スリランカ取材。

2010年06月27日 11:32

友人の一言で再びスリランカ取材に赴く事を決めた。

前回、スリランカを取材した時、南部での津波の被害、海外協力隊の活動を取材した。
その間にも北部の取材を試みたが北部に行くことはできなかった。
HQ2Y1070_.jpg

友人の協力で北部に入れることになった。
内戦が終結したなかで人々はどんな暮らしをしているのが。
バブニアのライン以上に北上できなかった国連機関やNGOはうまく活動できているのか。
取材してきたいと思う。

もうジャーナリストは引退と宣言していると、新たな取材のチャンスが舞い込んでくる。
とても有り難い・・・・が。
アフガニスタンでさえ取材結果を出せない日本。
スリランカは90%以上赤字。
それでも行こう。自分へのけじめの為に。

アフガニスタンの赤字も回収できていない状態でスリランカ行きのチケットすら買えない。
僕が長年使い続けたコマーシャル用の中判カメラMamiyaRB67professionalを売ることに決めた。
またまた相棒を手放すのは切ないが、これも運命。
デジタルと違い写真の楽しさを教えてくれるカメラです。ご希望の方は是非。
その他海外で購入したお土産も手放す事にしました。
詳しくは下記より。
久保田弘信の作品ショップ









スポンサーサイト

知らない番号からの電話。

2010年06月26日 11:51

Twtterに呟いた事だが、Twtterだと字数制限があり詳しい内容が書けない。
やはり、速報はTwtter。詳しい記事はブログという使い分けが必要なようだ。

突然134...という怪しい番号から着信があった。 日頃僕の携帯にかかってくる番号は98・・もすくは92・・。
1から始まる番号からかかってきたのは初めてだ。通知不能の番号を含めあまり良い電話ではないことが多い。

何処の国だろうと思って電話にでると、なんとニューヨークからの電話だった。女性の声で「コウスケの情報が知りたい」と話す。誰かと聞くと、CPJというジャーナリスト保護団体だという。
運悪く北海道の山に近い場所にいたため電波状態が良くない。

ただでさえ聞きにくいネイティブの英語。しかもとぎれとぎれ。
常岡さんの事は日本のマスコミで報道されている事しか知らないですよ!
と答える。

もしその他の詳しい情報が知りたいのなら文章にしてメールしてくれたら対応します。答える。
一緒にいた道新スポーツのカメラマンはビックリ「久保田君、いきなり誰とはなしているの?」。
折角、北海道に来ていたのに気分はアフガニスタンに戻ってしまった。

CPJという団体。僕は全く知らなかった。
ニューヨークに本部を置き、世界各地のブランチがあるそうだ。
アジアでは中国、台湾にブランチがあるが、日本にはまだないそうだ。
その理由は日本のジャーナリストが日本という国の圧力で殺されたことがないからだそうだ。

しかし、日本には記者クラブ制度があり。これは報道の自由と相反するものだと認識されているようで監視対象国になっているらしい。
これまた知らなかったが記者クラブ制度を導入している国は世界広しといえど日本を含めたった3国だそうだ。
残り二つの国はジンバブエとガボン。
これを聞くといかに日本が閉鎖的なジャーナリズムを育む環境にあるかが理解できる。

近年、フリージャーナリストが記者クラブ制度の壁を破り現場に入っていけるようになりつつあるが、それを実践している江川さんの話を聞いてもまだまだ壁は厚そうだ。



久保田弘信の作品ショップ





SPYSEE

2010年06月25日 14:43

SPYSEEという人物検索があり、その中に「あの人応援チアスパ」というコーナーがある。

http://cheer.spysee.jp/207

以前に登録して、あまり効果はないと忘れかけていた。

出張から帰ってきてメールをチェックすると匿名の方が応援アイテムを購入してくれました。
というメールが入ってきた。

匿名っていうのがまた嬉しい。
僕だったら、僕が応援したんだよ!って名前出したくなっちゃう。

日本のメディアを通して報道ができず、落ち込む毎日ですが、こうやって応援してくれる人がいると、
もう少し、もう少しだけ頑張ってみようと思える。

この場をかりてお礼。
匿名の方ありがとう。



久保田弘信の作品ショップ




札幌

2010年06月24日 10:55

二年振りに札幌を訪れた。
地元の友人と待ち合わせ、「ラフィラの前で良いですか?」とメールが来た。

ゴメンなさい僕ロビンソンデパートくらいしか分からない。と返信する。

ロビンソンが閉店されラフィラになったそうだ。
地下鉄ススキノ駅の目の前にあるデパートも閉店に追い込まれる。

郊外には新たに駐車場を完備したアウトレットができていた。



久保田弘信の作品ショップ










Twitterの力

2010年06月18日 14:58

これまた常岡さんがおしえてくれたTwitter。
アフガニスタンでの取材中も役だったが、帰国後もなにかと情報交換に便利。

城ヶ島へ行けば、近所の美味しい店を教えてくれる人がいたり、ブログを更新するとすぐに呟いてくれる人がいる。

ブログへのバナーの貼り方が分からないと書いてすぐにTwitter経由で教えてくれる人がいた。

教わった通り虹有社のバナーを貼ってみる。





初スポンサーになってくれた虹有社

2010年06月18日 13:25

写真集、僕が見たアフガニスタンを作ってくれた虹有社のバナーができた。
虹有社は僕の写真集の売り上げを還元してくれるというすごいサポートを打ち出してくれた。

えーっと。
どうやってブログでリンク貼れば良いんだろうー?

僕は出版社には恵まれているのかもしれない。
倒産してしまった平和出版、今回の虹有社ともに写真集は専門でない。
それゆえ時間をかけて良い物を作ってくれた。
kohyusha01s.jpg

虹有社HP


HTMLがわかる人助けてください。
上の二つを合体させる方法がわからない。涙!

どうも僕は撮影、取材以外は人並み以下の能力しかないようで・・・。
我が家にあふれる写真を整理してくれるアシスタント。
マネージャーを同時募集します。

とてもギャラが払える状態ではないので、アシスタントの特権は僕が撮影した生の写真に触れられる、ご飯がおごってもらえる。くらいです。

僕ができないことをマネージメントしてくれる人にはギャラの何割かをお支払いしたいと思っています。

一人の力じゃできることは限られているようで・・。
そっか~。だからみんな会社を立ち上げたりするんだ。

常岡さんの報道と初スポンサー。

2010年06月18日 02:50

常岡さんの事は毎日新聞のスクープであったためか、新聞とネット上での報道で終わってしまい、知る人ぞ知るニュースとなってしまった。
テレビとしては毎日新聞によりますと・・・。と報道できないようで。
独自のルートで裏を取る(常岡さんの直接の声を聞く、もしくは拉致したグループのコメント)が必要なようだ。

忘れかけつつも常岡さんの無事を祈る人は多いと思う。
誘拐されたとき、過熱報道ですべてのテレビ局が常岡さんのニュースをながしたのだがら。
ネットや新聞はチェックしないけど、テレビは見る人。
そんな人たちに常岡さんの生存が伝えられないのは悲しい。

常岡さんが誘拐されたとき、どの局が証拠をつかんでから報道しただろう?
誘拐された場所に関してもクンドゥスではなくお隣の州だと報道だれたこともあった。
生存さえ不明だった常岡さんが毎日新聞と直接電話で話した事はスクープ中のスクープだと思う。
毎日新聞のお手柄でもいいじゃない。
そんなハッピーなニュースは伝えようよ。

折しもアフガニスタンのカルザイ大統領が来日し、日本政府は4500億円ものお金をアフガニスタン支援に使うと明言した。
そのアフガニスタンがどんな状態で何が必要なのか。
そんな特集が組まれないのが不思議で仕方ない。
こんな状態じゃ国民はどういう風にお金を使ってほいか意見を述べる事もできない。

大切な事だけど視聴率が取れない。
そんな情報はテレビでなくネットで報道する時代になってきたのかもしれない。

それじゃあジャーナリストは取材費さえ稼げない。
仕方なく僕はスポンサーを募集した。
ブログ読者の人たちはツイッターでも呟いてくれた。本当にありがたい。

そして、期間限定ではあるが、初スポンサーが決まった。
虹有社。
僕の写真集を出版してくれた出版社だ。
出版社の人と偶然UNHCRで出会った事がきっかけで写真集を作ってもらう事になった。
本が売れないこのご時世、決して大きな出版社ではないが僕を応援してくれる。
まだバナーさえ出来ていないので、まずはリンクを

http://www.kohyusha.co.jp/books/afghandonation.html

ブログスポンサー募集。

2010年06月17日 16:30

常岡さんの無事が確認できて一安心。
今後、開放に向けてアフガニスタンに飛ぶ準備もしなければと思ったが、資金がない。

今回のアフガニスタン取材、60万円程出費して回収できたのは新聞2紙のギャランティーだけ。
往復の交通費にも遠く及ばない。

今朝のニュースでもわかるように多くの人が第一報を知ったのはネットニュースだと思う。
今やテレビや週刊誌よりブログやツイッターのニュースの方が早い時代になってきた。

それは良いことだが、僕達フリージャーナリストは収入源がなくなりつつある。
ブログで報道を続ける事はできるが、取材に行くことができなくなってしまう。

お陰様でこのブログは僕が日本にいるときでも一ヶ月に4~5万件のアクセスがある。
アフガニスタンからリアルタイムでブログをアップした3月は135,560件のアクセスがあった。
帰国後はさすがにアクセスが減ったが、アフガニスタンで新たな読者が増えてくれたせいか60,735件のアクセスがあった


テスト的に付けている広告へのクリックは一ヶ月で500~1000。

こんな時代にスポンサーになってくださる方が簡単に見つかるとは思いませんが、協力してくださる方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡下さい。
chobikun5@hotmail.com

そして個人読者のみなさま。
カンパとか苦手ですので、協力してくださる方は是非アフガニスタンのDVDや写真集などを買って応援してくれたらありがたいです。
久保田弘信の作品ショップ

アフガニスタンへ常岡さんを迎えに行ける日を夢見つつ。

常岡さんの無事確認。

2010年06月17日 03:50

ついに動いた! アフガニスタンで拉致された常岡さん。
解放に向けての交渉が始まった。という情報が入ってきていたが、本人の無事が確認できないでいたため、公表できすにいた。
ようやく安否が確認された。 毎日新聞が直接常岡さんと話したようだ。 取り敢えず、無事と確認できてよかた。

今までアフガニスタンで起きた誘拐事件と違い、犯行声明が出ていなかっかったため、常岡さんの安否がとても心配だった。
今は生きていてくれて良かったという気持ちで一杯だ。

常岡さんは犯人グループの要求100万ドルの支払、その他一切の要求に答えないで欲しいと話しているらしい。
要求をのんでしまうと、同様の事件がまた起きてしまうから、と。

つくずく常岡さんの強さに敬服する。
僕が誘拐されていて、はじめて日本人と話した時に常岡さんと同じ事が言えるかどうか自信がない。

アフガニスタンでの誘拐事件は要求がのまれるまで人質は大切に扱われる。

暑さが苦手な常岡さんの体調が心配だか、これで僕の一番おおきな心配事が一つ消えた。


久保田弘信の作品ショップ



アフガニスタン講演。上智大学にて。

2010年06月14日 16:51

AFG_0808w.jpg
首都カブール
何故かニュースにならないアフガニスタンの現状。

友人の常岡さんが誘拐された時、情報が定かでない過熱報道があっただけで、アフガニスタンがどんな状態になっているのか?何故誘拐事件が起きてしまう状態になったのか?そんな報道がない。

日本政府が「民政支援」をすると明言し、日本人が誘拐されてしまった国。
これほど日本と関係性が深いアフガニスタンの報道がない理由がわからない。

これはダメだ。と諦めている時に僕の友人が講演やりましょう~よ!と妙に甲高い声で熱く語ってきた。
僕としてはアフガニスタンに思い入れもあるし、常岡さんの事もあるから伝えたい。
でも、日本の人たちが知りたいと思っていないのに伝えようとしてもピエロだと思い始めていた。

友人は「そんな事ないですよ。知りたい人一杯いますから。僕が計画しますから」とまた甲高い声で。
そこまで言われちゃ・・・。友を信じてみよう。

そして学生の有志が集まり、6月19日の講演が決まった。
短い期間にそれぞれが役割分担をして、会場を決め、チラシを作ってくれ、講演後の懇親会の場所まで決めてくれ。

当日、舞台にあがるのは僕。
多くの力が集まり舞台を整えてくれたら僕はプロとして最高の仕事をする。

お時間がある人は是非足を運んでください。
僕の話だけではなく舞台を作り上げてくれた学生達の仕事を見て欲しいです。

場所は四谷駅のすぐ近く。
6月19日上智大学にて講演。(3号館3ー321教室)
開場17:30~。開演18:00?17:30~。開演18:00~

大学構内で講演しますが、一般の方も勿論参加できます。
詳しくはHPにて
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kubota-photo/index.html

久保田弘信の作品ショップ







飯島茜,ゴルフの話。

2010年06月14日 00:29

僕が個人的にもっとも好きなプレーヤー飯島茜が2年振りに優勝を飾った。
タフなセッティング、降りしきる雨の中の逆転優勝。

素振りも少なく、すぐショットを放つ。
パワーを感じさせるスイングではないが、そこそこの飛距離。
お手本になるプレーヤーだ。

コンディションが悪いなか馬場ゆかりが上位にいたのも印象的だった。
群雄割拠の女子で優勝するのは大変な事だと思う。
とってもプライベートな話しだけど。。
飯島茜おめでとう!


久保田弘信の作品ショップ









トラックバックテーマ 第980回「宇宙といえば何を思い浮かべますか?」

2010年06月13日 04:46

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「宇宙といえば何を思い浮かべますか?」です。「宇宙」・・・この響きで、色々な想像ができますね。水谷は「宇宙」が人一倍、大好きです。星空を思い浮かべる人もいれば様々なSF作品を思い浮かべる人もいると思います。水谷は、6月13日に地球に帰還する「はやぶ?...
トラックバックテーマ 第980回「宇宙といえば何を思い浮かべますか?」



大学時代に勉強したのが「宇宙物理学」。
夢は大学院で研究し、NASAで仕事をすることだった。
何故か今はジャーナリスト。

卒業後も物理学会誌が送られ来ていたが、10年で諦めがついた。
学生時代に仮説だった事が、ことごとく検証され理論物理学の世界は10年どころか、5年一昔。
本来なら宇宙開発はもっと進んでいる筈だったが、世界は燃料を戦争に使うミサイルに使用してしまい、宇宙開発は予想以上の遅れを呈してしまった。

人類の英知は果てしない探求心に使って欲しいと切に願う。

久保田弘信の作品ショップ











アフガニスタンのお話。新宿3丁目

2010年06月10日 12:45

明日、6月11日新宿、檸檬屋(新宿3丁目)にてアフガニスタンのお話しをします。
開場19:00~開演19:30~
HPに詳しい案内あり。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kubota-photo/index.html

帰国後、東京では初めてのお話し。
そして僕自身初めての飲み屋?でのお話し。
話しよりも映像を中心にアフガニスタンを知ってもらいたいと思います。
アフガニスタンに関心がありましたら、一杯片手に耳を傾けて下さい。


[アフガニスタンのお話。新宿3丁目]の続きを読む

「毎日RT」

2010年06月08日 17:51

【6/1創刊】「毎日RT」6月10日版に先日掲載されたeye(アフガニスタンの記事)が再掲載されます。eyeは中部圏のみカラーで関東は白黒でしたが、「毎日RT」はカラーで掲載。駅売り等はなく販売店のみでの販売だそうです。見逃した方は是非。

「毎日RT」はtwitterと連動している新たな新聞メディアのようです。
新聞離れが進んでいる現代に於いて、あらたなメディアになる可能性もある。

僕自身10日に買って読んでみます。

久保田弘信の作品ショップ










海の撮影。

2010年06月04日 23:25

このところ海の撮影が多い。
カメラマンで良かったと思うときだ。
IMG_0232.jpg
大学以来久しぶりに訪れた城ヶ島

IMG_0233.jpg
記念写真を撮ってみた


久保田弘信の作品ショップ

毎日新聞 eye

2010年06月02日 17:58

明日、6月3日毎日新聞の夕刊eyeにアフガニスタンの記事と写真が掲載されます。
友人が誘拐されたり、テロ事件が続発するアフガニスタンだが、
それだけではない、と知って頂ければ幸いです。


久保田弘信の作品ショップ



        


最新記事