ポチ(RXー8)に一途な僕

2017年09月23日 03:19

我が愛車ポチはついに走行距離237000キロを突破した。
ここまで大きなトラブルなしの素敵な愛車RXー8。

しかし、RXー8は何故かリコールが多い。
IMG_8823.jpg
今回は助手席のエアバックと燃料タンク。
ディーラーから何度かリコールの案内が来ていたが、なかなか行くことができなかった。

ようやく時間ができ、ポチさん短期入院。
代車で借りたのがCX-4。
やっぱりオートマは楽だ。

骨折している間に借りたかったくらいだ。
エンジンスタートは最近はやりのボタン。
アイドリングストップも付いている。
ひと昔前のオートマと違って坂道を下るときにセンサーが働くのか、自動的にエンジンブレーキがかかる。
ちょいとお買い物に行くにはとても便利な車。

今日、ポチを迎えに行った。
ディーラーの担当者が、CX-4どうでした〜!。
そろそろ買い替えなどどうですか?と聞いてくる。

ここまで乗っていると愛着があってね〜。エンジンにトラブルが出たら考えますよ。と答えた。

二日ぶりにポチに乗る。
走り出してすぐに気がつく。
CX-4は乗せられていたけど、ポチは僕が乗っている。
ハンドリング、サスの感覚!
ポチに乗っているとシートから路面の情報が伝わってくる。
CX-4はあまりに完成されすぎていて、ドライバーに伝わってくる情報が少ない。
フロントサスのちょっとフワフワ感も好きにはなれなかった。

たった二日間だけど、別れていたからこそ、改めてポチのすごさがわかる。
これって、別れた彼女と同じかも。w
ポチは10年以上付き合っていて、いてくれて当たり前の存在。
たった二日別れていただけでも、愛おしく思える。
最新の便利な車に浮気したいと思えない。

彼女でも奥さんでも、長く付き合っているといてくれて当たり前と思ってしまう。
たった数日離れるだけでもその存在の大きさに気がつくと思う。

ポチとは沢山の思い出がある。
IMG_6202.jpg
箱根に行き、黒卵を食べた。
3756.jpg
伊豆棚田。
755_201709222347422ef.jpg
こんな細い農道のような道でもポチは走ってくれた。

もし許されるのなら、ポチを買い換えるのではなく、街乗り用に軽自動車を一台購入したいくらいだ。
あと、何年持ちこたえてくれるだろう。
車に限らず、一途は僕は、家の中にも何十年と使い続けている物がたくさんある。

使い捨ての文化には馴染めないオールドタイプかも。


久保田弘信の作品ショップ

スポンサーサイト

宝くじに当たるような確率の奇跡

2017年09月22日 16:11

年末ジャンボの一等(7億円)に当たる確率は2000万分の1。
まさに夢の確率。
とはいえ、当たる人はいる。

日常生活の中でも時折、宝くじに当たるような奇跡が起きる。

昨年、成田空港に向かうとき、電車が遅れ、成田エクスプレスに間に合わず、京成で向かうために夕方ラッシュ時の新宿駅を移動していた。
「久保田さん?」と呼ばれ、振り返ると、そこにはピースボートの仲間がいた。
待ち合わせをしても、お互いを探すのが難しいような雑踏の中。
電車が遅れたりしたことなど、いくつもの原因があっての偶然の再会。

鳥取県の米子への出張。
台風の影響で飛行機が飛ばず、新幹線も使えない状態。
仕方なく、翌日の朝一便に全てをかける。

八王子は、、そこそこの田舎のため、羽田空港からの朝一便には始発電車に乗っても間に合わない。
仕方なく、五反田にホテルを取る。
夕ご飯、一人はつまらないな〜、と思い、芸能人並みに忙しい友人にダメ元でメールしてみた。
奇跡的にオフの日だったようで、久しぶりに再会し、12時過ぎまで一緒にワインを飲んだ。

ユニセフ協会主催の米子での講演を無事終え、羽田空港に戻ってきた。

骨折はだいぶ良くなっているものの、まだ足に負担はかけたくないので、電車じゃなくバスにしようかとバスの時刻を見るが、タイミング悪し。

急ぐこともないので、スーツケースがそろそろご臨終なので、空港内にあるショップでスーツケースをちょっと見てみた。
スーツケースを見終え、京急で品川経由で帰宅することに。

品川でのJRに乗り換える時の階段が辛い。
エスカレーターがあるところはできるだけエスカレーターを使う。

エスカレーターを降りきった時、バックパッカーの様相の3人の女性がいた。
りーだーらしき女性がエスカレーターを降りた僕に近づいてくる。
見た所、フィリピン人かインドネシア人。
日本人でも難しい乗り換え、外国人には大変だと思う。

頭がフル回転して、インドネシア語ならどこへ行きたいんですか?って聞けるけど、フィリピン語は無理だな〜。タイ語はいけるけど、タイ人っぽくはないな〜。英語しかないな〜
「where do you want to go?」
と普通に聞いてみた。

イファイです。との答え。
え?
イファイって僕の友人の会社の名前
しかも
です!って日本語。

外国人だと思い込んでいた僕の頭は大混乱。
即座にはこの女性が誰か分からず、なのに女性は「久保田さん、お久しぶりです〜」と話しかけてくる。
え〜と、え〜っと、
あ!イファイの事務やってたメグちゃんだ〜!
オフィスの中でしか会ったことないし、リゾート帰りなのか、めっちゃ日焼けしていて、分からなかった。

「よく僕だって気がついたね〜」
すぐ、久保田さんだってわかりましたよ〜。
またまた宝くじに当たるような確率での再会。

そちらの二人は?
私の姉妹です。
なんと3人姉妹!

仲良し三人姉妹で沖縄に行った帰りだったらしい。
品川駅のJR乗り換え改札前で、しばらく立ち話。
次の電車が入ってきて、混雑してきたので移動して、せっかくなので、3姉妹の写真を撮ってみた
IMG_2671.jpg
よく笑う、素敵な三姉妹。ちょっと照れて、カードで顔を隠す。
IMG_6758.jpg
こーゆー時、ちょいとだけカメラマンモードになる。
少し顔を出してもらって2枚目。
photo by iPhone.

僕の友人のメグちゃんは長女かと思いきや、真ん中だった。
姉妹、全然似てないね〜!って言ったけど、改めて、写真を見ると三女と同じ顔立ち。
とっても楽しい3姉妹だった。
次なる乗り換え駅、東京駅に向かうまであれこれ、大笑いしながらお話しした。
静岡に行った時にはまた合ってみたい三姉妹だった。

バスの時間が合っていたら、スーツケースを見ていなかったら。
いくつもの偶然が重なっての再会。
今年は、、宝くじ買ってみようかな〜!



久保田弘信の作品ショップ


09/20のツイートまとめ

2017年09月21日 04:19

hirokun001

お金が貰えるプラットフォームを発見した!動画を投稿するだけでたくさんもらえる! https://t.co/fzV6bjsIg3まだ39円だけど、、w
09-20 02:41

シャンウルファのネコ

2017年09月13日 15:28

ウルファ城の下に広がる公園。
AK3I3013.jpg
そこでネコに出会った。
AK3I3012.jpg
外国のネコは外国顔していることが多いが、この子は日本にでもいそうな顔立ちだった。
AK3I3011.jpg
一人の女の子がネコとお話しし始めた。
お母さん、と、その友人たちを見ると、トルコ人ではなくシリア難民の可能性が高い。
ネコを撮影してただけなんだけど、この子は故郷の記憶ないんだろうな。
などとちょっと切なく思ってしまった。


久保田ショップ


シャンウルファ観光 聖なる魚の池(バルックルギョル)

2017年09月08日 22:46

シャンウルファにはアブラム誕生の地がある。
なんとなく荘厳な雰囲気。

すぐお隣にあるのが聖なる魚の池(バルックルギョル)
AK3I2989.jpg
その昔、、アブラハムを丘の上で火炙りの刑にした時、焼けた薪が飛び散って、丘の下に落ちたが、火が水に変わり池となり,薪が魚になったという伝説。

この池には美味しそうなマスのようなコイのようなお魚がたくさん泳いでいるが、聖なるお魚ということで一切食べられることはない。
AK3I3002.jpg
訪れた人が餌をあげると,お魚さんたちが一気に群がってくる。
建物と池と魚がいいマッチングで、ウルファ城からウルファ市内を一望した後にぜひ立ち寄ってほしい場所。



久保田弘信の作品ショップ


最新記事