FC2ブログ

シャクラワ2

2014年05月14日 06:55

10年振りに訪れたシャクラワ。
一番最初に話しかけた人は偶然にもバグダッドから避難してきている人だった。
「家賃が高くて住み続けるのが大変だよ」と話していた。
戦争が終わって10年経っても故郷に帰る事が出来ない人が沢山いる。
イラクにも、アフガニスタンにも。
w0263.jpg
シャクラワまで連れて来てくれたハイダールと西村さんと3人で記念撮影。
初めて一眼レフで自撮りをした。

アルビルに帰る途中、サダムフセインの置き土産となった3台の戦車がある場所を訪れた。
w0276.jpg
今やクルディスタンでは観光モニュメントと化した戦車。
子供達が笑顔で遊んでいた。

amazon久保田弘信



シャクラワ

2014年05月13日 19:22

アルビル郊外にシャクラワというリゾート地がある。
10年前、イラク難民がクルド地域に避難して来た。
一部、お金持ちのイラク人はシャクラワに避難、滞在した。
2006年TBSの報道特集で治安が悪化するバグダッドの様子を報道してもらった時、ラストシーンで使ったのが
シャクラワの映像だった。

折角アルビルに来たので、懐かしいシャクラワを訪れてみた。
道中はなんとかく記憶にある道だったが、シャクラワに到着してビックリ。
w0257.jpg
メインストリートは石畳のお洒落な道になっていた。
w0242.jpg
そして、10年経っても、アルビルだけでなくシャクラワも建設ラッシュが続いていた。
w0260.jpg
イラク南部は治安が悪く、僕がアルビルに来てからも爆弾事件があり、多くの人が亡くなっている。
アルビルにもシャクラワにも、そんな雰囲気は一切ない。
でも、標識を見ると、ここもイラクの一部だと実感する。

久保田ショップ



テキサスチキンの会

2014年05月12日 21:47

アルビルでお世話になっていたIVYの事務所はアンカワというキリスト教徒が多く住む地域にある。
うキリスト教徒が多い地域なので、近所には酒場、酒屋もあり、外国人にはありがたい地域。

その事務所のすぐ近くに「テキサスチキン」というチキンのファーストフード屋さんがある。
イラクを去る前に一度食べたいと日々話していた。

僕がイラクを去る寸前、イラクで活動するNGOや国連の人が集まってくれた。
名目は「テキサスチキンの会」。
w0787.jpg
様々な分野で活動する人達と食事をしながらお話できるのはとても楽しいし、有り難い。
チキンはあっという間になくなり、二度目の買い出しに!
お腹減っています!と言っていた某PWの人が買い出しに行ったものだから、ファミリーパック?大量のチキンがやってきた。笑!

ヨルダンでもテキサスチキンを見つけたが、勿論、入る事はなかった。




IVYの教育支援。

2014年05月10日 19:02

難民支援の第一段階は緊急支援。
難民になった人達になんとか生き延びてもらう為の支援が中心になる。

アフガニスタンもイラクも同様だったが、難民としての暮らしが長期化してくると教育支援が大切になってくる。
学びたくても学べない、家に籠って精神的にも不安定になってしまう子供達に学校へ行く機会を与えてあげる支援が必要となってくる。

IVYはアルビルで教育支援を行っている。
学校までの送迎バスや教員の給料等、とても大変な事業だが、子供達の笑顔を見ると、なんとが継続し続けて欲しい事業だと思う。
iv9118.jpg
多くの子供た内戦から逃れ、生きるのに精一杯で学校に通えなかった時期がある。
iv114.jpg
数学や理科、アラビア語、そしてクルド語の授業もある。
iv363.jpg
学校へ行けなかった時期があるからこそ、学校へ行ける喜びを感じられるのかもしれない。
iv089.jpg
長期化が予想されるシリアの内戦。
難民の数も230万人を越え、世界がシリア難民を支えるのが大変な時期にさしかかっている。
IVYに限らず、国連や多くのNGOが財政難に陥りつつある。
世界が関心を寄せる事で子供達の未来への支援が継続する事を祈る。
そして、世界が関心を寄せる事で、シリアの和平プロセスが進む事を祈る。

久保田ショップ






建設ラッシュのアルビル

2014年05月06日 23:14

ラガットちゃんの手術報告でブログが一度ヨルダンに来ましたが、まだまだイラク報告は続きます。
10年前、イラク戦争が終わり、建設ラッシュが始まったアルビル。

10年経っても建設ラッシュは続いていた。
2F8C0781.jpg
アルビル市内のあちこちでマンションやオフィスビルの建設が続いている。
まさに高度経済成長。
ドバイのツインタワーを作った会社も来ている。

一部のマンションは建設中から既に販売されていて、投機対象になりつつある。
どこかの国みたいにバブル経済が破綻しなければ良いのだが。

久保田ショップ





最新記事