FC2ブログ

コロナ渦でも軍事衝突、アゼルバイジャンVSアルメニア

2020年09月28日 20:59

人類が戦争を止めるのは人類共通の敵、宇宙人が地球にやってきた時だけだろうと思っていた。

宇宙人が地球にやって来たかどうかは別として、現時点で地球が征服される危機はない。

宇宙人ではないが人類共通の敵である新型コロナウィルスが世界中で蔓延している。
21世紀に入って初めて世界規模での人類共通の「敵」が現れた。

西も東もなく、人種、宗教を超えて人類が立ち向かわなければならない「敵」。
ワクチンや治療薬のの共同開発が行われる一方で、お金の力でマスクを分捕る国があわられたり、見えないウィルスとの戦いで大変な時でも世界のあちこちで紛争が起きていて、新たに激化する紛争も増えている。

国際報道が先進国の中では極めて少ない日本ではインドと中国が軍事衝突していることを知っている人はほとんど
いないのではないだろうか。
そして、アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突を起こし、一般市民にも死傷者が出ている。
BBCでは報じられていたが、日本のテレビでこの軍事衝突を報じた番組はどれくらいあるのだろうか。
かろうじてネットニュースのトピックになっているのが唯一の救いかと思う。

アゼルバイジャン、アルメニア共に僕は足を踏み入れたことがない。
僕の友人のシリア人の母親のルーツがアルメニアで、彼女は今だにアルメニアの旧友たちに電話していて、何度かアルメニア語を聞いたことがある。
ドイツ語のようにもロシア語のようにも聞こえる、僕にとっては難解な言語。

日本は政治家が単一民族国家といってしまうほど、民族意識を持たない国。
そんな日本人にとって宗教対立や民族対立は理解が難しい分野だと思う。

ヨーロッパでは結構普通なことで、日本人に馴染みが深い国イギリス人やフランス人、ドイツ人でもルーツは他の国だということが多い。
そして、彼らの多くが自分のルーツをとても大切にしている。

新型コロナウィルスの影響でどの国も経済が破綻しかけていて、戦争などしている場合じゃないはずなんだけど、
そんな時だからこそ、自分の国だけが生き残ろうとしてしまうのか。

日本国内でもそうだが、新型コロナウィルスは人の、人類の闇の部分を曝け出すウィルスだったのかもしれない。
遠い国のことで、僕たちには何もできないかもしれないが、紛争があちこちで起きていることは知っておきたい。
香港もそうだが、コロナの影響でジャーナリストが動けない、動きにくい今だからこそ、各地での紛争を見逃してはいけないと思う。


久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ


スポンサーサイト



「Go To トラベルキャンペーン」東京外しの悪影響

2020年07月28日 17:20

様々な問題を抱え、ルールも徹底されていないままスタートした「Go To トラベルキャンペーン」。
多くの人が、本当に今やるべきキャンペーンなのか、前倒しする必要性があったのか、そう思うキャンペーン。
そして、最悪なのは「東京外し」。
連日200人を超える感染者を出し続けた東京都を外して「Go To トラベルキャンペーン」を強行した。

税金を使ったプロジェクトで東京都民だけが利用できないのは勿論大きな問題だが、「東京外し」をしたことによって、
新たにコロナ差別が生まれ始めている。
都知事は4連休、出来るだけ自粛をと訴えかけ、官房長官は県をまだぐ移動を制限するものではないと発言。
都民はどちらに従えば良いのかもわからない状態に陥った。

「Go To トラベルキャンペーン」が「東京外し」をしたことによって、既に一部の地域で東京からの来訪はお断りします!という案内が出されていたりする。

東京都という場所がどれほど多くの地方出身者で構成されていることか。
大学であったり、就職先の企業であったり、それぞれの目的の為に地方から東京に移り住んでいる人が多い。
その多くの人がコロナの影響でGWには帰省を見送り、お盆休みはなんとか帰省したいと思っていた。
「Go To トラベルキャンペーン」の可否ではなく「東京外し」が行われたことによって、改めて帰省がしにくい状態になってしまった。

僕の田舎などはまだ緩いが、東北出身の友人などは「悪いが、お盆休みも帰省しないでくれ」と両親に言われ落ち込んでいる。
友人は東京都と言えど、神奈川の県境に近い八王子市に住んでいる。
が、東京!とひとくりにされてしまえば、地方の人からしたら、新宿も八王子も同じ東京になってしまう。

東京が世界有数の人口密集地域なのは間違いないが、東京都がどれほど広いかは意外と認識されていないと思う。
よく、東京ってのは23区のことで、八王子は東京じゃない!とバカにされてきたが、コロナ渦では一緒にされている。

昨日の「帰れマンデー」という番組で出ていた檜原村も東京の一部。
人里(ヘンボリと読む)や数馬などは過疎地域とさえいえる。
それでも東京都だから、「Go To トラベルキャンペーン」からは外される。
大島、三宅島、八丈島、小笠原などの離島も東京都。

行政区分が都と市町村で区別されていて仕方ない部分もあるとは思うが、
こと、コロナに関しては東京都!と一括りにしないほうが賢明だと思う。
東京に住んでいても詳しく知らない人の方が多いと思うが、東京都は23区以外に26もの市を抱えている。

残念なことにまだまだ続くであろうコロナ渦。
この先も東京を東京都という一括りにしてやっていくと様々な歪みが出てくると思う。

もう第二波と言っていいと思うが、第二波になってから感染者が行動履歴を隠す傾向が増えている。
過去にもブログに書いたが、政治家の発言によるコロナ差別の助長、一定の地域だけが「悪」のような扱いを続けていると、感染者は行動履歴を正直に言えなくなり、感染経路が追えなくなし、感染者が増大するという悪循環を招くことになってしまう。
「Go To トラベルキャンペーン」が勇足だったのは間違いないだろう。
その中でも「東京外し」で強行したことは近い未来に愚策だったと評価されると思う。

Online Photo Exhibition

モロッコを追加、次はウズベキスタンを追加予定。

久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ


Mr.サンデー コロナ

2020年07月19日 22:52

新型コロナウィルスに関してのニュース。
ようやくにして、PCR検査での陽性のみでなく、発症者や重症者や死者数を発表しなければならないと報じている。

単なる陽性者の数だけに踊らされではいけないと。
高橋泰先生のお話わかりやすいです。

高橋泰先生を起用したMr.サンデーもすごいと思う。

必見。




久保田ショップ


新型コロナ第二波か?

2020年07月18日 21:49

今日も新たな感染者が290人になった東京都。
東京だけでなく大阪でも感染者が増える中、強行されるGOTOキャンペーン。

再び緊急事態宣言が出されるかもしれないという噂が流れる中、日本は何をしたくて、何を目指すのか、
多くの国民が理解不能状態になっていると思う。

テレビのニュースではお盆を避けて、旅行や帰省をなどと言われているが、サラリーマン大国の日本では不可能なこと。

PCR検査数が増えれば感染者の数が増えるのは当たり前なこと。
テレビのニュースでは分母の数(PCR検査数)、そして、陽性反応が出た人の中での無症状、症状軽微な患者数が報じられていない。
気が緩む緩むとか警戒感が薄れるとかではなく、事実が知りたい。

このところの感染者数だけを見れば、第二波と言っても過言ではないと思える。
が、重傷者や致死率のことを考慮すると安易に第二波とは言えない気もする。

この事実を伝えてしまうと「気が緩む緩むとか警戒感が薄れる」ではなく、事実を伝えるのが報道の使命だと思う。
本日290人の感染者の中で無症状の人が何人いるのか。

PCR検査数が増えれば、粘膜に付着した新型コロナで陽性反応が出るのは当然のこと。
問題は粘膜から細胞内に侵食し、本当の意味での感染を起こしているかどうか。
新型コロナウィルスに関しては日々新たなことが判明していて、対応策も変化していく。

感染者数だけでなく、感染経路不明、より、PCR検査数、無症状の人、軽微な人、重症の人、そのデータを公開してもらいたい。
正しくコロナを警戒する為に

オンライン写真展、モロッコを新設

YouTube復活させました



久保田ショップ

新型コロナウィルスに対する地方自治体リーダーの発言

2020年07月11日 13:04

兵庫知事がコロナ感染めぐり「東京は諸悪の根源」と発言。
その後、発言を取り消した。

兵庫県の井戸敏三知事は自身の発言に対して「撤回だとそれまでの間、発言があったことになる。取り消すということは最初から発言はなかったことになる」と釈明。

発言を取り消せば、最初から発言はなかったことになるらしい。
自治体のリーダーが発した言葉の重みを理解しているのだろうか。

兵庫県出身で東京に住んでいる人がどれほどいるだろうか。
非常事態宣言が解除され、県をまたぐ移動ができるようになっても家族やご近所の評判を考えて帰省できない人が沢山いる。
地方自治体のリーダーたる人の発言がまた新たにコロナ差別を生むきっかけになるとわかっているのだろうか。
東京近郊では県境で「埼玉狩り」などと言う現象も起きていたり、他府県ナンバーの車のミラーなどが破壊される事件を多々起きている。

誰もが見えない未知のウィルスに怯え、日々プレッシャーを感じて生活している。
その怯えやプレッシャーを増大させるような発言はどんなものだろう。
一般人でなく、公人が一度発してしまった言葉は多大なる影響を及ぼす。
言葉のあやで取り消したら、発言はなかったことになる!で済む問題ではないと思う。

東京!と一括りにされるが、日本一の人口密集地東京都がどれほど広いかご存知なのだろうか。

僕が住む八王子市は東京の外れ、神奈川県との県境。
最近、感染者が多く評判になっている歌舞伎町まで45キロほど、電車で行けば50分ほどかかる距離。

僕の生まれ故郷の岐阜県でいえば、大垣市と名古屋市くらいの距離がある。
もし、大垣市の人が名古屋でクラスターが発生したとういニュースを聞いても、大垣市は大丈夫だと思うだろう。
東京はそのくらい広い。

ご近所に兵庫県出身、山形県出身、岩手県出身の友人が住んでいるが、八王子市は比較的安全だけど、東京と言うイメージがあるから、両親や祖父母に会いたいけど、今年は帰省はできないだろうと話している。
とりわけ、岩手出身の友人はいつお迎えが来てもおかしくない祖父母がいて、会いたいらしいが、岩手県第一号になったら、岩手で暮らしていけなくなるから帰ってくるなよ。と言われているらしい。

そんな岩手県の県知事の発言。
「第1号になっても県はその人を責めません」「感染者は出ていいので、コロナかもと思ったら相談してほしい。
陽性は悪ではない」と呼びかけた。

達増拓也知事は感染未確認でいつづけることは目標でない。感染者が出ないことは好ましいことではあるが」
としたうえで、「陽性者には、お見舞いの言葉を贈ったり、優しく接してあげてほしい。
誰しも第1号の可能性がある」と訴えた。

地方自治体のリーダーとして、コロナに怯え、田舎だからこそ、第一号になったら大変だと思い、体調が悪くても言い出せないかもしれない人たちへの優しいメッセージ。

東京では連日多くの感染者が発生して、もはや第二波が到来したと思っている人が多い昨今。
いまだに多くのリーダたちが県をまたぐ移動は控えしょう。などと発言しているが、
ウィルスは県境を理解しない。
現代の政治システムが自治体という区分で執り行われているからやむを得ぬ部分もあるだろうが、
東京と埼玉の県境、八王子市と神奈川の県境、ものの数分でお隣の県に移動できるが、歌舞伎町へは1時間以上かかる。

初期のコロナの頃のように「コロナ差別」を生まないためにも、自治体のリーダーはその発言に気をつけてほしい。

Online Photo Exhibition

あまり楽しくないブログを読んだ後は、写真を見てちょっとリラックスしてもらえたら幸いです。


久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ




最新記事