FC2ブログ

世界のいまを伝えたい

2020年09月14日 21:50

写真集を三冊出版し、いつの日か本を書いてみたいと思っていた。

アフガニスタン戦争を取材した後、本を書いてみたはどうか?と言うオファーがあった。
今ならアフガニスタン関連の本は売れるから、と。
その時の僕はアフガニスタンの事を書く勇気がなかった。
たかだか、数年訪れただけではアフガニスタンは謎が多すぎて、わからない事だらけの国だったから。

その時から10年以上が経過し、再び本を書く機会が訪れた。
オファーを頂いたのは汐文社。
申し訳ないことに、知らない出版社だった。
はだしのゲンを出版した出版社だと聞き、児童出版から僕の本?
とビックリした。
IMG_4464.jpg
編集者となんども打ち合わせを繰り返し、小学校の高学年から中学生くらいだ読める本だけど、内容を手加減しなくて良いと言うことで人生初の文章がメインの本を汐文社から出させてもらうことにした。

何故ジャーナリストになったのか、ジャーナリストとして伝えなければならないという想い、伝えることへの迷い、伝えることの辛さ、、などなど
国際報道が少ない日本では伝えることができない、世界で起きている悲劇がたくさんあること、一冊の本でどれほどのことが伝えられたのか、ページ数を2倍にしたいくらいの気持ちだった。

「世界のいまを伝えたい」出版から一年半が経過した昨今。
一通の手紙が届いた。
IMG_4668_20200914211539ff5.jpg
「世界のいまを伝えたい」が点訳され、目の不自由な人たちが読めるようになるらしい。

著作権法37条1項によって点字になっても印税は発生しないらしいが、そんなの全く要らないです。
点訳される本がどのように選出されているのか、年間でどれほどの本が点訳されているのか、僕は何も知らないけど、
数ある本の中で点訳してもらえる、目が不自由な人が読める本になる。
こんな光栄なことはないと思う。

僕が現地で見てきた映像は目の不自由な人たちに届ける術がないけど、僕が経験してきたこと、現地の人たちの想いはお届けできる。

ご縁があって、聴覚障害がある人たちに講演をしたことはあったけど、恥ずかしながら、点字の事を意識したことがなかった。
目が見えないからこそ、指先から伝わる文字で現地を思い描いてもらえたら、、
一人のジャーナリストとして、こんな幸せはない。



久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ




スポンサーサイト



「世界のいまを伝えたい」書店にあるかも!

2019年01月18日 17:00

200_.jpg
昨年末に出版された久保田初の本
「世界のいまを伝えたい」

ようやく流通も安定してきたようで、amazonでも即購入できる状態になってきました。



ところが、「世界のいまを伝えたい」が書店に並んでいるのを見たことがない。
自分の本が書店に並んでいるのは、、やっぱり見てみたいものだ。

一番、近々に出版した写真集、僕が見たアフガニスタンは書店に並んでいるのを直に見ることができた。

新宿、紀伊国屋に並んでいる自分の本を手に取って立ち読みしてくれる人を見て喜んでいた僕。
広島の友人は、書店に並ぶ僕の本を写メって送ってきてくれた。

さて、問題の「世界のいまを伝えたい」
どうやら、前出の新宿、紀伊国屋、そして、銀座の教文館にあるらしい。
都心の方、見つけたら、写メ送ってください。

自分が出演したテレビより、自分の本が書店に並ぶ姿を見てみたい。
久保田も、新宿へ行って、書店に並ぶ自分の本を見てみたいと思うのです。


久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ

久保田くんの写真集

2019年01月11日 18:00

僕は過去3冊の写真集を出している。
そのうちの2冊は出版社が倒産してしまったため絶版となっている。

写真集が欲しいという要望が多かったので、違う出版社からアフガニスタンの写真集を出した。



過去3冊の写真集、それなりに良いものになっていると思うが、今回の本、「世界のいまを伝えたい」ほどの反響はなかった。

友人のカメラマンと話していて、昨今、デジテルカメラとオートフォーカスのお陰で素人でもそこそこの写真が撮れ、自費出版でも写真集は作れる。でも、本は流石に素人は作れないからね〜。
それだけ写真の価値は下がっていると思うよ。と言われた。

確かにそうかもしれない。
僕の周りの友人も、「本出したの〜すごいね〜」と言ってくれる。写真集の時も同じように言ってくれたが、その驚き方は比較にならない。

絶版になった写真集、我が家に2冊だけある。
時折、Amazonに中古が出ていたりするので、チェックしてみた。
すると、新品が出品されていた。
しかも2700円くらい。
お〜買おう!と思ったら。

27771円だった。
その他の中古も軒並みプレミアがついて高値で出品されている。
取材費稼ぐために僕も一冊出そうかと思ってしまうくらいだ。

芸術家は生きているうちに評価されることが少ない。
死んでしまった後、その人の絵画や写真が2度と手に入らないとわかってから評価が上がる。

イラクの写真集ももう一回作りたいと思っている。
最近のISとの最前線の写真まで入れて。
評価されなくても、高値にならなくても、みて欲しい写真があるから。



久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ


DVD完成!THE TRUTH伝えきれなかった真実2016

2016年05月15日 15:32

15年間の総集編たるDVDが完成し、我が家に届いた。
IMG_2143.jpg
編集、デザイン、翻訳、多くの仲間たちの力があって、ようやくできた傑作。

今回はクラウドファンドを利用して、多くの方から応援していただきました。
クラウドで応援してくださった方々から順に本日5月15日より正式に販売、発送いたします。

今回はBlu-rayを使い映画として上映会を開催することも可能にしました。

15年間に取材した膨大な映像からなんとかまとめた作品です。
短い尺のテレビでは伝えきれなかった現地でのエピソード。
多くの人に見ていただければ幸いです。

DVDは下記久保田ショップからも購入可能です。


久保田ショップ


ドキュメンタリームービーの予告動画パート2&クラウド

2015年12月04日 19:09

ドキュメンタリームービーの予告動画パート2
https://youtu.be/GI937l7zPc8
そして
クラウドもスタートしました。
https://motion-gallery.net/projects/iraqmovie2016

アジアニュースとしても久保田としてもこれ以上の作品はできないと思える、集大成です。
みなさん、応援、よろしくお願いします。


久保田ショップ


最新記事