が報道被害にあう事が、二十三重の苦しみである事を思えば、被害者の方々のプライバシーに関する情報を望むべきではない。

日本のマスコミの報道倫理の低さを問う事も必要だが、営利企業である彼等が読者、視聴者が望まないものを報道しないと言う事も報道を受け取る側が考えなければならないのではないだろうか。

久保田ショップ



久保田弘信の写真集、アマゾン


再び士林へ。

2013年01月22日 16:26

台湾に滞在していると太る。
とにかく食が美味しい。
そして、日本にいる時の何倍も歩く。と言う事は健康に良い?

お昼に美味しい餃子を食べたので、夜はお粥が食べたくなった。
前回訪れた時に士林観光夜市の地下にあるフードコート?にお粥屋さんを見つけておいた。
「士林観光夜市」という名前があまり良くないと僕は思う。観光って書いてあると高そうなイメージが。
でも食に関しては士林観光夜市は高くないし、バリエーションが豊富だ。
そして、念願のアワビ入りにお粥を食べる。
w3172.jpg
日本で食べたら千円冊一枚では食べられないお粥が200円程で食べられる。

美味しいお粥を頂いた後に再び士林慈誠宮へ行く。
w3182.jpg
前回はお寺自体は閉まっていたが、今回は時間が早かったのでお寺が開いていて中を拝観できた。
w3177.jpg
きらびやかなお寺に地元の人達が来ている。
w3178.jpg

士林観光夜市では様々なお土産が売れれているが、携帯のデコレーションに使うようなキラキラのお土産が沢山売られていた。
w176_20130122161707.jpg


久保田ショップ



ホームページを更新。

2013年01月21日 20:22

ブログを書きだしてからホームページの意義が薄くなってきた。
とはいえ、写真整理にアシスタントを募集すれば、HPを見て手伝いに来てくれる人も多い。
日々新しいコンテンツがある訳ではないのに、見てくれている人がいるのは有り難い。

HPから入れるのは写真ギャラリーくらいだろうか。
photo Gallery

HPにこんな情報を乗せたら良い、新たに追加すると良い事柄があったら是非教えて下さい。
そんなHPに英語版とドイツ語版のトップページがあるのだが、それこそ全然更新していなかった。
友人の知恵をかりつつ、英語版のトップページを更新してみた。
HP英語版
こちらも、こんな表現にした方が良いなどご意見あれば是非お教え下さい。


久保田ショップ



台湾日記もいよいよ大詰め。

2013年01月21日 07:00

台北に戻って来た翌日。
旅の疲れを癒す為にペイトウ温泉へ向かう。
ペイトウ温泉は強酸の温泉。そのphはなんと1.2。
そんな素晴らしい温泉がMRTで行く事ができる。

ペイトウから新ペイトウまで一駅乗り換えがあるのだが、いつの間にか駅が温泉モードになっていた。
w3158.jpg
走っているMRTもいつの間にか温泉号になっていた。
w3164.jpg
この列車、ドアが閉まるとこうなる。
w3166.jpg
P1050813.jpg
一駅の短い時間だけど、列車の中でペイトウ温泉の見所を検索できるのもすごい。
そして、駅にはこんな看板も
w3160.jpg
写真を撮る事に気をとられてホームに落ちないで下さいね!
台湾のお茶目な所を初めて見た。

日本からのツアー観光客の人達はペイトウ温泉の地獄谷を見に行っても温泉に入る事は殆どないそうだ。
フリーの時間があったら是非訪れて、実際に入って欲しい。
日本の草津温泉に負けないような良い湯です。


久保田ショップ




台湾の文化と食。

2013年01月19日 14:20

台湾に行く度に必ず訪れているお寺がある。
MRTの駅から近い事もあるが、観光のお寺というより、地元の信心深い人達でいつもにぎわっているお寺。
w3116.jpg
行天宮。
女性の尼さん?が多いのだが、訪れた人達の悪い所を治す為に祈りを捧げてくれる。
近年は親族のシャツなどを持って来て、そのシャツに祈りを捧げてもらう人が多い。

さすがに僕は並んだ事ないが、なんとなく好きなお寺だ。
お寺を訪れた後は昼食。
MRTを使って中山駅に出た。
さて、どこで昼食を摂ろうかと彷徨う。僕が食べたいのはいわゆるB級グルメ。

三越の裏路地を歩いていると地元の良さそうな店を発見した。
w3129.jpg
餃子が食べれるのが良い。
w3127.jpg
そして、近所で働くお姉さんが食べに来ている。これって良い店の条件。
よく見れば、日本の雑誌にも紹介されたようだが。そんな店を発見できてラッキー。
周りの人が何を食べているか観察して、餃子とジャージャー麺をオーダーした。
IMG_3125.jpg
IMG_3126.jpg
共に絶品!そして安い。
次回台湾を訪れたら、必ずもう一度訪れたい店だ。


久保田ショップ







アルジェリア邦人拉致、マスコミの対応。

2013年01月17日 17:58

アルジェリアで邦人を含む41人が拉致された事件を受け、日本のマスコミが突然北アフリカや西アフリカのマリの事を報じ始めた。

犯行グループはアルカイダ系のイスラム武装組織らしい。
なんでもかんでもアルカイダと報じられてしまう事が多いが、今回は犯行グループが声明を出しているので間違いないだろう。

この事件が起きる前にフランスがマリに軍事介入し、マリ北部をすでに空爆している事をどれだけの日本人が知っていただろう。
犯行グループがマリに対するフランス軍の作戦停止を要求した事によってフランスってマリに軍事介入していたんだ!と思った人が多いのではないだろうか。
僕のブログを見に来てくれている人達は知っていた人が多いと思うが。

新聞の国際面やネットニュースではフランスのマリへの軍事介入の記事が出ていたが、テレビのトップニュースにはなっていなかった。
僕が衛星で見ている欧米系のテレビでは連日トップ項目に入る大きなニュースとして扱われていた。

アルジェリアを含む北アフリカ地域では誘拐事件が多く、数年に及んで解放されていないケースが多いなんてニュースは今回初めてテレビで伝えられているのではないだろうか。
事件が起きて、日本人が絡んで初めて遠くの国が報道される。
シリアも、アフリカも政府や民族の構成要素が日本人には理解しにくい部分が多い。
それ故、視聴率が低下すると思われニュースになりにくい国々となってしまう。

大手建設企業に勤める僕の友人が言った「日本で国際報道が少ないのは当たり前、自分の会社で働いている人達はそんな国際ニュースに関心がない、必要ないと思っている」と。
そう言われてしまうと僕は反論できなかった。

今回のような事件が起きても国際ニュースは必要ないと思えるだろうか。
企業は進出する国の事を綿密に調査してから進出するだろうが、日々のニュースで見ていない国に関して知識が薄くなってしまうのは否めないと思う。
今回は企業の方々が拉致されたが、一般の旅行者だったら、また無謀だとか自己責任だとか言われるのだろうか。

すべてが「アラブの春」の影響ではないが、リビア、エジプトの動きは中東地域に確実な影響を及ぼしている。
日本人が安全で観光に行けると思っている国が実は危険な国というケースも多い。
スリや強盗ではなく、身代金や政治目的の誘拐が多発する国は僕も危険だと思う。

イエメンなどとても素敵な国なのに、近年大変な状況になっている。
先日帰国した友人の看護士が、「あんな酷い状態になっているのに日本でイエメンのニュースがないのが信じられない」と言った。
日本では既存のマスメディアでは伝えにくい事を伝える次世代の報道が必要な時期にさしかかっているのかも。



久保田ショップ



九份から台北へ

2013年01月15日 16:11

九份観光を終え、台北に戻る。
ちょうど目の前にやってきたバスに飛び乗った。
勿論、台北行きではなく、一番近い駅の方に行くバスだった。
IMG_3091.jpg
台北行きのバスに乗り継げばいいな〜と思っていたが、突然列車に乗りたくなった。
自動券売機があったが、使い方がよくわからず窓口に並ぶ。
並んでいるうちにちょうど台北行きの列車が出てしまった。

バスで台北に戻っても良いのだが、ここまでくるとどうしても列車に乗りたくなってくる。
次の列車を調べると40分程後。
急ぐ旅じゃないし、いいや。と窓口でチケットを手に入れた。

とはいえ、40分は長いので近くのマーケットに繰り出し地元のおでんのような食べ物を食べた。
IMG_3093.jpg
w3096.jpg
列車を待つホーム。
w3101.jpg
台湾のJRのような列車の切符。
w3105.jpg
全席指定の特急のような列車だった。
w3100.jpg
シートカバーの画が面白かった。


久保田ショップ



道の駅平成

2013年01月14日 06:39

地元岐阜の友人と一杯やった。
一杯は一杯でなく一杯だった。
終電を逃した僕は友人宅に泊めてもらった。

翌日、お昼近くに起きた僕たちは地元らしく、モーニングへ。
ホットコーヒーとトースト。
目は覚めたものの、なんとなくまだお腹がすいていた二人。

友人が「道の駅平成」に美味しい蕎麦やさんがあるよ」と教えてくれた。
同じ岐阜県とはいえ、微妙に遠い。
「本当に美味しい蕎麦なら食べに行きたい」と僕。

友人は「じゃあ、行こう!」と車を走らせてくれた。
僕は。。正直あまり期待はしていなかった。蕎麦って。。難しいから。

道の駅に着いて蕎麦屋さんに入るとちょうど蕎麦が売り切れで店じまいする所だった。
せっかく来たのに〜。
友人が「二人なんだけどダメかな〜」と聞いてくれた。
蕎麦やさんのおばさんが、二人分ギリギリなんとかできるからいいですよ。と言ってくれた。
w写真-1
際どくご相伴にありつけたお蕎麦。
このお蕎麦が絶品。
道の駅にある蕎麦やさんなんてたいした事ないと思っていた僕が間違っていた。

山間の静かな場所にある道の駅。
意外な穴場だった。
真冬の寒さは美しい風景も見せてくれた。
w写真-2

久保田ショップ




コスタリカの温泉。

2013年01月11日 07:00

年末年始、雑誌の依頼もあり、過去の写真をHDから探すのに大変な苦労をした。
良くある事だが、探すものは見つからず、どうでもいいものが出て来る。

今回はコスタリカに行った時の温泉動画が見つかった。

首都のサンホセからバスと船を乗り継いでアアレナル火山の麓の街フォルトゥーナへ行った。
IMG_2815.jpg
活火山のアアレナル山のお陰でフォルトゥーナはあちこちに天然温泉がある。
タバコンリゾートという有名な温泉リゾートがあり、日帰り温泉が楽しめる。

しかし!本当の温泉通はやはり自然の中の天然温泉を訪れて欲しい。
IMG_2839.jpg
ジャングルの細道を歩いて行くと
IMG_2832.jpg
川に行き当たる。この川全体が温泉。
IMG_2850.jpg
上流に登れば登る程温泉の温度が高くなる。
地元の青年が、滝の裏へ行けるよ!と教えてくれたので、防水カメラを持って滝の裏側へ入ってみた。

滝の裏側の動画。

自然豊かで人が優しい。
ゲストハウスにはどこも美味しいコーヒーが飲み放題で置いてあった。
日本から行くととても遠い国だが、また訪れたい国だ。

久保田ショップ






イラク戦争から10年。

2013年01月10日 02:18

先日、イラクの映像2006年というブログを書いた。
その日、経由せ下記のニュースを見た。

イラク戦争から10年目をむかえる2013年、外務省が2003年のイラク戦争の対応についての検証結果を公表した。
読売新聞は、12月22日付朝刊で、「イラク戦争『おおむね適切』外務省検証」の見出しで、外務省が2003年のイラク戦争の対応についての検証結果を公表し、「当時の政権によるイラク戦争支持について、『おおむね適切』と結論づけた」と報じた。
121222y4o.png

イラク戦争開戦の理由(大義名分)がイラクが大量破壊兵器を保有し、その脅威がある。と言う事だった。
その大量破壊兵器が発見されなかったにも関わらずイラク戦争支持「おおむね適切」という見出しになるのが理解不能だ。
10年経ったイラクの現状を見て、この戦争が正しかったと言える人がいるのだろうか。

上記の記事、そして新聞他社の見解については下記ページを見て下さい。
日本報道検証機構



久保田ショップ



NHK朝のニュース。

2013年01月09日 07:43

Twitterに呟こうかと思ったが、文字数の制限を嫌いブログに。

東京では見ないNHK朝のニュース。
世界のニュース、世界地図にトピッックが表示された。
画面左の方にはアフガニスタン、シリアのトピックがあった。
シリアは反政府勢力が独自の新聞。というようなトピックだった。

ニュースは中国の偽フカヒレのニュース、韓国の換気扇に溜まった油が火事を引き起こすニュース。
次はアメリカからと、アメリカで気球を使った空中結婚式が行われたが、近いの言葉の後、気球が墜落。
大事にはいたらず、結婚式は続行というニュース。

次はシリアかアフガニスタンかと待ち構えていたら、世界のニュースのコーナーは終わってしまった。
国際ニュースに使える時間枠は少なくて割愛されるニュースが出てしまうのは仕方ないと思うが、
オバカな結婚式のニュースの方が内戦が続くシリアのニュースより比重が重いのは納得できない。

田舎で暮らす家の父親を含め、多くの視聴者は中東地域のニュースがトピックになっていても扱われないのニューことになれていってしまう。
「オバカな結婚式のニュースとシリアのニュースどっちが大事だと思う?」と僕の問われて初めて気がつき
「NHK酷いな〜」という父。
NHK担当のディレクターが何を基準に扱うニュースを決めたのかお聞きしたい。



久保田ショップ



イラクの映像2006年。

2013年01月07日 01:17

もうすぐ開戦から10年目を迎えるイラク戦争。
この10年イラクは、イラクに対して国際社会は何をしてきたのだろう。
戦後10年が経っても平和への道のりは遠い。

大量破壊兵器を保持している。という疑惑で始まった戦争。
結局、大量破壊兵器は発見されなかった。

イラク戦争を支持した国は現在のイラクの現状を知るべきだし、イラクの平和構築に責任を持つべきだ。
2006年。すでにイラクは戦争中より危険な状態になっていた。
かなり迷ってバグダッドに入る時の映像が出て来た。

民間のジェット機がスパイラルロールで滑走路の延長線上からはみ出ないように着陸する。
C130などの軍用機ではなく民間機がやるのがすごい。

バグダッド着陸するシーン。
今更思うが、パイロットは民間の航空会社のパイロットだったのだろうか。


久保田ショップ



温泉に現れたチョビ?

2013年01月06日 06:24

お正月休みを利用してデジタル写真のデータを整理した。
神奈川の温泉に行った時の写真が出て来た。
温泉好きの僕が露天風呂に入っているとどこからともなくネコが現れた。
w6082.jpg
しかも!呼ぶと露天風呂の渕までやってきた。
防水カメラを持っていた先輩のカメラマンに写真を撮ってもらった。

この頃チョビと僕は出会っていないが、チョビに似たネコだった。
w6083.jpg
なんとも人懐っこいネコ。
温泉、なんて名前だったかな〜。
秦野辺りだったような。。。
温泉ネコに会いに行きたいな〜。


久保田ショップ







チョビ?

2013年01月05日 19:46

一年振りに岐阜に住む友人と再会した。
地元お勧めの店に連れて行ってもらい、いろんな話で盛り上がる。
「おれ、久保田さんのブログ全部読んでますよ〜」。
マジ?ちゃんとコメントしてくれたら分かるのに。。!
「いや〜なんてコメントしていいかわからなくて」「うちのネコチョビにそっくりですよ〜」と写真を見せてくれた。
ま、マジ?ちょ〜似てる。
w写真-3
元々家の近くにいた野良猫らしいが、アメショーの血が入っているのだろう。額の柄なんかチョビそっくり。
実家で飼っていた犬が死んでしまったのをきっかけにネコを飼い始めたのだが、お母さんが犬(トイプードル)を買って来てしまったそうだ。
ところが、この二匹はチョ〜仲良しらしい。
w写真
犬の方がネコにじゃれるが、ネコはだまって遊ばせてあげているそうだ。
本物に会いたいと思う今日この頃。


久保田ショップ



危機一髪、物理の法則。

2013年01月04日 06:03

中学時代の同級生と連絡が取れ、ご飯でも食べようという話になった。
携帯電話で話をしながらポチを停めてある駐車場に向かった。
朝から降った雪は道路こそ積もっていないが、近所の田んぼは真っ白。

早く車に乗りたいという気持ちが僕にショートカットの道を選ばせた。
細い道を雪を踏みしめながら歩く。
右足を出して地面を踏もうと思った時、雪で白い筈の地面が黒かった。

もしや、チョビがはまりかけた溝ってここ?
そう思った瞬間、幅70センチ程のU字溝が認識された。
僕の右足は何もない空間にあって、止めたいと思っても地球の重力に引かれ深さ1メートル程の溝に向かう。
何故か地球の自転速度が木星なみに速ければこんなに引っ張られないのに。などと関係ない事が頭をよぎった。

このままハマったら冷たい、寒い、ねん挫するかも、、。
昔、昔空手をやっていた僕はとっさにケリの要領で右足を側溝の渕へ移動させる。
なんとか溝にハマる事を避けられたが、「慣性の法則」は厄介で僕の意志で止めようとする体を側溝の方へ
導く。
いかん!大股を開いて側溝に落ちる事を避けたものの、僕の頭はU字溝の左渕にまっしぐら。
正月早々溝に落ちて頭打って死んだりしたら末代までの恥。
「戦場カメラマン溝に落ちて死亡」そんな見出し記事はいやだ。

普通ならうわ!とか叫ぶところだが、電話中の僕は「あぶない」と叫んでいた。
開脚しながらどう手をついたのか分からないが左手の小指と右手の手首を負傷したものの、側溝に落ちる事も
頭を打つ事も免れた。何故か携帯も握ったままだった。

傷口を洗いたいと思ったが、友人を待たせるのもイヤで、ちょうど車の上に積もった雪があったので雪で止血をし、傷口を洗い流した。

正月早々の不幸に普通なら落ち込むところだが、我ながら凄い反射神経だな〜と関心し、普通の人なら絶対落ちてるよ、と電話で自慢してしまった。
転んで擦り傷を作るなんて何年振りだろう。
一年の始まりで不幸を経験したから、今年はこの後いい事ばかりだな〜。
何故か前向きな気持ちの僕。
友人に話したら美登里さん(他界した母)が落ちないように引っ張ってくれたんだよ。と言われた。
そうかも。だから落ち込まずに前向きな気持ちなのかもしれない。

久保田弘信の作品ショップ


田舎チョビ

2013年01月03日 16:38

ネコは家につく。
人に懐くというより自分の住んでいる場所に懐く。
というが、我が愛娘チョビは以外な程に順応性がある。

車で400キロ離れた岐阜に来て、初日こそあたふたしていたが、2日目には外に出たがった。
ダッシュして東京に戻ってしまったらどうしよう〜と思いつつも、娘を信じて外に出してやる。

wch-2.jpg
初めてチョビと出会った時と同じ。
2〜3メートル離れてついて来る。
wch1.jpg
あっという間に田舎での散歩道を開拓してしまった。

環境の違う家に戸惑うかと思いきや、優しい父親になつき、毎晩一緒に寝ている。
wfa.jpg
チョビつくずく不思議なネコだ。


久保田ショップ





お正月、シリーズ岐阜。

2013年01月02日 23:01

新年挨拶の次ブログは帰省した我が田舎岐阜の紹介。
w写真
まずは東海地区で有名なスガキヤラーメン。
子供の頃食べた時は美味しさが分からなかったが、今ではこの味の虜。
関東では食べられないから帰省したら必ず食べる。
年末から今日まで3回も食べてしまった。

近所のおちょぼ稲荷へ行った。
人ごみの中捨て猫が。
wimage-1.jpg
なんとも人懐っこく、我が家にチョビがいなければ連れて帰るところだった。

名古屋から岐阜辺りは喫茶店の文化がいまだに残っている。
モーニングサービスなるものがあって、コーヒー一杯の値段だけでトーストやサラダ、お店によっては茶碗蒸しまで出ている。
そんな岐阜だからか、有名ファーストフード店にもモーニングサービスがあった。
wimage.jpg
モスのモーニング。一度試してみたい。

そして今日行った地元の池田温泉。
アルカリ性のつるつる温泉。
お正月だからか、おせんべいをくれた。
w写真-1

田舎の文化いかがでしょうか。


久保田ショップ



あけましておめでとうございます。

2013年01月01日 11:34

旧年から台湾シリーズ、年末のワイン会の話、そして山本美香さんの話を持ち越してしまいましたが、
ブログの本数ではなく、内容重視で今年も慌てずゆっくり書いていきます。

ご意見などありましたた、気軽にコメントしてやって下さい。

今年も久保田ブログをよろしくお願いします。

久保田弘信


最新記事