支笏湖

2016年08月06日 11:27

北海道、お仕事&友人たちとの再会ツアー。
あれこれ日程をタイトにしていたのだが、半日オープンな日ができた。

札幌からぶらり支笏湖へ行ってみた。
HIRO2683.jpg
シーズンオフに行けば駐車場はタダなのだが、ハイシーズンは420円。
せっかく来て、420円をケチってはいけないと思い車を駐める。

ま、お昼ご飯たべようにも湖畔にしかお店がなくて車駐めるしかなかったのだが。
20年前、バイクで北海道をまわり、汚い格好で支笏湖を訪れたことを思い出した。
今回は小綺麗な格好でレンタカー。

時が経ち、訪れる方法、服装だけじゃなく、一人で支笏湖を眺める気持ちも大きく変わった。
激動の20年、バイクで来た頃は一人で支笏湖を眺めて、支笏湖以外のことを考えていなかった。
今は、北海道で大自然の中にいながらも海外にいる友のことを思ったり、この瞬間にも彼らは。。
などと思ったりするようになってしまった。

再び支笏湖へ帰って来れたことに感謝しるつつ、僕が昔から通っている丸駒温泉へ。
DSCN3524.jpg
支笏湖と同水位にある露天風呂。
湖との間に長方形の池みたいなのができていた。

その昔、温泉に入って熱くなった体を冷やすために支笏湖へ入り泳いだ記憶がよみがえる。

その分、一階の温泉に濁り湯があり、そこのベンチから裸のまま支笏湖を眺めることができた。
DSCN3535.jpg
お天気良く、平日とはいえ、何人もの温泉客がいた。

温泉って他のお客さんと仲良くなれるのがよい。

かなりのおじいさんが友人に付き添われ、湖畔の肩まである深い露天風呂に入ってきた。
「いや〜水圧が大変だわ、年寄りにはこたえるわ〜」
先に入っていた若者が、「まだまだお元気じゃないですか〜」と話しかけた。
僕も同じことを言おうかと思ったが、すぐには言葉がでなかった。

若者の言葉をきっかけに温泉の中に仲間意識という空気がながれた。
若者は東京から、おじいさんたちは茨城からきていた。

おじいさんたちは相当な温泉通なようで、「昔はこんな池なくて、支笏湖で泳げましたよね〜」と僕がいうと、
「毎年変わっていっちゃうよ、昔丸駒温泉は船で入りに来る秘境だったんだよ〜」と教えてくれた。

ほんの半日のフリータイム。
懐かしさに出会え、人に出会えてよかった。


久保田ショップ
スポンサーサイト

東北の渓流

2015年09月24日 07:10

取材で東北を訪れた。
移動の合間に渓流に入ってみた。
DSCN3264_20150924021638a40.jpg
車を降りてすぐに入れる渓流。
こんなところじゃお魚さん釣れないだろうな〜!と思いつつも散歩がてら竿を出してみた。

関東近県ではありえないことだが、わずか10分ほど、淵二つ分で4匹のイワナが上がった。
DSCN3275_201509240216397ff.jpg
しかも、そのうち一匹は尺イワナ。
半日釣ったら何匹あがってくるだろうか。
残念なことにそんな時間はなく、仲間と食べられる4匹で終了。
DSCN3282-(1).jpg
その場で美味しく頂きました。
東北の自然の豊かさは僕たちの想像以上だ。
20代の頃、僕に渓流釣りを教えてくれたカメラマンの先輩に感謝。


久保田ショップ

京都の夜

2015年09月22日 08:00

京都を訪れた時、和歌山の帰りだったから大荷物を持っていた僕。
京都駅のコインロッカーに荷物を預けようとしたが、何故かタッチの差で外国人にロッカーを先取りされ、
なかなか空いているロッカーが見つからなかった。

なんとか荷物を預け、京都の友人と広隆寺〜六波羅蜜寺近くのコロッケ屋さんへ。
久しぶりの京都

別の友人と一杯やる約束があったので、ダッシュで京都駅に戻る。
そこで、あれ?
ロッカーどこだっけ?
何度も入れようとしてダメであちこち回ったからロッカーの場所を忘れてしまった。

京都駅の一階、地下のポルタ街、僕のキー番号が見つからない。
観光案内場に聞いてみよう、終了していた。
駅前の交番、「さ〜さすがにロッカーの位置はわかりませんね〜」

友人も一生懸命探してくれているが、見つからない。
最後に思いついたのがJRの改札の人。
無理だろうと思いつつ聞いてみると、京都駅周辺のロッカー地図をもっていらっしゃった。
僕のキーナンバーから一生懸命探して、丁寧に教えてくれた。若い駅員さん。

自分の想像よりポルタ街の西の外れのロッカーだった。
IMG_0816.jpg
友人を待たせるし、ロッカーは見つからないし汗と冷や汗をかいた。

気を取り直して、友人が教えてくれたバーへ。
IMG_0817.jpg
ウィスキーが豊富なバー。
僕が知らないお勧めのアイラのお酒を頂いた。

観光に付き合ってくれた友、ロッカー探しと素敵な一杯に付き合ってくれた友に感謝。


久保田弘信の作品ショップ


福岡空港

2015年03月26日 01:01

定刻より5分早い19:35に福岡空港に着陸した。
国内線なので荷物は預けていない。
w0349.jpg
地下鉄に乗って博多駅へ向かう。
背もたれがかなり心地よい。
そして、出入り口近くの2席が頭まで心地よい。
東京でも是非導入してほしい。→爆睡モードになる事間違いなし。

福岡空港は街に近いのが良い。
地元の人曰く世界で一番街に近いとか。。
世界一番でなくても、日本では間違いなく一番だろう。

19:35に着陸した飛行機。
地下鉄に乗り20:05には博多駅に着いていた。
飛行機を降りてからでなく、着陸した時間から30分後に街中にいる事ができる福岡ってすごい。




オデッサ

2014年10月12日 03:12

ピースボートが世界を回る。
今回も800人以上の乗客がオデッサに降り立った。
個人で観光に訪れる機会が少ない国程、ピースボートの出番。

多くの日本人がオデッサに降り立ち、オデッサを肌で感じ、日本に、次の国に持ち帰る事が友好につながる。
w2813_20141011224506028.jpg
ピースボートが停泊した港の目の前にポチョムキンの階段がある。
「戦艦ポチョムキン」で一躍有名になった階段らしいが、父親が見ていて横で見たようが記憶があるが、
内容は全く覚えていない。
帰国したら見てみようと思う。
w2816_201410112245303dd.jpg
長い、長い階段を登りきるとオデッサらしい風景が広がっている。
w2830_20141011224507c62.jpg
ピースボートのスタッフと一緒にいたので、一応、観光っぽい写真を撮ってもらった。


久保田弘信の作品ショップ




最新記事