イラクのDVDを見る。

2011年09月30日 14:41

イラク戦争前後で撮影したVTRは何十時間にも及ぶ。
テレビのニュスで使ってもらえたのは僅か十数分。
フリージャーナリストが命がけで撮影した素材のほんの一部しかみんなに見てもらえていない。
同業者の綿井君は「リトルバード」という映画を作ってしまった。
さすがに僕は映画を作るだけのノウハウがない。

それでも自分たちが撮影した映像を見てもらいたくてDVDを作った。
良く考えたら編集しているときは何度も映像を見ているが、出来上がったDVDをゆっくり見る事はなかった。
写真展に来てくれた人のためにDVDを流しているのだが、僕自身が懐かしくて見入ってしまった。
写真

思い返せばイラク戦争は危険度も高く大変だった。
でも僕たちフリージャーナリストができる仕事があって、毎日が充実していた。
不詳宮嶋さん、近藤さん、佐藤さん、綿井さん、常岡さん、梅本さん、亡くなってしまった橋田さん、一線級のジャーナリストがバグダットに集まっていた。
国際報道自体が少なくなってしまった昨今、再びイラク戦争規模の戦争が起きたとしてもあの時程フリージャーナリストが集まる事はないだろう。

そして、今や誰もが知る戦場カメラマン渡部君と僕は戦後のイラク取材を一緒にしていた。
DVDを見返して見ると若き頃の僕と渡部君が一緒に映っている。
テレビで渡部君を知った人は「あ、渡部君、戦場でもベレー帽かぶっている」と思うかも。
今となってはマル秘お宝映像かもしれない。
ほぼ完売だと思っていたDVDが田舎のお寺から出て来た。
写真展会場でも販売していますが、遠くの方は久保田ショップからどうぞ。
渡部君の出番は多くないですが、僕や渡部君がイラクで何を見て来たのかを知ってもらえる映像です。

久保田弘信の作品ショップ

戦場カメラマン渡部君が登場するイラクのDVD有り










スポンサーサイト

チョビ

2011年09月28日 20:34

うちの娘チョビはおおよそネコらしくない寝方をする。
IMG_2522_20110928203111.jpg

そのチョビがネコらしくなってきた。
IMG_0754.jpg

秋の気配とともに暖かい場所で寝るようになってきた。
冬になれば普通のネコのようにコタツで丸くなるのだろうか。
我が家に来て初の越冬。
どうなることやら。






久保田弘信の作品ショップ




海ほたる

2011年09月25日 23:07

写真展の帰り、アクアラインを通って見た。
HQ2Y4843.jpg

田舎から出て来た実父に海ほたるを見せてあがたかった。
連休ということもあって海ほたるは駐車場に入るのも渋滞だった。

お陰様で天気がよく、美しい景色が見られた。
HQ2Y4842.jpg

HQ2Y4820.jpg








写真展に来てくれたドクターと大先輩。

2011年09月24日 22:19

連休初日の23日。
友人のドクターと日本写真家協会(JPS)の大先輩が遠方から写真展会場に足を運んでくれた。

ドクターは友人のカメラマン安田なつきの紹介で知り合ったのだが、偶然にも僕に会う前に僕の写真集を購入してくれた人。
都心で飲むくらいであまり写真家としての付き合いはなかった。
写真を見てくれて「いや~当たり前だけど上手ですね~。口だけかと思っていました」と言ってくれた。
おそらく褒め言葉だろう。

JPSの大先輩は会場の写真を無言でゆっくり見てくれた。
JPSにも色々な人がいて、残念な事に肩書きだけが一人歩きしている写真家の人もいる。
来てくれた大先輩は建築写真の分野で大活躍し、病気をされて仕事を減らしたものの今でも現役の人。
この不況下で仕事がなくて困っている写真家が多いなか、「仕事を減らした」と言える人は本物。
そんな同業者の先輩に写真を見られるのはさすがに緊張する。

一言も話さずに見ていた大先輩が僕を呼び、開口一番「久保田さんの写真には愛があるね~」と言ってくれた。
僕は「一番の褒め言葉です、ありがとうございます」と。
「これだけの点数の写真を作るのは大変だよね~相当お金もかかったでしょう」。

入れ替えた写真を含め用意した写真は60点にも及ぶ。
たった60点、でも1点あたりの制作費を2万と見積もっても。。。。

「どうして日本で絵画展は有料でも写真展は無料なんですかね~」と僕。
「そうだね~。写真展は自分の作品を見てもらって自分の仕事の分野をしってもらえるけど、大体赤字だよね」。

今回、頑張りすぎたような気もしていた。
千葉という田舎での写真展に気合いを入れすぎて、友人達にたすけてもらったにも関わらず大赤字。
主催者の人達の熱意で背伸びしちゃった感も。
でも、我が大先輩の言葉でやって良かったと思えた。

会場に来てくれた人、来れなかった人が口をそろえて「東京でやる時は是非案内くださいね」。
もしかしたらこれほどの規模の写真展はしばらくできないかもしれない。
残り一週間。
一人でも多くの人に見てもらいたい。
久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。








ルージュ・キュー again

2011年09月22日 20:13

実父が15年ぶりに上京した。
母の急逝があり、元気なうちに東京に来てもらおうと思った。

ちょうど千葉での写真展もあるし。。

そして、ちょうど父の誕生日。
いつもの酒屋へ行き、パストゥーグランを買おうと思っていた。
酒屋のご主人が僕の顔を見るなり「ルージュキュー今日入りましたよ」と言ってダンボールから出してくれた。
IMG_0751.jpg

僕をピノノワールの世界に引き込んでくれたワイン。
明日は父を連れて写真展会場へ向かう。
母美登里の分まで親孝行しよう。
久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。







大原の海

2011年09月22日 01:39

夜月明かりと雲がとてもキレイだった。
僕の中での写真のイメージが浮かびあがった。

が、しかし!三脚をもっていなかった。
カメラマンとして失格だ。

それでも月明かりに照れされた波とオリオン座、そして雲を撮ってみたくなった。
IMG_3799.jpg







動き出したイエメン

2011年09月21日 13:26

日本のマスコミがエジプト、リビアの民主化運動に注目している時からずっと追いかけていたイエメン。

早く渡航したいと思いつつも取材費が捻出できず、ついにイエメンが大きく動き出してしまった。

イエメンのニュースを見ると切ない。
こうなると分かっていて、行きたくて行けなかった。

ジャーナリストにとって一番切ない時。
ギャラなんか二の次。
まずは現場に行きたかった。

儲からなくてもいい。現場に飛ばしてくれるスポンサーが欲しいよ~!

久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。








速報!ラバニ(Rabbani)元大統領暗殺される

2011年09月21日 01:18

衛星放送の海外ニュースを見ていたらアフガニスタンでラバニ氏が暗殺されたとのニュースが入って来た。

原文で
Afghanistan peace council leader killed.
suicide attack at his home in kabul.

自爆テロによって殺されたようだ。

内容全部を聞き取る事ができなかったが、自宅でタリバン幹部と会談中に自爆テロにあったらしい。

ラバニ氏はアフガンスタンでは誰もが知る人物。
それは氏がかつてのムジャヒディン(あえて訳すとイスラムの聖戦士)として活躍した人物だからだ。

タリバンと現政権のパイプ役として活動していたラバニ氏が殺害された事でアフガニスタンの和平交渉に大きな溝ができるのは必至。
どの勢力の誰がラバニ氏暗殺を企てたのか分からないが2014年、米軍の完全撤退後に新たな内戦に突入してしまう可能性が高まったのは間違いない事だ。

久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。









オープニングパーティー

2011年09月21日 00:29

写真展の会場がいすみ市という遠隔地であったためオープニングパーティーができず、会期半ばの土曜日にパーティーを行う事になった。
東京から泊まりがけで参加してくれた人。
地元いすみ市の人達。
20名程が集まってくれた。
いなか暮らし13年目のSさんが伊勢エビとサザエ、地タコを持って来てくれた。
IMG_3776.jpg
さすが、伊勢エビの水揚げ日本一の地だけあって美味しい伊勢エビをごちそうになった。

そして僕たちが用意した舟盛り。
IMG_3782.jpg

そして地元の造り酒屋木戸泉の社長さんが地酒を持って来てくれた。

写真展がきっかけで、東京の人といすみ市の人たちが知り合いになってくれたのが嬉しい。

写真展最終日は10月2日の日曜日。
日曜日なので飲みは無理でも打ち上げでお食事くらいできたら良いな~と思っています。
久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。











写真展会場にやってきたダーツ仲間

2011年09月20日 03:13

連休中日の18日、東京のダーツ仲間が写真展に来てくれた。
IMG_3801.jpg

2組が別ルートで来てくれ、トータルの人数が9人になった。
IMG_3806.jpg

この日はTBSの友人、旅行代理店の友人も来てくれて、一日があっという間に感じられた。

いつもふざけてバカばかりやっているダーツ仲間に初めて僕の仕事を見てもらえた。
記念写真を撮ってもふざけているダーツ仲間。
はてさて、彼らの目に僕の写真はどう見えていただろうか。

写真展も会期の半分が過ぎた。
週末ごとに千葉に通うのは時間的にも金銭的にも大変。
写真展会場にいても収入になるわけではないが、一日一人でも写真を見て良かったと言ってくれる人がいれば満足。
ん?これって僕の取材と一緒で思いだけでやっていて収入にはつながらない?
ジャーナリスト業も写真家業もどうもお金にはならないらしい。
ってことはフォトジャーナリストという肩書きで仕事?をしている僕は。。。。。
久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。







近所の写真スタジオ。

2011年09月15日 23:53

昔からお世話になっている近所の写真スタジオ。

某私立高校のアルバムを作製していて、昔からカメラマンとして隔年で修学旅行に同行している。
偶然だが、今のダーツ仲間が某高校の卒業生で。お世話になった先生がお互いに知っていたりして縁を感じる。

ジャーナリストとしての活動をしている今でも僕は修学旅行に同行する。
今年も11月に修学旅行に行く予定。

そのスタジオに写真展のチラシを持って行った。

今日久しぶりにスタジオに行ってみると入り口のガラスドアのど真ん中に貼っていてくれた。
IMG_0744.jpg

スタジオの奥さんは「久保田さん有名になっちゃったのにうちなんかの仕事お願いしてごめんなさいね」と言ってくれるが、昔からお世話になっているスタジオの手伝いをするのは僕にとって当然。
これからもずっと。





アフガニスタンと写真展

2011年09月14日 15:37

僕が生まれて初めて写真展を開催したのが2001年。
8月に銀座でスタートした写真展が札幌へ巡回したころ9・11同時多発テロが起きた。

9・11から10年目も今年。
写真展の開催中にカブールでの銃撃戦が起こり、アフガニスタンは新たな局面をむかえている。

いすみ市教育委員会の主催で行われている今回の写真展。
偶然、会期が9・11と重なった。
つくづくアフガニスタンとの縁を感じる。。。

いすみ市がHPのトップで僕の写真を使ってくれている。
僕は八王子市民でいすみ市民ではないのだが、力をいれてくれているのが伺える。
いすみ市HP

今週末は東京から泊まりで来てくれる人もいるのでオープニングパーティー代わりのお食事会をする予定。
僕は17~19までいすみ市に泊まり込んでいます。
お時間ある方は是非。
久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。







タリバン首都攻撃のニュース

2011年09月14日 07:08

日本の朝のニュースがどんな反応かが気になって早起き。
TBSの朝ズバが数十秒現地からの映像を流した。
短いストレートニュースの中で死亡者と負傷者の数が報道された。

詳しいニュースがあるのかとチェックしつつ他のチャンネルを見るがアフガニスタンのニュースが出てこない。
改めて朝のニュースをチェックするとバラエティー、芸能ニュースが多い。
生活情報ニュースが多いのはわかるが、負傷者の数は少ないものの大規模な同時攻撃で日本にとっての同盟国アメリカ大使館とISAF本部が攻撃されたのは大きなニュースだと思うのだが。。。

40分程ねばったが朝ズバも他チャンネルも続報はなく、結局CS放送の海外ニュースへチャンネルを移す。
ネット上ではトップニュースになっても日本の朝のニュースではトップニュースにならない。

ほんの数十秒でも懐かしいアフガニスタンの映像が見られただけでもよしとするべきなのか。
ニュースに対する解説がないため、銃撃戦と自爆テロとしてしか伝えられないが、隙間があるとはいえ首都カブールで攻撃をし、攻撃者が無事生還するのはほぼ不可能。
結果として自分の命を犠牲にしての攻撃になる。

当事者の国アメリカのCNNが建設中のビルに立て籠っての銃撃戦の映像を流し始めた。
現在も攻撃に加わった人達が数人生き残っていると伝えている。

日本が復興支援で4500億円を出すアフガニスタンの首都での銃撃戦。
日本でのニュースバリューは低いようだ。

関連ニュース

久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。残暑見舞いにポストカードはいかが。







アフガニスタンでタリバンが首都カブールを攻撃。

2011年09月14日 00:04

9月13日。
ついに首都カブールへの攻撃を始めた。

今まで散発的な爆弾事件等があったがISAF(国際治安支援部隊)の本部にまで攻撃が行われるほどの大規模な攻撃はなかった。
ニュースを聞いた時、本当にタリバンの攻撃なのか。と思ったが、タリバンのザビウラ・ムジャヒド報道官がカブールのアブドゥルハク(Abdul Haq)周辺で地元と外国の情報機関施設を標的とした大規模な自爆攻撃が続いている」と述べていることから、間違いなくタリバンの攻撃と判断できる。

近年、首都カブールでさえ治安が悪化しはじめていたが、体制側のチェックも厳しくカブールに入る道にはいくつものチェックポイントがあり大規模な戦闘を行うほどの武器を運び込むのは不可能かと思っていた。
カブール上空にはテロを警戒する為の飛行船が24時間都市を監視している。
IMG_5108.jpg

そしてカブール~ジャララバード間は毎日ISAFの車両が行き来している。
ISAF.Fのコピー

郊外は別としてカブールの治安だけはなんとか守り抜きたかった現体制だが、ついに首都カブールの安全神話も崩れ去ったと見て良いだろう。

ISAF本部周りは監視台があり銃を構えた兵士が見守っている。
厳重に張り巡らされた壁と有刺鉄線が本部を守っている。
その本部にまで攻撃が行われた、攻撃を許してしまったと言う事はタリバンの復活を手助けする、応援するアフガニスタン人が多い事を示す。

アフガニスタン政府はタリバンの攻撃などを報道すると、新たな攻撃の呼び水となる可能性が高いという理由で攻撃現場の取材を許していない。
昨年、カブールからジャララバードへ向かう時、目の前でISAFの物資を運ぶトラックの車列にミサイルが打ち込まれた。地元の人はタリバンアタックだ!と言っていたが、実際にタリバンの犯行かどうかは分からない。
その現場に偶然居合わせた僕が炎上するトラックの写真を撮影した。
この写真を持っているのは世界中で僕一人だけなのだが、残念な事に日本の報道機関はこのスクープ映像をスクープと認識してくれなかった。
地元警察に映像を没収されそうになったが、なんとか持ち帰って来た映像。
AFG_0469.jpg
未公開映像

すぐさま反撃体制に移る米兵
ussolのコピー

9・11から10年目を迎え、アフガニスタンは間違いなく新たな局面を向かえている。
日本での報道は少ないがカルザイ大統領は側近をどんどん殺害されている。
首都カブールの安全まで守れなくなってきた今、大統領の力は誰が見ても衰え始めている。
この状態で米軍が完全撤退したらアフガニスタンはどうなるだろう。
23年にも及ぶ内戦をようやく終わらせてたのがタリバン。
そして、アメリカによって崩壊させられたタリバン政権。
10年の時を経て再び復活しはじめたタリバン。
国際社会はその責任においてアフガニスタンを再び内戦に陥れる事だけはしてはいけない。

久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。残暑見舞いにポストカードはいかが。








mixiトップニュースの話

2011年09月13日 21:27

mixiトップニュースに「遺伝子操作で「緑色に光る猫」、エイズ治療に道=米研究」とあった。
今度は何をやったの?と思いきや、ネコエイズに対する耐性細胞を生み出したというニュースだった。

シカゴ 11日 ロイター] 米国の研究チームがこのほど、遺伝子操作により、猫のエイズを引き起こす猫免疫不全ウイルス(FIV)に耐性のある細胞を持った「緑色に光る」猫を生み出した。猫エイズの感染防止のほか、人間の後天性免疫不全症候群(エイズ)研究にも役立てたいとしている。

 科学誌「ネイチャー・メソッズ」に11日掲載された今回の研究では、FIVを抑える働きを持つサルの遺伝子を猫の卵母細胞に注入し、その後受精させた。加えて、遺伝子操作を行った部分を容易に判別できるよう、クラゲの遺伝子も組み入れた。これにより遺伝子操作された細胞は緑色を発色する。

 その結果、遺伝子操作された卵母細胞から生まれた猫の細胞を採取したところ、FIVへの耐性を示したという。また、これらの「耐性」を持つたんぱく質は、猫の体内で自力で作られていた。

 また、遺伝子操作した猫同士を交配させたところ、生まれた8匹の子猫にも操作された遺伝子が引き継がれていた。

 研究を率いたメイヨー・クリニック(米ミネソタ州ロチェスター)のエリック・ポエシュラ博士は、今後は遺伝子操作した猫を実際にFIVに接触させ、ウイルスへの耐性があるかを確かめたいとしている。
このニュースに対すmixiユーザーのコメントを見るとネズミならよくてネコだとダメなのか、とか人間のエイズ研究にも役立てられるなら良いとか、ニュースのタイトルが酷い、などがあった。

僕はニュースのタイトルが酷いと思う。
遺伝子操作で「緑色に光る猫」
これが先に来ている事で読者の気を引けるのは間違いないが、ニュース全体の内容を考えるとタイトルとして適切ではない。

遺伝子操作で面白半分に「緑色に光る猫」を作り出したと勘違いされる。
タイトルだけ読んで「酷い!」と思って全文を読まなかった人も沢山いるだろう。
このニュースでは猫が緑色に光る事は二次的な内容で一次的な内容ではない。
猫エイズに耐性を持つ細胞が生み出され、この研究は人間のエイズにも役立ちそうだ。という内容が想像できるのが正しいタイトル。
テレビのCMまたぎも同じだが、ニュースというものにセンセーショナルな要素を取り入れすぎている。
読者、視聴者が望むからなのか。





久保田弘信の写真集、アマゾン

仏核関連施設で爆発事故。

2011年09月13日 00:17

原発推進国フランスでも核関連施設で爆発事故が起きた。

フランス南部マルクールにある核廃棄物処理工場で爆発事故が起きた。
この事故で一人が死亡、四人が負傷したと伝えられている。
仏当局は「放射能漏れはない」としているが、情報が錯綜していて実際放射能もれがあるかどうがは定かでない。

日本の原発事故でもそうだったが、「メルトダウンはない」と言い続けていたにも関わらず実際はメルトダウンをおこしていた。
国際原子力機関(IAEA)は「緊急事故対応センター」を設置し、情報の収集にあたっている。
原子力関係の事故に関しては当事国が発表する情報を鵜呑みにできないとの判断だろう。

原発ではなく各燃焼の廃棄処理工場での爆発事故。
核という効率の良い燃料はまだ人類のコントロールできるレヴェルの燃料ではないのかもしれない。

久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。残暑見舞いにポストカードはいかが。









関連記事
産経新聞
時事

写真展会場に届いた荷物

2011年09月11日 23:11

朝、水彩ギャラリーに着くと、ギャラリーの人が「久保田さん荷物が届いていますよ~」と声をかけてくれた。

入れ替え用のプリントされた写真かと思いきや。
お酒だった。
大阪から送って頂いたお酒は明らかに日本語ではない新聞に包まれていた。
ねらってかどうか分からないが、さすが僕にお酒を送ってくれる人は違う。
写真

開けてみると。。。ワインだった。

ドゥルトという大きな会社のラ・グラン・キュベ。
2写真

17日に有志の方々がいすみ市の民宿に泊まって写真を見に来てくれるので、その時に開けさせてもらおうと思う。

久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。残暑見舞いにポストカードはいかが。







今日再び写真展会場へ

2011年09月09日 01:35

2日間東京でたまった仕事をやっつけて、明日また千葉へ向かう。

明日はダーツ仲間がドライブがてら千葉までやって来てくれる。
僕の職業は知っていてくれるものの、普段ダーツしながらバカばかりやっている僕とカメラマンとしての僕とのギャップはいかがなものか。楽しみ。





9月11日ギャラリートーク。

2011年09月07日 16:11

9・11から10年目の今年。
偶然、9月11日は日曜日になった。

本来ならもっと早く企画すべきだったのだが、母親の事があり、写真展自体の準備で精一杯だった。
昨日、教育委員会の人と話て、9月11日にギャラリートークをする事に決定した。

勢いに流されるようにあっという間にすぎたこの10年。
僕が駆け抜けて来たアフガニスタンの事を思う、そんな時、写真展会場にいて、自分の撮った写真に囲まれていられるのは幸せな事かもしれない。

僕が見てきたアフガニスタン。
会場に展示された写真達の中でお話させて頂きます。

9月11日
いすみ市水彩ギャラリーにて
15:00~






写真展に届いたお花。

2011年09月07日 02:53

写真展オープニングの今日。
お花が届いた。
IMG_0739.jpg

あけてビックリ。
全日本空輸株式会社、中国室からだった。

中国取材でお世話になったANA。
中国室のお二人には色々な事を教えて頂きとてもお世話になった。
中国日記
今回、写真展を開催するので、「お時間ありましたら是非」と案内チラシを送らせてもらった。
思いがけずお花を頂いたのがとても嬉しかった。

久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。残暑見舞いにポストカードはいかが。







写真展の準備。

2011年09月05日 17:38

明日からいよいよ写真展が始まる。

搬入にはいきつけのダーツ屋パルのマスター、ダーツ仲間のセドさん、100旅で知り合った渡部さんが来てくれた。
セドさんはパル以外で会う事は殆どない。
貴重なお休みを搬入の手伝いにあててくれた。

地元ではえるんさんとその息子さん、お友達が展示の手伝いをしてくれた。

展示を終えるとそれほどの点数に思えないが、平行を出し、間隔をそろえて展示している時はものすごい点数に思える。
初日は平日だが、どのくらいの人が来てくれるだろう。
多くの人に支えられてようやく開幕の日を向かえる。

久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。残暑見舞いにポストカードはいかが。










ワシントンナショナルギャラリー展。

2011年09月04日 18:25

台風の中六本木の国立新美術館へ向かった。
会期ギリギリでワシントンナショナルギャラリー展を見るために。
IMG_3773.jpg

台風が来ているにも関わらず、館内は多くの人で込み合っていた。
印象派の色使い、筆使いは少し離れた場所から見たいのだが、絵のすぐ近くにできた人だかりで近接ポイントからしか見る事ができなかった。

中学の時、初めて本物のモネの絵を見て印象派の色使いに感銘を受け油絵を描く始めた。
残念な事に僕に絵の才能はなかった。
しかし、光を見つける目、色を見つける目は写真家としての現在に役立っているかもしれない。

京都の美術館で、上野の美術館で、何度も印象派の絵を見てきた。
今回六本木で新たな事に気づいた。

それは解説文に何度もでききた「パトロン」という言葉。
パトロン(patron )とは芸術家や、芸人または特定の団体などを経済的に援助する人。
ラテン語のパテル( pater、父)から派生した同じくラテン語のパトロヌス (patronus) に由来する言葉。だ。
日本では水商売の女性に金を出して援助する人として、あまりいい意味では使われない。

没後、何十年という時を経て、世界的な芸術作品として認められているが、作品を生み出し続けている時は金銭的な苦労が絶えなかったようだ。

絵画と写真は似ている、ともに生産性のない仕事。
まだ写真の方が生産性があるかもしれない、実社会の中で広告等で写真が必要になり、仕事が発生する。
しかし、絵画は人の心を和ませてくれるが、全く生産性がない。
芸術という生産性がない分野に打ち込むには生活の安定が必要になってくる。

印象派を作り出した画家の人達。
ブルジョア階級で生活に困らず、絵を書く事に没頭できた人。
裕福ではないが、パトロンに恵まれ、才能を開花させた画家。
裕福な画家がそうでない画家のパトロンになっていあげたり、パトロンを見つけてあげたり。
僕が知らなかった。昔なら解説文に書いてあっても読み飛ばしていた事に気づいた。

同時代に生き、誰もが知る有名な画家。
印象派の土台を築き、数々の名作を残しているにも関わらず、それほど有名ではない画家。
その差はなんだったのだろうが。

優れた才能を持ち、優れた作品を残すだけではダメなのかもしれない。
人としての魅力と才能。
両方を兼ね持った人が結果を出してきたように思える。

僕にパトロンとよべる程の人はいない。
しかし、今回も写真展の為に多くの人が応援してくれた。
そんな可能性は薄いが、未来に大手のパトロン(スポンサー)が付いてくれたら、
その時は言おう。
僕が名も無き頃、宣伝効果が認められていない頃、僕を応援してくれた人達が真のパトロンだと。

久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。残暑見舞いにポストカードはいかが。








くまちゃんがやってきた。

2011年09月03日 08:59

我が家にくまちゃんがやってきた。
最近ゲームの中で釣りをしたり、穴を掘ったりしている可愛いくまちゃんが我が家にやってきた。

赤いスカーフがなんともかわゆい。
IMG_3767.jpg

チョビは最初無関心にみえたが。。。

IMG_3769.jpg

我が家にやってきたかわゆいライバルに対抗心。
ネコパンチを食らわせていた。
久保田弘信の作品ショップ

新商品あり。残暑見舞いにポストカードはいかが。









我が家のネコ占い。

2011年09月01日 23:41

ようやく終末を迎えた管内閣。
新たな野田首相に対する海外のニュースは冷ややかなものが多い。

我が家のネコの国会占い。
IMG_2522 のコピー

誰もが、ネコさえ分かっている。
ねじれ国会。

どこまでできるか未知数ではあるが、民意を伝えるツールでネットは大きな武器になると思う。







最新記事