名護市長選挙

2010年01月30日 13:44

投票率が76.96%の結果だった名護市長選挙。
辺野古への基地移設に黄色信号が点った感じだ。
まず、76.96%という投票率を考えたい。
自治体の選挙とはいえ、76%を越える投票率は県民の基地問題への関心の高さを示していると言えるだろう。

稲嶺進氏が当選した事によって市民の声は辺野古への基地移転を拒絶する結果となった。
問題はその後の国の動きだ。
官房長官は自治体への合意なしでも辺野古への移設もありとの発言。
これは自治体の76.96%もの声を国が決めたことだと無視する発言。民主主義はどこえやらだ。
そのご、各議員からバッシングを受ける結果となるが。官房長官が軽率に発言していい内容ではないと思う。

国と国の約束事として日米合意は勿論大切だと思う。
沖縄に基地を押しつけるという問題を棚上げにしたまま、合意したことに問題がある。

辺野古、キャンプシュワブ、名前だけが飛び交い実際辺野古がどのようになっているかを知る内地の人は少ない。
ヒメユリ学徒の生き残りのおばあが「私が生きている限り辺野古に基地は作らせない」と座り込みをし、
地元の合意が得られないまま基地建設にむけてのブイの投下などが始まると80代のおばあがカヌーに乗り
阻止行動を続ける。
辺野古の町は基地賛成派と反対派に二分され、小さな集落でであっても挨拶もできない状況に。

ジュゴンがいると言われる辺野古の海。
僕はジュゴンは見たことがないが、実際に潜ってみて透明度が高く珊瑚礁がきれいな海だった。
世界的に環境保護の動きが盛んになるなか、埋め立てをし、V字滑走路を作ったら、
辺野古の自然は戻ってこないだろう。
お金の問題もあり、当事者たちの苦悩ははかりしれないものがある。
沖縄の基地問題を日本全体の問題として考え直す時期が来たような気がする。

スポンサーサイト

アバター

2010年01月28日 02:17

お正月休みに実家の近くの弁護士事務所の事務のお姉さんを誘い映画を見た。
このお姉さん、かつて名探偵コナンに付き合ってくれた貴重な人材。

絶対アバターを見ようと思っていた訳じゃないが、話題になっているし一人で映画を見に行けない僕としては
一緒に行ってくれる人がいるチャンスに行こうと思った。
勿論、監督がジェームズ・キャメロンだとも知らなかった。
何度もブログに書こうかと思っていたけど、ネタバレになるのはイヤで書いていなかった。

どうやらタイタニックが1年半かけて作った記録をたった39日で更新するほどの話題作で、内容もボチボチ明かされ始めている。

僕の感想は「人は同じ過ちを繰り返す」。
と、ともに、惑星を開発する軍の指揮官を敵視するだけでなく、彼も命令で仕方なくとどれ程の人が思えただろうか。
そんなアバターに「アバター鬱」が続出のニュースが。
アバター

文明という恩恵にあずかったが故に我々がなくしてしまった自然との共存。
アバターを見て鬱になってしまった人たちは人として、というよりヒトとして一番大切なものを得られていない人たちだと思う。

ニュージーランドの先住民マオリ族を思い出したアバター。
改めて、もう一度見てみたいと思う。












mixiニュースの話

2010年01月21日 05:57

人間魚雷「回天」や航空特攻兵器「桜花」の胴体に、キューピー人形の顔をあしらった携帯ストラップが
全国の自衛隊基地内の売店などで売られていた。
・・・らしい!

mixiニュース

発案した人間、デザインした人間、そして販売しようとした人間の顔を見てみたい。
祖国を想い、家族を、恋人を守るために自らの命を犠牲にしていった人たちの切なさ苦しさを想像してみてほしい。
戦争という愚かな行為の中で命を落とす事がどれ程悔しいか。
僕自身、自ら望んで行ったイラク、その空爆の中で「これはもう助からない」と思ったとき
色々と思い残すことのないように日本で色々と会うべき人に会ってから行った筈なのに・・。
あれも、これもまだやりたい、もっと生き延びたいと苦しいほど思った。

戦後60年そこそこで人は戦争の悲惨さを忘れ始めている。

自衛隊の存在自体を否定するつもりはない、しかし自衛隊の専守防衛という理念が失われたら自衛隊は
自衛隊でなくなってしまう。
上記のようなグッズを販売しようと思いつく人がいる自衛隊は信用を失って当たり前だと思う。
しかも、現代に於いては情報は一瞬にして世界を駆けめぐる。
諸外国の人がこのグッズをどう思うだろう。

報道に圧力がかかれば、かつての大本営発表のような事も起こりうる。
ミクシーのニュースでこの件が取り扱われ、多くの人が知る事ができたのは
幸いだと思う。

繰り返すが自衛隊自体を批判する訳ではない。
残念な事に今の世界は軍隊なしでわかり合えるほど理想の世界ではない。
サマワで仲良くなった自衛隊員もいる。
統括する人間の思想が傾けば自衛隊全体が傾いて行く。
イスラム原理主義の自爆テロを批判する日本人なら・・・・・・。

床屋 Barber

2010年01月19日 17:57

海外に取材や旅行に出かけたとき床屋に行くのが楽しい。
言葉が通じない国で自分のスタイルを相手に伝えるのは結構大変。
日本の床屋もそうだけど、髪の毛を切ってもらっている間の世間話しが色々な情報をもたらせてくれる。
海外の場合は言語のギャップがあるが、それでも床屋に行って初めて得られる情報が多い。

僕の唯一の自慢は、かつてブッシュ大統領が「悪の枢軸」という烙印をおした3つの国すべてで床屋に行ったこと。
一番上手にカットしてくれたのは、実は北朝鮮だった。

やはりその国の流行のスタイルがあり、僕が襟足は長めに残して!とオーダーしたも見事に刈り上げてくれる
インド。
「長く残してって言ったじゃん!」というと笑顔でこの方が格好いいから心配するな。と言われたりする。
床屋0
タイの田舎メーホンソンで床屋に行った

昨日、近所の温泉に行き、温泉施設の中にある床屋に行った。
日本で床屋に行くのはもう、一年ぶりくらい。
たまたま担当してくれたおばさんが、なんと!僕の事を覚えていてくれた。
「そういえば、前回来たときも、海外でカットして変なスタイルにされたって言っていましたよね」って。
多くのお客さんを相手にし、使命制度なんかない床屋さん。
そのスタッフが1年以上前に来た僕を覚えていてくれるって、ちょっと嬉しかった。







Journalist Day

2010年01月12日 02:29

今日は中野サンプラザで未来のジャーナリストと出会った。
打ち上げでジャーナリストの湯山氏とジャーナリスト活動を始めた矢沢君に
会った。

その後、一駅移動して日本でも指折りのジャーナリスト常岡氏にとご相談。
ついつい時間が延び、京王線の終電を逃してしまった。
仕方なくJRで帰ることにする。

日頃乗らない電車はよく分からなくて、新宿で折り返し快速に乗る事にした。
どうも、そのまま豊田まで行って乗り換えた方が正解だったようだ。

疲れていた僕は座りたいな~と思い、なんとなくこの辺りが良いかな~っていう
場所から電車に乗り込む。

八王子も近くなったとき、僕の斜め前の人が読んでいる本が目に入った。
「中古マンションの買い方」
そんあ本もあるんだ~!
僕にも貸して欲しいな~と思っているとその人が降りるために立ち上がった。
なんと!よく見ればその人はこれまた日本で指折りのジャーナリスト渋谷さんだった。

電車のドアがしまるまでのつかの間の会話を楽しむ。

渋谷さん以外は出会うべくして出会ったジャーナリストだが、渋谷さんと出会ったときは年末ジャンボ
買えば良かったと思った。
間違いなくそれほどの薄い確率で出会った。

ジャーナリストを引退して平穏は生活を楽しみたいと思っているとこうなる。
まるで海外でわらしべ長者作戦が発動したときのような必然の流れを感じた。
僕のジャーナリスト人生の転換期が来ているのは間違いないと思う。
この出会いは僕をどの方向に導くのだろうか。







香港日記9

2010年01月08日 02:46

ネット環境がなく、しばらく更新できませんでした。

青衣の駅に帰ってきた。
なんとなく夕食を食べ損ねてしまったので、青衣駅の隣接したビルの食堂街で食事をすることにした。
ところが、クリスマスシーズンのせいかどの店も混んでいた。
ホテルへのシャトルバスの時間に間に合わせようとすると食事の時間は30分弱。
何故か香港でモスバーガーに入ることにした。
香港を初めて訪れたときマックには行っていたので。。。。今回はモス。
モスバーガーとポテトのセットをちょっぴり急いで食べる。
夜中にお腹が減るのがいやなので、夜食用にパンを買った。
日本にもあるようなトングで好きなパンをトレイに載せて買うお店。
またトラブルが起きた。
とても滑りが良いトレイからフランスパンが落ちてしまった。
僕は3秒ルールでトレイに戻し会計を。
レジにいた若いお姉さんが中国語で「そのパン落としちゃったでしょ~」と言う。
横にいたもう一人のお姉さんが「drop drop]と言う。
あら、見られてたんだ。恥ずかしい。別に大丈夫だよ。と言ったけど、
お姉さんが「ダメですよ、新しいのと取り替えてあげます」
と言って新しいフランスパンと取り替えてくれた。
なんか嬉しい。
ホテルに帰ってきて、パンの袋をみるとYAMAZAKI Bakeryと書いてあった。
何故か海外にいるとトラブルがトラブルにならない。
風景88
ホテルの窓から見える風景







香港日記8

2010年01月03日 14:08

香港の下町を感じられるのがモンコック。
日本の秋葉原のように電脳街が広がり、香港庶民の食事が食べられる。
通りは歩行者天国になっていて、携帯の宣伝ガールがいた。
これまた日本と同じように何人もの素人カメラマンが宣伝ガールを取り囲んでいた。
おたく04

近年、新しいビルが建ち少しづつ変貌を遂げている街。

MTRで一つ手前の駅がユーマーティ。
ここも香港庶民の生活が見れる。
エビワンタンか美味しい店も。
yu.jpg












あけまして!香港日記7

2010年01月02日 06:47

皆様、本年もよろしくお願いします。
香港から帰国したのですが、新年、香港日記の続きから。

今回、年末、クリスマスが近かったため香港のホテルは想像を絶するくらい高かった。
仕方なく青衣島のホテルに泊まり、クリスマスが過ぎ値段が下がってから中心部のホテルへ移った。

さすがに高価なっっっc→猫がタイプした。笑!
さすがに高価なカメラを持ってチョンキンマンションに泊まるのは気が引けたのでネットで安い宿を予約していった。
ところが!予約した宿はチョンキンマンションのすぐ近くの同じようなれレヴェルの宿だった。
IMG_0124.jpg
このビルにオフィスやゲストハウスが沢山入っている

部屋がボロいのは我慢できるけど、荷物が盗まれるのは困る。
下見に行った時にフロント?にいたオーナーらしき親父は今一信用できなさそうな雰囲気だった。
何がっていう理由はないんだけど、長年のカン。

あやうくカメラがなくなりそうなトラブルがあっただけに余計慎重になる。
宿代ケチってカメラやPCを盗まれたら元も子もない。
最悪は近所の多少高いホテルに泊まろうかと一晩かけてネットで候補を探しておいた。
同じホテルでも直接行くのとネットで予約するのでは値段が桁違いになることもある。
IMG_0125.jpg

チェックインの時にいた掃除のおばさん(フィリピン人)がとても良さそうな人だったので泊まる事に決めた。
一応エアコン付きの良い部屋。
雨が降り、寒い香港なのにエアコンは冷房しか使えない。
バックパッカーじゃないし、友人の結婚式に来たのにこんなホテルに泊まっている僕は・・・













最新記事