戦場ジャーナリストの後ろ姿 #8

2017年08月12日 04:32

そう、全てはシンガポールから始まった。
シンガポールでパキスタン人の友と出会っていなかったら、僕はこの仕事していないと思う。
IMG_1526.jpg
そんな僕の過去を友人が書いてくれた。
戦場ジャーナリストの後ろ姿 #8

自分ではわかっているつもりで、わかっていなかったこと、友人が第三者目線で僕のことを書いてくれて気がついたことも多い。
どうやら次回が最終回らしい、作家志望の彼がどんな最終回をもたらせてくれるか楽しみだ。


久保田弘信の作品ショップ
スポンサーサイト

トルコ航空

2017年07月01日 02:00

トルコ航空は去年乗った時と比較して、また機材が新しくなった。
国としては動乱もあり、テロもあり、かなり厳しい状態だが、トルコ航空は健在なのかもしれない。
トルコへ観光に行く日本人は激減したものの、イスタンブール経由でヨーロッパの国々へ行く人は多い。

僕にとってはあまり嬉しくないのだが、1日1便になってしまった成田~イスタンブール便は満席。
シートが以前の機材より良くなって、ヘッドレストもホールド感があって良い。のだが、3列シートの真ん中はきつい。
場所としても窮屈だが、トイレに立つタイミングを計らねばならないのがきつい。
本当はPCを出して原稿を書きたいのだが、両肘が隣の人に当たってしまう。
仕方なく、映画を観ることにする。
映画の量がとても多い。
ジャッキーチェンの映画rush hourを見つけ、観ることにした。
IMG_7274_2017070102444086d.jpg
昔見たような記憶がある。ジャッキーチェンと黒人俳優さんのやりとりがとても面白い映画。
rush hour1、2、3があり、1と2を観たところでイスタンブールに到着した。
IMG_3939.jpg
3Dマップも新しくなっていて、とってもかっこいい。

ラウンジに行き、ネットで日本とやりとり。
ちょっとリラックス!と思ったら、テレビでモースル奪還作戦の様子を繰り返し放送していた。
IMG_4675.jpg
今、イラクに行った方が特なんだろうけど、日本のテレビ局まで現地入りしている状態で、僕の出番はないと思う。

シャワーを浴びてスッキリして3時間半後のアテネ便に乗り込む。
早速モニターをチェックすると成田~イスタンブール便と同じものだった。

rush hour3を観始める。
これも昔見た記憶がある。3は真田広之が出演している。
もうちょっとでラストシーンというところでアテネに到着してしまった。

トルコ航空の良いところは着陸して駐機場へ向かう間も映画を見続けられる。
他の航空会社は大体着陸の15分前に映画が終了しヘッドセットを回収されてしまう。
シートベルト着用サインがオフになるまで見続けたが、ラストシーンにはたどり着かなかった。
日本に帰る便で続きを見ようと思う。


久保田ショップ

期日前投票

2017年06月28日 10:22

期日前投票を終えた。
19420886_10213856365389382_4199742893891353185_n.jpg
今回の都議選は次ぎなる衆院選に大きな影響を及ぼす。
民意を反映させすためにも、50%を切るような投票率にはしたくない。

先日、我が家の飲み会に参加してくれた大学生が、我が家での話に色々と影響されたようで。
「この前のお話を聞いて何かやらなきゃと思い、帰った後に友達と簡単な映像を作りました!」
「よかったらみてください」
とメッセージがきた。
彼が作った動画

こんな風に思える若い人がいて、その思いを表現する力も持っている。
都議選、若者の投票率が上がれば結果は大きく変わる。
若い世代の人たちが未来をどこに託すのか。

久保田ショップ




三脚と一脚

2017年06月27日 10:20

海外取材に行くとき、いつも迷うのが三脚と一脚。
必要だけと重いし、かさばる。
さすがに持っていかないことはないが、持って行ってもスーツケースの中に入れっぱなしになることも多かった。

そんな時に出会ったのが、ベルボンのQHD-53。
IMG_1275.jpg
とにかく軽量コンパクト。
こんなに小さいのに1D系のボディーをしっかり支えることができる。
前回のオーストラリア取材でも活躍した。

それでも丸一日リュックに入っていると僕の体にかかる負担は大きい。
フィールドではできるだけストレスなく動きたいと思う。
昨年、ギリシャへ取材に行った時など、一日で11キロ歩いていた。

今日はインタビューがある。など必要とわかっている時以外はできれば持ち歩きたくない。
えてして、持っていない時に限って必要になったりするのも事実。

今年のCP+で想像を絶する一脚に出会った。
UC-STICK R60
とにかく、軽い。
この軽さなら一日中リュックに入っていても負担にならない。
IMG_7807.jpg
と、いうことで、次回取材に行くときは、この二つを持って行こうと思う。

アシスタントがいれば、フル機材で行くのだが、自分一人で行く取材はできるだけ身軽にしたい。
それでもなければ困る三脚や一脚。
次回の取材、一脚は毎日持ち歩いてみようと思う。
現場で使う日が楽しみ。



久保田ショップ

最新映画THE TRUTH2016のDVDあり

銀座

2017年06月24日 12:54

初めて銀座へ行ったのはキャノンのプロサービスへカメラの修理を出したときだった。
20代の僕は銀座なんて都会の場所がわからなくて、地下鉄のA5の出口から出ると覚えていた。
違う出口から出るとキャノンへ行きつけなかった。

数閏年が経ち、銀座は様変わりした。
キャノンのプロサービスも場所が変わった。

未だに銀座へ行くのはキャノンに用事があるときだけ。
銀座924
カメラの点検をしてもらっている間、いつもトンカツを食べていた古いお店が再開発でビルになってしまった。

久しぶりにキャノンへ行ったら、裏通りにティファニーができていてびっくり。
銀座4丁目の交差点も行くたびに様変わりしている。
HIRO1360.jpg
交差点にあった喫茶店が変わっていた。
変わらずあるのは和光の時計台くらいだろうか。
HIRO1353.jpg
有楽町方面も新しいビルができていて、これまたビックリ。

ふと思った。
毎年、銀座の数カ所の四季を取り続けたら、それだけで写真展ができる。
そう、20年撮り続ければ。
僕にはそんな時間も残されていないからできないが。

昭和からの銀座の変わりよう。一連の写真で見てみたいと思う。

久保田ショップ



最新記事