イーグル

2010年05月31日 16:33

講演を企画してもらったり、写真集を販売してもらったりして御世話になっている村田プロからゴルフコンペの
お誘いがあった。

親指の骨折もほぼ完治したし、参加させてもらった。
一緒に回るメンバーはコースのメンバーさん、佐々木プロのお父さん(シングルPlayer)。
迷惑をかけないようにしなきゃと、一生懸命。
メンバーに恵まれたせいか、久しぶりにも関わらず好調なゴルフ。9番497ヤード、パー5。
ティーショットは芯をくい、最高のポジションへ。もしや!人生初のロングホール2オン?
セカンドショットは力んだせいかトップ、ボールは真っ直ぐグリーン手前で口を開けているバンカーへ。

奇蹟が起こった。
バンカーに入ったボールが勢い余って出てきた。
しかもピン側3メートル。
若干スライスのライン。
カップに届かないパットだけはするまい!と強めに打ったボールは吸い込まれるようにど真ん中からカップイン。

かくして人生初のイーグル達成。
ゴルフをしていたお陰で自分とは全く違う世界の人たちと出会える。
残念な事に貧乏ジャーナリストの僕は頻繁にラウンドできないが、誘われたらできるだけ参加したいきたい。
一緒にラウンドしてくれた人、誘ってくれた村田プロに感謝。

久保田弘信の作品ショップ









スポンサーサイト

沖縄基地問題

2010年05月28日 17:41

ミクシーニュースを見たら時事通信が下記のようなニュースを出していた。

「絶対引き受けない」「とんでもない暴挙」。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で日米両政府が28日、沖縄県名護市辺野古周辺への移設を明記した共同文書を発表したことに、名護市民からは激しい反対や怒りの声が相次いだ。

 沖縄戦で「ひめゆり学徒」として従軍し、悲惨な地上戦を体験した辺野古に住む宮城清子さん(84)。基地は戦争につながると指摘し「大反対だ。訓練による被害も予想され、絶対に引き受けるわけにはいかない」ときっぱり。この日午後、名護市で開かれる抗議集会に出席し、改めて反対の意志を示すつもりだ。

 移設反対を訴え、辺野古で座り込み活動を続ける市民団体事務局長の当山栄さん(69)も「地元合意なしで頭越しに決定するとは、とんでもない暴挙だ」と憤りをあらわにした。 

宮城さんは僕の大切な友人。
辺野古に行くといつもお茶ではなくコーラを出してくれる。
初対面の時は戦争の話しを聞くことが出来なかった。僕自身がアフガニスタン戦争から帰国したばかりで、戦争の事を聞かれるのがどれ程本人にとって辛いことか痛感していたから。

二度目会ったとき、辺野古の海岸から数分の宮城さんの家で戦争の話しを聞いた。
そのインタビューはムービーとして我が家にあるが、どこにも出していない。
「ひめゆり時代の友人が枕元に立って、なんであんただけが生き残ったの?と言うのよ」と話してくれた。
宮城さんは眼鏡を取って涙をぬぐわなければならなかった。
戦争で大変な思いをし、多くの友を亡くし、自分だけが生き残った事に自責の念を持つ。

宮城さんは「辺野古の海を埋め立てられて新しい基地ができるなんて死んでも死にきれない」と言った。
青春時代を戦禍の中で過ごし、戦後60数年を目の前にある基地と共に過ごさざるを得なかった宮城さんの人生を思うと、最後くらいは平和な日本を見せてあげたいと思う。

おばあ達の座り込みがあり、カヌーを使った阻止行動があり、小さな辺野古の町は基地賛成の漁師たちと反対の宮城さん達が挨拶もできないくらい二分化されてしまった。

イラク戦争に向かう僕に「いくさは本当に怖いから、もう行っちゃいかんよ」と行ってくれた宮城さんの言葉が今でも耳に残る。
このままでいいのだろうか。

久保田弘信の作品ショップ





宅急便

2010年05月25日 02:21

一人暮らしをしていると荷物を受け取るのが大変だ。
家にいないことが多く、不在票がポストに入っている。

不在票を見るとマイミクでもある僕の友人からの荷物だった。
出張が多く、ようやく今日受け取る事ができた。

中身は何だろうと見ると「靴」と書いてあった。
はて、僕、靴忘れていったかな~?と思って開けると新品の靴が入っていた。
IMG_7626.jpg
友人が送ってくれた靴

中には一通の手紙が入っていて「遅くなりましたが誕生日のプレゼントです」って。
やられた~!
何の連絡もなくいきなり靴を送ってくれるなんて、ちょっと格好良すぎる。

恐らく友人はアフガニスタンで最後の役割を終えた僕の靴のブログを読んでくらたのだと思う。
役割を終えた靴(過去ブログ)

僕のサイズなんか知らない筈なのに、ブログの写真から読み取って、同じメーカーの僕好みの靴を送ってくれた。
一年に一度会うかどうかの友人なのに。。。
有り難い。

今回もアフガニスタン取材で大赤字の僕。
さりげなく助けてくれる人がいるのが嬉しい。
ジャーナリストは引退するはずの僕だけど、この靴もいろんな国の大地を歩いてくれると信じる。

久保田弘信の作品ショップ









スロビで

2010年05月23日 21:10

ジャララバードから首都カブールに向かう時スロビを通る。
2001年スロビを通った時、偽の検問がありドライバーが「止まらずに突破した方がいい」と言ったので
一気に加速して検問を突破し、後ろからAKで撃たれ怖い思いをした場所。
スロビ7

平和であればダムがあり美しい景色が見られる。
ジャララバードから乗り合いタクシーに乗った。
スロビで休憩となり、一緒に乗っていたおじさんが軽く食事をしようと誘ってくれた。
スロビでおじさんと5
仲間意識を持ってもらいたくて一緒に写真を撮ったが、本当は怖かった
今見るとやっぱり笑顔が引きつっている。

もう一人の乗客と三人で軽く食べ、お茶をする。
おじさんはファルシーが殆どダメで、パシュトゥー語で誘拐、270000ルピーなどという。
もう一人が携帯で誰かと話しをして「日本人が。。。」なんて話している。
しかも!食事が終わると僕たちが乗っていたタクシーがいなくなっている。
スロビの景色を楽しむどころではなくなってしまった。
すぐにでもダッシュで逃げたい気持ちで一杯だった。

結果、僕は誘拐されず、おじさんは悪い人ではなかったようだ。
今までだったらこんなに疑心暗鬼にならなくても良かったのだが、この数年、誘拐がビジネスになりつつあるアフガニスタンでは警戒せざるを得ない。

途中、壊れた戦車がモニュメントのようになっている場所があり、子供が戦車で遊んでいた。
タンク


久保田弘信の作品ショップ
アフガニスタンの写真集、DVDあります。









良かった頃のアフガニスタン2

2010年05月20日 15:15

マザリ_IMG
マザリシャリフで記念写真。この頃はアフガニスタンを一人旅することができた。

兵士と
2008年ジャララバードの街中で会った兵士。気軽にインタビューし、銃を持たせてもらい記念写真

後何年待てば、再びこんな時期がやってくるのだろうか。











良かった頃のアフガニスタン

2010年05月17日 14:54

アフガニスタン戦争が終わり、02’、03’とアフガニスタンは良い方向へ向かった。
多くの難民が帰還し、新たなアフガニスタンを構築する夢を持って生きていた。

03’の後半くらいから突然アフガニスタン政府の内務省の力が強くなってきた。
今まで僕たちが泊まっていた10$以下の安宿の外国人が泊まれなくなった。
首都カブールでは街の写真を撮っているだけで捕まるケースが増えてきた。

夜、衛星携帯電話で日本と話していると警察に捕まった。→衛星携帯電話は建物の外でしか使えない。
言い訳する暇もなく警察署に連行されてしまった。
しかし、今思えば僕を捕まえた警察官の目はそれほど厳しいものではなかった。

警察署で尋問?「衛星携帯電話で誰と何を話していたんだ」。
「寂しくなっちゃって、日本の彼女(フィアンセ)と話していたんだよ」→当然そんな人はいない。
「そうか、お前も大変だな、後どのくらいアフガニスタンにいるんだ」と優しい目になりお茶をご馳走してくれた。

警察署にはとても古い機関銃が置いてあり、「あれ、古いし埃だらけだけど使えるの?」と聞くと。
「使う機会がないのが一番だけど、十分使えるさ!」と僕にも持たせてくれて一緒に写真を撮った。
hiro74.jpg

僕を捕まえた警察官は「何かトラブルがあったら俺の名前を言いなさい」。
と自分の名前を教えてくれた。
一人の旅人としてもジャーナリストとしてもとても過ごしやすかったアフガニスタンだ。

2010年、警察に捕まり、同じようにジョークでごまかそうと思ったが、今年の警察は冗談が通じなかった。
アフガニスタンの人たちが疑心暗鬼になり始めている。


久保田弘信の作品ショップ








取材結果の発表。

2010年05月14日 22:27

アフガニスタンを取材してきて。。ある面命がけだったにも関わらず未だに何も発表できていない。
これではフリージャーナリストが存続できる筈がない。

常岡さんの誘拐という大きな事件があってもマスコミはアフガニスタン報道に 着手しない。
テレビは誘拐から一ヶ月のタイミングでニュースをやりましょう。と言っていたがやはりボツ。

そんな中ようやく一つ発表媒体が決まった。
アフガニスタンの写真が某新聞の一面を飾ってくれる。

取材結果を発表することがいかに大切かを感じた。
自分のブログじゃダメなんだ。→制約がなさ過ぎる。

限られた紙面の中でアフガニスタンの事を伝える必要がある。
そう思ったときに取材を振り返り、読者によりわかりやすく伝えるためにどの写真を使おうか、どんな文章にしようかと思いを巡らせ始めた。

文章は好きかと聞かれれば好きだと答える。文章が得意かと聞かれれば苦手だと答える。
好きだけど苦手な文章を構築する作業の中で始めて今回の取材に足りなかった事に気がつく。

どれ程取材を重ねても発表していないジャーナリストは能力が伸びないんだと今回気がついた。
発表する段階になって始めて、「あのシーンの写真があればもっと伝わったのに」と感じる。
その経験がないと取材自体が自己満足になってしまう。

貴重な発表の場を与えてくれた新聞社の人に感謝。
直前になったら新聞名、発表日時をお知らせします。
名古屋ではカラーだそうです。

久保田弘信の作品ショップ







谷亮子 参議院議員に出馬

2010年05月11日 12:25

長年世界のトップに立ち続け、結婚、出産後も柔道界に返り咲いたすごい人。
僕は帝京大学の撮影をしていたので田村亮子の頃から彼女を知っている。
個人的には柔道家としての彼女を応援しているが、政治家としてはどうなのだろう。

彼女の人気、知名度を考えれば当選の確率は高いと思う。
政治家としてこれからやっていくのであれば応援もできるが、彼女は現役続行を表明している。

現在の複雑な政界で政治家としてやっていくには相当勉強をしなければならないと思う。
世界のトップで戦い続け、同時に政治家としてやっていくのは至難の業だろう。
僕個人としては柔道家の彼女を応援していたかったし、柔道家でいてほしかった。

政治家としての能力でなく人気で良いのだろうか。
日本の国民が政治に望むのは何なのか選挙の結果が示してくれるだろう。










秋川国際マス釣り場BBQ 速報

2010年05月09日 19:51

今回のBBQは初参加の人が多く、しかも!個性的なメンバーで盛り上がった。
ミクシーではなくブログ経由で知り合った人も参加してくれ、不思議なくらいみんな相性が良くて
帰国後、これ程笑った事はなかった。

IMG_0828-のコピー
一生懸命針を外す中島さん、それを見守る中島夫と僕。

IMG_0833.jpg
BBQ

IMG_0838-のコピー
ちくさんお手製のスモーク。

一つだけ残念だったのは直火によるたき火が禁止になってしまったこと。
秋川国際マス釣り場の人の話では東京都の通達だそうだ。
理由は環境汚染だそうで。薪や炭を使ってBBQをすることで環境汚染を引き起こすとは考えづらい。
ビニールやゴミを燃やすなら分かるが。。。
しかもレンタルのコンロを借りて、そこで炭を使うのはOKだそうだ。

毎回BBQ参加者でたき火を楽しみにしている人も多く、以外と火をつけるのが難しいのを実感できる良い機会なのに。
なんでも禁止にしていく日本ではたき火をすることさえ難しくなってきてしまった。

下記は参加者のコメント。

>ちく
今回もスモーク隊長として参加させていただきました
初対面のメンバーが多い中、皆さんすぐに打ち解けて楽しんでいました。
2次会恒例の鍋パーティも盛り上がってます。
次回も皆さんふるって参加ください。

>motoko
急遽初参加させて頂きまして、久保田さんのマス釣りご指導で、マス秒殺!
すっかり、楽しみました。
また次回参加したいです。よろしくお願いいたします。

>cosmos
友達の明日香と、今回はガトーショコラを持参しての参戦です♪
今回は次から次へとたくさん釣れて、明日香も非常に楽しんでおりました^^
ちくさんのスモーク、Hichaさんのタンドリーチキンやデザートなども美味しくて、幸せでした~(*^ー^*)
次回はリクエストにお答えして、チーズケーキ焼いていきます☆

久保田弘信の作品ショップ







秋川国際マス釣り場BBQ

2010年05月06日 17:45

GWがあけたばかりですが、本年度初の秋川釣りBBQへ行きます。
詳しくは下記にて
ミクシーのコミュ


参加表明はお早めに。
勿論誰でも参加可能です。

久保田弘信の作品ショップ






常岡さん情報

2010年05月06日 08:18

GW直前から突然常岡さんに関する情報が入り出した。残念なことにどの情報も噂レベルでしかない。 しかし、四月末まで全く新しい情報が入ってこなかった事を考えると何かが動き始めている可能性が高い。
裏が取れていない情報だけに公表するのはためらわれるが、入ってきた情報はどちらかといえばプラス材料になりそうな情報が多い。

僕自身帰国から一ヶ月でようやく日本に馴染み始めた頃だ。
しばらく何の情報がなかったのが、不確かな情報が入ってきて落ち着かないGWになってしまった。

今回の事件を複雑にした原因は間違いなく日本のマスコミにある。
静観すべき時期に情報を垂れ流し、日本全体で騒いでしまったためアフガニスタンでは常岡さんを拉致していないのに、俺たちのグループが拉致している!とグループがあちこちから出てきてしまい事件を複雑化してしまった。

常岡さんの取材目的、取材地、拉致された時の詳しい情報が入ってきて、発表しても常岡さんの安全に関わらない時期になったらマスコミはこの事件から手を引いてしまった感じだ。
僕のツイッターやブログを見に来てくれる人はほんの一部で、多くの人は無関心なのだろか。
少なくともこのブログでは確実な情報が入り次第また報告します。



久保田弘信の作品ショップ










    

P邸での飲み会。

2010年05月01日 11:17

P邸って何処?って思いますよね。
八王子にある我が家です。
ミクシーにあるコミュ、ピーちゃんと愉快な仲間達が集まる狭い家です。

年齢、仕事、みんなそれぞれの人たちが垣根なく楽しく語らえる場所です。
通常、秋川へのBBQの二次会に使用されるケースが多いですが、今回は友人のY君が写真を見せに来るので
突如飲み会に。

我が家も引っ越しが近く、後何回こんな集まりができるか分からないです。
GWが始まり忙しいかと思いますが、帰国後僕と再会していない人、会ってみたいと思う人は是非。
詳しくはミクシーのコミュにて

ちなみにP邸は翌朝まで解放します。途中で落ちて寝てしまうのもありです。

ピーちゃんと愉快な仲間達

ブログのアクセス。

2010年05月01日 04:37

4月一ヶ月のブログのアクセス数は135,560でした。
何度も見に来てくれた皆さんありがとうございます。
通常、一ヶ月で4万から5万のアクセス数なので、この一ヶ月のアクセスがいかに多かったかと思います。

アフガニスタン現地からのブログ、そして常岡さんにかんする情報が原因かと思いますが、
各種メディアよりtwitterやブログの情報の方が信頼性がありより早いと多くの人が気がついた結果かと思います。

twitterに関しては現地のシムカードを使えば今回のように拉致されそうになりながら呟く事さえでき、新たな情報発信媒体になると思います。
そのtwitterの存在を教えてくれ、現地のシムでアクティベートする方法を教えてくれたのは常岡さんだった。

常岡さんに関する新しい情報で確実な情報は入っていません。
20万ドルの要求があったとか、現在逮捕されている人の解放要求があったとか、色々な話し出てきていますが
未だにどのグループが拉致したのか分からず、正式な犯行声明が出ていない状態です。

当初、アフガニスタンの友人達とマスコミや政治的に騒がずに解放への道を探ろうとしたのに日本のマスコミが大騒ぎしてしまったため、実際には常岡さんを拉致していないのに便乗して要求を出しているグループがあると思われます。一番騒いではいけないときに視聴率の為にマスコミが騒ぎ、その後新しい情報が入ってもテレビでは報道しないというナンセンスな状態が続いています。
「次に報道するとしたら誘拐から一ヶ月の記念日ですかね~」とテレビ局。
今日は5月1日。
誘拐から一ヶ月を迎える。しかし、おそらく報道はないだろう。
文字だけでは語れない常岡さんがアフガニスタンで講演した内容や拉致されたときの情報がある。
僕のブログを見に来てくれている人たち以外は関心がないのだろうか。
多くの人が感心があるのにも関わらずニュースがないとしたら。。。
電波の力を使って誤解のないようにより多くの人に伝えたい。
どうしても無理な時は講演の場で伝える。

そうそう、僕が帰国したときに常岡さんのニュースをやろうかと企画があがったが、牛丼の値段が下がったというニュースに負けていた。
常岡さんか帰国したら一番に話してあげよう。「常さん牛丼に負けていたよ」って。

久保田弘信の作品ショップ







最新記事