プノンペン、日本橋より

2009年08月31日 12:33

プノンペンに日本のODAで作られた橋がある。
昼は何かと忙しくて行く暇がなかったので、夜訪れてみた。
カンボジアにとても詳しい仲間のジャーナリストが鶏肉に見える不思議なフルーツをくれた。
ひろ橋








スポンサーサイト

カンボジアの大地

2009年08月27日 00:47

外国資本の流入によって急速に発展しつつあるカンボジア。
しかし、プノンペンを離れ地方に行くと未だにカンボジアらしい赤土の大地が広がっている。
砂、馬

HQ2Y3664.jpg








スラムの子供

2009年08月26日 19:03

前回の日記に出てきた子供の写真を追加します。
子供3

プノンペン市内のスラムを訪ねた。
スラムの細い通路で可愛い子供に出会った。
スラムの子供









Phnom penh

2009年08月24日 00:18

韓国資本が入り、高層ビルの建設ラッシュの首都プノンペン。
IMG_4554.jpg

スラムが壊され強制移動が進められるプノンペン。
IMG_4631.jpg








スワンナプーム空港より

2009年08月20日 18:37

朝4時前に起き、名鉄電車に乗り、中部国際空港セントレアに向かった。
セントレアを利用するのは勿論初めて。
名鉄新岐阜駅から1時間ちょいで快適に空港に向かう事ができる。
aozora.jpg
いつ見ても美しい飛行機からの景色
早起きしたため、TGの中では爆睡。
機内食こそ食べたものの、食後のアイスクリームを食べ損ねた。
機内食TG
TGの機内食はお洒落な味付けのチキン
同じ飛行機に偶然、鬼丸氏が乗っていた。
お互い名前は知っていたが会うのは初めて。
これも何かの縁かも。
oni.jpg
偶然であった鬼丸氏と久保田氏二人
スワンナプーム空港は沢山のワイヤレスネットワークがあるが、どれも有料。
苦労して無料の電波を探し当てて、この日記をアップしてます。
メール頂ければ、どこで電波を拾えるかお教えします。

二時間以上のトランジットでカンボジアへ向かう。






鳥越俊太郎、ジャーナリストの怒り

2009年08月15日 10:55

偶然見た、テレビ朝日のザ・スクープスペシャル。
第二の足利事件”は国家権力による殺人か!?
番組はこんなタイトルで始まった。

精度が低いDNA鑑定によって死刑が確定した久間三千年さん。
折しも足利事件のDNA再鑑定が行われ、菅家利和さんが無罪を勝ち取ったばかり。
当時の鑑定には問題があったことが分かったにも関わらず、再鑑定が行われることなく、
容疑を否認し続け、再審請求の準備を進めている状態で急ぎ足のように死刑が執行された。

我々は最後まで否認していた久間三千年さんの死刑を執行することの意味を考えなければならない。
この番組がなければ、事件の詳細、警察庁科学警察研究所のDNA鑑定に対する勇み足、様々な問題を知ることができなかった。

真実は分からない、もしかしたら犯人だったかもしれないし、真犯人がいたかもしれない。
真実に向かう努力を怠った、真実に向かう証拠をなくしてしまった国家権力。
しそて、再審請求が行われる直前に急ぐように判決から二年あまりで死刑を執行してしまった。
個別のケースにはコメントを差し控えさせて頂くとコメントした法務大臣。
これほど重要な事項にノーコメントで良いのか。

「疑わしきは罰せず」が基本原則ではないのだろうか。
鳥越氏は番組の中で裁判官の個人名をフィリップで公表し、「良心の呵責はないのか?」と問うた。
その時の鳥越氏の声は怒りに震えていたように感じられた。
社会的な影響力を考えると、とても言いづらい言葉を番組内で発した。
すべての責任を鳥越氏が負うという覚悟の発言だと思う。
その発言を許した番組プロデューサーはすごいと思う。

筑紫哲也氏が亡くなった今、鳥越氏のようにすべての責任を背負い発言できるジャーナリストが少なくなってきている。
ジャーナリストの報道を批判することは簡単。
しかし、報道によって初めて知ることが出来る事象が沢山ある。




台湾6ラスト

2009年08月13日 04:06

台湾の地下鉄に乗ると、板橋や府中に行ける。
ta34.jpg

台湾で生活していると健康に気を遣うようになる。
炭酸飲料をやめて、なんとなく健康によさそうなものを飲んでみた。
お味は・・・
ta4316.jpg

おもちゃ屋さんがあったのでお店の前で記念写真を撮ってみた。
日が高いうちから若い女性のお客さんがいたのがビックリだった。
ad、ショップW50













台湾5

2009年08月10日 03:36

龍山寺という台北市内のお寺を訪れた。
龍11
地下鉄の駅を降りると目の前にある龍山寺

台湾ではどこのお寺を訪ねてもいつも地元の人たちがお参りに来ている。
台湾の人たちの仏教に対する熱心さが伝わってくる。
龍山01
龍山95
龍山寺
お経と人々の熱気で見落としがちだが、お寺そのものの作りも非常に美しい











台湾4

2009年08月06日 20:48

台湾に先住民がいたことさえ知らなかった。
先住民が住んでいたウーライという場所へ行く事にした。

ウーライは温泉あり、自然あり、先住民達の生活を展示した博物館ありと見所が多い。
しかも台北から地下鉄をバスを乗り継いで2時間くらいで行ける。
う342
この赤い橋を渡るとウーライの中心部。

ウーライにはいくつもの温泉宿がある。
日帰り入浴の施設もあるが、まずは川沿いの露天風呂に行く。
ウーライ69
地元の人たちで賑わう露天風呂。

トロッコに乗り、奥に行くと豪快な滝を見ることができる。
IMG_4352.jpg
遊園地にあるような小さなトロッコで山奥へ向かう

トロッコに乗っている時間はほんの数分。
しかし、もうれつな暑さの中川沿いの道を歩くのは厳しいと思いトロッコに乗ることにした。
トロッコを降り左側を見るとそこには大きな滝が。
一緒に行った友人は「何処をみても日本と風景が似ていて安心するね」と感想をもらしていた。
滝54













台湾3

2009年08月03日 01:56

急いで台湾日記を書き始めた為、台湾到着のシーンを書き逃してしまった。
15:40イミグレーションを通り抜け、ターンテーブルの前に。
今回、短期の為、荷物は預けていないがターンテーブルの前を見るとそこにはビーグル犬が。
台湾の麻薬犬はビーグル犬。と思いきや、友人の話を聞くと食物検疫の為の犬らしい。
可愛いビーグル犬なのが微笑ましい。

空港ロビーはワイヤレスネットがつながる。
中国語の案内が出て、有料かと思いきや無料でネットできる。

初日の夜は台湾に住む友人がお勧めのレストランに連れて行ってくれた。
レストラン
台湾でも多くなってきた洋風の作りではない趣のあるレストラン

メニューは勿論読めないが、友人がお勧めの料理をオーダーしてくれた。
何年降りか忘れるくらい久しぶりの再会を祝して台湾ビールで乾杯。
さえこ
中国語でオーダーしてくれる友人。

昔話をしつつ台湾の夜は更けていった。










最新記事