fc2ブログ

ルワンダ日記 07

2024年03月01日 17:54

いよいよルワンダへ

エチオピアのアジスアベバ空港でルワンダ行きのフライトを待つ。
エチオピア・アジスアべバ空港より(字幕あり)

ラウンジの大きなガラス窓からアジスアベバの街が見れたのが良かった。
w9291B1-6AA2-424A-A3CF-B1DFC97B5FFE.jpeg

ここで気をつけなければならないのは時差。
日本から仁川、仁川からエチオピアと移動してきて、そんなに熟睡できていない中、ルワンダ行きのフライトの時間、
エチオピアのローカルタイムを間違えると、、ここまで来て、ルワンダに行けなくなてしまう。

最近、ありがたいのはスマホで現地のWi-Fiをゲットすると、自動的にローカルタイムになってくれる。
それでも心配で、ラウンジの人に何度も時間を確認してしまった。

そして、、定刻通りルワンダ行きの飛行機に乗り込んだ。
アジス〜キガリ9D9D-ADBA1DE70D0E
日本のグランドスタッフが良い席を取ってくれて、ビジネスクラスのすぐ後ろ、隣はなし、窓際席。
定刻通り離陸かと思いきや、、機内で30分ほど待たされた。
ちょいとうとうと。
CFC06B6F-C8D2-428C-A5A9-EC4F240445C0のコピー
ふと気づくと、僕はウガンダ上空を飛んでいた。

つづく


久保田弘信の作品販売ショップ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界のいまを伝えたい [ 久保田弘信 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/29時点)





スポンサーサイト



ルワンダ日記 03

2024年02月25日 18:06

エチオピア航空のエクセスは最大重量23kgを2個。
撮影機材など重いものをスーツケースに入れると結構ギリギリな重量。

最悪の場合は荷物を2つに分けるつもりで、スーツケースにリュックを入れたおいた。
IMG_6565.jpg
スーツケースを預ける直前にカメラのバッテリーをスーツケースから出して手荷物へ。
バッテリーが多分1kgちょい。
スーツケースの重さが21.9kg。

ほぼビンゴ!
こんな些細なことでも嬉しかったりする。
(ここまで書いて、テキストをコピーしてからアップボタンを押す)

ネットが弱くて突然消えて、書き直す羽目になるから

日本最後の飲み物をゆっくり味わう暇もなく、ラウンジからボーディングゲートへ向かった。
成田空港・ユナイテッドのラウンジへ

ルワンダ日記 02

2024年02月25日 09:42

成田空港到着編

バスの列373ADのコピー
東京駅のバスが長蛇の列でちょっと焦ったが、無事成田空港に到着。

友人から出発直前に連絡が来て、「ルワンダは内陸国なので物価高いからシャンプーやボディーソープを持参することをおすすめします」と。

既に買い物に行く余裕はなかったので、成田空港の薬局でシャンプーを買った。
まあ、なくても全然平気なんだけど。
チェックインしてしまうと、シャンプーをスーツケースに入れられないので、到着してすぐに薬局へ。
シャンプーをスーツケースに入れ、バッテリーをスーツケースから出して、チェックインカウンターへ。

出発までまだ3時間近くあり、余裕かと思いきやチェックインカウンターは長蛇の列。
むむ、今日は長蛇の列に出会う日か?と思う。
4AEBA597-EDC7-47E0-AD4D-490C41555CB8.jpg
と、目の前にスターアライアンスゴールドの看板が見えた。
海外取材が多かった年があって、ギリギリSFCをゲットできた僕。
こんな時、ありがたい。
ゴールドのレーンは僕の前に1人だけ。

チェックインカウンターのスタッフはとても親切で、「いつものように満席ですか?」と聞く僕に
結構空席がありますので、予約された席より余裕がある席をお勧めします。と
席を変えてくれ、隣の席をオープンにしてくれた。
12時間以上のフライトだとお隣がいないだけでも助かる。

全ての準備を終えて、出国ゲートへ。
この時、長蛇の列に並ばず、すぐにチェックインできたことが、後の工程にお大きな影響を及ぼすことになった。
もし、、長蛇の列に並んでいたら、飛行機に乗れなかったかもしれない。
「成田空港」出国の後の動画

まだまだ続く



久保田弘信の作品販売ショップ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界のいまを伝えたい [ 久保田弘信 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/29時点)




ルワンダ日記 01

2024年02月24日 15:42

2月22日
今日は猫の日。
ちょうど5年前にモロッコにいた写真をGoogleさんが出してきてくれた。

コロナ禍で3年間も日本から出れなかった。
僕の人生で成人した後3年間も日本を出なかったことは一度もない。
ようやく海外に出ることができる。
目的地はルワンダ。
55C3115E-8EB9-4F44-83F4-F45D2D8F7A5E.jpg
久しぶりに出番がやってきた海外用のスーツケース。
朝から雨が降っていたが、僕が出かける時には止んでくれて、ラッキー。

予定より1時間早くお家を出て、新宿でこめちゃんと会う。
共通の友人へのお土産(お味噌汁)を受け取り、東京駅へ。
成田空港行きのバスに長蛇の列。

トイレに行きたかったが、、どうみても2台目、もしくは3台目になりそうな
人数が並んでいるので、我慢してバスの列に並ぶ。
空港行きのバスにトイレがついている事を期待して、もしついていなかったら、、空港までの1時間ちょい地獄だと思いつつ。
幸にして2台目のバスに乗れ、トイレも付いていたので一安心。
過去に何度も東京駅から成田空港までバスを利用しているが、今回みたいに長蛇の列ができているのは初めて。
コロナが明けたのと、春節終わりが原因だろうか。

このルワンダ日記はエチオピアからルワンダに向かう飛行機の中で書き始めている。
どの国の日記もそうだが、今回のルワンダ日記も途中で書かなくなると思う。
現地に入ると撮影、データの整理、現地の人との出会い、打ち合わせで、毎回暇になるかと思っているが多忙な毎日になることが多い。
せっかくの旅の記録なので、ほんの少しのメモだけでも毎日書きたいと、、今は思っている。

しばらく
続く


久保田弘信の作品販売ショップ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界のいまを伝えたい [ 久保田弘信 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/29時点)




雪道を歩く、トップドライ

2024年02月21日 16:02

久しぶりに訪れた北海道の雪道を歩いた。
かれこれ10年くらい前に購入したトップドライが大活躍。
w_6518.jpg
何かの優れもの雑誌に紹介されていて、これは欲しいと思って購入。
10年経っても、まだ普通に使えている優れもの。
雪道を歩いて、地元の北海道民が転んでも僕が転ばなかったのはトップドライのおかげかもしれない。

雪の北見を歩く ランチQuest編

雑誌にソールにはガラスチップが埋め込まれていて、グリップ力が高いと書いてあった。
w_6520.jpg
僕が履いた靴の中では間違いなくトップクラスのグリップ力。
今回、最終日、札幌は雨が降り、凍った雪が濡れて最も滑りやすい状態。
それでも大丈夫だった。

ビジネスシーンでも使えそうなオシャレなスエード地なのに防水なのがすごい。
まだ、存在するのかな〜と検索してみたら、、
存在するものの、レディースしか出てこなかった。


トップドライ、メンズで検索したら、僕のと同モデルも出てきた、、まだ存在していた。




ブログで何かをおすすめすることは程んどない僕だが、、これはおすすめできる。
ちょっと悔しいのは、、僕が買った時より少しだが安くなっている気がする。

雪に限らず、雨の日も靴下が濡れす心配なく使えるのでおすすめ。
久しぶりの北海道で大活躍してくれた靴です。



久保田弘信の作品販売ショップ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界のいまを伝えたい [ 久保田弘信 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/29時点)






最新記事