FC2ブログ

X線セーフィティーケース

2019年09月13日 21:53

今年も夏が終わり、あっという間に秋〜冬へと突入していく。
もう、扇風機はいらないし、秋冬物の衣類を出さなければ、と押入れを除くと、
昔使っていたX線セーフィティーケースが出てきた。
IMG_5836.jpg
アフガニスタンからイラク戦争まではこのケースにフィルムを一杯に詰め込んで、一回の取材で100本のフィルムを持ち歩いていた。

フィルム一本が約800円、現像代も約800円。
36枚の写真と撮影するとおよそ1600円が必要となる。
そんなフィルム時代を生きてきたカメラマンはデジタル時代になっても連写をあまりしない。

僕たち世代のカメラマンはデジタルがなくて、オートフォーカスがなくなれば、間違いなく仕事が倍増する。
技術の進化はカメラマンを職人技を必要としない時代へ向かわせた。

もちろん、悪いことばかりでなく、デジタル時代の恩恵は大きい。
今や、目に見えないものさえストロボなしで写せる時代がきて、メモリーカードも安くなってきて、カメラ本体は高いものの、一回の取材にかかる経費は格段に安くなった。

僕とあちこちの国を旅したX線セーフィティーケース。
もう、2度と使うことはないと思う。
勿体無けど、燃えないゴミかな〜。
と、ケースの中に未使用のフィルムが入っていた。
IMG_7344.jpg
RVPベルビアだ。
今では考えられないことだが、ISO感度はなんと50。
ちょっと暗くなれば撮影できず、だからこそ、明るいレンズも必要だった。
我が家から出てきた、最後のフィルム。
果たして、どんな発色をするのか、、撮影してみようと思う。

久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス

スポンサーサイト



ゴゾ島の石壁

2019年09月03日 11:45

ゴゾ島の港から町の中心部に向かう道に古い石壁がある。
AK3I3639.jpg
別に観光名所って感じの場所ではないけど、なんとなく気になって、車を停め、草原を歩いて近づいてみた。
AK3I3641.jpg
石を組み上げ、アーチ状になっている。
AK3I3642.jpg
足元を見ると白い花。
誰もいない一人だけの場所。
ペットボトルのドリンクを飲みながら、しばし、空を眺めていた。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ


マルタ・ゴゾ島の夕日2

2019年08月28日 02:01

ゴゾ島、最初の夕日。
雲一つない晴天に恵まれ、水平線に沈むまで夕日を見ることができた。
連続写真で。
1AK3I3627.jpg

2AK3I3628.jpg

3AK3I3629.jpg

4AK3I3630.jpg

5AK3I3630.jpg
何を考えるでもなく、ひたすら、沈みゆく夕日を満喫した。

久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス



マルタ・ゴゾ島の夕日

2019年08月26日 23:40

ゴゾ島北端の海には夕日を眺めるために集まった家族づれで賑わっていた。
AK3I3609.jpg
とても夕日までは待てないと思っていたが、あちこち写真撮っていたら、あっという間に夕日の時間になった。
AK3I3604.jpg
夕日はここからが早い。
幸い雲もなく、水平線に沈む夕日が見れそうだ。

続く


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ





ゴゾ島の海へ

2019年08月25日 18:35

ゴゾ島のゲストハウスにチェックインを済ませ、宿のオーナーにオススメの場所を聞いてみた。
北側の海、夕日が綺麗だよ〜!と教えてもらい、レンタカーで向かう。

小さな島国のマルタ。
ゴゾ島も小さな島で、ちょっとくらい道を間違えても、すぐに目的地に行くことができるのがありがたい。
3590.jpg
青い、どこまでも青い海。
AK3I3591.jpg
その岩場に波がうちつけていた。
AK3I3595.jpg
のんびりしながら、日が沈むのを
待ってみた。
こんなゆったりした海外もたまには良いと思う。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ




最新記事