何十年ぶりかのクラークキー

2017年04月27日 17:01

オーストラリアへ取材に行くのにシンガポール航空を利用した。
せっかくのチャンスなので取材帰りにシンガポールに立ち寄った。

2年前、ピースボートでシンガポールに立ち寄ったが、セントーサ島とマーライオンを見ただけですぐにチャンギ空港に向かい、そこからカンボジアへ飛んでしまった。

今回、本当に何十年かぶりにシンガポールの街中を訪れた。
安宿をボートキーにとり、
IMG_0319.jpg
屋台飯でラーメンを食べた。

そこから昔懐かしいクラークキーへと川沿いを歩く。
IMG_4917.jpg
おぼろげな記憶を頼りに歩いて行くと、彼方に「RIVERSAIDE POINT」が見えて来た。
IMG_6161.jpg
周りの風景は変わっているけど、「RIVERSAIDE POINT」は昔のままだった。

クラークキーには沢山のバーがあるが、「RIVERSAIDE POINT」が見える場所で一杯やりたくて、コンビニでアンカーを買って、友人に付き合ってもらい「RIVERSAIDE POINT」を眺めながら一杯やった。

そう、全てはここシンガポールから始まった。
旅行雑誌の撮影でシンガポールを訪れていた時、パキスタン人の友人ができ、パキスタン〜アフガニスタン。
そしていつの間にか戦場カメラマン。

五体満足でクラークキーへ帰ってこれた運の良さに感謝しつつ、この数十年の自分の人生を振り返り、こんな人生でよかったんだろうか。。
でも、、多くの友が先立って行く中、行きていられることを想い、ちょいと涙。
IMG_4637.jpg
「RIVERSAIDE POINT」に満足してクラークキーを歩いていると「クラークキーの過去と今」という看板を見つけた。

なんとも、このタイミングでこの看板に出会うか。と思った。
過去のいろんな経験がよみがえって来て、再び涙腺が緩みかけた頃、突然、雨が降って来た。
雨に濡れてしまえば、涙もわからない。


久保田ショップ




スポンサーサイト

To Singapore

2017年04月27日 01:16

4月19日
予定より40分程遅れて離陸。
日本の領空を出るどころか九州にもたどり着かない場所で20日、僕の誕生日を迎えた。
久しぶりに利用するシンガポール航空は満席。

機内食が、、なんとメロンパンだけ。
ワインを頂けたのが唯一の救い。
誕生日を迎えた最初の食事はメロンパンとワイン。
ちょっと寂しい機内での誕生日となった。

シンガポールトランジット
トランジットのセキュリティーチェック。
荷物をX検査機に通した後、係官にボーディングパスとパスポートを見せる。

航空会社の係官ではない警備担当の係官が僕のパスポートと僕の顔を何度も見比べる。
え、ちゃんとEビザ取ったし、持ち込んじゃマズいもの何も持っていないよ。
ま、まさか外務省からの指名手配?行き先は安全な国なのに。。
と怒涛のごとく想像を巡らせた。
係官は「So Mr.KUBOTA Happy birthday!」
Oh! Thanks Thanks a lot.
気の利いたセリフに感動したものの、ちょっとドキドキしてしまった。


久保田ショップ

初オーストラリア入国

2017年04月26日 11:59

シンガポール経由でブリスベンに到着した。
羽田からシンガポールは満席だったが、シンガポールからブリスベンは空席があって、ゆっくり眠ることができた。

僕が初めて訪れた南半球の国はパプアニューギニア。
そして7〜8年前にようやくニュー・ジーランドを訪れた。

なぜか日本人旅行者が最も多いオーストラリアへ行く機会がなかった。
今回、ようやくオーストラリアを訪れる機会が巡って来た。
IMG_6935.jpg
オーストラリアの入国はちょっとドキドキ。
先進国ならではの機械仕掛け。

パスポートを機械でスキャンして、カードをもらう。
そのカードを機械に通すとゲートが開いて入国完了。

イミグレーションで係官に会うことなく、勿論、僕のパスポートにオーストラリアのスタンプが押されることもなく
簡単に入国できてしまった。
長年、あちこちの国を訪れているが、イミグレーションで誰にも会わず入国できる国は初めてだ。



久保田ショップ





4月19日 誕生日前日

2017年04月22日 13:46

4月19日
諸々日本でやることを済ませ羽田空港に向かう。
フライトが22:55のため八王子を18時に出る。
新宿経由で品川から京急で羽田空港国際線ターミナルへ。
成田空港に比べると近くて楽なんんだけど、通るルートが旅行とは関係ない普通のサラリーマンが利用するルートなのが大変。

ラッシュアワーを迎えた新宿はいつもの通り戦争状態。
大きなスーツケースを持った僕など「なんでここにいるんだ!」って目で見られる。
京王線を降りて山手線に乗り換える時が毎回とても大変だ。

オンラインチェックインを済ませている僕はカウンターに並ぶことなく荷物だけ預け、ボーディングパスを受け取る。
土壇場まで仕事をしていたので、今日はお昼ご飯さえ食べていない。
何か食べようとレストラン街をうろつく。
羽田空港国際線ターミナルにあるレストランはどこも小ぶり。
どのレストランも混んでいて、すぐには食事できない状態。

イミグレーションを通った後にあるレストランはどこも空いていた。
滅多に使わない羽田からの国際線なので詳しくなかったが、今後、飛行機に乗る前に食事するときはイミグレーションを通過してからにしようと思う。




久保田ショップ



ヨルダン、ワディラムの写真

2017年02月03日 01:23

クラウド上の写真を整理していたら、懐かしいヨルダンの写真が出て来た。
FullSizeRender 3
ヨルダン南部の砂漠ワディラム。
FullSizeRender 2
四駆で観光に行くと砂漠猫がいた。
FullSizeRender 4
人懐こい猫が岩の上まで案内してくれた。
FullSizeRender 5
頼みもしないのに岩のてっぺんまでガイドしてくれた。
FullSizeRender 6
この猫、分身の術を使う。
岩の上から写真を撮って、ふと見ると猫がいなくなっていた。
下に降りても猫はいなかった。
砂漠の中の岩場、猫はどこへ行ったのか。


久保田ショップ






最新記事