fc2ブログ

京都追憶の旅15寺町、河原町

2021年08月04日 18:59

京都の中心部、寺町そして、河原町。
019A0934のコピー
バスで移動する時の起点にもなるので、京都に来ると一度は立ち寄る場所。
昔から変わらぬ店があり、懐かしく思う反面、新たな店も多くなってきた。
wA0933のコピー
河原町のパチンコ屋屋さんの前にひっそりと石碑があった。
近江屋事件跡地、坂本龍馬と中岡慎太郎が殺害された場所。

近年、石碑が少し移動し、坂本龍馬と中岡慎太郎2人の写真が置かれてあった。
それでも気がつく人は少ない。


久保田弘信の作品販売ショップ

新作ネコ写真集。
新作ネコポストカード有り。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界のいまを伝えたい [ 久保田弘信 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/29時点)



スポンサーサイト



京都追憶の旅14 下鴨神社

2021年08月04日 08:00

下鴨神社も訪れるのは20年ぶりくらい。
下鴨神社2のコピー
学生の頃のイメージと全然違って、かなり綺麗になった感じがした。
学生の頃の写真がないから、実際に綺麗になったのか、僕のイメージなのかわからない。

一つ言えることは、真夏の暑い京都、決して涼しいとは言えないが、下鴨神社の中は空気感が違っていた。


久保田弘信の作品販売ショップ

新作ネコ写真集。
新作ネコポストカード有り。




京都追憶の旅13 天龍寺

2021年06月17日 14:58

久しぶりに訪れた嵐山。
渡月橋の近くで川面を眺めながら抹茶ソフトを食べた。
人も少なく、落ち着いた雰囲気を味わい、少しウトウトとした。

せっかくなので、天龍寺に行ってみることにした。
嵐山を訪れるのが十数年ぶり、もちろん天龍寺もそのくらいご無沙汰している。
019A0623.jpg
天龍寺だと一目でわかる独特の建築様式。
眩しくて目が開けられなかった。

その昔、歴史で習った天龍寺船と言うものに興味があって天龍寺を訪れた。
元に船を出してまで建築したかったお寺とはどんなものなのか。

僕が若かったこともあり、天龍寺に人が溢れかえっていたこともあり、天龍寺の良さはそれほど感じられないでいた。
019A0638.jpg
コロナ渦、夕方と言うこともあって、天龍寺は今までと比べ物にならないくらいひっそりとしていた。
IMG_1303.jpg
以前なら記念写真を撮る人で溢れかえっていたお庭に面する廊下も人がいない。
IMG_1308_20210617144405e6d.jpg
様々な場所からお庭をゆっくり見ることができた。
IMG_1310.jpg
畳に座ってお庭をゆっくり眺めた時、初めて夢窓疎石が作ろうとした曹源池庭園を感じることができた。
夕方、16時近くに入ったため、小一時間しか滞在することができなかったが、これほど静かな天龍寺なら半日お庭を眺めていることもできると思った。

四方に開け放たれた障子、新しいままでなく、人々が踏み、座った畳。
ここで茶を振る舞ってもらえたら、どれほどの幸せかと思った。

観光客が少ない京都で、新たな発見があった。
この一度の感覚があれば、再び混雑した天龍寺を訪れても、お庭の良さを感じられると思う。
追憶の旅が新たな発見をもたらせてくれた。


久保田弘信の作品販売ショップ

新作ネコ写真集。
新作ネコポストカード有り。

base.jpg

京都追憶の旅 12 円山公園

2021年06月16日 12:42

八坂神社の奥に広がる円山公園。
w円山公園
今までも何度か訪れたことがあるが、写真の池のあたりまでしか行ったことがなかった。
次の打ち合わせまで2時間ほど時間があったので、円山公園を散策してみた。
wG_1260.jpg
何十年も京都を訪れていて、円山公園の奥の方に坂本龍馬と中岡慎太郎の銅像があると知らなかった。
近くに閉鎖されてしまった茶店があって、お店の前に自販機があったので缶コーヒーを一本買い、
ベンチに座って読書をしてみた。

観光で京都を訪れてる時にはほぼ不可能な時間の使い方。
鳥の鳴き声を聞きながら、京都の空気の中で読書できる贅沢を満喫した。


久保田弘信の作品販売ショップ

新作ネコ写真集。
新作ネコポストカード有り。

base.jpg

京都追憶の旅10、人が少ない京都

2021年05月29日 17:26

いっとき外国人で溢れかえっていた京都。
マナーをわきまえない外国人も多く、大きなスーツケースを持ったままバスに乗ってきたりして、京都の人たちの日常生活が脅かされる程だった。
一方で観光都市京都がインバウンドに頼っていたのも事実で、外国人目当てに新たに建設されたホテルも多い。

コロナの影響で外国人はもとより、日本人の観光客で京都を訪れる人も激減した。
IMG_1153.jpg
清水寺へ向かう坂はどこも人とぶつからずに歩くのが困難だったが。。
静かな京都が戻ってきていた。
IMG_1152.jpg
滝に向かう階段の影に惹かれた。
以前ならこんな場所で写真を撮るのはほぼ不可能だった。
IMG_0698.jpg
加茂川にかかる橋も閑散としていて、川沿いの河床も営業していないところが多い。

緊急事態宣言が出された後の祇園はゴーストタウンのように暗く、人もまばら。
静かな京都はありがたいが、緊急事態宣言が延長され、商売をしている人たちはもう持たなくなってきている。
「闇営業」でアルコールを提供する飲食店が出始めたかと思っていたら、「闇」ではなく堂々とアルコールを提供する飲食店も増え始めている。

飲食店に支払われる支援金の2月分がまだ入ってこない、そんな状態では営業せざえるを得ないと思う。
とある飲食店のマスターが言った
「公務員の人たちは給料が遅れたことないでしょ〜。仕事に家賃はかからないし、わしらは店舗に家賃が必要で、
アルコール禁止、そしてお金入らない、ど〜しろっていうねん」

ランチタイム、リーズナブルな蕎麦を食べようと
僕が通っていた寺町通り奥の蕎麦屋に行った。
あれ、この辺だったけど、、と二往復。
019A0502.jpg
方向音痴の僕、場所を間違えたかと思っていたら、、
蕎麦屋は閉店に追いおこまれ、管理物件の看板が。。

僕の大好きな京都、その老舗が消えていってしまうのは悲しい。


久保田弘信の作品販売ショップ

新作ネコ写真集。
新作ネコポストカード有り。







最新記事