ニュージーランド地震

2011年02月28日 08:26

ガーデンシティと呼ばれる美しい街クライストチャーチ。
ニュージーランド政府観光局の協力で取材した。
お世話になった人たちは大丈夫かと心配になる。
HQ2Y7427_edited-3.jpg
トラムの後ろに見える大聖堂も被害を受けたようだ。

今回の地震のニュースを見てインド大地震を思い出した。
全壊してしまったCTVビル。
映像をみるとCTVビルの周辺で被害は受けているものの全壊していないビルが沢山見える。

インド大地震の時、全壊したアパートの隣でヒビが入っただけで殆ど被害がなかったビルがあった。
全壊したアパートの前で立ちすくむ人は仕事で出かけていて無事だったが、家族全員を亡くしてしまった。
「お金持ちのアパートは壊れないんだよ。貧乏人は死ぬ運命なんだ」と話してくれた。
パキスタンの地震の時もそうだった。
お金持ちの家は無事残っているケースが多かった。

天災であり人災である可能性も高い。
国際社会で活動するために留学していた人たちの事を思うと言葉がでない。

久保田弘信の作品ショップ









スポンサーサイト

暖かい国

2011年02月25日 18:29

暖かい国はいい。
特に日本が冬の時に訪れる暖かい国はいい。

とは全く関係ないが、出国前に引っ越しした我が家の近所をようやく歩く機会があった。
なんとなくカメラをぶら下げて歩いてみた。
メゾネット
我が家の白壁
階段
近所の階段
傘
近所のお家

カメラを持っているだけで日常と違う世界が見えてくる。
日本でさえそうなのだから、海外でカメラを持っていると毎日が発見で、毎日が感動になる。

久保田弘信の作品ショップ









インターネット環境

2011年02月24日 03:00

海外に出るとインターネット環境の有り難さを実感する。
近年、WiFiが発達していて結構電波をひろえる事が多いが、ブログを書いたり、写真をアップしようと思ったら
やはりそこそこ早いネット環境がほしい。

海外に出て、リアルタイムでブログを書きたいと思いつつも日々忙しくてネットする時間が取れなかったりする。
と、思えば、待ち時間で暇になる事も。

そんなわけで時間ができたので、なんとなく岐阜に行った時の写真をアップしてみる。
IMG_9722.jpg
公園にある岐阜城と織田信長、後ろに小さく見えるのが本物の岐阜城。

岐阜城には織田信長がいた事があるため、植木で織田信長の顔が作ってあった。
織田信長の顔の前には岐阜名物の鵜飼い。
とてもベタなモニュメントだが良くできていた。

久保田弘信の作品ショップ









日本経緯度原点。

2011年02月17日 23:28

心に余裕がないと見えないものが多い。
突然、「日本経緯度原点」なる物を発見した。
IMG_0529.jpg

港区の指定文化財になっているが、訪れる人は少ないと思う。
だって!場所がアフガニスタン大使館の目の前でアメリカン倶楽部の隣なんだもの。

近くにはロシア大使館もあり、制服姿の警察官が沢山いて、「通行人への職務質問にご協力ください」なんて看板がある物々しい場所。用事がなければ普通の日本人は立ち寄らなそうな場所。
っていうか、行き止まりのアフガニスタン大使館の方へ散歩してはいけない雰囲気がある。

アフガニスタン大使館が代々日上原から六本木に引っ越してきてから何度か訪れているのに「日本経緯度原点」の看板に全く気がつかなかった。
いつもビザの申請をして、受け取ってと心に余裕がなかった。
IMG_0530.jpg

今回は残念な事にビザの発給がすぐにはされず、仕方なくパスポートを引き取りに来た。
それゆえ、あきらめ感もあり、心に余裕があったみたいだ。
こんな事があるから、僕は海外に出たとき日程をあまり決めない。
日程通りに動こうと一生懸命になっていると見逃すものが多い。

友が待つアフガニスタンへ行くのにビザが発給されない。
こんなもどかしい事はない。
97年から10年以上アフガニスタンに通い続けているがこんな事は初めてだ。
アミン大使がいてくれればな~。
かつてアフガニスタン大使館の大使を勤めていたアミン氏は大使としては若いがとてもやり手。
しかも僕たち一般人にも優しくしてくれ、「いつでも大使館に遊びにおいで」と誘ってくれていた。
今日、ラッキーだったのは、昔から長年アフガニスタン大使館に勤めている日本人スタッフに会えた事。
勿論、僕の事を知っていてくれ、「さぞ気分を害されたでしょうね」と何度も謝ってくれた。

やっぱり人と人なんだと思う。
以前パキスタン大使館に勤めていたHさんも僕の事を覚えていてくれ、「あら、またいらっしゃったの」とすぐに手続きをしてくれていた。
常岡さんが誘拐された事でビザが発給されにくくなっているようだが、僕が過去アフガニスタンに渡航してどれほど安全に旅を続けてきたかは昔からのスタッフなら知っていてくれるし、アミン大使なら彼の責任においてビザを発給してくれたと思う。
昨年末、クリスマスチャリティーゴルフから預かったアフガニスタンへの支援金も早く届けたい。
治安が悪くなっているのは承知している。
でもそんな時だからこそ、直接届けてあげなければならない支援がある。
今日、再会したスタッフから領事、大使への一言に期待したい。

イラク写真集




amazonカメラバーゲン





大雪&ホワイトバレンタインデー。

2011年02月15日 03:43

大雪にはビックリしたけど、おかげさまで無事帰宅できたし、人の優しさに触れられた。
チョコレートより嬉しいバレンタインデーだった。

明日、車が出れないと困ると思い、車の後ろの雪をどけていたら雪だるまが作れそうな程の雪だった。
そんな訳で年甲斐もなく雪だるまを作ってみた。
八王子の大雪具合が分かってもらえるかも。

一夜あけてビックリ!都心の積雪は1センチだって。
やっぱり八王子は田舎なんだ~!
ケニヤの民芸品


110215_023833.jpg

久保田弘信の作品ショップ





大雪

2011年02月15日 00:25

突然の大雪。
先日のブログで書いた中村工務店の若社長「よっちん」に誘われて西八王子のダーツやへ行った。
過去の日記
ダーツをしている間も雪は降り続き、あれよあれよという間に路面が真っ白に。

これヤバいんじゃない?そろそろ帰る?
と言ってから30分後、よっちんもさすがにヤバいと思ったのか席を立つ。
以前住んでいた北野は坂なしでいけるのだが、新居にたどり着くまでには坂が・・・。

一度止まったら二度と動き出せない状態が続いた。
前方の車が坂で止まっていて仕方なく僕たちも止まった、が最後動き出せなくなった。
近くにいた3人のお巡りさんが車を押してくれた。
その間も僕たちの車を追い越して行く車が。。。
余裕で坂を上った車から一人のおじさんが降りてきた。

故障かな?と思いきや「車押してるの?押してやるよ!」とお巡りさん3人に加わり後ろから押してくれた。
おかげで僕たちの車はなんとか坂を上りきる事ができた。
止まってお礼を言いたかったが、止まったら二度と動き出せなさそうだったので窓から大声で
「ありがとう~ございました~」と二人で叫ぶ。
坂を上りきりおじさんが止めた車を見るとクロネコヤマトの車だった。
雪の中配送する車の運転手さんが雪まみれになって車を押してくれた。

自宅まで送ってもらうのはあまりに危険なので残り一キロくらいの場所で車を降りた。
降りしきる雪の中を歩いたが、助けてくれたお巡りさんと宅急便の運転手さんの事を考えると寒さを感じなかった。
まだまだいる、日本にも、優しい人たちが。

久保田弘信の作品ショップ







新宿駅前無差別通り魔予告。

2011年02月11日 20:06

雪の東京。
突然もたらされた殺人予告。
新宿駅前無差別通り魔予告
日本はどうなってしまったのだろう。
人生に疲れたら無差別に人を殺すのか。

多くの日本人はイラクやアフガニスタン、パレスティナで日々行われている自爆テロに嫌悪感を示し、イスラム教の人は過だと思う。
自爆テロは勿論よくない事だ。
しかし、彼らのテロには米軍を追い出したり、腐敗した政権に対する反抗であったり、必ず目的がある。

個人が人生に疲れたから不特定多数の人の殺人、もしくは殺人予告をする事などない。
21時に実際に犯行が行われるかどうかは分からないが、ネット上での予告だけでも十分なテロだ。
多くの報道人が新宿駅に集まり、僕の友人も含め多くの人が外出を控えた。

インターネットが発達し便利な時代になり、ネットの力で民衆が蜂起するエジプトの反政府デモなど情報の発信によって世の中が動く時代になった。
この通り魔殺人予告もテレビのニュースを見るよりネット上のニュースの方が早い。
しかも、新宿からニコニコ生放送で中継してくれている人までいる。
反面、今回の事件のように情報の発信の仕方次第では世の中を混乱に陥れる事もできる。

個人的な疑問だが、大げさなニュースにする前にログをたどって本人を特定できなかったのだろうか。

久保田弘信の作品ショップ

イラク写真集







引っ越しとダーツ仲間

2011年02月07日 07:22

引っ越しが終わり、ようやく落ち着いた生活がおくれるようになってきた。
今回の引っ越しはかなりの部分を地元のダーツ仲間にお世話になった。

ダーツ仲間がいたら家が一件建つくらい様々な分野での能力を持った人が多い。
ダーツ仲間の一人「よっちん」は中村工務店の若社長。
友人からもらったテーブルが高すぎて椅子がないと使えない状態だった。
「これ半分くらいの高さだと使いやすいんだけどな~」と僕が呟くと、
よっちんは「そんなの足を切っちゃえばいいじゃん」と軽く言う。

「簡単にいうけどこれステンレスでしょ」
「大丈夫、明日道具持ってくるよ」と翌日ごっついカッターを持ってきてテーブルの足を切ってくれた。
yoshi1.jpg
テーブルから足を取り外すよっちん。

yoshi2.jpg
家の外にある電源を拝借
yoshi4.jpg
4本の足を10分もかからず切ってくれた。
yoshi3.jpg
P-チャンもやってみる?て言われたけど、遠慮して、カメラマンとして火花を撮影する事に専念してみた。

ヤフーオークションで手に入れたコタツやソファーもそろい、我が家は旧P邸とは比べ物にならないくらい快適なお家になった。
アフガニスタン行きも当分先になってしまいそうだし、お時間ある人は是非遊びに来て下さい。

久保田弘信の作品ショップ








ネット難民

2011年02月02日 23:58

引っ越し、アフガニスタン行きの準備の毎日。
引っ越しして電話番号と住所が変わった事で数週間ネットが使えない状態が続いている。
今の時代ネットが使えない事がこれほど不便とは思わなかった。

引っ越し作業に続き、またまたダーツ仲間が助けてくれてドコモBF-01Bというワイファイルーターを貸してくれた。
引っ越しで出てきたお宝。
CanonEOS3発売記念キーホルダー

アフガニスタンには助けを待っている人が沢山いるのだが、ビザ取得に赤信号。
この10数年問題なくビザを取得できていたのだが、昨年、常岡さんが誘拐された事もあり日本人へのビザ発給がきびしくなっているようだ。

アフガニスタンに行きたくない、でも行ってあげなきゃという義務感。
なのにビザが取得できないジレンマ。

治安が悪いのは十分承知。
そんな中、国連やJAICAなどの大規模な支援から漏れた人たちを支援してあげる必要があるんだけど。
いつの世も国の思惑と国民の希望とは一致しないものかもしれない。

久保田弘信の作品ショップ













最新記事