FC2ブログ

写真と思い出、写真の思い出2

2020年05月21日 13:13

オンライン写真展の第二弾、世界で出会ったネコを作成するために、あちこちのフォルダーからネコの写真をピックアップした。

これを機にネコフォルダーを作れば良いのだが、急いでネコ写真をアップロードしてネコフォルダーを作れずにいたりする。
広島の尾道に講演に行った後、尾道のネコに出会った。
お寺の階段にいたネコ。
wqhbQoKvQvZxTlJ1588947562_1588947581.jpg
一枚写真を撮らせてもらうと、寒い時期だったので、あっという間に僕の膝の上に乗ってきた。
ウールのコートが、、と少し思ったりしたが、ネコ好きな僕はネコさんが少しでも温まってくれたら良いと思った。
DSCN2615.jpg
と、このネコさん、膝から肩に移動して、肩乗りネコになってしまった。
僕一人だったら、日暮れまでずっと一緒にいてあげたかったが、講演の主催者と一緒にいたので、ネコエリアを後にしなければならず立ち上がった。
DSCN2613.jpg
このネコさん、飛び降りるかと思いきや、おんぶネコに変身してしまった。
これをみた講演の主催者の人が、「余程離れたくないんですね、もう少しいいですよ」と言ってくださり、
ネコさんとの時間を楽しめた。

オンライン写真展の中では尾道のネコとしか紹介できていないが、ブログだとバックボーンまで紹介できる。
尾道のネコとはこんな思い出がある。
Online Photo Exhibition

オンライン写真展の中の尾道ネコさん、探してみてください。


久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ

スポンサーサイト



Online Photo Exhibitionの思わぬ効果

2020年04月30日 13:57

自粛生活で退屈している人たちのほんの少しの退屈しのぎになれば、と思って始めたOnline Photo Exhibition。
普通の写真展と違って、展示(アップロードする)写真に制限がないのが面白い。

もし、今回のニュージーランドの写真展を普通に開催したら、羊の写真は一点だけ、カモメの写真も一点だけ。
同類の写真は写真家がこれぞ、という一点に限られてしまう。
オンラインだと、ちょっと説明的な写真まで展示(アップロードすることができる。

そして反響。
普通の写真展だと芳名帳に名前を記入してもらうくらいで、直接の反響を聞く機会は少ない。
写真展会場に写真家がいても、直接、率直な意見を言ってくれる人は殆どいない。
オンラインだと、みんな気軽に感想を述べてくれるのがありがたい。

撮影者が良いと思う写真と見る人たちが良いと思う写真は必ずしも一致しないし、違うことの方が多い。
全然、予想していなかったのだけど、ニュー・ジーランドの写真、一番人気は羊とカモメ。
ま、マジか〜?って感じ。
が、とても参考になる。

「ニュージーランドの写真いいけど、久保田さんはやっぱり人の写真の方がいいですね〜」
と率直な感想を伝えてくれる人も多かった。

オンラインに良いところは、見る人たちの希望をすぐに(結構大変だけど)反映することができる。
皆さんの意見をもとに、羊、カモメ、ニュージーランドの渡り鳥の写真などを追加しました。
50点をリミットにしようと思っています。


Online Photo Exhibition
最新版です。

久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ


Online Photo Exhibitionスタート

2020年04月29日 07:00

新型コロナウィルスの感染拡大防止の為に多くの人が大変な自粛生活をしている。
僕自身もコロナの影響で予定していた写真展が開催できなくなってしまった。

こんなときだらかこそ、人生初のOnline Photo Exhibitionにトライすることにしてみた。

写真は間違いなくモニターではなくプリントされたものを見てもらった方がその質感、現場の空気感を感じてもらえる。
オンラインの写真展のメリットは。。
写真展を開催するとき、だいたい30〜50点の写真を展示する。
1点あたり制作費は1万円をちょっと超えるくらいかかってしまう。
展示する写真はどうしても「決めの一枚」つまり写真家が一番見てもらいたいと思う一枚になってしまうが、
オンラインなら類似の写真を数点見てもらうことも可能になる。
説明的な写真も加えることができるのが最大のメリット。

僕が今まで開催してきた写真展はイラクやアフガニスタンの人々の生活に密着したものが多かった。
今回オンライ写真展の第一回目はニュージーランドにしてみた。
僕を知る人は「久保田って風景写真も撮るんだ」って思ってもらえるかも。

コロナでステイホームしているみなさんの気晴らし、暇つぶしにちょっとだけお役に立てれば幸いと思っています。
ニュージーランドの写真ももう少し増やしていく予定です。
そして、第2回目はコスタリカを予定しています。

オンライン写真展は下記から
Online Photo Exhibition

ネット関係の知識がない僕、ページ作りに協力してくれた友人に感謝。




久保田ショップ





写真が名古屋のお寺さんに嫁ぐ

2020年04月16日 00:16

写真展開催のために新たに写真を20点作成した。
最高のプリントを使い、額装し、バックシートを貼るとなんだかんだで一点1万円を超えてしまう。

写真展はほんの一部の写真家を除いて、基本的に無料。
写真を見てもらえて、写真集などが少し売れるか、未来の仕事への営業的な要素が強い。
写真家としては赤字でも自分が撮影した写真を多くの人に見てもらいたい。
そんな想いの強さがあるから、写真展を開催する。

中東だけでなく、アジア地域の写真を加え、写真展を。。。
と思っていたら、新型コロナの影響で写真展は開催不可能に。
先行投資したものの回収率0。

我が家にはなんだかんだで80点ほどの写真が眠っている。
置き場にも困るし、ダンボールに入れっぱなしの写真たちはちょっと可哀想。

そんな中、名古屋のお寺さんに2点の写真が嫁ぐことになった。
IMG_5042.jpg
写真の状態をチェックし、額をクリーニングして梱包。
梱包作業とか面倒なので嫌い、なはずだったけど、
自分がセレクトしプリントして額装した写真が嫁いで行くのは感慨深くて、愛おしい思いで梱包作業をした。

お寺さんに展示してもらえば、お参りに来る人たちの目に触れることになる。
僕も嬉しいし、写真たちも嬉しいと思う。

久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ


写真展クロージングパーティー3

2019年12月22日 21:11

八王子の市場で行われた写真展の写真展クロージングパーティーが無事終了した。

当日は市場でいろんなイベントが行われていて、市場は賑わっていた。
お買い物の帰りにガラス越しに写真を見て行ってくれる人。
中に入って来てゆっくり見てくれる人。
警備室前に貼ってあったポスターを見て、場所を探して来てくれた人。
85歳のおばあちゃんは写真を見ながら、私の子どもの頃みたいだわ〜。と目を細めていた。

僕の友人も多く駆けつけて来てくれ、兵庫や京都、浜松からも友人が来てくれた。
みんな忙しくなかなか会えない人ばかりで、数年ぶりに再会する人もいた。
写真展をきっかけに友と再会できるものありがたい。

月曜日から美味しいたこ焼き屋さんが再びやってくるということで、クロージングパーティーに来てくれた友人が手伝ってくれ、会場の半分の写真を撤去。

ガラスに貼ってあったポスターも剥がしたが、セロテープの跡が残っていて、EVカーチームの友人が綺麗にしてくれた。
IMG_7875.jpg
車を整備する人たちだから、細やか。
ポスターの跡だけでなく、ガラス全体を綺麗にしてくれた。
IMG_4050.jpg
関西のノリで「たこ焼き買いに来た人がガラスに気がつかずに怪我しないといいけど〜」と笑いながら。

市場というちょっと常識では考えにくい場所での写真展だったけど、「写真見てて良かったです」という言葉を何度も聞けて、開催して良かったと思えた。
八王子総合卸売センターの社長さん、会場に来てくださった多くの方々にこの場を借りてお礼をします。
本当にありがとうございました。
第二回の開催ができるように頑張ります。


久保田ショップ





最新記事