スルケジのネコ

2017年08月14日 01:16

エミノニュでサバサンドを食べた後、ゆっくりスルケジまで歩いた。
前回スルケジを訪れた時、ネコがいたのを思い出し、今年もネコに会えるかな〜と期待しつつ歩いた。
AK3I2954.jpg
アクサレイの駅が物々しくなっていたので、スルケジもセキュリティーチェックがあるかと思いきや、
警察の姿を見ることなく、なんだか肩透かしな気分。
駅に入ると
AK3I2946.jpg
やっぱりいました。ネコちゃん
AK3I2952.jpg
この大きさは今年生まれた子だと思う。
AK3I2953.jpg
ウスキュダルと同じで駅構内でネコの餌場がある。
こんなシーンだけ見ていたら、トルコはとっても素敵な国なんだけど。。
動物は可愛がれても、民族には敵意が出てしまう、それこそがヒトの業だと思う。

久保田ショップ


スポンサーサイト

神楽坂のネコ

2017年02月23日 12:07

滅多に訪れない場所、神楽坂。
会合があり久しぶりに訪れた。

携帯のマップを頼りに目的のお店に向かう途中、マンションの前にネコさんを見つけた。
IMG_3245.jpg
ポケットからiPhoneを出し、シャッタ音を消して一枚撮影。

都会のネコなので、すぐに逃げてしまうかと思ったが、そのままお座り。
IMG_3246.jpg
回り込んで、もう一枚。

待ち合わせの時間には余裕があったので、5分ほどこのネコちゃんと遊んだ。


久保田ショップ



パパの物は自分の物のチョビ

2016年11月24日 18:38

天国へ行って3年目になるチョビ。
3年かけてようやくチョビが天国へ行ったことを受け入れられるようになった。

僕の友人のお家の猫ちゃんも旅立ってしまったようで、ペット(という言葉は好きではないが)が家族の一員だと思っていてくれる人は多い。

そんなチョビは甘えん坊、でもワガママな子だった。
DSCN1331.jpg
我が家に初めてサーフボードがやってきた日。
これからワックスを塗ろうと思ったら、チョビが占拠。
DSCN1332.jpg
一度抱っこして、降りてね〜!とお願いしたが、すぐに同じ場所に乗り、その場でまったりしてしまった。
パパの物は自分の物のチョビだった。


久保田ショップ

仕事の邪魔をするチョビ

2016年11月09日 04:01

チョビが我が家に来てからどれくらい経っていただろう。
iMacで仕事しているから一年くらい経った頃だと思う。

iMacで仕事しているとチョビが邪魔をしに来た。
DSCN1335.jpg
これ終わったら遊んであげるから!
と言っても聞き分けず、キーボードに乗って僕に仕事をさせないチョビ
DSCN1333_20161109034836127.jpg
お願い、もう少しだけ仕事させて!
ついにはキーボードの上に寝転んでしまった。
キーボードを占領すれば仕事が続けれれないとわかっているところがこわい。
DSCN1336_20161109034839a6b.jpg
わかった!もういいよ!好きにして。
安心したチョビはiMacの前で寝てしまった。

僕はチョビが起きないようにこっそり「マウス」を使って仕事を続けた。
チョビが天国へ行って2年以上が経過して、ようやくこんなブログがかけるようになった。
帰国したら、奥多摩へチョビの墓参りに行こうと思う。

チョビがくれたネコとの縁。
そんな世界のネコブログ連載中です。

世界のネコ写真4・ギリシャ(遺跡でお昼寝...)

世界のネコ写真5・中国(「中国の避暑地」 貴州省にもネコ♪)


久保田ショップ


イスタンブールのネコ再び

2016年11月02日 01:05

イスタンブール到着が午前4時過ぎ、そしてトルコ地方への移動もあるので、今回は空港近くのホテル。
最寄駅はないけど、観光に行くわけじゃないので空港からタクシーで近い場所を選んだ。

12時間近いフライトで疲れているはずなのに、朝食後二度寝したけど、お昼前に目が覚めた。
ホテルの場所もよくわかっていないので、ご近所を散策。

すると!
カバーブ屋さんの前に黒猫を発見。
HIRO0007のコピー
トルコに来て最初の写真はやっぱりネコだった。
HIRO0008のコピー
鶏肉は骨が刺さるから良くないと言われるが、イスタンブールのネコは平気らしい。
HIRO0011のコピー
そんなお食事風景を撮影していると、最初の黒猫が、僕も撮ってよ〜とばかり近づいて来た。
HIRO0013のコピー
黒猫はお残りには目もくれず、僕の前でポーズ。
なんとなくチェシャ猫を想像した。
HIRO0023のコピー
他のネコちゃんたちもカバーブ屋さんのお残りを頂戴していた。
日本では野良猫にエサを与えると怒られてしまうが、トルコでは普通の光景。
クーデターが起き、空港でテロ事件が起きる国だが、ネコに対しては日本より断然優しい国だ。

ネコブログ連載中!

久保田ショップ




最新記事