ストックホルム中央駅

2016年08月24日 04:58

IMG_2563.jpg
アーランダエクスプレスに乗り、僅か20分ほどでストックホルム中央駅に着いた。
HIRO3520.jpg
どの国を訪れても、その国の中央駅は趣きがある。
HIRO3522.jpg
ましてや初めての国となれば、すべてのものが目新しく感じられる。

久保田ショップ



スポンサーサイト

ストックホルム、Gmla stan

2016年08月23日 05:04

アーランダエクスプレスで中央駅に着いた僕。
スエーデンの地方都市へ行く列車のチケットを手に入れるべくインフォメーションセンターへ。
丁寧な対応で地方都市へのチケットと地下鉄の24時間有効チケットを手に入れることができた。

僕が予約したホテルは旧市街Gmla stanにある。
歩いていくことも可能な距離だが、一見綺麗に見える石畳はスーツケースを持って歩く人には厳しい。
地下鉄は24時間乗り放題なので、たった一駅だけど地下鉄で移動することにした。

地下鉄は路線が沢山あって、ストックホルムに着いたばかりの観光客には難しい。
蛍光イエローのジャケットを着た案内係りのおじさんにGmla stanに行きたいんだけど。。
と聞くと4番のホームから出る電車ならどれでも行けるよ!
と丁寧に教えてくれた。
中央駅でも地下鉄でもスエーデンの人の対応が最高。
決して面倒な顔をせず、笑顔で教えてくれた。
IMG_2564.jpg
Gala stanの駅でもホテルの住所を見せて、どの出口が近いか教えてもらった。
IMG_2566.jpg
ちょっとレトロな感じのホステルに到着。
予想はしていたが、ストックホルムのホテルプライスはとても高い。
ましてや夏場はオンシーズン。
ドミトリーの1ベッドでさえ3000円以上する。

日本からトルコ経由でストックホルムのホステルに着いた時には24時間以上経過していた。
IMG_2575.jpg
さすがに観光に行く元気もなく、近所で見つけたセブンイレブンでコーヒーとジュースを買って、一休み。

久保田ショップ

スエーデン

2016年08月22日 04:54

長い旅路の末、スエーデンの首都ストックホルムに到着した。
空港から市内までアーランダエクスプレスが僕を運んでくれた。
IMG_2559.jpg
20分そこそこでストックホルム中央駅に行くことができる。
これこそ、先進国標準。

日本は、、成田エクスプレスを利用しても一時間以上かかる、そして高い。
ベトナムから来た友人は空港から市内へのあまりの遠さと、値段の高さに驚いていた。

アーランダエクスプレスもそこそこ高いが、速さに満足
IMG_2560.jpg
落ち着いた雰囲気の車内。
チケットは自販機で買うが、クレジットカードが必須。

座席ナンバーは見当たらなかったので、一番前の窓側に座った。
IMG_2562.jpg
窓枠に木が使ってあって温かみがあるのが好感。
スエーデンらしい。のかな。
ともあれ、その名前しか知らなかったストックホルムに降り立った。


久保田ショップ



アテネの神殿と亀

2016年08月19日 17:46

アクロポリスの遺跡群を訪れた時、
一番見たかったのがこれ
HIRO2193 のコピー
女神像が柱のようになっている。
ガイドブックの写真を見て、空抜きで撮影できる場所を探した。
HIRO2197 のコピー
少し歩くと、瓦礫の中に仏像のようなものが彫られた石が転がっていた。
日本人の目にはなんとなく仏像のように見えた。
HIRO2211 のコピー
遺跡の中はどこからどこまでが堺かわからず、僕は二度出入りしてしまった。
HIRO2225 のコピー
歩き疲れた頃、ようやく神殿に到着。
HIRO2227 のコピー
炎天下、神殿の前の芝生に亀がいた。
よく干上がらないものだと思いながら一枚写真を撮った。
その後、亀がどこに行ったかは知らない。

久保田ショップ



コーヒーブレイク

2016年08月18日 19:02

一時間ちょい前に中央駅に到着。
エスプレッソハウスというカフェでまったり時間つぶし
IMG_2584.jpg
一本早い列車でも充分間に合ったが、こんな暇な時間が良いのかもしれない。
日本だと同じような暇な時間でも心をリセットできなかったりする。

旅の間は自分自身を見つめる時間が作れる。
幸福度ランキングでトップ10に入る国にいて、本当の幸せってなんだろう。って考える。
戦争によって母国を追われ、難民〜移民となって過ごす人たち。
戦争から逃れるという大変な経験をしているが、4人も5人も子供を持っている。

教育費が高いから子供は一人が限界。
結婚したいけど、今はキャリアのために働き続け方が得。
そんな日本の幸福度ランキングは46位。

経済的な豊かさと心の豊かさを、海外に来る度に考えてしまう。

久保田ショップ



最新記事