fc2ブログ

ルワンダ日記 06

2024年02月29日 16:57

エチオピア航空、飛行機の中。

うとうとしつつも周りの動きを感じてしまう僕。
ギャレーの方でCAが動く気配を感じて目を開ける。
どうやら朝食の準備をしているらしい。
朝食81
朝食です!
日本を出てから何度目の機内食か、、もう数えられなくなってきた。
これまた僕としては人生初!
機内食で温かいワッフルが出てきた。

もう食事はいらないかも、、って思っていたが、ワッフルを完食。
食べきれなかったパンはバッグに入れてお持ち帰り、こんな時もフードロスを考えてしまう貧乏性な僕。
(海外ではこの持ち帰ったパン一つで助かった経験も多々ある)

ミッションインポッシブルの最新作でもあれば映画を見たかもしれないが、、僕が見たい映画は入っていなかった。
個人的には映画より食事とフライトのお値段の方が重要なのであまり気にはしない。
それ故、モニターはずっとフライトマップ。
IMG_6583.jpg
フライトマップを見ると、飛行機は紅海を抜けアフリカ大陸に入りかけていた。
懐かしい、イエメン、サヌアという地名がモニターに現れ、ちょっと切なくなる。
アフガニスタンと同様10年間通い続けたい国だが、今の僕にはそんな力はない。
絶景の船旅 】 スエズ運河の旅 パレスチナ・イスラエルの戦争によって通れなくなりつつある航路。

パレスチナ・イスラエル戦争の影響でフーシ派が船舶の航行を妨げる動きをしていて、海運の要所であるスエズ運河〜紅海のルートが通れなくなり、喜望峰周りという、とんでもない遠回りをしなければならなくなっている。
コロナで3年間海外に出れないうちに世界はどんどん悪い方に進んでしまったように思える。

12時間半のフライトは結構心配だった。
ヘロヘロになるかと思いきや、予想より元気な状態でエチオピアに到着
だいぶ歳をとったけど、まだまだハードな移動に耐えられる事がわかり、ちょっと安心。
そこにはSFC(スーパーフライヤーズカード)の力も大きく影響していると思う。
無駄に長蛇の列に並ぶ事なく、スムーズに移動できて、体力を温存できる。
8B80E0FF-AC43-4547-957D-D1D41032E9BEのコピー
そして、トランジットの時間はラウンジを使えるので、荷物の心配が少なくなり、ちょっとリラックスできるのも大きい。
贅沢したいわけではなく、荷物を置いたままトイレに行ける。
ちょっとうとうとしても盗難に遭う確率はかなり低い。

3時間以上のトランジットは昔なら長い!と感じていたが、ラウンジで日記を書いたり、YouTubeライブをトライしたりしているとあっという間。
エチオピア・アジスアべバ空港より(字幕あり)
0AE8BCA7-5C71-44E1-BD69-F5EBF17B4207のコピー
素敵なエチオピア模様の前で記念写真を撮って、いよいよルワンダへの飛行機に乗り込む。

続く



久保田弘信の作品販売ショップ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界のいまを伝えたい [ 久保田弘信 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/29時点)




スポンサーサイト



ルワンダ日記 05

2024年02月27日 23:03

エチオピア航空で仁川経由でアジスアベバへ。
1A4F58F5-0D86-4C6E-8009-950AF8DFA199.jpg
仁川ではまさかの、一度飛行機を降りて、手荷物の検査を受けて、再び乗り込むという手間。
滑走路の脇に雪が残る仁川を出て、エチオピアへ0041 take off。

機内アナウンス
12時間30分のフライト✈️
長いなー!
3年ぶりの海外で、長距離フライト。

0142二回目の機内食。
結構、さっき食べたばかりって感じなんだけど、、
CAの人がフィッシュorチキンって言いながら近づいてくる。
成田〜仁川でチキンを食べたから、フィッシュにしようと心に決めて待っていると、、
フィッシュ売り切れ!
仕方なくチキンをいただくことに。
アジスチキン5Cのコピー
同じチキンだったら、、かなりショックだったけど、幸いにして違う味付けのチキン。
僕的にはこっちの方が好み。
チキンを食べていると再びCAの人が来て、フィッシュが見つかったけど食べますか?
と。
せっかくなのでいただくことにした。
アジス29BB
開けてみると、、エビご飯。
一瞬吹き出しそうになった。
72D3E250-F262-40B4-B97A-45F0B226F5F0.jpg
そして、今回はビールを選ばせてくれたので、、
今まで見たことのない不思議なビールをいただいた。

機内食の味はかなり良い方だと僕は思う。
唯一の難点はウエットのおしぼりが付いてこなかったこと。
6BCEB4FF-D361-46F6-A96E-28FD86B36D87.jpg
北海道、北見のホテルでいただいた「ハッカのウエットティッシュ」が役立った。

出国から色々と神経を使い、疲れていたので、ビールの勢いをかりて、しばらくうとうと。

エチオピア・アジスアべバ空港より

続く


久保田弘信の作品販売ショップ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界のいまを伝えたい [ 久保田弘信 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/29時点)




ルワンダ日記 04

2024年02月27日 03:58

2035 take off。
出国まで色々あったが、無事take off。
東京〜仁川5D2
今回のフライトは仁川経由のアジスアババ。
仁川までの短いフライトで豪華な機内食が出る。
特徴的だったのは仁川経由だからか、ハングル文字の入った食べ物、そして、キムチがついていた。
飲み物はどうしましょう?と聞かれたので、ビールをお願いすると、今はないので、あとで持ってきます、、、
が、、いつまで経ってもビールがやってこない。
水だけでも先にもらっておけば良かったと、ちょいと後悔。

コールボタンを押しても、誰も来ないので、窓際席ながら、隣がいないので、直接ギャレーへ行き、
ごめん、ビール待っているけど、来ないから、水だけでもください!とお願い。
CAのお姉さんがめっちゃ笑顔で、そんなこと言わずに両方持って行って!とビールを手渡してくれた。
FB6070FB-F98A-4493-B4FE-2FD8BA5B0903.jpg
オランダの子?これまたお初。
長生きしても人生初体験はまだまだあるようだ。

食後の温かい飲み物が配られるまでに飛行機は着陸体制に入った。
2251仁川到着。
2時間ちょっとのフライト、機内食が出るだけでもすごいと思った。

仁川AA36BD41のコピー
仁川で降りる人はいなくて、新たに乗ってくる人だけだとグランドスタッフから聞いていたので、機内待ちですぐ出発かと思いきや、一度降りて手荷物検査。
あれ、違う飛行機になるのかな〜と思っていたが、同じ飛行機に乗り込んだ。

思えば、最後に韓国に来てからもう10年以上が経っている。
入国してないけど、韓国に降りたてたのも良いか。
お〜いビョルナム元気か〜
ヒロヒョンは仁川に来ているぞ〜
と心の中で叫んでみた。

そして、いよいよエチオピアへ

続く



久保田弘信の作品販売ショップ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界のいまを伝えたい [ 久保田弘信 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/29時点)





スーダンのIDPキャンプ

2024年01月30日 12:27

スーダンのニュースは殆どなくなってしまった。
自衛隊がスーダンに行った頃は連日ニュースがあったのだが。

スーダンは北の南の問題、そして西のダルフールの問題を抱えていて、難民も多く、国内避難民も多い。
そんな国内避難民キャンプを取材した時の動画をアップしてみた。

【50℃過酷な避難民キャンプ】スーダンのIDPキャンプ

日中の温度が50度を超える過酷な環境下、電気も水道もなく暮らしている人々がいる。
HQ2Y6020.jpg
よく見ると子どものサンダルは片方づつしかない。
半日取材しただけで、唇がひび割れ出血するくらい乾燥した大地。
HQ2Y6004.jpg
子どもが子どもの面倒を見るのは他のキャンプと同様。
HQ2Y6009.jpg
取材に訪れる外国人ジャーナリストも少なく、興味を示しつつも不思議な表情の子ども。
HQ2Y6011_20240130121537642.jpg
少し近づく
HQ2Y6012_2024013012153730e.jpg
そして、もっと近づく。
写真の後で動画を撮影した。
報道があまりないスーダンのこと、少しでも知ってもらいたいと思う。



久保田弘信の作品販売ショップ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界のいまを伝えたい [ 久保田弘信 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/29時点)





スーダン・神秘主義:スーフィズムと民族音楽

2024年01月22日 19:32

スーダン取材の報告をネット上で殆どしていないことに気がついた。
世界の報道がウクライナやパレスチナばかりになる昨今だからこそ、他の国の情報をアップしようと思う。
IMG_7248864F350A-1のコピー

スーダンはナイル川という物流、交易に有効な大河があるので、エジプトの文化を強く感じる部分がある。
日本人はエジプトの遺跡に行くことはあってもスーダンの遺跡を訪れることは少ないのではないだろうか。
文献も少ないがスーダンにはスーフィズムという独特の文化がある。
運よく、ダービッシュ儀式を取材させてもらうことができた。
【神秘主義:スーフィズムと民族音楽】 スーダン

動画
HQ2Y5926.jpg
200人以上の人が集まり、円陣を作り独特の音楽の中で踊る。
HQ2Y5920のコピー
あまりの迫力に遠慮がちに撮影していたら、祭礼を司る人に「もっと近くで撮影しなさい」と声をかけてもらった。
こんな時、写真だけではダービッシュの迫力を伝えられないとしみじみ思う。
再びスーダンを訪れることができたら、もう一度ダービッシュ儀礼を撮影したみたいと思う。



最新記事