FC2ブログ

チェコのワイン

2020年08月03日 15:31

日本人にとって有名なワインというと、やっぱり一番はフランス。
次にイタリア、スペインという順番だろうか。
東欧のブルガリアやルーマニアのワインも美味しいのだが、日本への輸入量はまだまだ少なく、知名度も薄い。
ワインの値段はその美味しさだけに起因せず、知名度などが大きく影響してくる。
と、いうことは同じ値段で知名度が低く美味しいワインに巡り会えれば幸せ。

オーストリアのワインはそこそこ有名だが、チェコとなるとワインのイメージを持つ人は少ないだろう。
そのチェコのワインに巡り合う機会があった。
オーストリアとの国境近くの村。

小さなホテルの地下にカーブがあった。
僕がチェコのワインを飲んで美味しい!と感動していたら、ホテルの人が地下のカーブに連れて行ってくれた。
IMG_1462.jpg
地下にはびっくりするくらいの広いカーブがあった。
レンガから水が滴り落ちていて、ちょっと肌寒い。
ワインが眠るには最高の環境。
IMG_1465.jpg
ホテルの人が樽から直接ワインを出して、何種類も試飲させてくれ、僕にも樽からワインを出すのを経験させてくれた。
あれこれワインを飲ませてもらい、なんだかんだで1時間以上カーブの中にいた。
IMG_1467.jpg
カーブを探検していて、年代物のワインが積み上げられているのを発見した。
IMG_1464.jpg
その中になんと!1945年のワインを発見した。
「これすごいじゃん、もし飲むとしたら、いくらかな〜」と聞くと、
「そんなのもうピーク過ぎちゃっているから、値段なんてつけられないし、こっちの方が美味しいよ!」と新たなワインを試飲させてくれた。
1945年のワインが気になって仕方ない僕。
ホテルの人が「そんなに飲みたいの〜」と聞いてきた。
「だって、この年代のワインなんてお目にかかれないし、僕は貧乏だけど100$でも飲みたいよ」
というと、ホテルの人は
「本当にワイン好きなんだね〜、良いよ開けてあげるよ」
「マジ、マジ?でもいくら?」と心配する僕。
ホテルの人は「言ったろう!こんなの値段つけられないよ」
それは貴重ですから。。
「つまりタダだよ」とカビがついたラベルを拭き、あっという間に抜栓してくれた。
1945年!
戦争の中でも生き延びたワイン。
もう限りなく水に近い味かと思いきや、ちゃんとワインの味だった。
例えようがないが、40年もののバローロを飲んだ時に近い雰囲気だったかもしれない。

ホテルの人ももちろんワインを愛していて、その歴史、時間をゆっくりと味わっていた。
今まで酔って、陽気に話していた3人が、1945年のワインを飲みきるまで、静かになっていた。
そうなれるメンバーだから開けてもらいたのだと思う。

日本人が訪れることがほとんどないであろう村。
そんな村で最高のチェコ人とチェコワインに出会えたことを幸せに思う。

久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ


Online Photo Exhibition
スポンサーサイト



友とワイン

2020年02月12日 19:21

ワイン
他のお酒と違ってちょっと面倒かも。
一番の難点は飲み頃。
ワインの種類によってはすぐに飲んだ方が良い物から、数年寝かせたほうが良い物まである。

そして、抜栓してからのピーク。
抜栓した時はアタックが強いが10分~20分くらいで美味しさのピークを迎える。
これもワインの種類によって様々。

そして、そして、どんな美味しいワインでも一人でボトル一本飲むと飽きてしまう。
二人で2本はいけるのだが。

我が家のセラーで4年程眠っていたオーディフレッド。
友人の誕生日のお祝いに開けることにした。
友人はレストランでバイトした経験があって、ワインが好きなので。
IMG_0867.jpg
オーディフレッドの ACブルはそんな目が飛び出るほどの値段ではない、が丁寧に作られた美味しいワイン。
平均樹齢60年のVV。この時点ですごい。
そして年間生産数900本の限定キュヴェ。
作り手は元DRCの社員。
それは美味しいでしょう。

900本しか作らないから、日本に輸入されてくる本数も限定される。
そんなワインはワインの味がわかる友と一緒でなければ飲めない。
ワインは、、一人寂しく飲めないお酒。
誕生日、一緒に飲んでくれた友人に感謝。




久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ




一目惚れ

2014年11月13日 07:30

ワイン屋さんを訪れると棚に置いてあるワインではなく、セラーに大切に保管されているワインを見る。
勿論、僕のお財布では買えないワインばかりが入っている。

そんな中にカレラのジェンセンを見つけた。
ジョシュセレクションとはいえ、間違いなくジェンセンの譜系。
w0229.jpg
カレラのジェンセンが置いてある事自体が珍しい、しかもラップに包まれ、大切にセラーに寝かされていた。
w0230_20141113015519eb7.jpg
酒屋さんのカレラに対する想いが感じられる。
ロマネコンティの畑から持ち込んだクローンで作るカレラが美味しくない訳がない。

元来、惚れやすい性格の僕。
カレラに一目惚れしてしまった。
惚れやすいが、決断力のない僕。
セラーの前を三往復。

今日出会えたのは運命、忘年会や新年会でワイン好きの友人達と飲む機会があるだろう〜!と理由付けして購入。
ワインはいち早く我が家のセラーに寝かせてあげたいので、日頃写真は撮らないのだが、季節も良いので久しぶりに写真を撮った。
w0232.jpg
現在我が家には3本の秀逸なワインがある。
一本は先日の結婚式で新郎新婦から頂いたセントラルコーストのワイン。
そして、年間生産数僅か900本のオーディーフレッド。
そして、一目惚れしたカレラ。
w0231.jpg
本当のワイン好きが集まったら、この3本を飲み比べるのも楽しいと思う。
ブルゴーニュのスッキリした味とカルフォルニアの濃厚なピノ。

実は最もやってみたい飲み比べは同じカレラのリード、ジェンセン、ミルズ、セレックの飲み比べ。
いつの日かそんな贅沢をしてみたいと思う。
人生最後の夢はワインバー(ギャラリーバー)を開く事だと思っている久保田。


久保田ショップ



オーパスワン

2013年02月05日 11:40

静岡に写真家の友人がいる。
友人と言っても僕より年上の人生の先輩なのだが、友人。

海外取材の前には必ずのように静岡を訪れている。
特に危険度が高い取材の時は。
「クボちゃん、行く前にオーパスワン飲ませてあげるからおいで」と誘ってくれた。
チケットの手配などを済ませ、ダッシュで静岡へ。
「何年のが飲みたい?」ってセラーを開けてくれたが、ブルゴーニュならいざ知らずナパバレーの当たり年はまったく知らない。僕は「何年でもいいですよ、飲み頃のを選んで下さい」と。
僕の友人、小口さんはこういう時ケチらない。
グレートビンテージと言われている1995年のオーパスワンを出して来てくれた。
IMG_3412.jpg
僕のワイン人生でボトル価格が2万円を上回るワインを飲むのは勿論初めて。
IMG_3413.jpg
せっかくなので抜栓させてもらったが。。
IMG_3423.jpg
コルクがとても柔らかい、慎重に抜いたものの、見事に折れてしまった。
IMG_3426.jpg
デキャンタした方がいいよ。と言われ、デキャンタしつつも少しだけグラスにもらった。
普段ピノノワールを好んで飲んでいる僕としてはカベルネ主体のオーパスワンの香りが想像できなかった。
その香りは僕の想像を越えていた。
95’のオーパスワンはマルベックが2%入っている。
お味は。。95’という熟成されたビンテージの特徴もあるのか、とても優しい貴婦人のようなワインだった。
30分経っても、一時間経っても香りが立ち上り続けた。
さすがに世界にその名をとどろかせるオーパスワンだけの事はある。
IMG_3428.jpg
僕の後ろにいるのが友人の小口さん。
小口さんのお弟子さん二人も一緒にのんでいたので、もう一本飲みましょう〜よ。とセラーをのぞき、僕好みのヴォーヌロマネを出して来てしまった。
これまた小口さんこだわりのワインで、ドメーヌ・ロベール・シルグという小規模のワイナリーで40人もの人員を動員し、手作業で収穫作業を行っているこだわりのワイナリー。
化学薬品を使わないリュットリゾネで手間はかかるが、優しくブドウを育てている。
オーパスワンとヴォーヌロマネ、そしておつまみは小口さんお手製の牛タンやチーズ。
なんとも贅沢な送別会をしてもらった。
IMG_3430.jpg
締めは夜中のラーメン。
小口さんと、お弟子さん、友と飲むワインは最高だった。


久保田ショップ



オーパス・ワン

2012年12月07日 02:31

ワイン好きなら一度は聞いた事がある有名なワインオーパス・ワン。
ボルドーで有名なシャトー、ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロートシルト伯爵とカリフォルニアワイン最高峰のワイナリー、ロバート・モンダヴィが、カリフォルニアで本格的なボルドー・テイストのワインを造ろうと立ち上げたワイナリーがオーパス・ワンだ。

広島のとある飲み屋さんの棚にオーパス・ワンを見つけた。
広島の友人達と美味しい店で飲んだ後の二次会だった。
酔ったノリで「オーパス・ワンいくらで出しているんですか?」と聞いてみた。

お店のママさんは値段が分からないと言った。
「僕と彼で1万づつ出すからあけてもいい?」なんて冗談を。
お店のママさんはワイン一本にそんなに出してくれるの?という表情で値段を調べに行き、
「8万円です」と教えてくれた。
僕以外の人はワインに詳しくなく「えろう高いワインじゃの〜、そりゃ〜簡単に飲めんな〜」と盛り上がった。

ママさんは「2008年は貴重で、もう手に入らないから高いんです」と教えてくれた。
そんな事ない筈と思いつつも、「そんな貴重はワインを白熱電球の下に置かない方が良いですよ」と僕。

ホテルに戻って調べてみたら、08’のオーパス・ワンは普通に手に入る。



とても雰囲気が良く、素敵な店だっただけにワインをこんな風に扱っているのがとても残念だった。
お店がワインをどんな値段で販売しようが自由だが、希少価値の無いワインを希少だとウソをつくのは良くない。
どこかのお金持ちがこのオーパス・ワンを8万円で開けたとしても、あの管理状態ではその味にがっかりするのではないかと想像する。
ワインって高いだけで美味しくない、そんなイメージを作り出してしまうのが悲しい。

一緒に飲んだ広島の友人達は僕の何十倍も稼いでいる凄い人達。
酔ったノリで一人1万出して飲みましょうよ。と言えるくらいだった。
オーパス・ワンは気軽には飲めないワインだから。。。同じカリフォルニアのオーボンクリマを飲もう。


最新記事